カテゴリ:美術館( 46 )

Kan'ei Elegance

f0126896_15252743.jpg

陶芸教室でもらった招待券の企画展
うっかりしてたら今日までと言うことで
六本木のサントリー美術館まで出かけてきました
出し物は「寛永の雅」展です
ポスターのメインに載っているのは野々村仁清の水玉透鉢ですね

f0126896_15255052.jpg

17世紀に江戸幕府が政権を確立した時
平和な世が訪れた寛永年間に開花した文化
「きれい」をキーワードにした雅な世界が広がりました

その時代の代表的なアーティスト
小堀遠州や野々村仁清、狩野探幽の作品をメインにした企画展です

f0126896_15261153.jpg


美術館を出た後、少しブラブラしようと青山に向かいます
途中のホンダのショールームに60年代のビンテージレーシングが展示されていました

ホンダRC149 125cc 1966年
f0126896_15262712.jpg

60年代にホンダがマン島TTレースに参戦したときのマシン
わずか125ccのエンジンながら、シリンダーを5つ有するエンジン
世界に打って出た本田宗一郎の気迫が感じられます

完璧にレストアされたマシンは、まるで今ファクトリーから出てきたみたいな佇まい
レーシングマシンの機能美を感じますね

しかしかっこいいバイクです
こんなカッコのバイクが売り出されたら
即 買いたいですね

f0126896_15264188.jpg
f0126896_15265380.jpg


本田を出た後、青山通りを外苑まで歩きました
あのベルコモンズが無くなっていた!
新しくホテルに建て替え中とのこと
時代を感じます
f0126896_1527674.jpg

神宮前三丁目の交差点を信濃町方面へ
途中にあった公園のオブジェ
f0126896_15272826.jpg

青山にあぜ道が!

f0126896_15274116.jpg

右に見えてきたのが新国立競技場の建設現場
設計は隈 研吾
2020年に間に合わせるため奮闘中
タワークレーンが林立していました

f0126896_15275526.jpg


f0126896_1528890.jpg

最後は表参道に出ました
まぁ外国人が多い
歩いている人の半分は外国人
外人が行列を作っている最後尾のお店の人が持っている看板にビックリ
「ハリネズミカフェ」の文字
時代は変わりました

毎日新宿まで仕事に行っているからと、都会のことが解っていると思っちゃいけません
たまには原宿や青山や渋谷に出かけなければ
化石になってしまう


f0126896_15282283.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-04-08 16:11 | 美術館 | Trackback | Comments(0)

春だから~色絵 Japan Cute

f0126896_22122375.jpg


3月に入って、随分暖かくなってきました
今日は美術館巡りに出かけてきました
まずは出光美術館で開催中の「色絵~Japan Cute]です
f0126896_22113480.jpg
f0126896_22114515.jpg

ポスターは「かわいい」系で 若干の軽薄さを感じますが
内容は素晴らしかった

f0126896_22143138.jpg

天気が良いので東京駅から丸の内を抜けて
有楽町の出光美術館までぶらぶら歩きました
f0126896_22145461.jpg
f0126896_2216778.jpg


この企画展、日本の代表的な色絵陶磁器が目白押し
鍋島藩窯から柿右衛門、尾形乾山をはじめとした京焼
なかでも青手古九谷の大皿、それも名品が数多く出品されていたのには感激
古九谷の、あの魂を揺さぶられるような青手大皿は、個人的には世界で最も
芸術性を感じられる陶磁器だと思います

古陶磁の出品が多かったその中で、近代色絵の第一人者
板谷波山や富本憲吉の色絵作品がとても新鮮で輝いて見えました

そして有楽町から電車を乗り継ぎ飯田橋へ
飯田橋から靖国神社を抜けて北の丸公園の東京国立近代美術館へ
f0126896_22224649.jpg

靖国神社の大鳥居の前を抜けて
f0126896_2223645.jpg

九段下の上りと下り

f0126896_221821100.jpg

北の丸公園の端っこにある東京国立近代美術館工芸館
f0126896_22182988.jpg


「名工の明治」展
f0126896_22185088.jpg

世界博覧会などで世界中を驚愕させた日本の鋳金作品をはじめとした
明治の名工作品の展示会です

f0126896_2219080.jpg

f0126896_22193231.jpg
f0126896_22195035.jpg

衣装人形の第一人者、人間国宝の平田郷陽の名作「桜梅の少将」
f0126896_22262943.jpg

超絶技巧の亀の鋳金作品。右は浜田庄司の角皿

f0126896_22264241.jpg

鋳金家 鈴木長吉の作品「12の鷹」
金・銀・銅・赤銅などを使って、本物と見紛うばかりの鋳金作品です

f0126896_22272100.jpg

この鷹が12羽揃う姿は圧巻です


そして最後は日本民芸館に出かけました
f0126896_22295417.jpg

お題は「棟方志功と柳宗悦」展

f0126896_2230382.jpg

版画家としてあまりにも高名な「棟方志功」の作品と
民芸運動の中心人物、柳宗悦との交流を証明する当時の手紙などを展示

いつもこの美術館にくると思うのですが
戦争で残ったこの木造の美術館に入ると
その空気感にとても癒されます
この建物には当時の民芸運動で活躍した巨匠たちの息吹を感じることが出来ます

2階の長椅子に座って志功さんの版画を見ていると
柳宗悦と棟方志功のやり取りが聞こえてくるようです
f0126896_22303947.jpg


実はこの日本民芸館の展示が一番入場者数が多かった
あらためて棟方志功さんの人気が計り知れます
f0126896_22304692.jpg

お天気も良く、好きな美術館を3つはしごしました
ちょっと疲れたけれど、やっぱりArtは素晴らしい!

f0126896_2230574.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-03-03 23:34 | 美術館 | Trackback | Comments(2)

Tokyo Art Walk

f0126896_22482969.jpg

The National Museum of Modern Art

美術館に無性に行きたくなる時ってありませんか
無いかなぁ
私だけでしょうか

陶芸教室でいただいた招待券で
都内の美術館巡りと街歩きに出かけてきました

f0126896_2249319.jpg

まずは東西線で竹橋まで
東京国立近代美術館工芸館です

f0126896_22491334.jpg

日本の工芸…自然を愛でる です
自然を題材にした日本工芸の美
どの作品も美と詩情を結び付けた最高の品々でした

f0126896_22493838.jpg

右:三代宮永東山「山中歴日なし」


f0126896_22494724.jpg

左:北大路魯山人「赤呉須湯呑」、右:角偉三郎「 足付へぎ板盤」


f0126896_2250170.jpg

左:富本憲吉「 色絵金銀彩⽺⻭⽂飾壺」、右:浜田庄司「 柿釉丸紋大平鉢」


f0126896_22501016.jpg

下:富本憲吉「 染付絵変組皿」


f0126896_22502317.jpg



近代美術館のある北の丸公園を抜けて九段下へ
靖国神社で参拝して遊就館でこれを見ました

零式艦上戦闘機52型
通称ゼロ戦です
f0126896_22512854.jpg

コックピットの前面に十字に切った照準器が見えます
この狭い風防のなかで、この照準器で狙いをつけて戦ったんですね

f0126896_22514391.jpg


初めてゼロファイターの実物を見ましたが
けっこうしっかりした造りだったと解りました
でも全体のシルエットは繊細な線を感じます


f0126896_2252364.jpg

この黒いカウリングの中に入っているエンジンは
中島飛行機が創った栄21型 空冷複列星型14気筒
中島飛行機は現在のスバルの前身だった企業です



f0126896_22521894.jpg



靖国神社から見える高層ビルは法政大学ですね
「おお我が母校♫~」

f0126896_22533769.jpg

市ヶ谷からJRで渋谷、神泉へ
最後は戸栗美術館で伊万里を見ました
f0126896_2254292.jpg

神泉1丁目の様子の良い坂道

古伊万里に見るうわぐすり展です
色絵や青磁を中心とした展示でした
いつもの様に静かな環境で、一級品の伊万里を堪能しました
f0126896_22544041.png

今日も楽しかった
美術館で一級の作品を見ると
とても良い刺激になります

こんなに繊細にはとても表現できませんが、
このような作品の雰囲気だけでも近づけたらと思っています

明日は陶芸教室
少し頑張ってみようかな
[PR]
by hayatedani | 2018-01-20 23:58 | 美術館 | Trackback | Comments(2)

江戸の琳派芸術

f0126896_21441964.jpg

出光美術館で開催中の「江戸の琳派芸術」展を見に行きました。

琳派とは俵屋宗達を祖とするデザイン流派で
いわゆる狩野派などの家元制で繋がった美術流派とは違い
後の時代に活躍した尾形光琳や酒井抱一などの絵師が、その作風に魅せられて
自分達の創作に取り込み、あたかも家元の作風が受け継がれていったような
作品が創造されていきました。

17世紀に京都で生まれた琳派は、19世紀になり酒井抱一らの手により
江戸で再度花開きました。
今回の展覧会はその酒井抱一と一番弟子の鈴木其一の作品をテーマとした
江戸琳派芸術の企画展です。

f0126896_20411360.jpg

四季花木図屏風 鈴木其一

何しろ色彩と筆さばきが素晴らしい
よく、なんでも鑑定団の鑑定士が
絵具の発色のことを批評しますが、当時の最高級の岩絵の具の発色は
今、まさに描かれたばかりのような美しさです

また、枝ぶりなどの筆さばきは、どこを見ても一点の手抜きもありません
私が陶芸で描くためらい筆の枝ぶりとは、まったく違います(アタリマエ)

f0126896_20412879.jpg

風神雷神図屏風 酒井抱一

この風神雷神図屏風を江戸初期に描いたのが俵屋宗達
そして江戸中期に尾形光琳がリスペクトして同じ構図の
風神雷神図を描き、江戸後期にはそれに倣って酒井抱一が
描きました

同じ家元でもない3人が、江戸時代を通じて同じ構図に挑んだ作品。
これが琳派芸術の妙技


f0126896_20415074.jpg

十二ヵ月花鳥図貼付屏風 酒井抱一

f0126896_20421864.jpg

蔬菜群虫図 鈴木其一

もはや京都琳派の模倣から離れ、自らの感性で作品を創造した鈴木其一
とてもシンプルで
とても美しい

いつものように、陶器以外の企画展にはあまり期待して出かけないのですが
今回の展覧会も恐れ入りました
こんなに美しい色と表現
魂が揺さぶられるような作品に感動しました

あらためて江戸絵画のすごさを思い知らされた
[PR]
by hayatedani | 2017-09-30 21:49 | 美術館 | Trackback | Comments(2)

梅雨はあけたか!

f0126896_22134282.jpg

美術館に行きたい!って
定期的に思いが募る

今日は3連休の初日です
朝から夏の日射しが照り付けていた
さあぁ 出かけるぞぉ

中央線に乗り、吉祥寺で井の頭線に乗り換えて神泉まで
伊万里を見に戸栗美術館へ
f0126896_22143961.png

戸栗美術館は古伊万里の収集展示では一級の美術館
でも 何度も出かけているので何が置いてあるのか ちょっと想像できてしまうのが難点
だから出かける前の期待度はそれほど大きくないのですが
いつも出かける度に「来てよかった」って思わせる美術館なのです
過去の展示で見たことのある器もあるのですが、初見のキラッと光るいっぴんが2~3点
展示されているのです
戸栗美術館で伊万里のいっぴんを眺めていると
「伊万里って良いなぁ~」っていつも思います

そして戸栗美術館の松濤から歩いて駒場東大前へ向かいます
井の頭線で一駅
散歩がてらに街歩きするのには良い距離です
f0126896_22151557.jpg

途中で旧タイプBMWのオートバイを見つけました
整備の行き届いた現役の旧タイプ
黒に子持ち罫線で白いストライプが手書きで描かれている
よいなぁ 密かに私も欲しいバイクです

f0126896_22192599.jpg

井の頭線の駒場東大前を抜けて、日本民芸館へ
f0126896_22155399.jpg

f0126896_22223627.jpg

f0126896_232198.jpg

f0126896_2223228.jpg

1936年に開館した木造の本館
1983年に鉄筋コンクリート造の新館を背後に造って、中で合体させているが
本館の入り口でスリッパに履き替えて
最初に感じるのは、この木造の建物の「匂い」
この戦前に建てられた建物自体が美術品なんですね
暑い昼下がり
クーラーなんてありませんが、入り口でしっかりとした作りの
団扇を借りて、扇ぎながら展示品を見て廻ります

雰囲気のある木製の骨組みの展示ケース
黒光りする板張りの床
設えている木製のベンチに座り、富本憲吉やバーナードリーチ
濱田庄司や芹沢銈介の作品を見ていると
この建物の中で柳宗悦を中心とした民芸派の仲間たちの息吹が
聞こえてくるような気がします

f0126896_22233078.jpg
f0126896_22235681.jpg

[PR]
by hayatedani | 2017-07-15 23:46 | 美術館 | Trackback | Comments(0)

大切なものは…

f0126896_158111.jpg


GWのはじめ
5月1日と2日は会社の計画年休でお休みでした
ただでさえ混雑するGW期間中、貴重な平日の「休み」を有効活用しようと
奥様と温泉に出かけてきました

その途中に立ち寄ったのが「星の王子さまミュージアム」


作家 サンテグジュぺリの生涯と代表作「星の王子さま」をイメージした
世界で唯一のミュージアムとのこと
f0126896_1582956.jpg

彼は作家になる前は、郵便配送などのパイロットでした
このレプリカは彼が郵便飛行で実際に操縦した愛機だったようです

f0126896_1584464.jpg


頭のハゲ具合はサンテグジュペリ並みかも

f0126896_1585550.jpg

王子が世話をした「わがままな薔薇」

f0126896_159513.jpg
f0126896_1592024.jpg

お土産にマグカップを購入
どちらも星の王子様の場面が描かれています
楕円の口元も変わっていて面白い

f0126896_1592916.jpg


家に持ち帰って気が付きました
この蘭のマークは有田の「香蘭社」が作っているのですね
星の王子様と有田焼
伊万里好きの私としては、ちょっと誇らしげ
f0126896_1593959.jpg

[PR]
by hayatedani | 2017-05-04 15:32 | 美術館 | Trackback(1) | Comments(0)

春のうららの千住界隈

f0126896_23415721.jpg

風は少々冷たかったのですが
日射しの温もりが感じられた土曜日
美術館を巡ってきました

まずは千住大橋の石洞美術館
古染付展の第三期です
f0126896_23421643.jpg

篆刻教室の吉永先生にいただいたチケットで
古染付を堪能してきました

古染付というのは、中国の景徳鎮でおおよそ17世紀前半(明末清初)に焼かれた磁器
面白いことに中国では全く知られていないで、そのほとんどが日本にあります
景徳鎮ではその破片すらも出土しないということで、その多くが日本の茶人の
注文品だと言われています

今回は第三期の展示ということで
染付だけでなく、天啓赤絵と言われる色絵磁器の優品も展示されており
伊万里のお手本と言われる「古染付」を存分に堪能しました


せっかく千住に来たので
少し千住大橋界隈をぶらつきました

f0126896_20294808.jpg

美術館の裏手にあった橋戸稲荷神社
f0126896_20303186.jpg


このあたりは江戸時代
上流の飯能や秩父、川越などからの物資の継場として大いに栄えたそうです
f0126896_20321281.jpg

この千住大橋で有名な話をひとつ
桜の花咲くころの元禄2年3月27日(新暦1689年5月16日)
松尾芭蕉が江戸深川にあった草庵である採荼庵を出発し隅田川を船で登り、
この千住大橋あたりで下船して矢立の一句(行く春や鳥啼魚の目は泪)を初句とし、
ここから日光街道で草加、日光へ道を取り「おくのほそみち」の紀行が始まった
そんな所縁の場所だそうです
f0126896_20322085.jpg


千住大橋の袂に石碑が立っていました



f0126896_20323668.jpg
千住大橋は江戸時代は木造の橋だったのですが
今はこのような巨大な橋梁となっています
f0126896_20324278.jpg


でも、この橋の川底には、いまでも江戸時代の木造の橋杭が残っているそうです
f0126896_20322580.jpg


千住大橋から南千住まで歩き、JRに乗って北千住へ
そこから千代田線で向かった先は

f0126896_20324765.jpg
根津美術館で開催中の古伊万里染付展
「染付誕生400年」展です
f0126896_20325720.jpg
本展は17世紀にはじまった、いわゆる初期伊万里から
19世紀までの優品伊万里や鍋島などが展示されていました

f0126896_20325060.jpg
石洞美術館で伊万里焼の先生ともいえる「古染付」と言われる中国磁器を
見てきたので、根津美術館の伊万里を見ていると
絵付けなど随分古染付の影響を受けているなと感じられました

石洞美術館のコレクションも決して根津美術館に負けているとは思わないのですが
(個人的には伊万里の見本市のような根津美術館の展示より優れていると思いましたが)
場所柄でしょうか、ガラガラだった石洞美術館にくらべて、外人さんも多く
けっこうな観覧者数にビックリしました
f0126896_20330030.jpg

お天気も良く
好きな磁器をたっぷり堪能出来て、良い休日でした
f0126896_20330384.jpg


[PR]
by hayatedani | 2017-01-21 23:53 | 美術館 | Trackback | Comments(4)

オートマタを知っていますか

f0126896_1525288.jpg


昨年の話ですが、12月28日に隣町の美術館で開催されている
現代作家のオートマタ展に出かけてきました
イギリスからくり玩具展

オートマタとは、パンフレットのコピーどおり
西洋からくり人形のこと
主に木材や金属を素材に、歯車やふいごを使って手動で
人形が動きます

古くは王侯貴族の愛用品だったものですが、オートマタを創る現代作家も多く
今回の企画展はその第一人者の作品が数多く展示されています




f0126896_1542224.jpg


今回の展示は本来手動で動くオートマタを、モーターのスイッチをつけて
動く様子も見られるようにように設えたもので
そのシュールな動きに、動くアート作品として見ごたえを感じます

年が代わって1月6日に長男夫婦が孫娘をつれて我が家にやってきたおり
仕事で不在の私に代わって奥さんが、このオートマタの企画展を見せてあげたくて、連れて行きました

はたして、動くオートマタを見た孫は大はしゃぎ
ハイテンションで「つぎはこれ」「次はあれ」って
矢継ぎ早のリクエストだったそうです

大人が見ても、2歳半の子供が見ても楽しめるオートマタ展
1月の22日まで開催
アナログでシュールな動きのオートマタ
私ももう一度見に行きます

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/8IvHXd6VjTc" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>




[PR]
by hayatedani | 2017-01-07 14:15 | 美術館 | Trackback | Comments(2)

小林斗盦篆刻の軌跡

f0126896_20445160.jpg

小林斗盦篆刻の軌跡という企画展に出かけてきました
たぶん篆刻に興味のない(ほとんどの人がそうでしょうが)方が聞いても
表題の言葉の読み方さえ解らないかもしれません

小林斗盦篆刻の軌跡
こばやしとあん てんこくのきせき 
と読みます

小林斗盦というのは、文化勲章まで受賞した著名な篆刻家で
今年が生誕100年ということで、東京国立博物館東洋館で
回顧展が行われています

篆刻を習っている私ですが、著名な篆刻家と呼ばれている人を
ほとんど知りません
でも小林斗盦の名前だけは知っていました
あんまり印象は良くなかったのですが

初めの一歩(魯山人篆刻考)

f0126896_2045109.jpg


上野公園の黄色く色づいた銀杏の並木道
良く晴れた休日は久しぶりです

f0126896_20453298.jpg
f0126896_20455698.jpg
f0126896_20461264.jpg


東博東洋館の常設展示
日本の仏像には今一つ興味が持てないのですが
こちらの仏さまは少しイスラムの匂いがします

f0126896_20462531.jpg

どちらの仏さまもとてもハンサムですね

f0126896_20463885.jpg
f0126896_20465149.jpg

それで企画展はどうだったのかと言うと
これがなかなか良かったのです
小林斗盦の篆刻作品を見て廻っていると
これはいいねっていう作品がけっこうあるのです
何が良かったと聞かれると、明確に表現できない自分の浅知恵が情けないのですが
著名な篆刻家の作品を、飽きずに興味深く見て廻れる自分に
篆刻を諦めずに続けてきた力を感じます
しっかり図録も購入しました

何か訳の分からないコメントで
篆刻を習っている吉永先生に叱られそうですが
12月23日まで開催されています

さぁ 私も篆刻の宿題、仕上げなければ!

f0126896_2047561.jpg

[PR]
by hayatedani | 2016-11-26 21:25 | 美術館 | Trackback | Comments(2)

土曜日は千住大橋へ

f0126896_21233064.jpg

篆刻教室の吉永先生に美術館のチケットをいただいた
企画展の出し物は「古染付」
さすがに私の嗜好をよ~く解ってくださっている
雨の土曜日
千住大橋の石洞美術館へ出かけてきました

ところで千住大橋ってどこ?初めて行くんだけれど
(日暮里から京成線に乗り換えて、3つ目の駅でした)

石洞美術館は千住金属工業という会社の本社ビルにあります
千住金属工業の元社長さんの佐藤千壽氏の収集したコレクションがもとになっているそうです
「古染付」の本格的な展示を見るのは初めてなので、とても楽しみです

「古染付」とは中国、明代末期に景徳鎮窯で焼かれた染め付け磁器
日本の茶人からの注文品も多く産出したそうです
景徳鎮窯といえば官窯で有名ですが、古染付は民窯で焼かれた磁器
作風は自由で、釉薬の乗りも口縁には虫食いと呼ばれる釉薬の抜けがあります
その自由度や不完全さが日本の茶人に好まれた所以
魯山人も古染付の写しを多く創っています

f0126896_21252066.jpg

古染付傘絵茶碗 中国明時代17世紀

f0126896_21254149.jpg

古染付蟹童子図袋形掛花入れ 中国明時代17世紀

f0126896_19492919.jpg

古染付三馬図手鉢 中国明時代17世紀
織部焼きの手鉢に似ていますね
日本の茶人が注文したことが良く解ります



千住大橋から日暮里に戻り、山手線で有楽町へ
出光美術館で開催中の「東洋・日本陶磁の至宝」展へ
f0126896_21264854.jpg


開館50周年記念ということで、中国、日本の一級品の陶磁器のオンパレード
景徳鎮で焼かれた(こちらは官窯)献上用の染付磁器から
京焼の乾山や野々村仁清、古九谷、鍋島や柿右衛門
茶陶の井戸茶碗から板谷波山まで

何しろいろいろな図録で見たことのある有名な器が、これでもかというくらいに登場します

実はこの企画展 明日25日までなのですが
昨日会社の同僚から「金券ショップで200円でチケット売ってますよ」って聞いて
会社の帰りにしっかり購入したものなのです

200円で東洋陶磁器の超1級品がこれだけ見られるって
ちょっとこちらが申し訳ない気持ちになってしまいました

でも、どちらが私の琴線に触れたかというと
見に来ていた人は少なかったのですが、やはり「古染付」だったのかなぁって思います
私が心酔する魯山人の染付や伊万里染付の、ある意味お手本となった染付磁器
日本からの注文品だけあって、中国で焼かれたのにとても日本的な焼き物です

石洞美術館の「古染付展」
第3期が来年の1月から始まりますが
なんだか年内にもう一回出かけそうな そんな気持ちです
[PR]
by hayatedani | 2016-09-24 22:36 | 美術館 | Trackback | Comments(4)