2018年 11月 04日 ( 1 )

鼠志野完成!~登り窯焼成

f0126896_19594372.jpg
秋の登り窯焼成のために創っていた器
今回は鼠志野の向付を5客創っていました
10月27日、窯出しがあったのですが、私、バイクのツーリングに出かけていて立ち会えず
今日陶芸教室で受け取りました
前回までの記事はコチラ 鼠志野準備完了
f0126896_20004338.jpg
完全な鼠色にはなりませんでしたが、酸化鉄の上にかかった志野釉が全体に良い塩梅に鼠色に窯変しています
白い部分は酸化鉄を塗り残して鉄絵を描いていますが、薄ら赤みを帯びているのが解りますか
これは志野釉の下に紅志野釉をかけているからで、色味の隠し味。狙い通りの焼き上がりです

f0126896_20010542.jpg
f0126896_20013960.jpg
薄のたなびく秋空に千鳥の群れが飛んでいく

f0126896_20015453.jpg
こちらは蓮の葉模様
花も小さく咲かせていますが、ちょっとはっきりしません

f0126896_20020790.jpg
こちらは草木図の意匠
酸化鉄を書き落とした白い草木と、鉄絵の茶色の草木のコントラスト

f0126896_20022455.jpg
鼠志野薄千鳥文向付
f0126896_20023744.jpg
鼠志野蓮文向付
f0126896_20025879.jpg
鼠志野草木文向付
f0126896_20031363.jpg
鼠志野梅花飛鳥文向付
f0126896_20032660.jpg
鼠志野柳文向付
ちょっと枝の部分が不鮮明になってしまいました
酸化鉄の削りが足らなかった
でも、4客の図柄を削って疲れ切って
最後の柳文、削る気力が足らなかった?
f0126896_20034029.jpg
私の窯印
柳の木を模った印です

f0126896_20035395.jpg
f0126896_20040824.jpg
お気に入りの図柄3客です
直径17センチ、高さ4.5㎝程
f0126896_20042187.jpg
今回の登り窯焼成
なかなか上手く焼き上がったのではないでしょうか
要所要所ごまかし誤魔化し創り上げましたが、やっとその苦労が実った?(大した苦労はしていませんが)

やっぱり薪の炎で焼かれた器は良いですね
カリッと焼き上がった器は、指ではじくと高い音がします
さて、次は何を創りましょうか

f0126896_20044533.jpg

[PR]
by hayatedani | 2018-11-04 21:11 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)