<< spada再生 梅雨空の休日出勤と駒場東大前 >>

6年目の真実

f0126896_11583737.jpg

陶芸をやっていて、自分の思った通りに出来なかったり
ひびや欠けといった傷が付いてしまった器
皆さんどうしているのでしょう

私は傷がなかったら人にあげてしまうのですが
傷物は差し上げることもできず、植木鉢や
オブジェのように庭に飾ったtりしています
f0126896_12202582.jpg

この鉄絵のお皿
陶芸を始めたころ、福岡の五斗米窯でつくった唐津の七寸皿なんですが
出来上がったときには、なれない鉄絵を濃く書きすぎまして
なにか 真っ黒な木のような模様のお皿のようで
およそ絵唐津には見えませんでした
当然食卓には登らず、庭のオブジェと化していたもの
それが今日 ちょっと手にとって見たら
いい塩梅にお皿が風化しているではないですか
真っ黒だった鉄絵も、6年間の風雨にさらされ
良い感じに滲んでいます
細かな かんにゅうにはうっすら滲みが入って
お皿自体に風格が、少しばっかり付いたようです
f0126896_1222234.jpg

これ 使ってみよう って 思いました
綺麗に洗って すこしキッチンハイターにつけて っと
庭に6年間放置していたことは、奥さんにはナイショです
だってそうでしょう 庭に捨ててあった(置いてあったのです)お皿を
なんで使うのって おんなは思うでしょうねぇ きっと
f0126896_12132568.jpg

[PR]
by hayatedani | 2008-06-28 12:25 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://hayatedani.exblog.jp/tb/8492350
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tutti- at 2008-06-30 12:45 x
6年も外に放置していたなんて信じられないです。今見ると素敵に見えるのでしょうか??藤野の作家さんも作品をずっと外に放置してありました。放置されてかなり汚れていた破れ皿を私の陶芸教室の先生が買っていました。売り物ではないのに。ヒビとかでなく破れているお皿です。陶芸は奥が深いですよね。
人にあげるほどの腕前ではない私の場合たまっていく一方です。
Commented by hayatedani at 2008-07-05 00:29
tuttiさん
私が「おやっ?」って思ったのは、鉄絵の色の部分です
一枚目の写真のように、鉄絵の縁の部分が微妙に滲んでいるのが
解りますか
また鉄絵も茶色い部分と黒っぽい部分が、なんだか古色がでて
創った当初とは、明らかにちがっているのです。
最初は ただ真っ黒だったんですよ

なあ~んて 普通の人には気づかれない部分なんですけれどね!
<< spada再生 梅雨空の休日出勤と駒場東大前 >>