<   2018年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

春一番 かな?

f0126896_20102245.jpg

今年の冬は寒かったので
バイクに乗るのもほぼ2か月ぶりになります

実は昨年の12月に、ツーリング先の駐車場で停めていたW650
後ろを見ないでバックしてきたおばさんの軽自動車にぶつけられて
左側に倒されました

後ろのフェンダーからウインカー、左のエンジンケースに傷ができ
大幅に部品を交換しました
幸いフレームには変形が無かったので、大事には至りませんでしたが
それからほとんど走らせていませんでしたので、今回が試運転のようなもの

幸いお天気も良く、少し風は強かったのですが
2か月ぶりのオートバイは快適でした

f0126896_20104210.jpg

途中で寄った古民家で

f0126896_2011339.jpg

庭には白梅が咲きはじめていました



f0126896_20112024.jpg

相模湖の支流は翡翠色に輝いています


f0126896_20113521.jpg


3月は暖かい日も多くなるようです
寒さを気にせずバイクに乗れる、そんな季節ももうすぐですね
f0126896_20115071.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-02-24 20:46 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(2)

色絵紅葉図透向付

f0126896_20563582.jpg

前月から創っていた乾山写しの向付が完成しました

前回までの記事はコチラ「乾山写しの向付」
f0126896_2056564.jpg


ほぼ狙い通りの上絵焼成となりました
f0126896_2057723.jpg


この状態になるまで上絵焼成を2回しています
一回目は幹と赤、緑、黄色の紅葉模様を描いて焼成
二回目は焼き上がった紅葉に黒色で葉脈を入れました
そして黄色く画いた紅葉文の上から、金彩を被せて
金色の紅葉文としています

f0126896_20571580.jpg

最後に口縁に黒で縁取りをしました
写真では解りずらいのですが
この黒が器全体を引き締めています


f0126896_20572561.jpg


乾山の本歌は白化粧土の上に紅葉文を散らしていますが
私の創った写しは、白化粧を釉薬で表現しています
そしてどうしても本歌のように表現出来なかったのが
尾形光琳譲りの乾山の流水模様
こればっかりは、まったく上手く表現できないので
やむなく省略しました

それでも、なかなか本歌の雰囲気に近づけたのではないかと
自分では満足しています

f0126896_20573259.jpg


そして今日の陶芸教室で創り始めたのが板皿
f0126896_20574121.jpg

大きさは20センチ角の正方形
土は志野の白土
見込みにはオニイタ化粧土を塗りました

f0126896_20575088.jpg

全面に罫線を描き
交叉文を卦がきました

f0126896_20575727.jpg

四隅をカットして
こんな状態に

f0126896_2058585.jpg

縁を折り曲げると、板皿らしくなりました
でも、今日はここまで
残りは3月の陶芸教室で完成させます

もうすぐ春ですね!
f0126896_2058159.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-02-18 22:31 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)

春のきざし

f0126896_17161964.jpg

Imari ware / ca.1800s hand-painted the cherry-blossom design

まだまだ寒い日が続いていますが
日射しからは春の気配を感じます

もうあと一か月もすれば
あの桜の季節がやってきます

きょうは桜の模様の伊万里をご紹介
桜と言っても華やかな「そめいよしの」ではありません
幽山に咲く山桜です

f0126896_17165840.jpg


日本画の特徴である「余白」を生かした作画です
少し青みを帯びた泉山陶石で作られた白磁の中に
幽山にひっそりと咲く山桜が見事に表現されています

江戸時代後期の伊万里は、器形にびっしりと書きこまれた模様が多くなってきますが
このように余白を贅沢に残した筆致は、大いに創造性を掻き立てられます

f0126896_17181422.jpg

幹は強風に抗うように折れ曲がり
桜と言うよりは梅の古木のような出で立ち

枝先にこんもりと咲く山桜は
薄ダミに覆われ春霞の中で咲いているように見えます

桜の季節はもうすぐです
早くバイクで山桜を探しに行きたいな
f0126896_17183561.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-02-12 17:45 | 古伊万里 | Trackback | Comments(0)

Isn't She Lovely

f0126896_13394334.jpg

1月30日に長男に二人目の娘が生れました
私にとっては二人目の孫の誕生

一人目の生まれたときの顔にとっても似てますが
良く見るとやはり違う顔をしている(アタリマエ)
うっすら目を開けて、笑いかけてくれているようです

嬉しいなぁ
命が生れる
家族が増える

こんなに素晴らしいことはありません
こんなにも幸せを感じることはありません

生れてきてくれてありがとう

Isn't she precious
[PR]
by hayatedani | 2018-02-03 14:03 | その他 | Trackback | Comments(6)