青磁釉くらわんか蓋茶碗

f0126896_15433654.jpg

f0126896_15442339.jpg

Imari celadon ware / ca.1800s


f0126896_15443894.jpg

江戸中期 古伊万里の青磁釉蓋茶碗です
伊万里焼と言っていますが、作られたのは有田の隣町
波佐見で焼かれた「くらわんか」と呼ばれた厚手の器

伊万里ほど上手でなく
手に持つと底の部分に重みを感じます
これは造形の美しさと言うよりは、量産に適した削りの
コストダウンの手段なんでしょう
手間を省き 数を作る

中国の青磁と違い、波佐見の青磁釉は淡い黄緑色をしています

f0126896_15444881.jpg

呉須もまた精製された上質のものではなく
発色もいま一歩
特徴的なのは見込みの中央に描かれた五弁花
伊万里焼では当然、筆で描かれていますが
この器では、何だかボンヤリした模様が見えます

f0126896_15445710.jpg

蓋の見込みの中央から少しずれたところに描かれた五弁花の模様
これは「こんにゃく印判」と呼ばれる、江戸時代のスタンプのようなもの
で描かれたものです

俗にこんにゃく印判と言われていますが、もちろんこんにゃくを彫って印を作ったものではなく
皮のようなものに模様の印影を彫って、呉須を付けて押したものだと言われています

f0126896_1545791.jpg

すでに五弁花の原型を保った模様ではありません
これも量産のため
コストダウンの手段で使われました

f0126896_15451632.jpg

このように、決して手のかかった器ではありませんが
この素朴さが逆に味となって、この器の魅力となっています
くらわんかというのは、大阪の淀川を行きかう商人の大型船に
小舟に乗ってこの器を使って酒や料理を売った「くらわんか船」から
つけられたと言われています

富裕層ではなくて、庶民を対象にして作られた器
それゆえコストダウンが図られ、いかに多くの数を手間をかけずに
作れるかが考えられました

波佐見などで作られ、北前舟で全国に送られ使われた日常使いの器
それゆえ、蔵に入れられ冠婚葬祭の時だけに使われた伊万里焼ほど
数が残っていません

「無作為の美」とは民芸を表現するときに使われる言葉ですが
まさにこの蓋茶碗も無作為で数を作った、陶工たちの息吹が感じられる
そんな器です

f0126896_15452588.jpg

[PR]
# by hayatedani | 2018-06-17 17:33 | 古伊万里 | Trackback | Comments(0)

半分,青い! カケアミに挑戦

f0126896_20201541.jpg


陶印を三つ創っています
二つは魯山人の陶印の摸刻
あと一つは、過去に創った篆刻作品を陶印に興しました

そのデザインを色々考えていたのですが

f0126896_20203516.jpg
f0126896_20205050.jpg

こちらの二つが魯山人の篆刻作品の摸刻です


f0126896_20211622.jpg

私が創った過去の篆刻作品からの選文「美不老」
過去の記事はコチラ 「土日でしたこと」
f0126896_2022463.jpg


土は磁器土を使用
絵付け前はただの白い素焼きの印材ですが
f0126896_20222053.jpg

こんな意匠を考えました
f0126896_20224477.jpg


NHKの朝ドラ「半分、青い」を見ていたら
漫画家を目指す、永野芽郁ちゃん演じる楡野鈴愛がトヨエツ演じる秋風羽織先生に課せられた課題
「カケアミ」に目が止まった
コレ 陶印の意匠に使ったら面白いかもと考えました
f0126896_2023126.jpg

さっそく今日の陶芸教室で2時間かけて書き込みました

f0126896_20232730.jpg


呉須を使って、カケアミに初挑戦
印材すべてがカケアミも芸が無いので
花を控えめに散し、その周りにカケアミを施しました

f0126896_20241514.jpg


f0126896_203042.jpg

縦横4センチの素焼きの印材に、ルーペを使って面相筆で描きこみます
最後は集中が切れてきて、けっこういい加減な線になってしまいましたが
初挑戦のカケアミは、ぱっと見のインパクトが勝負!と勝手に解釈して

f0126896_2025119.jpg

最後は透明釉をかけて、還元焼成で本焼きをお願いしました
焼き上がりは来月
上手く焼き上がると良いのですが
f0126896_20253118.jpg

[PR]
# by hayatedani | 2018-06-10 21:09 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(0)

桔梗図陶板皿

f0126896_2119223.jpg

乾山写しの角皿が完成しました
これまでの記事はコチラ
乾山写しの角皿

f0126896_21194735.jpg


今回初めて使った上絵の具
思った通りの紺清色が出ました
f0126896_21195954.jpg

漢詩は
自古逢秋悲寂寥 我言秋日勝春朝
昔から秋は寂しくてというが
私に言わせれば、秋の方が春より勝っている


裏はこんな感じ
自分の名前にちなんだ柳の木のサイン
秋草と鳥を散らして

f0126896_21201344.jpg


花びらの色むらも
かえって良い味になっていますね

罫書いて上絵を剥がし、葉脈を表現しました
良いアクセントになっています

漢詩の雅号印は縦横約7mm
ルーペを見ながら描きました
印字は名前の一文字「宏」という字を書いています
f0126896_2120233.jpg


サイドのクルス模様は少し薄かったかな
まぁこれも味のうち
20センチ離れて見ると、連続した模様がインパクトとなって器の景色になる
f0126896_21203345.jpg

f0126896_22551390.jpg

大きく見えるけれど、縦横17センチの桔梗図陶板皿です
f0126896_21204420.jpg

[PR]
# by hayatedani | 2018-06-03 21:57 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)

素晴らしい一日

f0126896_2243542.jpg

Its a Wonderful day
At the beginning of June.

f0126896_2244970.jpg

春の登り窯焼成
窯出しに出かけてきました

お天気も
空気も
森も
風も
もう これ以上無いっ!ていうくらい
最高の一日でした

f0126896_22443034.jpg
f0126896_22444317.jpg
f0126896_2245171.jpg
f0126896_22452615.jpg
f0126896_22454434.jpg
f0126896_22455780.jpg
f0126896_22461371.jpg
f0126896_22462881.jpg
f0126896_22465194.jpg
f0126896_2247522.jpg
f0126896_22471874.jpg

Its a Beautiful day
At the First of June.
[PR]
# by hayatedani | 2018-06-02 22:55 | 陶芸 | Trackback | Comments(4)

兎は吉祥文

f0126896_20555054.jpg

Imari ware / ca.1800s hand-painted the Rabbit design

f0126896_20555868.jpg

この器に描かれている白い物は何でしょうか
雪だるまのようにも見えますが、頭にはとんがった耳のようなものが

実はこれ 兎が描かれているんです

f0126896_2056657.jpg

月の陰影を杵で餅をついている兎に例えたのは、遠い昔の日本人だけでなく
中国ではもともと杵臼で不老不死の薬をついていたと言われています。

月の満ちては欠け、欠けては満ちる様子が、不老不死に結びついたように
兎は不老不死・再生の吉祥文様として中国で愛好され、日本でも陶磁器の意匠
等に多く見られるようになりました。

この蓋茶碗
秋草が生える藪の中で、薄ダミで輪郭を描いた兎が素朴に描かれていますが
ちょっと兎には見えないかも
兎は子だくさんと言うことで、子孫繁栄の意味もあるようです

f0126896_20561674.jpg

見込みには山でしょうか
何が描かれているか解らないような模様が


f0126896_20562567.jpg

でも、何んで後ろ向きから兎を描いているんでしょうね
良く見ると小さな目と髭が見えます
一目でわかる兎らしさよりも、兎の持つかわいらしさを狙っているんでしょうか
きっと何か参考にした図柄があるんだと思いますが

f0126896_20564043.jpg

でも どう見ても兎に見えない?
そうですよね

f0126896_20564761.jpg

[PR]
# by hayatedani | 2018-05-27 21:44 | 古伊万里 | Trackback | Comments(0)

Crossover7もSTI

f0126896_20542311.jpg

SUBARUクロスオーバー7
乗り始めてから1年半、8000Kmを走りました
燃費がそれほど良くない点を除けば、エンジンの回転もさらに滑らかになり
四駆独特のトラクションのかかり方にもすっかり慣れて
運転していて、とても楽しい車になりました

乗り心地の良い車なのですが、最近少し気になるところが
高速道路を法定速度+αで走っていると、中央高速の下り線など
少しタイトなコーナーにさしかかると、
けっこう小刻みなハンドル操作が必要になってくる

路面にピタッと張り付いたようにコーナーを抜けられるかと言うと
ちょっと「おっとっと」みたいなことになる
少しリアが流れるような運転感覚が気に入らない

三座席のワゴンに、それも法定速度プラスの状態では
そんなものでしょうと言われそうですが

f0126896_20544914.jpg

SUBARUにはSTI(SUBARU TECNICA INTERNATIONAL )というスポーツ部門があって
そこではSUBARU車のカスタムパーツを開発している

私のクロスオーバー7には納車の時に、エンジンルームにフレキシブルタワーバーなる
STIパーツを装着している
これはフロントの横方向の剛性アップと、中央にあるジョイントがフレキシブルに動くことによって
車体のしなりと相まって上下の動きの剛性アップにもなっているという
本当に効果があるのか無いのか?とにかく男はこういうパーツにお金を使いたがる

最初から装着しているので、付けていないクルマに乗ったことがないので解らないが
とにかくカーブなどで良く曲がる車だとの印象があった
このタワーバーが効力を発揮しているのかと思っています

f0126896_2055259.jpg

今日は気になっていたリアの動きに効きそうなSTIパーツを装着した
「フレキシブルサポートリア」という商品
フロントに装着したタワーバーとのバランスが、このリアフレーム補強パーツで
取れるのではないかと思って

STIのお店の人は、乗り心地がさらに良くなりますよとしか言っていませんでしたが
装着して乗りだしたら…
たしかに劇的にハンドリングが変わったということはありませんでした
しかしそのあと中央高速に乗って走った印象は、まず、直進性が良くなっている!
装着前には決して直進性の良い車とは思えなかったのですが、フロントにタワーバーを
装着している影響かなとも思っていました

心なしかハンドルが落ち着いた印象があります
そして高速コーナーのハンドル操作も、サスペンションがしっかり路面をグリップしている
そんな印象を持ちました

まぁ 感覚的なことなので、乗っているうちに解らなくなるレベルのものなんでしょうが
ひとまず満足
またクロスオーバー7に乗るのが楽しくなってきた

f0126896_20551314.jpg

最後にネットで買ったSTIのエンブレムを張り付けました
控えめなところが気に入っています
[PR]
# by hayatedani | 2018-05-26 21:51 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(2)

植物男子

f0126896_20303727.jpg

尾形乾山(1663-1743)は江戸時代・琳派の陶芸家です
本名は尾形深省と言いますが、「乾山」という銘は乾山焼きという
ブランド名から来ており、現代では通称「尾形乾山」という名が一般的となっています
兄は尾形光琳。琳派の巨匠です。野々村仁清に陶芸を習い、数々の名品を創りました。

乾山の作品を見ていると、植物を題材とした意匠がとても多いことに気が付く
紅葉や藤図
立葵や椿の図
百合の形の向付など名品も多い

f0126896_20304877.jpg

乾山はきっと「植物男子」だったに違いない
自ら植物を育てたかということは定かではないが
少なくとも花や植物にとても興味があったのではないかと思います

f0126896_20305968.jpg

私はと言えば、年を重ねるごとに庭いじりがとても楽しく感じられる
土にまみれて植物の手入れをしていると、とても気分が良い
ラベンダーの香りに癒されるだけでなく、年のせいもあるのでしょうか

f0126896_20312193.jpg

我家の庭の額紫陽花の華
実はこの華
亡くなった奥さんの友人からいただいた華
友人のマンションのベランダに在ったこの華は、風通しの悪い環境から
アブラムシがついて、花もほとんどついていませんでした
その友人が日当たりのよい我が家の庭に植えてくださいと、プレゼントしてくれたもの

f0126896_20313256.jpg

直植えされた額紫陽花は、いまでは毎年素敵な花を幾つも咲かせてくれています
この花を見ていると、いつもその友人を思い出します

f0126896_20314570.jpg

レモンバームも生き生きとしています

f0126896_20315686.jpg


そして今日の陶芸教室では、乾山写しの角皿に最後の絵付けをしました
f0126896_20321116.jpg

今日は側面のクルス模様を描きました
f0126896_20322261.jpg

見込みに桔梗文を描いた上絵の具で、ひたすらクルス模様を描きました
このような繰り返し模様って、かえって難しい
集中が切れて、最後には随分いい加減な模様になってしまいましたが
焼き上がれば何とか見られるでしょうと、自分を納得させました
f0126896_20323244.jpg

焼き上がりは来月ですね
今月末には陶芸教室の登り窯焼成も控えています
色々な作品が焼き上がってくるのは、とても楽しみです

f0126896_20324376.jpg

[PR]
# by hayatedani | 2018-05-20 21:35 | Botanical | Trackback | Comments(0)

乾山写しの角皿

f0126896_20534220.jpg

乾山写しの角皿を創っています
ここのところ、尾形乾山の器が気になっていて
5月3日には根津美術館の光琳と乾山展に出かけて
じっくりと本歌を眺めてきました

f0126896_20541513.jpg

本歌は軟陶で焼かれた京焼ですから、土は柔らかめの志野土を選択
たたらを薄めに切って、角皿を作りました

f0126896_20543141.jpg

展覧会で見た乾山の本歌は、少し黄色かかった胎土に見えましたが
私はもう少し生成りの白色が色絵に映えると思い
素焼きの角皿に、乳白釉をかけて本焼きをお願いしました

そして今日の陶芸教室では焼き上がった角皿に上絵を施しました
f0126896_20545746.jpg


お手本は乾山の色絵桔梗図
オリジナルには漢詩は書かれていませんが、ここはひとつ乾山風の漢詩を
拙い書ですが、桔梗の模様に合うような七言絶句を選びました

f0126896_20551346.jpg

スカイブルーの桔梗は、少々風情がありませんが
焼き上がるともう少し紺色に近い発色となる予定です

なる予定というのは、この上絵具
今回初めて使う絵具で、教室の棚の奥の方に入っていたドイツ製の絵具
教室の先生が過去に一度だけ使った記憶があるといっていました
はたして本当に上手く焼きがるのか少々不安ですが

f0126896_20553041.jpg

[PR]
# by hayatedani | 2018-05-13 21:54 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

OMEGA Gene've Cal.1030 スクエアケース GF

f0126896_17114987.jpg

OMEGA Gene've Cal1030 スクエアケース 金張り 1970年代

f0126896_17121346.jpg

あれっ! こんな形のオメガ、前にも記事にしていなかった?
と感じる方は大正解です
前回の記事はコチラ
OMEGA Gene've スクエアケース Cal.565


f0126896_17123292.jpg

f0126896_17593595.jpg

今回のオメガ・ジュネーブは金張り(無垢ではありません)のスクエアケースです
見てくれだけで、何も違わないではないかと思われるでしょうが
今回の機械は手巻きです

CAL.1030という70年代のムーブメント
毎時2万8800振動のハイビート仕様で
前の500系のムーブメントに比べて、簡単な日付早送り機能(1段引きして下方向回転)
もあり、使い勝手は良好です。
機械としての色気は当然ありませんが
f0126896_17124340.jpg


まぁしかし、こんなに同じ形の時計を集めてどうするのかとお思いでしょうが(特に女性は)
私としては色も中身も違うし、金張りはレザーベルトだし
などと禁煙出来ないニコチン中毒患者が能書きを垂れまくるような答えしか思いつきません
f0126896_17125777.jpg

まぁ何かしらの中毒であることは認めますが
願わくば、このビンテージ感あふれる三様のオメガの繊細な美しさが解る「感性」をお持ちいただけたら
などと負け惜しみを一つ言っておきますか‥
f0126896_17131036.jpg

[PR]
# by hayatedani | 2018-05-05 17:45 | 時計 | Trackback | Comments(2)

GWの過ごし方

f0126896_20465251.jpg

GW初日に北鎌倉に一人で出かけて、其中窯で陶芸三昧
十分楽しませてもらったお返しに、2日に奥さんとまたもや鎌倉に出かけてきました

1日・2日は平日ですが、会社は計画年休でお休みです
実はJR鎌倉駅近くの駐車場は、土日は駐車料金の上限料金がありません
連休中の中休みの平日は、時間を気にせず鎌倉をブラブラするのには
最適なんですね

3日前には北鎌倉に出かけましたが、今日は鎌倉定番観光と
お店巡りです

まず向かったのは「銭洗い弁天」
昔、結婚前に奥様とデートで訪れてからウン10年経ちます
お金を洗った覚えはありますが、ほとんど覚えていませんでした
でも、鎌倉駅からぶらぶら新緑の中を歩くのは、とても気持ちが良かった

その道すがらにあった「佐助稲荷神社」
初めて訪れましたが、なかなか雰囲気のある神社です
f0126896_2047947.jpg
f0126896_2047253.jpg


お昼近くになったので、前もってセレクトしてあったお店に向かいます
江ノ電に乗って長谷へ
f0126896_20474069.jpg

極楽寺の切通しを下ったところを、海に向かって歩くと
その海を臨むところに「SAIRAM鎌倉店」があります

f0126896_20475584.jpg

古民家を自然素材でリフォームした店内は居心地抜群です

オーガニック食材で作った惣菜を自由にセレクトして
目方で代金を払います
f0126896_2048998.jpg

とても美味しいLUNCHですが、がっつり系の男子には正直物足りない かな

そして切通しまで戻ったところにある食パン専門店「Bread Code」
ここの食パンを食べてみたかった
バター入りの角型食パン「リッチ」を購入
あと食べ歩き用にミニ食パンを併せて購入しました
f0126896_20484893.jpg

コレ 美味しい!
表面がパリパリで中はもっちり
何よりパンの味がとっても美味しかった
f0126896_2049342.jpg
f0126896_20491848.jpg

そのあとは、しかけ絵本専門店に寄ったり、その店の真向かいにあった車の「ミニ」専門店
をのぞいたりで4時過ぎには家路につきました。

そして今日3日は根津美術館に出かけました
f0126896_20493294.jpg

出し物は「光琳と乾山」
光琳の絵画と乾山の焼き物の名品が目白押しです。
光琳と乾山は芸術家兄弟で、兄の光琳は、あの国宝「燕子花図屏風」の作者
乾山の焼き物に光琳が絵付けした作品が数多く残されています
f0126896_20494536.jpg

兄弟で美意識を響き合わせて創作された素晴らしい作品
13日まで根津美術館で体験できます
[PR]
# by hayatedani | 2018-05-03 22:03 | 風景・建物 | Trackback | Comments(0)