色絵紅葉図透向付

f0126896_20563582.jpg

前月から創っていた乾山写しの向付が完成しました

前回までの記事はコチラ「乾山写しの向付」
f0126896_2056564.jpg


ほぼ狙い通りの上絵焼成となりました
f0126896_2057723.jpg


この状態になるまで上絵焼成を2回しています
一回目は幹と赤、緑、黄色の紅葉模様を描いて焼成
二回目は焼き上がった紅葉に黒色で葉脈を入れました
そして黄色く画いた紅葉文の上から、金彩を被せて
金色の紅葉文としています

f0126896_20571580.jpg

最後に口縁に黒で縁取りをしました
写真では解りずらいのですが
この黒が器全体を引き締めています


f0126896_20572561.jpg


乾山の本歌は白化粧土の上に紅葉文を散らしていますが
私の創った写しは、白化粧を釉薬で表現しています
そしてどうしても本歌のように表現出来なかったのが
尾形光琳譲りの乾山の流水模様
こればっかりは、まったく上手く表現できないので
やむなく省略しました

それでも、なかなか本歌の雰囲気に近づけたのではないかと
自分では満足しています

f0126896_20573259.jpg


そして今日の陶芸教室で創り始めたのが板皿
f0126896_20574121.jpg

大きさは20センチ角の正方形
土は志野の白土
見込みにはオニイタ化粧土を塗りました

f0126896_20575088.jpg

全面に罫線を描き
交叉文を卦がきました

f0126896_20575727.jpg

四隅をカットして
こんな状態に

f0126896_2058585.jpg

縁を折り曲げると、板皿らしくなりました
でも、今日はここまで
残りは3月の陶芸教室で完成させます

もうすぐ春ですね!
f0126896_2058159.jpg

[PR]
# by hayatedani | 2018-02-18 22:31 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)

春のきざし

f0126896_17161964.jpg

Imari ware / ca.1800s hand-painted the cherry-blossom design

まだまだ寒い日が続いていますが
日射しからは春の気配を感じます

もうあと一か月もすれば
あの桜の季節がやってきます

きょうは桜の模様の伊万里をご紹介
桜と言っても華やかな「そめいよしの」ではありません
幽山に咲く山桜です

f0126896_17165840.jpg


日本画の特徴である「余白」を生かした作画です
少し青みを帯びた泉山陶石で作られた白磁の中に
幽山にひっそりと咲く山桜が見事に表現されています

江戸時代後期の伊万里は、器形にびっしりと書きこまれた模様が多くなってきますが
このように余白を贅沢に残した筆致は、大いに創造性を掻き立てられます

f0126896_17181422.jpg

幹は強風に抗うように折れ曲がり
桜と言うよりは梅の古木のような出で立ち

枝先にこんもりと咲く山桜は
薄ダミに覆われ春霞の中で咲いているように見えます

桜の季節はもうすぐです
早くバイクで山桜を探しに行きたいな
f0126896_17183561.jpg

[PR]
# by hayatedani | 2018-02-12 17:45 | 古伊万里 | Trackback | Comments(0)

Isn't She Lovely

f0126896_13394334.jpg

1月30日に長男に二人目の娘が生れました
私にとっては二人目の孫の誕生

一人目の生まれたときの顔にとっても似てますが
良く見るとやはり違う顔をしている(アタリマエ)
うっすら目を開けて、笑いかけてくれているようです

嬉しいなぁ
命が生れる
家族が増える

こんなに素晴らしいことはありません
こんなにも幸せを感じることはありません

生れてきてくれてありがとう

Isn't she precious
[PR]
# by hayatedani | 2018-02-03 14:03 | その他 | Trackback | Comments(6)

冬の模様

f0126896_20543694.jpg

今回は冬の模様の器をご紹介します

f0126896_194138100.jpg

(Imari ware / ca.1800s hand-painted the winter scenery design) 
古伊万里:染付雪輪梅花文蓋茶碗

古伊万里染付雪輪梅花文蓋茶碗です
時代は江戸後期

f0126896_1941498.jpg

薄手で上手の作風

器全体に細い罫線を描き
雪輪模様を窓絵的に描いて、薄ダミの中に笹を描いています
罫線の中には梅花を散し、この器が冬の景色を表現していることが解ります

f0126896_19426100.jpg

雪輪模様は室町時代から表現される冬の模様
雪の結晶をイメージしていると言われますが
我々が知っている雪の結晶は、先端が尖ったギザギザ模様
このように丸い表現ではないように感じます

結晶というよりもぼたん雪や木に積もった積雪をイメージしているのではないでしょうか
そのように見立てると笹に積もった雪模様を上手く表現しています

f0126896_19421764.jpg

この器の意匠の特徴は、なんといっても器全体に描きこまれた罫線
ざっと数えてみたら、約200本の罫線を呉須で描き切っています
決して一本一本丁寧に描いているとは言えませんが
それでも、それぞれの間隔を綺麗にとって筆で手書きしています

この模様の器をいくつ造ったかはわかりませんが
100や200ではないでしょう
この罫線を描き切る集中力は江戸時代の陶工だから出来た仕事
現代の陶工では出来ない(やらない?)でしょうね


f0126896_19422971.jpg

どうですか?部分的には筆の乱れが見られますが
放射線状に綺麗に罫線が引かれていることが解ります


f0126896_19423983.jpg

梅花は呉須で表現されています
器の見込みや口縁にも梅花模様が描かれています
この器、一ついくらで売ったのでしょう
現代と違って江戸時代、磁器の器は高級品だったようですが
ここまでコストをかけて、商売として成り立っていたのかと
いらぬ心配までしてしまいます
f0126896_19425578.jpg
f0126896_1943997.jpg

今日も寒い一日でした
先週降った残雪が道路に残り、無残な姿をさらしています

この器を眺めながら、江戸時代の風情のある冬の景色に思いを馳せましょうか
f0126896_19432357.jpg

[PR]
# by hayatedani | 2018-01-28 20:43 | 古伊万里 | Trackback | Comments(0)

乾山写しの向付

f0126896_20265123.jpg


創っていた乾山写しの向付
前回釉薬をかけて焼成された器に
今日は上絵を描きました
前回までの記事はコチラ
「おめでたい器」


f0126896_20285748.jpg

上半分の白い釉薬は乳白釉
下半分は紅志野釉です
釉薬の境目は手で擦ってぼやかしています
なかなか上手く焼き上がりました

f0126896_2029266.jpg

黒の上絵で幹を描いた後で、紅葉を三色で描きました
乾山のオリジナルはもう少し丸みのある紅葉文ですが
私の描いた紅葉は葉先が先細りの形です

f0126896_2029529.jpg

f0126896_2030124.jpg


どうですか 鮮やかな紅葉模様が現れました
上絵はこの後800℃程度で焼成して完成
もちろん焼き上がりは今より鮮やかな発色になると思います

f0126896_20303449.jpg

今月の陶芸教室は今日で終わり
焼き上がりは来月ですね
今から楽しみです

f0126896_203112.jpg

[PR]
# by hayatedani | 2018-01-21 20:56 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

Tokyo Art Walk

f0126896_22482969.jpg

The National Museum of Modern Art

美術館に無性に行きたくなる時ってありませんか
無いかなぁ
私だけでしょうか

陶芸教室でいただいた招待券で
都内の美術館巡りと街歩きに出かけてきました

f0126896_2249319.jpg

まずは東西線で竹橋まで
東京国立近代美術館工芸館です

f0126896_22491334.jpg

日本の工芸…自然を愛でる です
自然を題材にした日本工芸の美
どの作品も美と詩情を結び付けた最高の品々でした

f0126896_22493838.jpg

右:三代宮永東山「山中歴日なし」


f0126896_22494724.jpg

左:北大路魯山人「赤呉須湯呑」、右:角偉三郎「 足付へぎ板盤」


f0126896_2250170.jpg

左:富本憲吉「 色絵金銀彩⽺⻭⽂飾壺」、右:浜田庄司「 柿釉丸紋大平鉢」


f0126896_22501016.jpg

下:富本憲吉「 染付絵変組皿」


f0126896_22502317.jpg



近代美術館のある北の丸公園を抜けて九段下へ
靖国神社で参拝して遊就館でこれを見ました

零式艦上戦闘機52型
通称ゼロ戦です
f0126896_22512854.jpg

コックピットの前面に十字に切った照準器が見えます
この狭い風防のなかで、この照準器で狙いをつけて戦ったんですね

f0126896_22514391.jpg


初めてゼロファイターの実物を見ましたが
けっこうしっかりした造りだったと解りました
でも全体のシルエットは繊細な線を感じます


f0126896_2252364.jpg

この黒いカウリングの中に入っているエンジンは
中島飛行機が創った栄21型 空冷複列星型14気筒
中島飛行機は現在のスバルの前身だった企業です



f0126896_22521894.jpg



靖国神社から見える高層ビルは法政大学ですね
「おお我が母校♫~」

f0126896_22533769.jpg

市ヶ谷からJRで渋谷、神泉へ
最後は戸栗美術館で伊万里を見ました
f0126896_2254292.jpg

神泉1丁目の様子の良い坂道

古伊万里に見るうわぐすり展です
色絵や青磁を中心とした展示でした
いつもの様に静かな環境で、一級品の伊万里を堪能しました
f0126896_22544041.png

今日も楽しかった
美術館で一級の作品を見ると
とても良い刺激になります

こんなに繊細にはとても表現できませんが、
このような作品の雰囲気だけでも近づけたらと思っています

明日は陶芸教室
少し頑張ってみようかな
[PR]
# by hayatedani | 2018-01-20 23:58 | 美術館 | Trackback | Comments(2)

OMEGA Gene've スクエアケース Cal.565

f0126896_2034126.jpg

OMEGA Gene've Cal565 スクエアケース・ブルーダイアル 1970年代

f0126896_20343460.jpg

四角いオメガ・ジュネーブです
前回Blogにアップしたジュネーブと同じモデル……なんですが
前回の記事はコチラ「OMEGA Gene've スクエアケース」


f0126896_20344895.jpg

前回のモデルはシルバーの文字盤でしたが
今回のモデルはブルーメタリックのダイヤルに白いインデックス
針もホワイトでメリハリがあります

オメガの中でジュネーブというモデルは
コンステレーションやシーマスター
スピードマスターなどのメインを張るコレクションに含まれない、いわばその他大勢
そんな立ち位置のモデル

f0126896_20345994.jpg

言ってみればムーブメントも旧モデルの在庫処理的な扱いを受けていて
様々な機械が搭載されている
しかし、それだからこそ今では名機と呼ばれるCal500系のムーブメントを搭載したモデルも多い

f0126896_20351662.jpg


前回のモデルは500系より新しいCal.1012というハイビートモデルが搭載されていましたが
このモデルはCal.565という一つ前のロービートモデル
しかしこのCal.500系はオメガ自動巻きの完成形と呼ばれる名機で
金メッキされた美しいムーブメントがオーセンティックな雰囲気を醸し出します
f0126896_20352838.jpg

Cal.565 

f0126896_20354653.jpg


f0126896_2036090.jpg

機械が違うだとか、文字盤の色が違うだとか
能書きばかり書き連ねましたが、興味のない人から見れば
なんで同じ時計を買うのかと疑問に思われるでしょうね

でも
ビンテージの時計と言うのは、新品と違って
その時計ごとに表情が違います
それは、その時計が過ごしてきた何十年かの時間が創ってきた姿だから

人によってはそれが嫌だという人も多いのでしょうが
私はそこに魅かれます

シルバーダイヤルとブルーダイヤル
どうですか?同じモデルでも違う表情をしているでしょう

f0126896_20362196.jpg

[PR]
# by hayatedani | 2018-01-14 21:57 | 時計 | Trackback | Comments(2)

おめでたい器

f0126896_21154229.jpg

2018年スタートのBlog記事は「おめでたい器」ということで
縁起物の布袋様が描かれた器を紹介

染付鴨と布袋図金彩蓋茶碗
作製時期は江戸時代後期から明治初期

f0126896_21164289.jpg

作風から見ると、伊万里焼と言うよりは平戸焼の器と思われます
外側にはダミを生かした染付で鴨の模様が繊細に描かれ
そこに金彩で葦模様を描いています

特徴的なのは見込みと蓋の裏側に描かれた布袋様の図柄
手慣れた染付でユーモラスに描かれた布袋様が秀逸です
かなり手練の絵付師が描いたものだと思われます

f0126896_21165993.jpg

直径11センチ  高さ6.5センチ程
愛すべき平戸の小品です



そして、今日は今年初めての陶芸教室に出かけてきました
f0126896_21175139.jpg

前回のBlogでご紹介した乾山写しの向付と同時に作成している器です
今日は釉薬をかけました

上半分は白い乳白釉
下には紅志野釉をかけ分けしています
f0126896_2118749.jpg

器の口縁に刻みを入れ
穴を開けて変化を付けています

前回の教訓から、乳白釉と紅志野釉の境目は釉薬が乾いた後に
手で擦ってぼかしを入れました
焼き上がったら上絵を描きます
乳白の白はそのための下地としてかけています

f0126896_21181996.jpg

ついでに随分前に創っていたぐい呑みも、釉薬かけを施しました
両方とも還元焼成でお願いしました

今年も陶芸 頑張るぞっ!
f0126896_21183841.jpg




f0126896_21214578.jpg

[PR]
# by hayatedani | 2018-01-07 21:55 | 古伊万里

2018年 明けましておめでとうございます!

f0126896_0405349.jpg


明けましておめでとうございます。
昨年中は私のブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。

Blogをご覧いただいている皆さんに年賀状をお送りいたします。
今年も好奇心いっぱいの一年を過ごしたいと思います。

ワンパターンになりがちな日常を
少しでも刺激的に過ごしたいと思います

今年もよろしくお願いします。


前回の紅志野はこんな賀状になりました。
f0126896_041583.jpg

[PR]
# by hayatedani | 2018-01-01 01:07 | その他 | Trackback | Comments(6)

紅志野雪輪紅梅文向付~Happy Xmas (War Is Over)

f0126896_21475970.jpg

焼き上がりは来年と
前回のBlogで言ってしまいましたが
年賀状に使いたいのでと陶芸教室の先生にお話ししたら
早めに上絵焼成を仕上げてくれました(感謝です)

f0126896_21481957.jpg


乾山写しの向付として創りましたが
予想外の雪輪模様に、かなりオリジナルの強い意匠になったように思います



f0126896_21483846.jpg


紅梅の赤絵や緑の枝目も綺麗に発色しました
紅志野のオレンジかかった胎土に、白の雪輪模様が良いアクセントになっています
けがの功名とはこのことですね
詳しくは前回のBlogの記事で「尾形さんちの」

f0126896_21485610.jpg


写真では解りにくいのですが、口縁に金彩で縁取りしています
上手く発色するか心配でしたが、派手すぎない金色がお正月らしさを演出しています

f0126896_21491794.jpg


クリスマスイブですね
奥様はお友達と嵐のコンサートに東京ドームに出かけてきました
私は一人家で年賀状をせっせと印刷していました
お腹が減ったので夜、車を飛ばして丸亀うどんに出かけ
冷たいぶっかけうどんとレンコンとサツマイモのてんぷらを食べてきました

クリスマスイブにおじさん一人で丸亀うどん
寂しいなぁと思うでしょう?
でもね、夜一人で車に乗って
がら空きの店内に座ってうどんを駆け込む
なんか自由を感じます
クリスマス くそくらえ!!

ジョンレノンがHappy Xmas (War Is Over) という曲をヨーコと発表したのが1971年
曲の始まりにジョンが話しかけている
ハッピークリスマス キョウコ ハッピークリスマス ジュリアンって
この二人、ヨーコとジョンのそれぞれの前のパートナーとの子供達の名前

愛し合う二人のことだけでなく、残してきた子供たちのことを常に気にしている
そんなジョンの親心を感じます

戦争が終わった(War Is Over)と繰り返し歌っている
ここでいう戦争とはベトナム戦争のことを指しています
曲の発表から46年経ちますが、いまの世の中はどうでしょう
戦いの種類は違っていますが、世の中に憎しみと争いの嵐が渦まいています

ジョンが生きていたらどう思うでしょう

War is over, if you want it
争いは終わる、きみが望めば

War is over now
争いはいま終わるんだ

Happy Xmas
ハッピー・クリスマス

f0126896_21493376.jpg

[PR]
# by hayatedani | 2017-12-24 23:11 | 陶芸 | Trackback | Comments(4)