カテゴリ:オートバイ・自転車・クルマ( 87 )

Crossover7もSTI

f0126896_20542311.jpg

SUBARUクロスオーバー7
乗り始めてから1年半、8000Kmを走りました
燃費がそれほど良くない点を除けば、エンジンの回転もさらに滑らかになり
四駆独特のトラクションのかかり方にもすっかり慣れて
運転していて、とても楽しい車になりました

乗り心地の良い車なのですが、最近少し気になるところが
高速道路を法定速度+αで走っていると、中央高速の下り線など
少しタイトなコーナーにさしかかると、
けっこう小刻みなハンドル操作が必要になってくる

路面にピタッと張り付いたようにコーナーを抜けられるかと言うと
ちょっと「おっとっと」みたいなことになる
少しリアが流れるような運転感覚が気に入らない

三座席のワゴンに、それも法定速度プラスの状態では
そんなものでしょうと言われそうですが

f0126896_20544914.jpg

SUBARUにはSTI(SUBARU TECNICA INTERNATIONAL )というスポーツ部門があって
そこではSUBARU車のカスタムパーツを開発している

私のクロスオーバー7には納車の時に、エンジンルームにフレキシブルタワーバーなる
STIパーツを装着している
これはフロントの横方向の剛性アップと、中央にあるジョイントがフレキシブルに動くことによって
車体のしなりと相まって上下の動きの剛性アップにもなっているという
本当に効果があるのか無いのか?とにかく男はこういうパーツにお金を使いたがる

最初から装着しているので、付けていないクルマに乗ったことがないので解らないが
とにかくカーブなどで良く曲がる車だとの印象があった
このタワーバーが効力を発揮しているのかと思っています

f0126896_2055259.jpg

今日は気になっていたリアの動きに効きそうなSTIパーツを装着した
「フレキシブルサポートリア」という商品
フロントに装着したタワーバーとのバランスが、このリアフレーム補強パーツで
取れるのではないかと思って

STIのお店の人は、乗り心地がさらに良くなりますよとしか言っていませんでしたが
装着して乗りだしたら…
たしかに劇的にハンドリングが変わったということはありませんでした
しかしそのあと中央高速に乗って走った印象は、まず、直進性が良くなっている!
装着前には決して直進性の良い車とは思えなかったのですが、フロントにタワーバーを
装着している影響かなとも思っていました

心なしかハンドルが落ち着いた印象があります
そして高速コーナーのハンドル操作も、サスペンションがしっかり路面をグリップしている
そんな印象を持ちました

まぁ 感覚的なことなので、乗っているうちに解らなくなるレベルのものなんでしょうが
ひとまず満足
またクロスオーバー7に乗るのが楽しくなってきた

f0126896_20551314.jpg

最後にネットで買ったSTIのエンブレムを張り付けました
控えめなところが気に入っています
[PR]
by hayatedani | 2018-05-26 21:51 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(2)

少し本気

f0126896_2241356.jpg

会社の先輩や同僚と自転車に乗ってきました
出かけたのは埼玉県飯能市
車で飯能市の市民会館まで移動し、駐車場に止めて自転車で出発
目指すのは名栗方面です

何しろロードバイクで出かけるのは久しぶりで
体も足も全くついてこない中高年4人組ですが
春真っ盛り
桜満開の季節の中で、気分だけは大いに盛り上がっていました

f0126896_22414977.jpg

さわらびの湯まで片道20キロ程度ですが
行きは山に向かって走っているので、緩やかな登り坂が続きます
日頃ロードバイクに乗りなれている人達には、なんてことの無いルートなんでしょうが
軟弱中高年4人組には、けっこうきついルートで
言ってみればジャージででバシッと決めた本格的サイクリストが行くような
初めてのコースなわけで
帰りは基本 下り坂なのですが、ちっとも下っていない部分も結構あって
スタート地点に戻ってきた時には、疲労困憊の4人だったのです

でも気持ちよかった
バイクも気持ちよいのですが、達成感は自転車の方が上
また近いうちに出かけましょうと約束しましたが
さてどうでしょう
次回のために日頃の訓練を…   しないでしょうね きっと
f0126896_22423497.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-03-31 23:49 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(4)

春一番 かな?

f0126896_20102245.jpg

今年の冬は寒かったので
バイクに乗るのもほぼ2か月ぶりになります

実は昨年の12月に、ツーリング先の駐車場で停めていたW650
後ろを見ないでバックしてきたおばさんの軽自動車にぶつけられて
左側に倒されました

後ろのフェンダーからウインカー、左のエンジンケースに傷ができ
大幅に部品を交換しました
幸いフレームには変形が無かったので、大事には至りませんでしたが
それからほとんど走らせていませんでしたので、今回が試運転のようなもの

幸いお天気も良く、少し風は強かったのですが
2か月ぶりのオートバイは快適でした

f0126896_20104210.jpg

途中で寄った古民家で

f0126896_2011339.jpg

庭には白梅が咲きはじめていました



f0126896_20112024.jpg

相模湖の支流は翡翠色に輝いています


f0126896_20113521.jpg


3月は暖かい日も多くなるようです
寒さを気にせずバイクに乗れる、そんな季節ももうすぐですね
f0126896_20115071.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-02-24 20:46 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(2)

SUBARU BOXER

f0126896_21574847.jpg
f0126896_2158306.jpg

昨年の10月に納車されたSUBARUクロスオーバー7
本日走行距離5000キロを越えました。

スバルお得意の水平対向エンジンもさらに滑らかに回転するようになり
燃費も少しではありますが、向上してきているような気がします。
f0126896_21584654.jpg


スバルに乗り換えてから、一時期興味が湧かなくなっていた車雑誌にも
少しづつ目が止まるようになってきた
でもこの車、車雑誌にあまり注目されていないんです

f0126896_2159575.jpg


愛車のクロスオーバー7という車
元はエクシーガというスバルのミニバンとしての出生
エクシーガのデビューは8年前ですので、新車で買ったといっても
決して最新型という訳ではないのです(ここが車雑誌に取り上げられない理由か)

そのエクシーガを今流行りのSUV(スポーツユーティリティービーグル)の出で立ちに
意匠直ししたのがクロスオーバー7
車高を少し上げ、フロントグリルを最新のスバルの造形に手直し
ホイールアーチや車体下部に黒の樹脂プロテクターを付けて
SUVらしさを出しています

f0126896_21592829.jpg


先代のエクシーガは私の目から見て、決してカッコ良い車とは思えなかったのですが
バイクに乗っていたときに、見慣れない白のスバル車を始めて目にして
このCROSSOVER7に一目ぼれしてしまいました

f0126896_21594879.jpg

車体の形はエクシーガのままなのですが、フロント周りの押し出しの強い造形
黒いホイールアーチと白い車体のコントラスト
車体後部のスポイラーの位置など、全体的なリデザインの見事な仕事に
別の車のような印象を持ちました

f0126896_2201437.jpg

お気に入りのポイントは、車体のエクステリア
国産車では唯一無比の2.5ℓ水平対向エンジンの存在感
(外車ではポルシェが水平対向エンジンを使っています)
AWDと言われるスバル得意の四輪駆動
インテリアのタン色のレザーシート
そして滑るような走る乗り心地などなど

特に四輪駆動と水平対向エンジンの組み合わせの走行感は
スバル車以外では味わうことは出来ません
(ポルシェは乗ったことが無いので解りませんが)

f0126896_2203082.jpg

やっと走行距離五千キロ、まだまだ新婚夫婦のような間柄
乗るたびにエクステリアの造形に惚れ直し、ボクサーエンジンの加速感に魅了されています

スバルに乗り換えて、また車雑誌に興味が湧くようになったということは
クロスオーバー7に乗ることが楽しいからに他なりません
車の楽しさを再発見させてくれたSUBARUというクルマ
北米等での高評価が解るような気がします

f0126896_2204244.jpg

[PR]
by hayatedani | 2017-08-27 23:23 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(2)

若葉の頃に

f0126896_22133594.jpg


オートバイに乗って奥多摩を走ってきました
この時期 奥多摩は若葉の季節
爽やかな大気の中
太陽光とライトグリーンの若葉のコントラスト
オートバイを走らせる至福の時間

f0126896_221356100.jpg
f0126896_22141665.jpg


先日の登り窯の窯出しの時
陶芸教室のアメリカ人の生徒さん(多分60代後半)と単語を羅列した片言英語で話して
こんなに綺麗で素晴らしい季節はビージーズのFirst of mayのようですねって言ったら
何それ?歌ってみてって言われて
思わず I can'tって叫んでしまった
でも 良く考えたら邦題は「若葉の頃」というタイトルなんですが
歌詞は この季節とは関係ない内容だったので
歌わなくて(歌えなくて)よかった


f0126896_22144519.jpg
f0126896_2215281.jpg
f0126896_22151692.jpg


途中で山の中の神社にお参り
f0126896_22153052.jpg


階段を上がったところにあった手水の石桶
大きな自然石に瓢箪が彫り込まれています
遊び心が素晴らしい
f0126896_22154534.jpg


境内にあるご神木
何百年ここにいらっしゃるのか
思わずハグしてパワーをいただく
f0126896_2215557.jpg
f0126896_2216816.jpg


鳥居を吹き抜ける風
紙垂が下がる鳥居は、ここから神域だという証
別世界へ いざ
f0126896_2216233.jpg
f0126896_22163623.jpg

[PR]
by hayatedani | 2017-05-20 23:35 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(2)

お台場でBianchi

f0126896_2116946.jpg


今日は朝からはっきりしないお天気

いつもの自転車ツーリングメンバーで自転車に乗りに行ってきました

場所はお台場周辺

天気予報は曇りのち夕方から雨だったのですが、まぁ早めに帰ってくればなんとか

持つだろうということで

いつものように車に4人分の自転車を積んで、若洲公園の駐車場に到着

若洲のゴルフ場の海沿いの道を走って、一般道に出てお台場海浜公園へ

初めて本物を見るフジテレビの本社ビルを横目で見ながら、自転車を漕ぐ

30キロ程度の、薄ら汗をかくくらいの距離しか走りませんでしたが

初めてBianchiで走った曇り空ツーリングは、思いのほか楽しかった

継は晴天で走りたい
[PR]
by hayatedani | 2017-04-22 21:52 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(2)

今度はロード

いやいや
エキサイトBLOGのリニューアルに伴って
私のブログの投稿画面が出てこなくなり、新規投稿ができない状態でした。
エキサイトのヘルプラインを見ても、なぜこうなったかが解らず
復旧を待っていたのですが、まったく復旧せず途方にくれていました
新しいBLOGに移行することを真剣に考えておりましたが
長年慣れ親しんだBLOGから離れることも躊躇しておりました

今日、何気なく設定画面を見ていたら
新しい投稿画面ではなく、サポートの終わった旧画面からなら投稿できることを発見して
やっと記事が書けました

BLOGの書けないモヤモヤとした状態からやっと解放されました
今日からまたよろしくお願いします

それでは今回の記事
f0126896_15463123.jpg


今度はロード…といっても自転車の話
いままでGIOSのクロスバイクに700Cx25Cのタイヤをつけて
お気軽ツーリングを楽しんできましたが
やっぱり本格的なロードバイクに乗ってみたいという気になり
自分の懐具合と価値観が釣り合うような値段で買えるモデルを
いろいろ見て回った

f0126896_15465028.jpg


見て回ったといっても、素人目にはどのメーカーのモデルも同じように見えるし
フレームがフルカーボンかアルミかで金額が違ってくるようで
その同じフレームでも、変速機やらブレーキやらの部品のグレードによっても
金額が違ってくることが分かった

f0126896_154738.jpg


お店の人は、変速機で迷ったらシマノの105だったら間違いない とか言っている
その105はリアのギアが11枚(11段)付いていて
その下のグレードはは10枚
さらにその下のグレードは8枚と、段々少なくなってくる
だいたい、そのグレードの差は約2万円弱程度
105を付けておけば間違いないと言われても、何が間違いないのかも解らないし
ギアが1枚減っても、お気軽ツーリングではあまり違いは感じられないのではと思う

f0126896_15471713.jpg


そして、自転車を作っているメーカーは違っても、入門用のロードバイクについている
これらの変速機はほとんど変わりがなく、値付けも似たようなものだった
まぁ、外国のメーカーでも作っているのはみな同じ台湾製だし、ギアも同じであれば
これはもう、自分の好きなデザインで決めれば良いのだと気が付きました

f0126896_15473221.jpg


そして選んだのがBianchiです
チェレステと言われる緑かかったライトブルーは、伝統的なビアンキのイメージカラー
自転車屋で他のモデルと並んでいて、一番素敵なデザインだったので決めました
難点はこのカラーの自転車は、一発でビアンキだと分かってしまうこと
一番素人が選びそうなブランドなので、ちょっと恥ずかしい

でも、部屋の中に置いたBianchiはやっぱり素敵
見るだけで満足してしまうデザインは、選択に間違いはなかったと思っています

f0126896_15474359.jpg

Bianchi VIA NIRONE 7 PRO SHIMANO TIAGRA
Frame Full Alloy
Fork Carbon with alloy Steerer with kevlar 1.1/8"
Headset Fsa NO.8B/ZS-4D
Shifters Shimano Tiagra
Front Derailleur Shimano Tiagra 34.9mm
Rear Derailleur Shimano Tiagra
Crankset Shimano Tiagra 50/34T 165/165/170/170/170/172.5mm
[PR]
by hayatedani | 2017-04-09 16:26 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(6)

春の予感~そんな気分


f0126896_21253024.jpg
そういえば、しばらくオートバイに乗ってないなって 気がついた
クロスオーバー7に車が代わって、新しい車を運転することが楽しくて
そして、当然冬だから寒かったこともあって
休日にはバイクよりも車で走りに行くことが多かったかも

でも、もうすぐ3月
日差しも春の陽光に変わりつつあります

 
f0126896_21250252.jpg
今日はバイクに乗ろうと決めていた
10時に八王子ICから中央高速に乗り
大月ICでおりて、都留方面へ
山に入ってW650で走りまくった

梅の花が春を感じさせます


f0126896_21254682.jpg
いつも思うのだけど
バイクに乗って風の中を加速すると
ストレスでわだかまった気持ちが、体から抜けていく
バイクを操る緊張感と高揚感が、気持ちを運転だけに集中させる
それはそう
運転をしくじると、バイクは即アウトですから

f0126896_21263855.jpg
バイクの良いところは、気になった景色や場所があったら
すぐ止められるところ
今日も走っていると、こんな大きなツインの銀杏の木が気になった

f0126896_21270858.jpg

名前も知らない神社で少しお参り
今年は還暦で本厄
それでも今年はいろいろなことが少しでも良い方向に向かいますように
そんなことをお願いしました

もうすぐ春ですね
f0126896_21272533.jpg



[PR]
by hayatedani | 2017-02-26 22:16 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(2)

Crossover7にツイーター

f0126896_19255428.jpg

Crossover7が納車されて2か月ほど経ちました
車の性能自体は大満足で、燃費がそれほど良くない(街中で8㌔/ℓ)点を除けば
特に不満はありません
それどころか、乗るたびに「良い車」を実感しています

乗り心地の良さ(滑るように走ります)
Boxerエンジンの独特な存在感
リニアトラッキングと呼ばれるCVTのミッションも、世間の評判ほど悪くなく
走り出しの加速感はAWDの四輪駆動とも相まって、なかなか好印象です
なによりタン色の内装がすっかり気に入ってしまった

走りに関しては問題ないのですが
ユーティリティについては少々不満がありました

f0126896_19261244.jpg


その一つがオーディオの音質
カロツェリアの楽ナビを付けているのですが
純正の4スピーカーからの音が今一つ気に入らない
フロントドアの下に付いているスピーカーは、助手席に人が座ると
音が籠り、特に音量を下げて音楽を流していると
中高音があまりに足りない

当初は純正スピーカーをオプションの性能の良いものに替えようかとも思ったのですが
そもそも元はアナログ録音の70年代ポップスやらビートルズなどしか聞かないのに
高いお金を出すのも気が乗らない
そんなときにオプションカタログを見ていて目に留まったのが 「ツィーター」

Crossover7のオプションツィータは、ドアミラーの取り付部の三角部分にに付けられるので
パッセンジャーシートに人が座っても、音が遮断されることはありません
何より足りなかった中高音がこれで解消されるはずと、さっそくディーラーで取り付けてきました
はたして 気に入らなかった音質はほぼ満足出来るようなものになり
音量を絞って聞く音楽も、ボーカルの声もしっかり聞こえるようになりました
リーズナブルな費用で6スピーカーに 大満足です

それと、もう一つ気に入らないところが
f0126896_19262751.jpg

今どき新車で、ハンドル部分にオーディオのリモートスイッチが無い車なんて想像できないが
Crossover7にはそれがありません
Crossover7のもとになったエクシーガにはそのスイッチがあるのに、この車にはない
ハンドルの形状や、インパネの形など、ほぼエクシーガと変わらない造形なのに
オプションですらリモートスイッチが無い

それでは、エクシーガのリモートスイッチを付けられないかと、ディーラーに相談しても
Crossover7には設定がないので、装着の作業は出来ないと、なんだか納得できない返答で
仮に装着できても、工賃込みで数万円もかかるなら、あえてつける意味もないかなと

カロッツェリアの楽ナビには、AV及びNAVI兼用のリモートコマンダーが付属しているのですが
こんなもの手に持っていちいち操作していられない
ハンドルにタイバンドでくっつけることも考えたのですが、かさばるコマンダーを付けたら
操作性が悪くなってしょうがない
ネットで情報を検索してみると、こんなものを使っている人がいた

f0126896_19263989.jpg

100均ショップ(セリア)で売っているスマホホルダー
大きさはリモートコマンダーにピッタリで、台座の部分は両面テープで固定
シフトレバーの手前に張り付けて使ってみると、走行中でも左手で楽に操作できます
なにより100円で不満が解消できることが嬉しい

こんな感じで、Crossover7も自分に馴染んできています
走行距離はまだ1500キロ
これからますます調子が上がるはず!
[PR]
by hayatedani | 2017-01-15 20:58 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(0)

小春日和の年末に

f0126896_1423191.jpg

少し寒いですが、晴天が続いています
こんな休日は、ちょっとバイクでひとっ走り‥
いつもならこんな気持ちなんですが
今日はCrossover7で少し走ってきました

f0126896_14231391.jpg

前のオデッセイと違い、この車の走りはけっこうスポーティー
ミニバンは所詮、移動の道具としての「車」なんでしょうが
Crossover7は純粋に車に乗って運転することが楽しみになるような車です

峠道などを走っていると、低重心の水平対向エンジンの存在感を感じます
四輪駆動の足回りは、タイトコーナーでも路面に吸い付くような粘り強さを感じながら
クリアーすることが出来ます

f0126896_14233271.jpg

エンジンルームにはオプションで、STI(SUBARU TECNICA INTERNATIONAL)の
フレキシブルタワーバーを付けています

このタワーバーの特徴は、単純にエンジンルームの横方向の剛性をアップするだけでなく
縦方向にはタワーバーの中心部分がフレキシブルに動く設計となっていて
段差などの突き上げを上手くいなしています
コーナーリング時にはあえてボディのしなりを利用してハンドルコントロールを行う
そんな機能があるそうです
f0126896_14234214.jpg

真ん中のSTIと赤字された部分が動きます
f0126896_14235339.jpg

スバルの車には初めて乗ったのですが
こんな多座席のワゴンでも、しっかりスポーツしているところが良いですね
ちょっとオートバイで峠を走っている感覚に似ているところがあって
コーナーを綺麗にクリアーできたときは、顔がにやけてしまいます

f0126896_1424649.jpg
f0126896_14242065.jpg


フロントウインドの上にはスバルお得意のアイサイトを装備
f0126896_20562110.jpg

衝突回避自動ブレーキや前車追従式クルーズコントロール
中央線を逸脱した時の警告音など、視神経やら運動神経が衰えている中高年には
嬉しい機能が満載です


f0126896_14242982.jpg


Crossover7はエンジンの設定を3段階に変更することが出来ます
「I」はインテリジェントモードで、ECOモードの街乗り用
「S」モードはスポーツモードで、エンジンの反応がダイレクトになります
「S#」はその中間かな
峠道などは「S」モードに変更して走ると、アクセル開度とパワーがリニアに反応して
思った通りの加速感が味え、とっても楽しい

スポーツカーとまでは言えないけれど、スポーティーカーくらいには変身します

f0126896_14244133.jpg
f0126896_14245379.jpg

寒くなるとバイクで出かけることが少なくなってきますが
今年の冬はCrossover7で楽しめそうです

f0126896_14251213.jpg

[PR]
by hayatedani | 2016-12-30 15:10 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(0)