タグ:篆刻 ( 90 ) タグの人気記事

心動かず

f0126896_21373463.jpg
午前中は休日出勤でした
久しぶりの晴れ間なのに、少々気が重い

午前中に終わるとはいえ、午後は篆刻教室の予定
一度帰って篆刻道具をもって、急いで出かけなければならない

今創っているのが「不動心」
印稿は出来上がっていて、先生の補筆もしっかり受けて
印面に写し描きました
これを「布字」といいます

f0126896_21374848.jpg
布字を行った印面
右が印稿なんですが、何か違うと思いませんか?
印面には印稿の文字を逆に描いています

何しろ篆刻と言っても「ハンコ」を作っているのですから、当然といえばとうぜん
逆字を印面に写すやり方はいろいろあるのですが、篆刻の達人は印稿を見ながら逆字で印面に描けるようです
私は達人ではないので、印稿をパソコンに取り込んで反転させて、逆字の印稿をつくります
印面と逆字印稿には罫線を引いて、おおよその位置を確認しながら布字を行っていきます

f0126896_21380572.jpg

2時間の篆刻教室で、ここまで刻りました
残りは家に帰ってから

f0126896_21382514.jpg
家に帰って、せっかく手が慣れているうちに刻ってしまおうと、残りを手がけました
ほんの1時間ほどで残り半分を刻り終えました
やっぱり手が覚えていた

f0126896_21384329.jpg
こんな感じです
来月の篆刻教室で先生の補刀をいただいて、完成させます


f0126896_21390061.jpg
f0126896_21391318.jpg
来年の2月ごろに、吉永隆山先生の社中展が予定されています
そのためには年内までに作品として完成させなければなりません
ここまで刻っていれば、なんとか完成まで持ち込めそうです

6センチ角の青田石で創っています
上手く出来ているのでしょうか


f0126896_21392804.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-11-10 22:41 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(2)

行雲流水の篆刻

f0126896_15401887.jpg

「行雲流水」の篆刻が完成しました
前回の記事はコチラ
「晴刻雨読」

f0126896_15403911.jpg


印材は6cm×6cmの青田石
すこし固くて刻ずらかったのですが
やっと完成しました


f0126896_15404758.jpg


行雲流水 (こううんりゅうすい)
禅語である

雲は悠然として浮かび、しかもとどまることなく、水はまた絶えることなく
さらさらとして流れて、また一処にとどまることがない

雲と言っても、様々な雲があり、湧いては消え、消えては湧き
穏やかな雲も、嵐の時の激しい雲も
その表情は一瞬々ごとに変わっていく
水もまた一様な流ればかりではない

それは人生に等しく、順風満帆ばかりなんてありえない。どんなに障害があり、
喜怒哀楽様々な出来事の連続の中にあっても、常に心はその一処にとどまらず、
執着せず、雲の如く無心にして淡々と生きる

f0126896_15405472.jpg
f0126896_1541234.jpg

字体は小篆と言われる漢字の古書体の一つ
秦の始皇帝が天下を統一したときに文字の統一をはかり,新しい字体を制定しました。
これは大篆の簡略化であって,小篆(しようてん)と呼ばれています


f0126896_1541991.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-09-15 16:19 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(0)

晴刻雨読

f0126896_1951388.jpg

酷暑が続いています
こんな日は外に出てはいけない

昔から晴耕雨読などと言われていて
晴れの日は畑を耕し
雨の日は家で書物を読む

でも今年の夏は外に出て畑仕事など
老体に鞭打って、無理をしてはいけません

そんなことで、今日はクーラーの入った部屋で篆刻に勤しみました

f0126896_19511683.jpg



f0126896_19512882.jpg

「行雲流水」
雲が行き 水が流れる

こんな風情は、亜熱帯になった日本では昔話になってしまいそうです

f0126896_1951445.jpg

一応完成
来週篆刻教室で先生にダメ出しをいただきます
先生の補刀が入ると、ぐっと作品らしくなってくるんですね これが

「そんなの自分で出来るようになりなさい」!って言われそうですが
解っちゃいるけど‥
[PR]
by hayatedani | 2018-08-04 20:09 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(0)

土日でしたこと

f0126896_14232452.jpg

土日でしたこと

土曜日は篆刻教室で吉祥寺に出かけてきました
教室は月1回、第2土曜日にあります

月1回なので、作品の進み具合は芳しくないのですが
今日は前回から創っている作品が完成しました

「美不老」「美は老いず」
老いることなく、美しく長生きする
出典:荀子・成相
6cm×6cm 青田石

f0126896_14234057.jpg


もちろん、篆刻教室の吉永先生の手が大幅に入っています
それでも印稿から創り上げて完成した作品を見ると
ちょっと嬉しい

f0126896_14235748.jpg

いつも時間があるときには、吉祥寺の中道通りをぶらつきます

よく行く和骨董のお店でコレを買いました
古いドライフラワーの入った額
良い雰囲気
これで1000円ぽっきり

東京蚤の市だったら3000円でもすぐ売れてしまうでしょうね

f0126896_14241497.jpg

お店の棚の奥のほうに、蓋がちょこっと見えた蓋茶碗
落とさないように そーっと手に取ってみました
江戸後期の蓋茶碗
太湖石と柳の木が素朴に描かれた広東椀です
これもお買い得価格で購入
ヤフオクの値段より安かったので大満足



そして今日の日曜日は陶芸教室です
f0126896_14242924.jpg

いま創っているのは20センチ角の角皿
乾山風の角皿を創っています

f0126896_14244580.jpg

繊細さが出るように、かなり薄めのたたらで創りました
これから素焼きをお願いします

絵柄は乾山の絵皿を参考に
いくつか考えます
いまから楽しみです

f0126896_1425276.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-04-15 14:54 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(2)

三つ割りの陶印と「任運」の篆刻作品

f0126896_15424092.jpg

桜の古木の陶印が完成しました。
前回までの記事はコチラ
「游心」の陶印

f0126896_154698.jpg

釉薬は黄瀬戸釉
鉄絵で古木を描き、上絵で桜花を散らしています
実は白の上絵がなかなか乗らなくて
この発色になるまで3回上絵を焼き直しました

大きさは4センチ角
もちろんルーペを駆使しての作業です

f0126896_15462362.jpg

撰文は春の季節に相応しい句を選びました
左から「恵風和揚」「草木萌動」「春山如笑」 
中心の陶印だけ朱文にしてメリハリを付けました

f0126896_15463922.jpg


左から
f0126896_15465058.jpg

右へ

右端に雅号印を赤絵で模して描き添えました
f0126896_1547078.jpg




そしてこちらは昨日出来上がった篆刻作品
f0126896_15471453.jpg

6センチ角の青田石


f0126896_1547259.jpg

撰文は「任運」
運命を任せるの意
朱文で刻りあげました
もちろん篆刻教室の吉永隆山先生の補刀がだいぶ入っていることを
申し添えますが

f0126896_15473614.jpg

素焼きを刻る陶印と違って
青田石という石{蝋石に近いのですが)に刻る篆刻は
時に固くて印刀の歯が立たない時もあります
特に最近の印材は昔に比べて質の悪い固い印材が多くなってきているとのこと

f0126896_15474736.jpg

今回の印材も、任の字を刻った部分が、結構硬くて苦労しました
固くて指にまめが出来てしまいました、先生のおかげで何とか形になりました

f0126896_15475836.jpg


陶印も5つ程出来上がりましたので
また展示用の箱を設えようと思います
お楽しみは続きます
f0126896_1548720.jpg

[PR]
by hayatedani | 2017-10-15 19:19 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(0)

篆刻日和

f0126896_20123298.jpg

朝から曇りがちで 時々雨粒も降ってくる
こんな天気の日は「篆刻日和」…かも

晴耕雨読の例えから言えば、私の場合は「晴走雨刻」とでも言いましょうか
晴れた日には自転車やバイクに乗りたい
雨の日は篆刻や陶印創りに勤しんで

f0126896_20125078.jpg

そんな篆刻日和に、今日は布字を行いました

印材に印稿を反転させて書くことを布字(ふじ)と言います
大きいのは6センチ角の青田石の印材
小ぶりなのは4センチ角の陶印の素焼きです

墨で黒く塗りつぶした印面に、朱墨で布字を行いました
逆字で描くのはけっこう大変
集中を切らさないように、丁寧に書きました

f0126896_2013429.jpg

青田石の選文は「任運」
運を任せるという意味

3つの陶印はいずれも「春」の句です
右から「春山如笑」「草木萌動」「恵風和暢」と書いてあります
今回の陶印は、表に3つでひとつの春の模様を描きたいと思っています
選文の意味と、印材の意匠をコラボ出来る
陶印だから出来る表現です
まだまだ先は長そうですが

f0126896_20131922.jpg

[PR]
by hayatedani | 2017-07-23 20:53 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(4)

器の設え

f0126896_21135980.jpg

前回創った箸置きに 桐箱を設えました
字が下手なので、箱書きなど おこがましいのですが

f0126896_21141750.jpg

桐箱に箱書きするって、結構緊張します
何しろ一発勝負
下手でも書き損じは許されません

丁寧に書いた後は 自作の印を押して出来上がり
朱印が入ると 箱書きが締まりますね

f0126896_21143344.jpg


陶磁器の価値というのは 何で決まると思いますか?

同じ湯呑でも、有田の名門 柿右衛門の湯飲みは一客数万円
方や同じ湯呑でも100円ショップで売られているものもありますね

もちろん柿右衛門の湯飲みは プロの陶工が創った手書きの1級品
100均ショップの湯飲みは 鋳込みのプリントもの
自ずとかかっているコストが違うのですが
お茶を飲むという機能は同じです

f0126896_21145099.jpg

でも有田の柿右衛門の窯元で、庭にある柿の木を眺めながら
あれが柿右衛門が赤色を創ったもとになった柿木か?
などど蘊蓄を垂れながら、柿右衛門の湯飲みを見ると
その数万円が妥当な金額に思えてくるから面白い

要するに 陶磁器はそれを見る人に、いかに思い入れを持たせるか
それが大事なこと

それはブランド力であったり
売っているお店の雰囲気やsituation
店の展示方法や梱包の仕方等で
いかようにも違ってくる

よく町の陶器屋さんで売っているような、ワゴンに入れたり
100均ショップみたいに積み重ねて売るようでは
ありがたみも何も感じません

f0126896_2115769.jpg

どうですか 桐箱に入っているだけで高級品に見えるでしょう
大切な人への贈り物には、設えが大事なのです


そして 最近の篆刻作品をご紹介
f0126896_21152513.jpg

撰文は「無方」です
意味は「限りがない、尽きるところがない」
出典は「荘子・天運」

f0126896_21154029.jpg

左が刻った印材 右があらかじめ描いた印稿です
印稿の文字を逆字に印材に彫り込みます

そして印稿と実際の印影です
どうでしょう
なかなか上手くできません
f0126896_21155422.jpg

[PR]
by hayatedani | 2017-06-24 22:18 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(2)

閑中至楽の印章と小さな家



f0126896_15323608.jpg

「閑中至楽」の篆刻作品が完成しました。
大きさは6cm×6cm
青田石の印材で刻りました
前回までの記事はコチラ
閑中至楽の篆刻



f0126896_15330782.jpg
朱文で作成した篆刻作品
「楽」の字が少し痩せすぎたきらいがありますが
私の実力では、こんなものでしょう

f0126896_15334113.jpg

f0126896_15343170.jpg


久しぶりに陶印も作製しました


f0126896_15345035.jpg
同じ印稿から字を起こしたのですが
ご覧のように、石を刻った字体に比べて
だいぶのっぺりしすぎてしまい、繊細さに欠ける仕上がり
ちょっと民芸風になってしまった
字も太すぎ

f0126896_15350257.jpg

f0126896_15351782.jpg

今回の陶印は磁器土で創ったのですが
素焼きした磁器土が思いのほかもろくて
字を欠けさせないように、注意深く印刀を入れたのですが
刻っていて、細かい線がなかなか彫れませんでした
そして、出来上がった際に印面を砥石で擦ったのですが
これが思った以上に擦りすぎてしまって、字が太くなってしまった
ということで、こんな仕上がりに
次回の作品制作の課題が出来ました

でも陶印自他の出来は、磁器土を使ったことで染付の発色が
なかなか素晴らしく、濃淡の呉須染付も満足できる仕上がりです

f0126896_15352867.jpg



そして、今日の陶芸教室で創ったのがコチラ

f0126896_15354643.jpg

小さな家を創りました

f0126896_15355609.jpg
f0126896_15360622.jpg
器を創るには土の量が中途半端に余っているとき
ぐい呑みなどを創っていましたが
たまにはこんなモノを作ってみようかなって



還暦親父が何作ってるんだって思われているかもしれませんが
模型の家を創っているようで、これがなかなか楽しい
f0126896_15361747.jpg
今日素焼きを頼みました
上手く出来上がるかな?


f0126896_15362628.jpg


f0126896_15364232.jpg







[PR]
by hayatedani | 2017-02-05 16:19 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(2)

閑中至楽の篆刻

f0126896_21161819.jpg

2017年初めての投稿は篆刻作品
撰文は「閑中至楽」(かんちゅうのしらく)
意味は閑暇こそ最上の楽しみ。


f0126896_21172038.jpg

印材は6cm×6cmの青田石
文字が赤く印字される朱文で創っています
この場合、文字の外側を彫り込んで文字を浮きだたせています

f0126896_21175587.jpg

ここまでで約1時間半
手の力が無くなってきて、印刀があたる指の端には豆が出来てきた
粗々でこんな感じに彫り上がりました

f0126896_21185618.jpg

アップにすると印刀のためらい切り口が良くわかります
上手く刻るには数をこなすことが肝要ですが
なかなか ねぇ

f0126896_21192795.jpg

これから細かい修正をして、印泥をつけ、印字してみます
さらに細部の修正
先生にダメ出しをうけて、完成となります
この先生の修正でグッとかっこよくなるんですねぇ
いつものことですが
f0126896_2120546.jpg

お正月に印鑑を刻る
気分がしゃきっとなります

f0126896_21211625.jpg

[PR]
by hayatedani | 2017-01-03 15:35 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(4)

小林斗盦篆刻の軌跡

f0126896_20445160.jpg

小林斗盦篆刻の軌跡という企画展に出かけてきました
たぶん篆刻に興味のない(ほとんどの人がそうでしょうが)方が聞いても
表題の言葉の読み方さえ解らないかもしれません

小林斗盦篆刻の軌跡
こばやしとあん てんこくのきせき 
と読みます

小林斗盦というのは、文化勲章まで受賞した著名な篆刻家で
今年が生誕100年ということで、東京国立博物館東洋館で
回顧展が行われています

篆刻を習っている私ですが、著名な篆刻家と呼ばれている人を
ほとんど知りません
でも小林斗盦の名前だけは知っていました
あんまり印象は良くなかったのですが

初めの一歩(魯山人篆刻考)

f0126896_2045109.jpg


上野公園の黄色く色づいた銀杏の並木道
良く晴れた休日は久しぶりです

f0126896_20453298.jpg
f0126896_20455698.jpg
f0126896_20461264.jpg


東博東洋館の常設展示
日本の仏像には今一つ興味が持てないのですが
こちらの仏さまは少しイスラムの匂いがします

f0126896_20462531.jpg

どちらの仏さまもとてもハンサムですね

f0126896_20463885.jpg
f0126896_20465149.jpg

それで企画展はどうだったのかと言うと
これがなかなか良かったのです
小林斗盦の篆刻作品を見て廻っていると
これはいいねっていう作品がけっこうあるのです
何が良かったと聞かれると、明確に表現できない自分の浅知恵が情けないのですが
著名な篆刻家の作品を、飽きずに興味深く見て廻れる自分に
篆刻を諦めずに続けてきた力を感じます
しっかり図録も購入しました

何か訳の分からないコメントで
篆刻を習っている吉永先生に叱られそうですが
12月23日まで開催されています

さぁ 私も篆刻の宿題、仕上げなければ!

f0126896_2047561.jpg

[PR]
by hayatedani | 2016-11-26 21:25 | 美術館 | Trackback | Comments(2)