<< 庭の紅 ARTS & CRAFTS >>

秋の窯出し  結果は???

f0126896_19435969.jpg

陶芸教室の登り窯焼成の窯出しに出かけて来ました
お山の紅葉は ちょうど最後の艶姿!
こんな綺麗な場所で 大好きな器の窯出しに参加できて
それだけで幸せです
これで器の出来がよければ 最高なのですが??
f0126896_195050100.jpg


今回は織部向付けを6客だしています
結果はどうでしょう
f0126896_19515538.jpg


さっそく窯出しがはじまりました
f0126896_1952408.jpg

入り口から覗く器の数々
出来はなかなか良さそうですねぇ
これは期待できそうだっ!と思っています( このときまでは)
f0126896_19543037.jpg


皆の出来は、今までで最高の出来といっても良かったと思います
それで私の器は↓

紅志野釉は見事に発色していましたが
織部釉薬がぁぁぁ~
f0126896_19561488.jpg


うぇ~ん 口惜しいぃ

後の5客もすべてこんな感じ
しょうがないけど だいぶへこみますよ これでは
f0126896_19563189.jpg


来春の登り窯に向けて リベンジいたします
このままでは終われませぬから
[PR]
by hayatedani | 2008-11-09 20:05 | 陶芸 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://hayatedani.exblog.jp/tb/9619226
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2008-11-10 06:36 x
もの凄い色になりましたね…でも、敢えてこうしたんだ、と納得させるしかないのでしょうか、でも皿さんのことだから納得していないのですね。でもこれはこれで味は出ているとは思いますよ。春ですね、次回は。
一つ前の記事、ユニクロで十分だと思います。賛成。
Commented by tutti- at 2008-11-12 12:34 x
高温だったからでしょうかね?
すごい作品だと思うのですが、きっと思ったようにならなかったんですよね。
迫力があるすごい作品だと私は思います!
Commented by hayatedani at 2008-11-15 23:06
※さん
敢えてこうしたんですが
こうするまでに3ヶ月かかっています
落ち込むでしょう 多少は ねぇ
Commented by hayatedani at 2008-11-15 23:08
tuttiさん
紅志野の釉薬の上に、織部釉をかけたのがいけなかった
この二つの釉薬、溶ける温度が違うそうで
再チャレンジはよ~く考えて
今度こそ!
Commented by tutti- at 2008-11-17 12:50 x
織部釉って難しい釉薬なんじゃないかと最近思います。
温度で色は変わるし、むらができたり。。。
やっぱり釉薬の神様の機嫌伺いをしなければ!
<< 庭の紅 ARTS & CRAFTS >>