タグ:陶芸 ( 250 ) タグの人気記事

植物男子

f0126896_20303727.jpg

尾形乾山(1663-1743)は江戸時代・琳派の陶芸家です
本名は尾形深省と言いますが、「乾山」という銘は乾山焼きという
ブランド名から来ており、現代では通称「尾形乾山」という名が一般的となっています
兄は尾形光琳。琳派の巨匠です。野々村仁清に陶芸を習い、数々の名品を創りました。

乾山の作品を見ていると、植物を題材とした意匠がとても多いことに気が付く
紅葉や藤図
立葵や椿の図
百合の形の向付など名品も多い

f0126896_20304877.jpg

乾山はきっと「植物男子」だったに違いない
自ら植物を育てたかということは定かではないが
少なくとも花や植物にとても興味があったのではないかと思います

f0126896_20305968.jpg

私はと言えば、年を重ねるごとに庭いじりがとても楽しく感じられる
土にまみれて植物の手入れをしていると、とても気分が良い
ラベンダーの香りに癒されるだけでなく、年のせいもあるのでしょうか

f0126896_20312193.jpg

我家の庭の額紫陽花の華
実はこの華
亡くなった奥さんの友人からいただいた華
友人のマンションのベランダに在ったこの華は、風通しの悪い環境から
アブラムシがついて、花もほとんどついていませんでした
その友人が日当たりのよい我が家の庭に植えてくださいと、プレゼントしてくれたもの

f0126896_20313256.jpg

直植えされた額紫陽花は、いまでは毎年素敵な花を幾つも咲かせてくれています
この花を見ていると、いつもその友人を思い出します

f0126896_20314570.jpg

レモンバームも生き生きとしています

f0126896_20315686.jpg


そして今日の陶芸教室では、乾山写しの角皿に最後の絵付けをしました
f0126896_20321116.jpg

今日は側面のクルス模様を描きました
f0126896_20322261.jpg

見込みに桔梗文を描いた上絵の具で、ひたすらクルス模様を描きました
このような繰り返し模様って、かえって難しい
集中が切れて、最後には随分いい加減な模様になってしまいましたが
焼き上がれば何とか見られるでしょうと、自分を納得させました
f0126896_20323244.jpg

焼き上がりは来月ですね
今月末には陶芸教室の登り窯焼成も控えています
色々な作品が焼き上がってくるのは、とても楽しみです

f0126896_20324376.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-05-20 21:35 | Botanical | Trackback | Comments(0)

乾山写しの角皿

f0126896_20534220.jpg

乾山写しの角皿を創っています
ここのところ、尾形乾山の器が気になっていて
5月3日には根津美術館の光琳と乾山展に出かけて
じっくりと本歌を眺めてきました

f0126896_20541513.jpg

本歌は軟陶で焼かれた京焼ですから、土は柔らかめの志野土を選択
たたらを薄めに切って、角皿を作りました

f0126896_20543141.jpg

展覧会で見た乾山の本歌は、少し黄色かかった胎土に見えましたが
私はもう少し生成りの白色が色絵に映えると思い
素焼きの角皿に、乳白釉をかけて本焼きをお願いしました

そして今日の陶芸教室では焼き上がった角皿に上絵を施しました
f0126896_20545746.jpg


お手本は乾山の色絵桔梗図
オリジナルには漢詩は書かれていませんが、ここはひとつ乾山風の漢詩を
拙い書ですが、桔梗の模様に合うような七言絶句を選びました

f0126896_20551346.jpg

スカイブルーの桔梗は、少々風情がありませんが
焼き上がるともう少し紺色に近い発色となる予定です

なる予定というのは、この上絵具
今回初めて使う絵具で、教室の棚の奥の方に入っていたドイツ製の絵具
教室の先生が過去に一度だけ使った記憶があるといっていました
はたして本当に上手く焼きがるのか少々不安ですが

f0126896_20553041.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-05-13 21:54 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

北鎌倉 其中窯陶芸サロン

f0126896_21232840.jpg

GW初日の28日土曜日
北鎌倉・其中窯で陶芸サロンに参加してきました
f0126896_2123453.jpg

其中窯は北鎌倉、山崎にあります
現在、河村喜史先生が主宰され、精力的に作陶に励まれています

其中窯は連房式の登り窯を持ち、年に数回の窯焚きを行っています
その其中窯で陶芸サロンが開催されているということで
出かけてきました

f0126896_2124395.jpg

時間があったので、北鎌倉の駅からぶらぶら歩いて其中窯に向かいました
少し路地に入ると、こんなにも雰囲気のある風景が存在します
昔からの旧家がまだまだ残っているんですね

しばらく歩くと、こんな切通しの跡が右側に見えてきます
向かいに見えるのは山崎小学校です
f0126896_21241925.jpg


この切通しの跡は80年前にはこんな風景でした
ある方は、この切通しを「臥龍峡」と呼んでいました
f0126896_21243110.jpg

岩肌に残る模様が昔を偲ばれます
岩肌の上は今ではマンションが立っています

f0126896_21244146.jpg

山崎小学校のグランドを廻りこむと、河村先生の其中窯の入り口が見えてきました

f0126896_21245067.jpg

陶芸サロンはこんな感じで行われました
今回の参加者は4名
基本的にはひも作りの手びねりで器を創っていきます

作陶中は庭から鶯のさえずりが
鳥の声を聴きながらの作陶
とても贅沢な時間です

f0126896_2125190.jpg

今回の私の作品
河村先生の手が入っていますが、先生の手が入ると
器が別物の様に躍動します

作陶が終わると、先生の案内で窯場の見学です
f0126896_2125112.jpg


手掘りのトンネルを抜けると窯場がありました
f0126896_21252413.jpg

丁度4月に焼き上がった作品が窯出しされていました
どれも素晴らしい作品がならび
その中で目にとまった器がコレ
f0126896_21253673.jpg

大きさ15㎝×9㎝の角皿です
この大きさの角皿ってなかなかありません

表面はほぼ平らなプレート状の器形
登り窯の炎で磨かれた釉薬の発色が素晴らしい
思わず手に取って「これ買います!」って先生にお願いしました
f0126896_21254745.jpg

窯出しの場で器を買ったのは初めてですが
どうしても家に持ち帰りたくなりました。
実は窯場の見学の後に、河村先生の奥様にお抹茶を一服点てていただいて
その和菓子を乗せる銘々皿に今購入した角皿を使わせていただきました
奥様の餡から手作りの和菓子を乗せた角皿は、とてもベッピンに見えました

f0126896_21255977.jpg

そしていよいよ登り窯の登場です
f0126896_21261030.jpg

連房式の窯です
かなり大きな登り窯で、窯室も沢山入りそうです
この登り窯で河村先生は年数回の窯焚きを行っているそうです
今回創った作品の窯出しは10月末とのこと
窯出しの時には
またお伺いしたいですね

f0126896_23174332.jpg

そして、この登り窯こそが北大路魯山人が築窯した「星岡窯」の登り窯そのものなんです
この星岡窯の登り窯が、現在其中窯という名を替えた現在でも
現役で使われていることに感激しました
古い窯ですので、河村先生もご苦労されていると思いますが
決して博物館扱いされておらず、当時の息吹を色濃く残す雰囲気は
ここでしか味わえません
河村先生にはお世話になりました
とても貴重な体験をさせていただき、感謝いたします。
f0126896_21262161.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-04-29 23:30 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)

土日でしたこと

f0126896_14232452.jpg

土日でしたこと

土曜日は篆刻教室で吉祥寺に出かけてきました
教室は月1回、第2土曜日にあります

月1回なので、作品の進み具合は芳しくないのですが
今日は前回から創っている作品が完成しました

「美不老」「美は老いず」
老いることなく、美しく長生きする
出典:荀子・成相
6cm×6cm 青田石

f0126896_14234057.jpg


もちろん、篆刻教室の吉永先生の手が大幅に入っています
それでも印稿から創り上げて完成した作品を見ると
ちょっと嬉しい

f0126896_14235748.jpg

いつも時間があるときには、吉祥寺の中道通りをぶらつきます

よく行く和骨董のお店でコレを買いました
古いドライフラワーの入った額
良い雰囲気
これで1000円ぽっきり

東京蚤の市だったら3000円でもすぐ売れてしまうでしょうね

f0126896_14241497.jpg

お店の棚の奥のほうに、蓋がちょこっと見えた蓋茶碗
落とさないように そーっと手に取ってみました
江戸後期の蓋茶碗
太湖石と柳の木が素朴に描かれた広東椀です
これもお買い得価格で購入
ヤフオクの値段より安かったので大満足



そして今日の日曜日は陶芸教室です
f0126896_14242924.jpg

いま創っているのは20センチ角の角皿
乾山風の角皿を創っています

f0126896_14244580.jpg

繊細さが出るように、かなり薄めのたたらで創りました
これから素焼きをお願いします

絵柄は乾山の絵皿を参考に
いくつか考えます
いまから楽しみです

f0126896_1425276.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-04-15 14:54 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(2)

オリベ四方皿

f0126896_204995.jpg

今日の陶芸教室
前月から創っていた板皿が焼き上がっていました

前回までの記事はコチラ
たたらで板皿


f0126896_2042077.jpg

出来上がりの状態で17センチほどの大きさ
土は志野土でたたらを作り、板皿として切り出しました
見込みに茶色化粧土を塗りこみ、織部釉が単調な発色にならないように考えました

f0126896_20433100.jpg


狙い通りに見込みの織部釉が絶妙に発色しました
成功成功!

f0126896_2044456.jpg

裏には私の陶印マークを卦がきました
名前にちなんで柳のマークです

f0126896_2045490.jpg

見込みに卦書いた罫線に織部釉が溜まって、良いアクセントになっています

f0126896_205597.jpg


全部で4枚完成
揃いで言えばもう1枚必要なんでしょうが
家使いのこの大きさの器に5枚はいらないかなぁ
f0126896_2051582.jpg
f0126896_2052670.jpg


そして、もう1つ出来上がっていたのがぐい呑みです
f0126896_2053645.jpg

唐津の土に唐津釉をかけているのですが
最近自分のお気に入りの京焼風にしました
鉄絵で枝をあらかじめ書き込んで、唐津釉で本焼
焼き上がった器に、上絵で白梅を描きました
私は下戸なので、このぐい呑みでお酒を飲んで器を育てることは出来ませんが
良い感じで焼き上がりました
f0126896_2054517.jpg


5月に登り窯焼成があります
この器はその登り窯用に創っています
f0126896_2055371.jpg

土は備前です
備前焼は通常釉薬をかけずに焼き締めで焼成するのですが
今回、型紙をのせて松灰釉を吹き付けました
登り窯である程度の灰が被るので、この模様通りに焼き上がるわけではないのでしょうが
今回は作意をもって意匠を考えました
f0126896_206459.jpg

思い通りに出来上がると、陶芸はなんて楽しいんだと思います
反対に不出来の場合は…

それでも陶芸は楽しいんですよ
f0126896_2061311.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-04-01 20:44 | 陶芸 | Trackback | Comments(4)

たたらで板皿

f0126896_19593292.jpg

今日の陶芸教室は、前回から創っている板皿に釉薬をかけました。
以前の記事はこちら
色絵紅葉図透向付

f0126896_19594746.jpg

土は志野土
見込みには茶色化粧土を塗っています

素焼きが上がった板皿のばりを紙やすりで落として
見込みの化粧土もやすりで少し擦り落としました

織部釉をかけようと思っています
化粧土は下地を変えることで織部釉が単調な色彩にならないように施しました


f0126896_200363.jpg

織部釉をずぶがけ
折り返しの部分だけ2回かけて、緑色の発色を際立たせるねらい

f0126896_2001712.jpg


裏はしっかり釉薬を剥がしておきます
ふき取りが甘いと張り付いてしまいます

f0126896_2003290.jpg

裏には私のサインを
これ 名前にちなんで、やなぎの木を表しています

f0126896_2004686.jpg
f0126896_2005815.jpg

そしてもう一つの板皿は、5月の登り窯焼成のために創っています
土は備前です
四隅を跳ね上げて、器に勢いを表現しています
中央には見込みの深みを少し作って、器としての使いかっても考えました
来月には素焼きが上がっているはずなので、一部に釉薬をかけて
意匠にも凝ってみようか思っています

f0126896_2011026.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-03-18 20:48 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

色絵紅葉図透向付

f0126896_20563582.jpg

前月から創っていた乾山写しの向付が完成しました

前回までの記事はコチラ「乾山写しの向付」
f0126896_2056564.jpg


ほぼ狙い通りの上絵焼成となりました
f0126896_2057723.jpg


この状態になるまで上絵焼成を2回しています
一回目は幹と赤、緑、黄色の紅葉模様を描いて焼成
二回目は焼き上がった紅葉に黒色で葉脈を入れました
そして黄色く画いた紅葉文の上から、金彩を被せて
金色の紅葉文としています

f0126896_20571580.jpg

最後に口縁に黒で縁取りをしました
写真では解りずらいのですが
この黒が器全体を引き締めています


f0126896_20572561.jpg


乾山の本歌は白化粧土の上に紅葉文を散らしていますが
私の創った写しは、白化粧を釉薬で表現しています
そしてどうしても本歌のように表現出来なかったのが
尾形光琳譲りの乾山の流水模様
こればっかりは、まったく上手く表現できないので
やむなく省略しました

それでも、なかなか本歌の雰囲気に近づけたのではないかと
自分では満足しています

f0126896_20573259.jpg


そして今日の陶芸教室で創り始めたのが板皿
f0126896_20574121.jpg

大きさは20センチ角の正方形
土は志野の白土
見込みにはオニイタ化粧土を塗りました

f0126896_20575088.jpg

全面に罫線を描き
交叉文を卦がきました

f0126896_20575727.jpg

四隅をカットして
こんな状態に

f0126896_2058585.jpg

縁を折り曲げると、板皿らしくなりました
でも、今日はここまで
残りは3月の陶芸教室で完成させます

もうすぐ春ですね!
f0126896_2058159.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-02-18 22:31 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)

乾山写しの向付

f0126896_20265123.jpg


創っていた乾山写しの向付
前回釉薬をかけて焼成された器に
今日は上絵を描きました
前回までの記事はコチラ
「おめでたい器」


f0126896_20285748.jpg

上半分の白い釉薬は乳白釉
下半分は紅志野釉です
釉薬の境目は手で擦ってぼやかしています
なかなか上手く焼き上がりました

f0126896_2029266.jpg

黒の上絵で幹を描いた後で、紅葉を三色で描きました
乾山のオリジナルはもう少し丸みのある紅葉文ですが
私の描いた紅葉は葉先が先細りの形です

f0126896_2029529.jpg

f0126896_2030124.jpg


どうですか 鮮やかな紅葉模様が現れました
上絵はこの後800℃程度で焼成して完成
もちろん焼き上がりは今より鮮やかな発色になると思います

f0126896_20303449.jpg

今月の陶芸教室は今日で終わり
焼き上がりは来月ですね
今から楽しみです

f0126896_203112.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-01-21 20:56 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

おめでたい器

f0126896_21154229.jpg

2018年スタートのBlog記事は「おめでたい器」ということで
縁起物の布袋様が描かれた器を紹介

染付鴨と布袋図金彩蓋茶碗
作製時期は江戸時代後期から明治初期

f0126896_21164289.jpg

作風から見ると、伊万里焼と言うよりは平戸焼の器と思われます
外側にはダミを生かした染付で鴨の模様が繊細に描かれ
そこに金彩で葦模様を描いています

特徴的なのは見込みと蓋の裏側に描かれた布袋様の図柄
手慣れた染付でユーモラスに描かれた布袋様が秀逸です
かなり手練の絵付師が描いたものだと思われます

f0126896_21165993.jpg

直径11センチ  高さ6.5センチ程
愛すべき平戸の小品です



そして、今日は今年初めての陶芸教室に出かけてきました
f0126896_21175139.jpg

前回のBlogでご紹介した乾山写しの向付と同時に作成している器です
今日は釉薬をかけました

上半分は白い乳白釉
下には紅志野釉をかけ分けしています
f0126896_2118749.jpg

器の口縁に刻みを入れ
穴を開けて変化を付けています

前回の教訓から、乳白釉と紅志野釉の境目は釉薬が乾いた後に
手で擦ってぼかしを入れました
焼き上がったら上絵を描きます
乳白の白はそのための下地としてかけています

f0126896_21181996.jpg

ついでに随分前に創っていたぐい呑みも、釉薬かけを施しました
両方とも還元焼成でお願いしました

今年も陶芸 頑張るぞっ!
f0126896_21183841.jpg




f0126896_21214578.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-01-07 21:55 | 古伊万里

紅志野雪輪紅梅文向付~Happy Xmas (War Is Over)

f0126896_21475970.jpg

焼き上がりは来年と
前回のBlogで言ってしまいましたが
年賀状に使いたいのでと陶芸教室の先生にお話ししたら
早めに上絵焼成を仕上げてくれました(感謝です)

f0126896_21481957.jpg


乾山写しの向付として創りましたが
予想外の雪輪模様に、かなりオリジナルの強い意匠になったように思います



f0126896_21483846.jpg


紅梅の赤絵や緑の枝目も綺麗に発色しました
紅志野のオレンジかかった胎土に、白の雪輪模様が良いアクセントになっています
けがの功名とはこのことですね
詳しくは前回のBlogの記事で「尾形さんちの」

f0126896_21485610.jpg


写真では解りにくいのですが、口縁に金彩で縁取りしています
上手く発色するか心配でしたが、派手すぎない金色がお正月らしさを演出しています

f0126896_21491794.jpg


クリスマスイブですね
奥様はお友達と嵐のコンサートに東京ドームに出かけてきました
私は一人家で年賀状をせっせと印刷していました
お腹が減ったので夜、車を飛ばして丸亀うどんに出かけ
冷たいぶっかけうどんとレンコンとサツマイモのてんぷらを食べてきました

クリスマスイブにおじさん一人で丸亀うどん
寂しいなぁと思うでしょう?
でもね、夜一人で車に乗って
がら空きの店内に座ってうどんを駆け込む
なんか自由を感じます
クリスマス くそくらえ!!

ジョンレノンがHappy Xmas (War Is Over) という曲をヨーコと発表したのが1971年
曲の始まりにジョンが話しかけている
ハッピークリスマス キョウコ ハッピークリスマス ジュリアンって
この二人、ヨーコとジョンのそれぞれの前のパートナーとの子供達の名前

愛し合う二人のことだけでなく、残してきた子供たちのことを常に気にしている
そんなジョンの親心を感じます

戦争が終わった(War Is Over)と繰り返し歌っている
ここでいう戦争とはベトナム戦争のことを指しています
曲の発表から46年経ちますが、いまの世の中はどうでしょう
戦いの種類は違っていますが、世の中に憎しみと争いの嵐が渦まいています

ジョンが生きていたらどう思うでしょう

War is over, if you want it
争いは終わる、きみが望めば

War is over now
争いはいま終わるんだ

Happy Xmas
ハッピー・クリスマス

f0126896_21493376.jpg

[PR]
by hayatedani | 2017-12-24 23:11 | 陶芸 | Trackback | Comments(4)