タグ:景色・旅行 ( 154 ) タグの人気記事

素晴らしい一日

f0126896_2243542.jpg

Its a Wonderful day
At the beginning of June.

f0126896_2244970.jpg

春の登り窯焼成
窯出しに出かけてきました

お天気も
空気も
森も
風も
もう これ以上無いっ!ていうくらい
最高の一日でした

f0126896_22443034.jpg
f0126896_22444317.jpg
f0126896_2245171.jpg
f0126896_22452615.jpg
f0126896_22454434.jpg
f0126896_22455780.jpg
f0126896_22461371.jpg
f0126896_22462881.jpg
f0126896_22465194.jpg
f0126896_2247522.jpg
f0126896_22471874.jpg

Its a Beautiful day
At the First of June.
[PR]
by hayatedani | 2018-06-02 22:55 | 陶芸 | Trackback | Comments(4)

GWの過ごし方

f0126896_20465251.jpg

GW初日に北鎌倉に一人で出かけて、其中窯で陶芸三昧
十分楽しませてもらったお返しに、2日に奥さんとまたもや鎌倉に出かけてきました

1日・2日は平日ですが、会社は計画年休でお休みです
実はJR鎌倉駅近くの駐車場は、土日は駐車料金の上限料金がありません
連休中の中休みの平日は、時間を気にせず鎌倉をブラブラするのには
最適なんですね

3日前には北鎌倉に出かけましたが、今日は鎌倉定番観光と
お店巡りです

まず向かったのは「銭洗い弁天」
昔、結婚前に奥様とデートで訪れてからウン10年経ちます
お金を洗った覚えはありますが、ほとんど覚えていませんでした
でも、鎌倉駅からぶらぶら新緑の中を歩くのは、とても気持ちが良かった

その道すがらにあった「佐助稲荷神社」
初めて訪れましたが、なかなか雰囲気のある神社です
f0126896_2047947.jpg
f0126896_2047253.jpg


お昼近くになったので、前もってセレクトしてあったお店に向かいます
江ノ電に乗って長谷へ
f0126896_20474069.jpg

極楽寺の切通しを下ったところを、海に向かって歩くと
その海を臨むところに「SAIRAM鎌倉店」があります

f0126896_20475584.jpg

古民家を自然素材でリフォームした店内は居心地抜群です

オーガニック食材で作った惣菜を自由にセレクトして
目方で代金を払います
f0126896_2048998.jpg

とても美味しいLUNCHですが、がっつり系の男子には正直物足りない かな

そして切通しまで戻ったところにある食パン専門店「Bread Code」
ここの食パンを食べてみたかった
バター入りの角型食パン「リッチ」を購入
あと食べ歩き用にミニ食パンを併せて購入しました
f0126896_20484893.jpg

コレ 美味しい!
表面がパリパリで中はもっちり
何よりパンの味がとっても美味しかった
f0126896_2049342.jpg
f0126896_20491848.jpg

そのあとは、しかけ絵本専門店に寄ったり、その店の真向かいにあった車の「ミニ」専門店
をのぞいたりで4時過ぎには家路につきました。

そして今日3日は根津美術館に出かけました
f0126896_20493294.jpg

出し物は「光琳と乾山」
光琳の絵画と乾山の焼き物の名品が目白押しです。
光琳と乾山は芸術家兄弟で、兄の光琳は、あの国宝「燕子花図屏風」の作者
乾山の焼き物に光琳が絵付けした作品が数多く残されています
f0126896_20494536.jpg

兄弟で美意識を響き合わせて創作された素晴らしい作品
13日まで根津美術館で体験できます
[PR]
by hayatedani | 2018-05-03 22:03 | 風景・建物 | Trackback | Comments(0)

富岳晴空

f0126896_23155070.jpg

土日で奥様と石和温泉に出かけてきました
石和は周りに何も観光地が無いのですが
自宅から高速で1時間半で到着する、その近さが魅力

手軽に温泉に入って、美味しい食事を楽しめるので
我家のお気に入りの場所です

翌日は山を越えて富士五湖、本栖湖の芝桜を見に出かけました
生憎まだ4分咲きでしたが、富士のお山と芝桜のコラボはなかなかの風景でした

f0126896_2316425.jpg

帰りは山中湖のカフェでホットアップルパイをいただきました
これがとても美味しくて、バニラアイスと合わせて食べるとこれが絶品
奥様も大満足でした

f0126896_23163034.jpg

カフェに停まっていたMGミジェット
60年代のオープンツーシーター
いいなぁ 今日のような新緑の季節にこんなビンテージで走り回りたい
憧れますね
[PR]
by hayatedani | 2018-04-22 23:30 | 風景・建物 | Trackback | Comments(2)

Kan'ei Elegance

f0126896_15252743.jpg

陶芸教室でもらった招待券の企画展
うっかりしてたら今日までと言うことで
六本木のサントリー美術館まで出かけてきました
出し物は「寛永の雅」展です
ポスターのメインに載っているのは野々村仁清の水玉透鉢ですね

f0126896_15255052.jpg

17世紀に江戸幕府が政権を確立した時
平和な世が訪れた寛永年間に開花した文化
「きれい」をキーワードにした雅な世界が広がりました

その時代の代表的なアーティスト
小堀遠州や野々村仁清、狩野探幽の作品をメインにした企画展です

f0126896_15261153.jpg


美術館を出た後、少しブラブラしようと青山に向かいます
途中のホンダのショールームに60年代のビンテージレーシングが展示されていました

ホンダRC149 125cc 1966年
f0126896_15262712.jpg

60年代にホンダがマン島TTレースに参戦したときのマシン
わずか125ccのエンジンながら、シリンダーを5つ有するエンジン
世界に打って出た本田宗一郎の気迫が感じられます

完璧にレストアされたマシンは、まるで今ファクトリーから出てきたみたいな佇まい
レーシングマシンの機能美を感じますね

しかしかっこいいバイクです
こんなカッコのバイクが売り出されたら
即 買いたいですね

f0126896_15264188.jpg
f0126896_15265380.jpg


本田を出た後、青山通りを外苑まで歩きました
あのベルコモンズが無くなっていた!
新しくホテルに建て替え中とのこと
時代を感じます
f0126896_1527674.jpg

神宮前三丁目の交差点を信濃町方面へ
途中にあった公園のオブジェ
f0126896_15272826.jpg

青山にあぜ道が!

f0126896_15274116.jpg

右に見えてきたのが新国立競技場の建設現場
設計は隈 研吾
2020年に間に合わせるため奮闘中
タワークレーンが林立していました

f0126896_15275526.jpg


f0126896_1528890.jpg

最後は表参道に出ました
まぁ外国人が多い
歩いている人の半分は外国人
外人が行列を作っている最後尾のお店の人が持っている看板にビックリ
「ハリネズミカフェ」の文字
時代は変わりました

毎日新宿まで仕事に行っているからと、都会のことが解っていると思っちゃいけません
たまには原宿や青山や渋谷に出かけなければ
化石になってしまう


f0126896_15282283.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-04-08 16:11 | 美術館 | Trackback | Comments(0)

春が来た

f0126896_20392871.jpg

昨日の土曜日は、会社の同僚と1年ぶりのゴルフに出かけました
久々のゴルフで節々が痛い体と、行きかえりで往復6時間も車を運転した疲労で
今日は朝からぐったり
でも朝のテレビで桜が満開!
お花見には絶好のお天気! などど聞いていると
こんなところで寝ている暇はないと、まずはオートバイで中央高速に乗り大月まで
大月から都留を経て、山を巡って走り回ってきました

家に帰ったのは12時
昼ご飯を食べて、まだまだ時間はあると
今度は自転車を持ち出して近場を走ってきました
f0126896_20394788.jpg

大月の山間部はまだまだ寒くて
桜の季節には少し早かったようですが
家の周りには咲き誇った桜がいくつも見られます

f0126896_204079.jpg


いやぁ 体がなまっている
特に走り出しは足に来る
昨日ゴルフであれだけ走り回った?のですが
やっぱり自転車は使う筋肉が違うのですね

f0126896_20403442.jpg


近くの公園に、見事な枝垂桜がありました

f0126896_20404885.jpg

若いカップルもおじさんもおばさんも子供達も
みんなニコニコしながら写真を撮っていました

春ってそんな季節なんですね

f0126896_2041359.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-03-25 21:07 | 風景・建物 | Trackback | Comments(0)

春一番 かな?

f0126896_20102245.jpg

今年の冬は寒かったので
バイクに乗るのもほぼ2か月ぶりになります

実は昨年の12月に、ツーリング先の駐車場で停めていたW650
後ろを見ないでバックしてきたおばさんの軽自動車にぶつけられて
左側に倒されました

後ろのフェンダーからウインカー、左のエンジンケースに傷ができ
大幅に部品を交換しました
幸いフレームには変形が無かったので、大事には至りませんでしたが
それからほとんど走らせていませんでしたので、今回が試運転のようなもの

幸いお天気も良く、少し風は強かったのですが
2か月ぶりのオートバイは快適でした

f0126896_20104210.jpg

途中で寄った古民家で

f0126896_2011339.jpg

庭には白梅が咲きはじめていました



f0126896_20112024.jpg

相模湖の支流は翡翠色に輝いています


f0126896_20113521.jpg


3月は暖かい日も多くなるようです
寒さを気にせずバイクに乗れる、そんな季節ももうすぐですね
f0126896_20115071.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-02-24 20:46 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(2)

秋の一日

f0126896_20331516.jpg

今日は午前中陶芸教室
昨日から思いっきりのバイク日和
お山は紅葉真っ盛りなんだろうなぁ などど轆轤を回しながら
気分はバイクに行っている

f0126896_20333171.jpg


週末になると天気が悪かったり、用事があったりで
なかなかバイクで出かけられない
今日も陶芸教室から帰ってきたら13時です
15時過ぎには用事をかたずけなければいけないので
今日も難しいかなって思っていましたが…

f0126896_20334886.jpg


でも、来週になったら紅葉の盛りも過ぎているかも
とにかく出かけようということで
中央高速に乗って上野原へ
ばんばん飛ばしてお山を目指しました


f0126896_2034595.jpg


山の陰になっているところは、だいぶ日が陰ってきましたが
どうやらぎりぎり間に合いました

こんな景色がお出迎え
快晴の青い空がバックではありませんでしたが
それでも十分美しい
色々な赤色が
色々な黄色と混じって
世界で一つの景色を創っている
f0126896_20342243.jpg
f0126896_20344618.jpg
f0126896_2035149.jpg
f0126896_20352044.jpg


また天気が良かったら 来週出かけてみましょうか 早い時間に
f0126896_20353926.jpg

[PR]
by hayatedani | 2017-11-12 20:58 | 風景・建物 | Trackback | Comments(4)

沖縄Traveling~読谷

f0126896_1084341.jpg

Okinawa Yatimun Villege

先週の8月3日から5日まで、沖縄に出かけてきました。
台風5号が接近中で、一時はどうなることかと思いましたが。
幸い奄美の方に上がってくれて、思ったほど雨も降らないで
3日間沖縄を堪能しました。

f0126896_1085578.jpg

定番の首里城や美ら海水族館などを廻りましたが
お目当てはやっぱり読谷村の壺屋焼きの里 やちむんの里です

大きな登り窯の共同窯がお出迎えです

f0126896_109527.jpg
f0126896_1091781.jpg

有田や鍋島など九州の伝統的な焼き物の里は皆山の麓にあり、秘境という感じが少しするのですが、読谷の窯元は思っていたより広々としていて開放的です。

f0126896_1093059.jpg
f0126896_1093998.jpg

やちむんの里の象徴的なもう一つの登り窯「北窯」です
こちらもかなり大きな登り窯ですね

f0126896_1095083.jpg
f0126896_1010023.jpg


工房も大きな建物
沖縄特有の赤瓦の屋根が特徴的です

f0126896_10101122.jpg
f0126896_10102376.jpg
f0126896_10103281.jpg


もともと那覇の壺屋にあった人間国宝、金城次郎窯が1972年に読谷村に移転し
このやちむんの里が形成されました。
今では壺屋焼というより読谷焼と言うようです

f0126896_10104135.jpg
f0126896_10105122.jpg

益子焼などは様々な作家さんが様々な作風で作陶していますが
読谷は新しい造形は取り入れていますが、伝統的な作風がしっかり守られている
そんな感じがしました


コチラは国際通りの公設市場の中のお店
日本と言うより東南アジア系の雰囲気です
f0126896_1011058.jpg
f0126896_10111164.jpg

快晴の3日間とはいきませんでしたが、雨はレンタカーで移動中に降っただけで
それほど悪いお天気ではありませんでした
沖縄は2度目ですが、車であちこち回ったのは初めて
嘉手納周辺など返還前のアメリカンなドライブインなどが少なからず残っており
案外、こういうコアなところを巡るのも楽しそうです
旅はしないと解りませんね



f0126896_10112194.jpg

[PR]
by hayatedani | 2017-08-12 10:57 | 風景・建物 | Trackback | Comments(4)

若葉の頃に

f0126896_22133594.jpg


オートバイに乗って奥多摩を走ってきました
この時期 奥多摩は若葉の季節
爽やかな大気の中
太陽光とライトグリーンの若葉のコントラスト
オートバイを走らせる至福の時間

f0126896_221356100.jpg
f0126896_22141665.jpg


先日の登り窯の窯出しの時
陶芸教室のアメリカ人の生徒さん(多分60代後半)と単語を羅列した片言英語で話して
こんなに綺麗で素晴らしい季節はビージーズのFirst of mayのようですねって言ったら
何それ?歌ってみてって言われて
思わず I can'tって叫んでしまった
でも 良く考えたら邦題は「若葉の頃」というタイトルなんですが
歌詞は この季節とは関係ない内容だったので
歌わなくて(歌えなくて)よかった


f0126896_22144519.jpg
f0126896_2215281.jpg
f0126896_22151692.jpg


途中で山の中の神社にお参り
f0126896_22153052.jpg


階段を上がったところにあった手水の石桶
大きな自然石に瓢箪が彫り込まれています
遊び心が素晴らしい
f0126896_22154534.jpg


境内にあるご神木
何百年ここにいらっしゃるのか
思わずハグしてパワーをいただく
f0126896_2215557.jpg
f0126896_2216816.jpg


鳥居を吹き抜ける風
紙垂が下がる鳥居は、ここから神域だという証
別世界へ いざ
f0126896_2216233.jpg
f0126896_22163623.jpg

[PR]
by hayatedani | 2017-05-20 23:35 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(2)

もうすっかり春ですね

先週は新しいロードバイクの話だったので
今週はきっと自転車で走りに行った記事だと思ったでしょうが
違います
今日はオートバイです
f0126896_2316898.jpg

最初、週末は雨模様の天気予報でしたが
週末には晴れ模様に変わりました
もうしばらくオートバイに乗っていないので
今日はバイクで春の景色を堪能してきました

朝から気温が上がり、レザージャケットの下にトレーナーを着こんで出発したことを
走りながら少し悔やんだのですが
奥多摩を目指して走っていると、少し冷えたお山の外気温にちょうどいい気分になりました

少し路肩に雪の残った柳沢峠を越えて、いつもの雲峰寺へ
ここに来るのも久しぶりです

杉の古木に囲まれた参道を上がると
空気が違って感じられる
f0126896_23162420.jpg


迎えてくれたのは、いつもの石仏たち
一体一体違う姿の石仏たちに、いつも癒されます
f0126896_23163984.jpg
f0126896_23165459.jpg
f0126896_2317669.jpg
f0126896_23171766.jpg
f0126896_23173332.jpg
f0126896_23175619.jpg
f0126896_23181072.jpg


石仏に見守られながら参道を上がると、雲峰寺のお社が
f0126896_23182342.jpg
f0126896_23183724.jpg
f0126896_23184863.jpg


下界に降りてくると、勝沼の桃畑の華がが見事に咲き乱れていました
ピンクの桃の花
まさに桃源郷のような景色です
f0126896_2319645.jpg
f0126896_2319225.jpg

暖かくなると、いよいよアウトドアの季節です
来週はロードバイクでお出かけの予定
老体に鞭打って走ってきますが
ちょっと体力的に不安が…
f0126896_23194251.jpg

[PR]
by hayatedani | 2017-04-15 23:41 | 風景・建物 | Trackback | Comments(0)