タグ:古伊万里 ( 75 ) タグの人気記事

青磁釉くらわんか蓋茶碗

f0126896_15433654.jpg

f0126896_15442339.jpg

Imari celadon ware / ca.1800s


f0126896_15443894.jpg

江戸中期 古伊万里の青磁釉蓋茶碗です
伊万里焼と言っていますが、作られたのは有田の隣町
波佐見で焼かれた「くらわんか」と呼ばれた厚手の器

伊万里ほど上手でなく
手に持つと底の部分に重みを感じます
これは造形の美しさと言うよりは、量産に適した削りの
コストダウンの手段なんでしょう
手間を省き 数を作る

中国の青磁と違い、波佐見の青磁釉は淡い黄緑色をしています

f0126896_15444881.jpg

呉須もまた精製された上質のものではなく
発色もいま一歩
特徴的なのは見込みの中央に描かれた五弁花
伊万里焼では当然、筆で描かれていますが
この器では、何だかボンヤリした模様が見えます

f0126896_15445710.jpg

蓋の見込みの中央から少しずれたところに描かれた五弁花の模様
これは「こんにゃく印判」と呼ばれる、江戸時代のスタンプのようなもの
で描かれたものです

俗にこんにゃく印判と言われていますが、もちろんこんにゃくを彫って印を作ったものではなく
皮のようなものに模様の印影を彫って、呉須を付けて押したものだと言われています

f0126896_1545791.jpg

すでに五弁花の原型を保った模様ではありません
これも量産のため
コストダウンの手段で使われました

f0126896_15451632.jpg

このように、決して手のかかった器ではありませんが
この素朴さが逆に味となって、この器の魅力となっています
くらわんかというのは、大阪の淀川を行きかう商人の大型船に
小舟に乗ってこの器を使って酒や料理を売った「くらわんか船」から
つけられたと言われています

富裕層ではなくて、庶民を対象にして作られた器
それゆえコストダウンが図られ、いかに多くの数を手間をかけずに
作れるかが考えられました

波佐見などで作られ、北前舟で全国に送られ使われた日常使いの器
それゆえ、蔵に入れられ冠婚葬祭の時だけに使われた伊万里焼ほど
数が残っていません

「無作為の美」とは民芸を表現するときに使われる言葉ですが
まさにこの蓋茶碗も無作為で数を作った、陶工たちの息吹が感じられる
そんな器です

f0126896_15452588.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-06-17 17:33 | 古伊万里 | Trackback | Comments(0)

兎は吉祥文

f0126896_20555054.jpg

Imari ware / ca.1800s hand-painted the Rabbit design

f0126896_20555868.jpg

この器に描かれている白い物は何でしょうか
雪だるまのようにも見えますが、頭にはとんがった耳のようなものが

実はこれ 兎が描かれているんです

f0126896_2056657.jpg

月の陰影を杵で餅をついている兎に例えたのは、遠い昔の日本人だけでなく
中国ではもともと杵臼で不老不死の薬をついていたと言われています。

月の満ちては欠け、欠けては満ちる様子が、不老不死に結びついたように
兎は不老不死・再生の吉祥文様として中国で愛好され、日本でも陶磁器の意匠
等に多く見られるようになりました。

この蓋茶碗
秋草が生える藪の中で、薄ダミで輪郭を描いた兎が素朴に描かれていますが
ちょっと兎には見えないかも
兎は子だくさんと言うことで、子孫繁栄の意味もあるようです

f0126896_20561674.jpg

見込みには山でしょうか
何が描かれているか解らないような模様が


f0126896_20562567.jpg

でも、何んで後ろ向きから兎を描いているんでしょうね
良く見ると小さな目と髭が見えます
一目でわかる兎らしさよりも、兎の持つかわいらしさを狙っているんでしょうか
きっと何か参考にした図柄があるんだと思いますが

f0126896_20564043.jpg

でも どう見ても兎に見えない?
そうですよね

f0126896_20564761.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-05-27 21:44 | 古伊万里 | Trackback | Comments(0)

色絵柴垣紅梅桜花文蓋茶碗

f0126896_23301583.jpg

江戸時代中期 1700年代の色絵蓋茶碗です




f0126896_23303482.jpg

薄手のちょっと深みのある器形
江戸時代中期の伊万里焼の良い表情をしています

f0126896_23304843.jpg

ちょうど柿右衛門様式から古伊万里様式に変容する時期の意匠です
白磁は乳白の濁し手ではなく、伊万里の少し青みのかかった磁胎

濃淡の呉須で水のながれを表わし
赤絵で繊細な柴垣を描いています

木の幹部をグレイかかった紫の顔料で塗り込んでいるのが、この様式の特徴
葉っぱも濃い緑と紫で表しています
f0126896_2331125.jpg


器の半分に桜花を
その半分に紅梅が丁寧に描かれ
所々に金彩で花びらを描いて、意匠に華やかさを演出しています


f0126896_23311537.jpg

見込みには菊の模様でしょうか
二重罫線で囲まれた菊花が丁寧に絵付けされています

f0126896_23313674.jpg

いまから250年程前に有田で創られた蓋茶碗
今の時期にピッタリの意匠ですね
いよいよ日本中がお花の季節を迎えます
250年前の同じ季節に思いを馳せて

f0126896_2332591.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-03-17 23:59 | 古伊万里 | Trackback | Comments(0)

春のきざし

f0126896_17161964.jpg

Imari ware / ca.1800s hand-painted the cherry-blossom design

まだまだ寒い日が続いていますが
日射しからは春の気配を感じます

もうあと一か月もすれば
あの桜の季節がやってきます

きょうは桜の模様の伊万里をご紹介
桜と言っても華やかな「そめいよしの」ではありません
幽山に咲く山桜です

f0126896_17165840.jpg


日本画の特徴である「余白」を生かした作画です
少し青みを帯びた泉山陶石で作られた白磁の中に
幽山にひっそりと咲く山桜が見事に表現されています

江戸時代後期の伊万里は、器形にびっしりと書きこまれた模様が多くなってきますが
このように余白を贅沢に残した筆致は、大いに創造性を掻き立てられます

f0126896_17181422.jpg

幹は強風に抗うように折れ曲がり
桜と言うよりは梅の古木のような出で立ち

枝先にこんもりと咲く山桜は
薄ダミに覆われ春霞の中で咲いているように見えます

桜の季節はもうすぐです
早くバイクで山桜を探しに行きたいな
f0126896_17183561.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-02-12 17:45 | 古伊万里 | Trackback | Comments(0)

冬の模様

f0126896_20543694.jpg

今回は冬の模様の器をご紹介します

f0126896_194138100.jpg

(Imari ware / ca.1800s hand-painted the winter scenery design) 
古伊万里:染付雪輪梅花文蓋茶碗

古伊万里染付雪輪梅花文蓋茶碗です
時代は江戸後期

f0126896_1941498.jpg

薄手で上手の作風

器全体に細い罫線を描き
雪輪模様を窓絵的に描いて、薄ダミの中に笹を描いています
罫線の中には梅花を散し、この器が冬の景色を表現していることが解ります

f0126896_19426100.jpg

雪輪模様は室町時代から表現される冬の模様
雪の結晶をイメージしていると言われますが
我々が知っている雪の結晶は、先端が尖ったギザギザ模様
このように丸い表現ではないように感じます

結晶というよりもぼたん雪や木に積もった積雪をイメージしているのではないでしょうか
そのように見立てると笹に積もった雪模様を上手く表現しています

f0126896_19421764.jpg

この器の意匠の特徴は、なんといっても器全体に描きこまれた罫線
ざっと数えてみたら、約200本の罫線を呉須で描き切っています
決して一本一本丁寧に描いているとは言えませんが
それでも、それぞれの間隔を綺麗にとって筆で手書きしています

この模様の器をいくつ造ったかはわかりませんが
100や200ではないでしょう
この罫線を描き切る集中力は江戸時代の陶工だから出来た仕事
現代の陶工では出来ない(やらない?)でしょうね


f0126896_19422971.jpg

どうですか?部分的には筆の乱れが見られますが
放射線状に綺麗に罫線が引かれていることが解ります


f0126896_19423983.jpg

梅花は呉須で表現されています
器の見込みや口縁にも梅花模様が描かれています
この器、一ついくらで売ったのでしょう
現代と違って江戸時代、磁器の器は高級品だったようですが
ここまでコストをかけて、商売として成り立っていたのかと
いらぬ心配までしてしまいます
f0126896_19425578.jpg
f0126896_1943997.jpg

今日も寒い一日でした
先週降った残雪が道路に残り、無残な姿をさらしています

この器を眺めながら、江戸時代の風情のある冬の景色に思いを馳せましょうか
f0126896_19432357.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-01-28 20:43 | 古伊万里 | Trackback | Comments(0)

おめでたい器

f0126896_21154229.jpg

2018年スタートのBlog記事は「おめでたい器」ということで
縁起物の布袋様が描かれた器を紹介

染付鴨と布袋図金彩蓋茶碗
作製時期は江戸時代後期から明治初期

f0126896_21164289.jpg

作風から見ると、伊万里焼と言うよりは平戸焼の器と思われます
外側にはダミを生かした染付で鴨の模様が繊細に描かれ
そこに金彩で葦模様を描いています

特徴的なのは見込みと蓋の裏側に描かれた布袋様の図柄
手慣れた染付でユーモラスに描かれた布袋様が秀逸です
かなり手練の絵付師が描いたものだと思われます

f0126896_21165993.jpg

直径11センチ  高さ6.5センチ程
愛すべき平戸の小品です



そして、今日は今年初めての陶芸教室に出かけてきました
f0126896_21175139.jpg

前回のBlogでご紹介した乾山写しの向付と同時に作成している器です
今日は釉薬をかけました

上半分は白い乳白釉
下には紅志野釉をかけ分けしています
f0126896_2118749.jpg

器の口縁に刻みを入れ
穴を開けて変化を付けています

前回の教訓から、乳白釉と紅志野釉の境目は釉薬が乾いた後に
手で擦ってぼかしを入れました
焼き上がったら上絵を描きます
乳白の白はそのための下地としてかけています

f0126896_21181996.jpg

ついでに随分前に創っていたぐい呑みも、釉薬かけを施しました
両方とも還元焼成でお願いしました

今年も陶芸 頑張るぞっ!
f0126896_21183841.jpg




f0126896_21214578.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-01-07 21:55 | 古伊万里

ちはやぶる

f0126896_21195.jpg


ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは  広瀬すず いや在原業平

f0126896_2114595.jpg

さまざまな不思議なことが起こっていたという神代の昔でさえ
こんなことは聞いたことはありません。
こんなふうに竜田川の水面に紅葉が真っ赤に映って、
まるでくくり染めにしたように見えるなんて。

f0126896_21249.jpg


秋も深まってきました
紅葉の盛りも過ぎつつありますね
近くの公園で最後の紅葉の写真を撮ってきました

紅葉模様の器をつれて…
f0126896_2121685.jpg

古伊万里色絵紅葉文深鉢 江戸時代後期
直径17センチ 高さ9センチ

紅葉模様の色絵の器
器形から見ると、普通の鉢というより菓子鉢のような使い方をされた器のように思います
何しろ器の厚さは6ミリ程度あり、だいぶ重い器です

f0126896_2123051.jpg


高台内には大明万暦の追銘が上絵で描かれています
呉須による染付は一切使われていません
作行から見ますと、伊万里と言うよりは京焼の様にも見えますが

f0126896_2124378.jpg

器の側面には紅葉のなかで行われた宴会を感じさせる道具が描かれています
垂幕と紅葉
太鼓や琵琶、笛や鳳笙など
いまにも楽しげな宴会の音色が聞こえてきそうですね
f0126896_2125691.jpg



そしてこちらの蓋茶碗
いままさに紅葉狩りの真っ最中の様子
f0126896_2131860.jpg

色絵紅葉文蓋茶碗 江戸後期

こちらの器は内側にも紅葉を散らしています
食べ終わった後にも楽しんでもらえるように
f0126896_213326.jpg


染付の紅葉文の器
f0126896_2134525.jpg

古伊万里染付紅葉文向付

f0126896_214060.jpg

落ち葉を掃くための箒や
こちらもお酒を入れる水注と猪口が描かれています
f0126896_2141754.jpg

現代では紅葉を愛でながらの宴会など、あまり行われていませんが
江戸時代は桜のお花見のように、紅葉を楽しんでいたのでしょう

そして白磁の余白を生かした紅葉の染付蓋茶碗
f0126896_2142955.jpg

古伊万里染付紅葉文蓋茶碗 江戸時代後期

f0126896_2144213.jpg

とろりとした白磁に控えめに呉須で描かれた紅葉文
風情を感じさせる器です

f0126896_2145616.jpg

見込みには小さく紅葉の木々を抱く山並みが
これだけで紅葉に萌える山をイメージできますね
f0126896_2151231.jpg

紅葉の楽しみもあと1週間ほど
12月に入って、そろそろ気ぜわしい季節になりました

f0126896_2152415.jpg

[PR]
by hayatedani | 2017-12-03 22:13 | 古伊万里 | Trackback | Comments(2)

成田屋!

f0126896_19445181.jpg




江戸後期古伊万里の海老図6寸皿です
f0126896_1945743.jpg

今にも飛び跳ねそうなダイナミックな伊勢海老が描かれています
面白いのは右側に描かれている模様
これ 何だか解りますか?

コレ歌舞伎役者の屋号なんです
三つの升が重なった模様「三升」
三升の屋号を使っているのは成田屋市川家
海老が描かれているということは 「市川えび…」ですよね
このお皿 市川海老蔵を表現しているんですね

f0126896_19452629.jpg

古伊万里といってもこのお皿、有田で作られたのではなくて
有田近郊の塩田町で作られた志田焼きです
温泉で有名な嬉野市にあった志田焼きは廃窯となりましたが
現在資料館が作られています
f0126896_19454999.jpg

高台の中に焼成時に落ち込みを防ぐためにつけた目跡が三つ残っています
志田焼きの陶土は有田ほど白くないので、表面に白化粧土を塗っているのが特徴
裏を見ると綺麗に化粧土が乗っているのが解ります

そしてこちらの鉢
f0126896_19461251.jpg

いつも自転車で1時間ほどぶらぶら走るコースの途中にある骨董店
その店の入り口にあった傷物コーナーで見つけた器です

時代は江戸時代後期
直径17センチ、高さ6センチ程の鉢
日常使い出来そうな器形に思わず手に取りました
良く古伊万里を日常の器として使ってます なぁんていう人が雑誌に登場しますが
貧乏性の私はトテモとても
でも傷物なら思う存分使えるというもの

何しろこの伊万里
ワンコイン(正確には消費税込みで540円)の値段でしたから

傷は口縁に7ミリほどのほつれがあるだけ
ニューなど無く、ほつれを直せば日常使いの古伊万里になります
f0126896_19463043.jpg

さっそく人工漆でほつれを埋めました
このあと金箔か銀箔でも設えましょうか

裏は青磁釉です
絵柄を見ると、伊万里の中でも波佐見焼系の器だと思います
深みもあって使いやすい器
f0126896_19464278.jpg

でも少なくとも150年前の手作業のアンティークの器が
傷があると言えワンコインで売っているということに
ちょっと複雑な心境です
日本はスゴイ!

f0126896_19465781.jpg

[PR]
by hayatedani | 2017-10-21 21:27 | 古伊万里 | Trackback | Comments(6)

伊万里の残欠

f0126896_20454311.jpg

巻き香を焚いている器?
何だか解りますか?

コレ古伊万里の残欠なんです

f0126896_2046762.jpg

今から15年前に福岡に単身赴任していた時に
休みの時に幾度も通った佐賀県有田町
17世紀初頭、日本で初めて磁器焼成に成功した場所です

この残欠は その有田の山の中で拾いました

江戸後期の茶碗が二つ張り付いていますね
中には蓋も張り付いています
そしておもしろいのは ハマ、チャツと呼ばれた窯道具が
一緒に張り付いていることです

f0126896_20463571.jpg


よろけ文の模様が描かれた茶碗
多分 登り窯で焼成中に炎に煽られて倒れてしまったのでしょう
傍で一緒に焼かれていた器を巻き込んで、あえなく溶着してしまったのでしょう
こうなってしまったら完全なる失敗品
窯のそばの物原に打ち捨てられたものだと思います

それが200年後に拾われて、東京でお香を焚かれる器になっている
当時の陶工は想像もつかなかったことでしょう

f0126896_20464986.jpg

この器の残欠
200年もの間、山の中で何を思っていたのでしょう
器としては用をなさないものですが
この残欠には200年という時間が凝縮されています

f0126896_20473327.jpg

当時撮った有田の山並み
伝統的な皿山と言うのは
やはり山の麓にあるものなんですね

時間の波長がお香の香りを漂わせる
f0126896_2048063.jpg

[PR]
by hayatedani | 2017-09-02 21:41 | 古伊万里 | Trackback | Comments(2)

染付霊芝草花文蓋茶碗

f0126896_2220202.jpg

江戸時代後期に創られた古伊万里の蓋茶碗です
椀形は広東椀と言われる形
高台を高くとり、花のように椀を開かせています

f0126896_22203315.jpg


書かれている図柄は霊芝文といわれる図柄
霊芝は茸の一種で、古くから漢方薬として珍重されていて
古代中国では、宮中に霊芝が生じると天下泰平の印として、
祝宴を催したと伝えられているそうです。
そんなこともあってか、神草とか仙薬、不死草などといわれている吉祥文です。

f0126896_22204886.jpg
f0126896_2221226.jpg

見込みの中には草花文が描かれています
そして高台の中には伊万里特有の江戸後期の窯印が
f0126896_22211235.jpg

器にゆらぎ線で区切りを創り、その中に霊芝と草花模様をテンポよく描いています
器の模様にリズムがありますね

f0126896_22212335.jpg


そして もうひとつ伊万里の蓋茶碗を紹介
f0126896_22213316.jpg

ちょっと見 何が描かれているか解りにくいのですが

f0126896_22214448.jpg

柳の木の下で、馬が二頭群れています

この器
染付の繊細さや白磁の作行から、
平戸焼きの可能性もあります

f0126896_22215956.jpg

どうですか
柳の木の下で 川で水を飲んでいる馬の姿が良くわかるでしょう
一頭はお尻をこちらに向けているのがご愛嬌
面白い構図です

f0126896_2222968.jpg

この器 5客セットで手に入れましたが
もう我が家には飾る場所がありません
オーバーフロー間近の我家では、これ以上伊万里を増やしてはいけないのですが
伊万里の器中毒はなかなか治りません


f0126896_22222597.jpg

[PR]
by hayatedani | 2017-06-11 23:08 | 古伊万里 | Trackback | Comments(0)