カテゴリ:オートバイ・自転車・クルマ( 91 )

国立HISTORICA G.P.

f0126896_21024245.jpg
毎週日曜日に東京国立市にある陶芸教室に通っています
教室が終わって車で帰る道すがら
道沿いの運動公園でなにやらイベントが

ちらっと大好物のヒストリックカーが見えたので、急遽ユーターンして見に出かけました
昔は神宮などで行われた、この手のイベントに随分出かけましたが
国立市のこんな運動場で、このようなイベントが行われているとは知りませんでした

国立HISTORICA G.P.というイベントだそうです
参加車両の一部を撮ってきましたので、少しご紹介します

f0126896_21274354.jpg


Austin Healey Sprite Mk1(UK)
愛嬌のあるフロントマスクでしょう
日本では「かに目」、外国ではフロッグアイと
呼ばれています

f0126896_21280796.jpg
アーモンドグリーンのボディーカラーも素敵です

f0126896_21282620.jpg
イタリアのランチア フルビア
バリバリのラリーカー仕様です

f0126896_21284929.jpg
こちらはべーシックなノーマル仕様のフルビアです
普段使いならこちらかな
f0126896_23402294.jpg
フルビアのインパネはイタリアン家具のような木製です
レーシーなハンドルとのコンビネーションも秀逸
f0126896_23403626.jpg


ロータス エラン(UK)
ユーノスロードスターが見本とした車です
ボディーはFRPで軽量化を図っています

f0126896_21290477.jpg
リトラクタブルライトもユーノスっぽい

f0126896_21291658.jpg

フェラーリの創業者 エンツォ・フェラーリの長男で1956年に夭折した
アルフレード・フェラーリ(愛称:ディーノ)の名を持つ名車
フェラーリ・ディーノ

f0126896_21294775.jpg
美しい造形美
イタリアの職人技

f0126896_21304058.jpg
f0126896_21311027.jpg
ロールスロイスですよね
クジラの様に大きな車体
自分で乗る車じゃないですね

f0126896_21312701.jpg
f0126896_21314686.jpg
ジャガーEタイプですね
世界一美しい車
ロングノーズの2シーター

f0126896_21320221.jpg
f0126896_21321779.jpg


f0126896_21323418.jpg
オースティンヒーレー3000(UK)
オースティン製直列6気筒2912ccを積む名車「3000」シリーズ

f0126896_21324604.jpg
MGです
車名は解りませんが

f0126896_21325852.jpg
BMW2002 Turbo
フロントスポイラーとオーバーフェンダーで武装したマルニのターボです
海外仕様はオーバーフェンダーがビス止めでしたが、国内では認められず
オーバーフェンダーをたたき出しで作成されました
この車は滑らかなフェンダーで、国内正規車だと思います

実は若かりし頃、ワンキャブのべーシックな2002を所有していました
6年程過ごしましたが、最後はエンジンがかからなくなって街の中古車屋に売却しましたが
2002は私にとって思い出の車なんです

久しぶりに間近で見るマルニは、やっぱり素敵です
昔の恋人に偶然街で出会ったような気持です

f0126896_21331232.jpg
偶然出くわしたイベントに、すっかり楽しませていただきました
いつかはこのようなイベントに参加できるように、お気に入りのヒストリックカーを持ちたいと思っています
何時かって言っても、それほど将来があるわけでもないのですが


f0126896_21333730.jpg
最後の写真はボルボです


by hayatedani | 2018-11-11 22:42 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(4)

始まりはいつも雨降り

f0126896_19195013.jpg
27日の土曜日から、会社のオートバイ仲間と1泊のツーリングに出かけてきました
おお方の予想通り、出発の土曜日午前中だけ雨模様
雨男の面目躍如といったところなんですが
なんでわざわざツーリングの出発時だけに雨が降るのか
このピンポイントの天気模様にがっかりと言うより、ちょっと笑ってしまいました

どうだ参ったか といったところですか


f0126896_19204596.jpg
東名高速足柄SAに10時集合
八王子から圏央道で東名高速に
時折晴れ間がでたり、雨が降ってきたりのはっきりしないお天気でしたが
無事10時に全員集合できました
沼津ICで降りたメンバーが最初にむかったのが沼津漁港

ここでお昼御飯を食べました
釣り好きのメンバーが沼津で上がる鯵が絶賛というので
アジフライ定食をいただきました
写真はありませんが、とっても美味しかった


f0126896_19211253.jpg
まずは油屋さんでガソリンを給油
このころにはすっかり晴れ渡って、日差しが熱いくらいです

f0126896_19213003.jpg
伊豆長岡を経由して、今日の宿泊先へ向かいます
宿泊先は禅寺「慈眼院」の隣に立つ、天城温泉「禅の湯」です


f0126896_19214719.jpg
禅の湯さんは名前の通り、オプションで禅も体験できるようですが
オジサン軍団はまったく興味なし
でも源泉かけ流しの温泉は素晴らしかった
それに、ここの温泉は飲めるんです



f0126896_19221301.jpg
慈眼院は江戸時代、下田に入港したハリス行使が大統領親書を陸路で江戸に運ぶ際に立ち寄った寺と伝えられています
屋根瓦には「慈眼院」の瓦文字が
その隣に温泉宿があるってちょっと不思議



f0126896_19222825.jpg
f0126896_19224676.jpg
会社のツーリングメンバーで1泊ツーリングに出かけるのも、もう7~8年ぶりでしょうか
みんな年を重ねてきましたけれど、またみんなでこうやって走れる幸せを感じます




f0126896_19230276.jpg
個人的に今回参加者のバイクで、一番目を惹いたのがコレ
バイク好きならお解りになると思いますが、外見は80年代のホンダCB-F
でも中身は最新式のCB1100なんです
いわゆる外装やハンドル周りを旧車の様に改造して売っているもの
その完成度たるや、素晴らしい出来です
所有者はカフェレーサー好きのNさん
モリワキの集合管から奏でられる排気音は感涙ものです

それにしても楽しかった
御年72歳のOBさんもBMWで参加してくれました
若いころからオートバイという共通の趣味で繋がった仲間たち
いつまでも無理しないように、オートバイを楽しみたいですね

日曜日はツーリングには最良の日でした
また出かけましょう


f0126896_19231964.jpg

by hayatedani | 2018-10-28 20:55 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(0)

秋風のなかで

f0126896_19213030.jpg
愛車のW650を車検に出しました。
オートバイでも250cc以上の排気量のバイクには車検があります
2年ごとの車検は結構煩わしいもので、車の車検と交互にやってくるので
毎年車検を受けているようなもの

車の車検費用は我が家の家計費から出るのですが
当然バイクの車検費用は私のお小遣いから出さなくてはなりません
2年に一度の車検費用を捻出するために、毎月こつこつ小遣いを溜めています

f0126896_19215583.jpg
私のW650は平成14年11月に買ったバイクで
我家に来てもう16年も経ちます

走行距離も6万キロを越えました
乗り続けていると、あまり気が付かないのですが
少しずつ色んなところにガタが来ているようで

f0126896_19221300.jpg
今回の車検ではリアのサスペンションを交換しました
リアサスは特に高性能なものでは無くて、
ヤフオクで買った純正品のデッドストックです

交換しても純正品なので乗り味に大きな変化は無いと思っていましたが
これが違うんです
乗り心地が随分良くなった
ダンパーがしっかり効いていることが実感できました
まぁ6万キロも乗っているので、リアサスも逝っちゃていたんだと思います

ちょっと気を良くして、そのまま少し走りに行きました

f0126896_19222907.jpg


f0126896_19224324.jpg
今日は久しぶりに晴れましたね
気が付いたらもうすっかり秋の気配が

あの暑かった夏は何だったのでしょう

f0126896_19225667.jpg

f0126896_14554076.jpg
f0126896_14574553.jpg

来週末は会社の同僚と久しぶりの一泊ツーリングです
バイクも快調
後はお天気だけですが
私 雨男なんですよねぇ これが
f0126896_19231452.jpg



by hayatedani | 2018-10-20 20:45 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(0)

朝のツーリング

f0126896_20194645.jpg

連休最終日は朝からバイクに乗ろうと決めていた
朝8時に起き出して奥多摩方面へ

木漏れ日の綺麗な場所を通り抜けて

f0126896_20203299.jpg
f0126896_20204739.jpg

奥多摩周遊道路に向かう多くのバイカ―達と途中まで一緒に走って
私は左に曲がって上野原方面に向かいました


f0126896_20212269.jpg

途中の神社で一休み
石楯尾神社(いわたてお)

日本武尊が東征の時に持ってきた天磐楯(あまのいわたて)を東国の安定のために
ここに鎮め、神武天皇を祀ったのが始まりだそうです

f0126896_20214659.jpg
f0126896_2022230.jpg

本殿は神奈川県の重要文化財です

f0126896_20222619.jpg

山門から見える苔むした鳥居の風情
f0126896_20224058.jpg

ここでは朝から良い風が吹いていました

早起きはするもんだ
f0126896_2023186.jpg

by hayatedani | 2018-09-17 21:18 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(0)

Crossover7もSTI

f0126896_20542311.jpg

SUBARUクロスオーバー7
乗り始めてから1年半、8000Kmを走りました
燃費がそれほど良くない点を除けば、エンジンの回転もさらに滑らかになり
四駆独特のトラクションのかかり方にもすっかり慣れて
運転していて、とても楽しい車になりました

乗り心地の良い車なのですが、最近少し気になるところが
高速道路を法定速度+αで走っていると、中央高速の下り線など
少しタイトなコーナーにさしかかると、
けっこう小刻みなハンドル操作が必要になってくる

路面にピタッと張り付いたようにコーナーを抜けられるかと言うと
ちょっと「おっとっと」みたいなことになる
少しリアが流れるような運転感覚が気に入らない

三座席のワゴンに、それも法定速度プラスの状態では
そんなものでしょうと言われそうですが

f0126896_20544914.jpg

SUBARUにはSTI(SUBARU TECNICA INTERNATIONAL )というスポーツ部門があって
そこではSUBARU車のカスタムパーツを開発している

私のクロスオーバー7には納車の時に、エンジンルームにフレキシブルタワーバーなる
STIパーツを装着している
これはフロントの横方向の剛性アップと、中央にあるジョイントがフレキシブルに動くことによって
車体のしなりと相まって上下の動きの剛性アップにもなっているという
本当に効果があるのか無いのか?とにかく男はこういうパーツにお金を使いたがる

最初から装着しているので、付けていないクルマに乗ったことがないので解らないが
とにかくカーブなどで良く曲がる車だとの印象があった
このタワーバーが効力を発揮しているのかと思っています

f0126896_2055259.jpg

今日は気になっていたリアの動きに効きそうなSTIパーツを装着した
「フレキシブルサポートリア」という商品
フロントに装着したタワーバーとのバランスが、このリアフレーム補強パーツで
取れるのではないかと思って

STIのお店の人は、乗り心地がさらに良くなりますよとしか言っていませんでしたが
装着して乗りだしたら…
たしかに劇的にハンドリングが変わったということはありませんでした
しかしそのあと中央高速に乗って走った印象は、まず、直進性が良くなっている!
装着前には決して直進性の良い車とは思えなかったのですが、フロントにタワーバーを
装着している影響かなとも思っていました

心なしかハンドルが落ち着いた印象があります
そして高速コーナーのハンドル操作も、サスペンションがしっかり路面をグリップしている
そんな印象を持ちました

まぁ 感覚的なことなので、乗っているうちに解らなくなるレベルのものなんでしょうが
ひとまず満足
またクロスオーバー7に乗るのが楽しくなってきた

f0126896_20551314.jpg

最後にネットで買ったSTIのエンブレムを張り付けました
控えめなところが気に入っています
by hayatedani | 2018-05-26 21:51 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(2)

少し本気

f0126896_2241356.jpg

会社の先輩や同僚と自転車に乗ってきました
出かけたのは埼玉県飯能市
車で飯能市の市民会館まで移動し、駐車場に止めて自転車で出発
目指すのは名栗方面です

何しろロードバイクで出かけるのは久しぶりで
体も足も全くついてこない中高年4人組ですが
春真っ盛り
桜満開の季節の中で、気分だけは大いに盛り上がっていました

f0126896_22414977.jpg

さわらびの湯まで片道20キロ程度ですが
行きは山に向かって走っているので、緩やかな登り坂が続きます
日頃ロードバイクに乗りなれている人達には、なんてことの無いルートなんでしょうが
軟弱中高年4人組には、けっこうきついルートで
言ってみればジャージででバシッと決めた本格的サイクリストが行くような
初めてのコースなわけで
帰りは基本 下り坂なのですが、ちっとも下っていない部分も結構あって
スタート地点に戻ってきた時には、疲労困憊の4人だったのです

でも気持ちよかった
バイクも気持ちよいのですが、達成感は自転車の方が上
また近いうちに出かけましょうと約束しましたが
さてどうでしょう
次回のために日頃の訓練を…   しないでしょうね きっと
f0126896_22423497.jpg

by hayatedani | 2018-03-31 23:49 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(4)

春一番 かな?

f0126896_20102245.jpg

今年の冬は寒かったので
バイクに乗るのもほぼ2か月ぶりになります

実は昨年の12月に、ツーリング先の駐車場で停めていたW650
後ろを見ないでバックしてきたおばさんの軽自動車にぶつけられて
左側に倒されました

後ろのフェンダーからウインカー、左のエンジンケースに傷ができ
大幅に部品を交換しました
幸いフレームには変形が無かったので、大事には至りませんでしたが
それからほとんど走らせていませんでしたので、今回が試運転のようなもの

幸いお天気も良く、少し風は強かったのですが
2か月ぶりのオートバイは快適でした

f0126896_20104210.jpg

途中で寄った古民家で

f0126896_2011339.jpg

庭には白梅が咲きはじめていました



f0126896_20112024.jpg

相模湖の支流は翡翠色に輝いています


f0126896_20113521.jpg


3月は暖かい日も多くなるようです
寒さを気にせずバイクに乗れる、そんな季節ももうすぐですね
f0126896_20115071.jpg

by hayatedani | 2018-02-24 20:46 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(2)

SUBARU BOXER

f0126896_21574847.jpg
f0126896_2158306.jpg

昨年の10月に納車されたSUBARUクロスオーバー7
本日走行距離5000キロを越えました。

スバルお得意の水平対向エンジンもさらに滑らかに回転するようになり
燃費も少しではありますが、向上してきているような気がします。
f0126896_21584654.jpg


スバルに乗り換えてから、一時期興味が湧かなくなっていた車雑誌にも
少しづつ目が止まるようになってきた
でもこの車、車雑誌にあまり注目されていないんです

f0126896_2159575.jpg


愛車のクロスオーバー7という車
元はエクシーガというスバルのミニバンとしての出生
エクシーガのデビューは8年前ですので、新車で買ったといっても
決して最新型という訳ではないのです(ここが車雑誌に取り上げられない理由か)

そのエクシーガを今流行りのSUV(スポーツユーティリティービーグル)の出で立ちに
意匠直ししたのがクロスオーバー7
車高を少し上げ、フロントグリルを最新のスバルの造形に手直し
ホイールアーチや車体下部に黒の樹脂プロテクターを付けて
SUVらしさを出しています

f0126896_21592829.jpg


先代のエクシーガは私の目から見て、決してカッコ良い車とは思えなかったのですが
バイクに乗っていたときに、見慣れない白のスバル車を始めて目にして
このCROSSOVER7に一目ぼれしてしまいました

f0126896_21594879.jpg

車体の形はエクシーガのままなのですが、フロント周りの押し出しの強い造形
黒いホイールアーチと白い車体のコントラスト
車体後部のスポイラーの位置など、全体的なリデザインの見事な仕事に
別の車のような印象を持ちました

f0126896_2201437.jpg

お気に入りのポイントは、車体のエクステリア
国産車では唯一無比の2.5ℓ水平対向エンジンの存在感
(外車ではポルシェが水平対向エンジンを使っています)
AWDと言われるスバル得意の四輪駆動
インテリアのタン色のレザーシート
そして滑るような走る乗り心地などなど

特に四輪駆動と水平対向エンジンの組み合わせの走行感は
スバル車以外では味わうことは出来ません
(ポルシェは乗ったことが無いので解りませんが)

f0126896_2203082.jpg

やっと走行距離五千キロ、まだまだ新婚夫婦のような間柄
乗るたびにエクステリアの造形に惚れ直し、ボクサーエンジンの加速感に魅了されています

スバルに乗り換えて、また車雑誌に興味が湧くようになったということは
クロスオーバー7に乗ることが楽しいからに他なりません
車の楽しさを再発見させてくれたSUBARUというクルマ
北米等での高評価が解るような気がします

f0126896_2204244.jpg

by hayatedani | 2017-08-27 23:23 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(2)

若葉の頃に

f0126896_22133594.jpg


オートバイに乗って奥多摩を走ってきました
この時期 奥多摩は若葉の季節
爽やかな大気の中
太陽光とライトグリーンの若葉のコントラスト
オートバイを走らせる至福の時間

f0126896_221356100.jpg
f0126896_22141665.jpg


先日の登り窯の窯出しの時
陶芸教室のアメリカ人の生徒さん(多分60代後半)と単語を羅列した片言英語で話して
こんなに綺麗で素晴らしい季節はビージーズのFirst of mayのようですねって言ったら
何それ?歌ってみてって言われて
思わず I can'tって叫んでしまった
でも 良く考えたら邦題は「若葉の頃」というタイトルなんですが
歌詞は この季節とは関係ない内容だったので
歌わなくて(歌えなくて)よかった


f0126896_22144519.jpg
f0126896_2215281.jpg
f0126896_22151692.jpg


途中で山の中の神社にお参り
f0126896_22153052.jpg


階段を上がったところにあった手水の石桶
大きな自然石に瓢箪が彫り込まれています
遊び心が素晴らしい
f0126896_22154534.jpg


境内にあるご神木
何百年ここにいらっしゃるのか
思わずハグしてパワーをいただく
f0126896_2215557.jpg
f0126896_2216816.jpg


鳥居を吹き抜ける風
紙垂が下がる鳥居は、ここから神域だという証
別世界へ いざ
f0126896_2216233.jpg
f0126896_22163623.jpg

by hayatedani | 2017-05-20 23:35 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(2)

お台場でBianchi

f0126896_2116946.jpg


今日は朝からはっきりしないお天気

いつもの自転車ツーリングメンバーで自転車に乗りに行ってきました

場所はお台場周辺

天気予報は曇りのち夕方から雨だったのですが、まぁ早めに帰ってくればなんとか

持つだろうということで

いつものように車に4人分の自転車を積んで、若洲公園の駐車場に到着

若洲のゴルフ場の海沿いの道を走って、一般道に出てお台場海浜公園へ

初めて本物を見るフジテレビの本社ビルを横目で見ながら、自転車を漕ぐ

30キロ程度の、薄ら汗をかくくらいの距離しか走りませんでしたが

初めてBianchiで走った曇り空ツーリングは、思いのほか楽しかった

継は晴天で走りたい
by hayatedani | 2017-04-22 21:52 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(2)