<< 季節もの 錦模様の季節 >>

粋な古伊万里

f0126896_20354505.jpg
最近、陶磁器関係の企画展が少なくて、少しフラストレーションが溜まっていて
ネットでいろいろ探していたら、どうやら隣町の市営美術館で古伊万里の企画展が開催されているらしい
f0126896_20363498.jpg
家から車で20分。地下の駐車場にいれて、2階に上がれば美術館に到着です
出し物は「粋な古伊万里」展

初期伊万里もいくつかありましたが、主に江戸中後期の伊万里が多い展示だった
家にあるような古伊万里もいくつか展示品の中に見つけることが出来て、
見ながら「持ってる持ってる!」って
ちょっと嬉しい

都内の美術館の企画展では、鍋島や柿右衛門、古九谷などが表に出て
江戸後期の伊万里など展示の中心になりえないのですが、
私にとっては身近な江戸後期伊万里の企画展は、親近感があって
なかなか良いものです
f0126896_20365562.jpg
ここからは最近買いためた伊万里のご紹介

f0126896_20372273.jpg
秋草が繊細に描かれた、江戸中期の蓋茶碗
不思議な網目模様の丸いものが秋草の隣に書かれていますが
これはなんでしょうか

f0126896_20373430.jpg
江戸中期の染付は、盛期伊万里に比べれば大したことないのですが
丁寧な絵付けに好感が持てます


f0126896_20375130.jpg



江戸後期の松竹梅が描かれた蓋茶碗です

f0126896_20380387.jpg

この茶碗の面白いところは、部分的に描かれた市松模様です
基本的には松竹梅模様なのですが、この市松模様は何か天幕のようなものを表現しているのでしょうか


f0126896_20381377.jpg
f0126896_20382498.jpg
見込みには「宣徳年製」の追銘があります


f0126896_20384022.jpg



広東椀形の蓋茶碗です
絵柄は楽器の「つつみ」です
ちょっと大きめの器です
直径13センチ
鷹さ9センチ程
f0126896_20384960.jpg
f0126896_20390062.jpg



こちらも江戸時代後期の蓋茶碗
氷裂模様に梅花が描かれています
f0126896_20391062.jpg
時代が古いと、氷裂模様ももっと繊細に描かれていますが
江戸後期の絵付けダミの塗り方からして少々荒っぽい

でも、これがなかなか良い味を出しています

f0126896_20392325.jpg
我家の伊万里も、いよいよ収納場所が無くなりつつあります
今日見た美術館の展示みたいに、綺麗に並べればもっと映えるのにと思うのですが

美術館から帰って、我が家の蓋茶碗に積もった埃を拭き取りました
見てくれる人は私以外にはいませんが、伊万里も少し嬉しそうに見えます

f0126896_20393238.jpg

by hayatedani | 2018-11-23 22:31 | 美術館 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hayatedani.exblog.jp/tb/30181319
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 季節もの 錦模様の季節 >>