人気ブログランキング |

<   2014年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

古時計には良い季節

f0126896_22381193.jpg

久しぶりに秋晴れの週末
こんな日はイギリス製の古いオープンで流したら気持ちが良いだろうなって思います
オースチンヒーレーのスプライトやMGBあたりなら最高
あんまりスピードが出ない分 秋の気持ちよさを満喫できる

f0126896_2238267.jpg

若いころBMW2002という古い車に乗っていたことがあり
そのワンキャブのBMが結構天気で調子が変わる車だった(実際は他のトラブルがいろいろ重なっていたのですが)
バイクもそうだが インジェクションではなくてキャブレター式ののエンジンは
天気や気圧の影響を受けやすい

f0126896_22383556.jpg

でもって 古い機械式時計も天気によって調子が変わる?
なんてことはありませんが、暑い夏には皮のベルトの時計が着けられません
気温が高いとどうしたって革ベルトをつけると汗をかく
この汗の塩分が皮をダメにするのです

f0126896_22384540.jpg

夏の間は、金属製のブレスのベルトをつけるか
革製のベルトの時計は、通勤時にはつけないで、会社で装着するようにしていた

秋風が吹くようになって 皮ベルトの時計がやっと着けられるようになって
毎日 どの時計を着けようか選択肢が増えてちょっと嬉しい
古い時計には金属ブレスよりやっぱり革ベルトが似合います

f0126896_2239084.jpg

しかし 古時計 ちょっと増えすぎ
少し考えないと
by hayatedani | 2014-10-25 23:09 | 時計 | Trackback | Comments(4)

素敵な秋の一日

f0126896_20175256.jpg

秋らしい一日でした
風は清々しくて 爽やかに吹き抜けて
陣馬高原の小さなクラフトフェアに出かけてきました
f0126896_2018337.jpg

山間の古民家のギャラリーに展示された箒達


f0126896_20182316.jpg


秋らしい陽光と室内の陰翳
箒も美しい


f0126896_20184184.jpg
f0126896_20185747.jpg
f0126896_20191815.jpg
f0126896_20193174.jpg
f0126896_20194196.jpg
f0126896_20195331.jpg
f0126896_2020936.jpg
f0126896_20201717.jpg
f0126896_2021094.jpg
f0126896_2021996.jpg
f0126896_20211777.jpg


素敵な秋の一日でした
by hayatedani | 2014-10-19 21:04 | 風景・建物 | Trackback | Comments(2)

まほろ駅前狂騒曲

f0126896_23284411.jpg


瑛太と松田龍平の多田と行天の迷コンビ
まほろ駅前狂騒曲を見てきました

三浦しをんのベストセラー小説を映像化した「まほろ駅前」シリーズ劇場版第2弾
テレビドラマ化された「まほろ駅前番外地」で夫婦ともに病みつきになり
この映画も公開前から注目していました

でも ドラマ化された番外地を見た後
劇場版第一作「まほろ駅前多田便利軒」をDVDで見た印象は?
全く印象に残っていません
それほど 面白くなかった?
原作を読んでも やっぱりピンと来なかった

そんなわけで 我が家ではTVドラマ版「…番外地」の録画を何度も何度も繰り返し見ていました
何度見ても 笑ってしまって 最後はちょっとほろりとさせる演出は秀逸
30分一話完結なので テンポも速くて飽きさせません

そんな夫婦が30分ではなくて 2時間の劇場版第2弾を初日に見た印象は?

TVドラマでは描かれていなかった 多田と行天の生い立ち
共に重い過去を抱えるシリアスな物語が細かく描かれて
そして 血のつながりや家族の在り方など考えさせられるストーリー性

笑いがあって そして多田と行天の脱力感と真剣さ
終わりは 重い過去の問題が少しはクリアーになった
そんな清々しさとやさしさが添えられている

見てよかったですね 奥様も同じことを言っていました
夫婦どちらか50歳以上割引の1100円
インターネットでチケット取って
車で劇場下の駐車場まで乗り付けて
アウトレットを少しぶらぶらして
良い週末でした
by hayatedani | 2014-10-18 23:53 | その他 | Trackback | Comments(2)

Yellow Cab

f0126896_22315235.jpg

まるでNYのタクシーのような出で立ちのSalt & Pepper
1920年代のフラッパーガールを模して
黄色いラスター彩にチェッカー模様の意匠に身を包む

f0126896_22321171.jpg

Vintage NORITAKE Art Deco Masked Clown Lady Salt & Pepper Shakers 1920S

f0126896_22322479.jpg

同じ型から作られた磁器製のOld Noritake Salt & Pepper Shakers ですが
一つ一つ手書きで描かれているので 違うロットで作られたものとは顔つきが違います
真ん中のものは両サイドのものより顔が小さいでしょう

これはブラウンのマフラーの幅の描き方で 顔の大きさが違って見えるため
やっぱり 顔が小さいほうがキュートですね
f0126896_2232363.jpg
f0126896_22324486.jpg

80年前に名古屋のNoritakeの工場で作られてアメリカに輸出され
大きな戦争を挟んで 日本に里帰りしたフラッパーレディーたち

3人でなにを話しているのでしょうね
f0126896_22325431.jpg


そしてこちらは
f0126896_2233872.jpg

Noritake Light Blue Gold Trimmed Leaf Candy Dish 1920S

f0126896_22332153.jpg

レタスでしょうか キャベツでしょうか
美味しそうな葉に蝶々が二匹舞っています

ライトブルーのラスター彩には白い葉脈も表現されています
縁には金彩のトリムが描かれ とってもゴージャスな器
光に反射して きらきら とっても綺麗です
f0126896_22345067.jpg

1920年代 アメリカのホームパーティで使われたのでしょうか
それとも この器にキャンディーを盛って どこかのホテルでお客さんに出されたのかな

f0126896_2235383.jpg

森村ブラザースのMマークが高台の裏に描かれています
よくぞ無傷で80年間過ごしてきました

f0126896_22351553.jpg

by hayatedani | 2014-10-11 23:26 | オールドノリタケ | Trackback | Comments(6)

Norwegian Wood

f0126896_1522846.jpg


NORWEGIAN WOOD (This Bird Has Flown)

  I once had a girl
  or should I say she once had me
  She showed me her room
  Isn't it good, Norwegian wood

ビートルズの楽曲「ノルウェイの森」
村上春樹氏の大ベストセラー小説にも引用された有名な題名ですが
この「Norwegian Wood 」というタイトルは様々な解釈がされていて
ノルウェイの森は誤訳で ノルウェイ産の内装材とか ノルウェイ産の木製の家具
が本当の意味 なんて説もあります

でも誤訳だろうがなんだろうが
「ノルウェイの森」っていうタイトルの響きが曲やファンに与えた影響は
計り知れないものがあります

f0126896_152411.jpg


呉須で描いた樹木模様のカップが焼き上がった
前回までの記事はコチラ
「イッチンの華と呉須の森」


磁器土で創ったカップに 呉須で森を描きました
樹木模様はステンシル用の先をカットした筆で 描くというよりもたたく感じで
素焼きに描いた状態では なかなか面白い模様になったと思った

f0126896_1525215.jpg


釉薬は透明釉をかけて還元焼成
磁器土の白磁のとろみと呉須の発色を狙いました

f0126896_153462.jpg

どうでしょうか 
自分としては なかなか良い出来だと自己満足しています
呉須の発色も丁度良い濃さ
ステンシル用筆で描いた樹木も 良い感じのボカシが表現できています
f0126896_1531520.jpg

形が均一でないのは 手tづくり感を出したかったからではなくて
どうしたって轆轤の未熟さからきているもので
こればっかりは どうにもならないし
自分ではもっと轆轤に習熟して おんなじものを何個も均一に作れるようになりたい
なぁーんて 少しも思っていないところが上達しない理由
f0126896_1533321.jpg

陶芸を10年以上も続けていると さすがにマンネリ感に苛まれて
陶芸に対するモチベーションを維持するのも難しい時もあります

でも 時々自分の思った通りの器が出来上がって 周りの人に褒めてもらうと
なんか嬉しくなって また作陶に対する意欲が出てくるから陶芸はやめられない

しばらくはNorwegian Wood 模様が続きそうな予感
f0126896_1534497.jpg

by hayatedani | 2014-10-05 15:56 | 陶芸 | Trackback | Comments(4)