<< 秋の盛りの登り窯焼成 Here comes the sun >>

渦福の器

f0126896_14583810.jpg

「福」という銘が高台に描かれています
「福」の字の「田」の部分が渦を巻いたように描かれていますが
これを通称「渦福」と呼んでいます

f0126896_14595160.jpg

古伊万里染付柴垣桜文 蓋茶碗
時代は17世紀末から18世紀前半 江戸中期に制作された蓋茶碗です

f0126896_14585099.jpg


器全体に細かい縦線を描き、竹を表わす横線で柴垣を表わしています
その上から桜花文を散し、口縁に描かれているのは雪輪模様でしょうか
器全体で早春の景色を表現しています

直径は12センチ 高さ9センチほど
少し大きめの堂々とした蓋茶碗です
f0126896_1459391.jpg

f0126896_1459169.jpg


伊万里は時代が古いほうが染付の絵付けが繊細です
桜花も雪輪模様も、呉須のダミの濃淡を上手く使って
情緒のある絵付けがなされています

伊万里焼というのは1610年代に有田で焼成が始まり
日本で初めて焼成された「磁器」であり、高級品でした
ユーザーは庶民では無く、当初から大名や豪商に使われていたもの
江戸時代後期になってようやく庄屋など一般庶民に普及しましたが
当然作りは数を作る後期のものより、古い伊万里の方が絵付けも丁寧に創られました
時代が新しいものより古いモノの方が技術が優れている
すべての日本の伝統芸術のように

f0126896_14592936.jpg

高台には渦福の銘
これがあることで、ある程度の製作年代が解ります
f0126896_14594084.jpg



そしてもう一つの蓋茶碗は色絵です
f0126896_1511659.jpg

染付金彩若松文蓋茶碗

染付で丸文を描き 余白には金彩で松葉を描いています
松葉の端には赤絵を控えめに施し
金彩を締めています
f0126896_1504293.jpg

こちらにも高台には渦福の銘
江戸時代中期に制作されたことが解ります

f0126896_1501373.jpg

金彩と染付 そして控えめな赤絵
何処にも破たんの無い美しい絵付けです

f0126896_15003.jpg
f0126896_1502313.jpg

見込みには染付で五弁花が描かれています
また口縁の内側には赤絵で縁書きされた金彩の格子文が
何処にも手抜きが見られません
f0126896_151349.jpg

300年前の江戸の陶工が腕を振るった伊万里の器
どんな人がこれを描いたのだろうと 器を見ながら想像が掻き立てられます

f0126896_1512554.jpg

by hayatedani | 2016-10-23 15:43 | 古伊万里 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hayatedani.exblog.jp/tb/26541245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 秋の盛りの登り窯焼成 Here comes the sun >>