<< 粉彩模様の伊万里焼 藤野ぐるっと陶器市 >>

The Art Of Motorcycle

f0126896_14281668.jpg


 車は、いわば小さな密室であり いったん慣れ親しんでしまえば、自然の何たるかを知りえない。
窓の外を移りゆく景色は、テレビを見ているのと何ら変わりが無い。
私たちは ただ枠の中を流れてゆく景色を漫然と眺めている受け身の観察者に過ぎないのだ。

f0126896_1428283.jpg

f0126896_1428406.jpg


だが オートバイにはその枠が無い。
私達は完全に自然と一体になる。
もはや傍観者ではなく、私たちは自然という大きな舞台の真ん中にいて
溢れんばかりの臨場感に包まれる。

f0126896_14285642.jpg


足下を唸るように流れてゆくコンクリートは、現実のものであり
足を踏みしめる歩く道路そのものである。

f0126896_14291143.jpg


ぼんやりとして焦点を定めることは出来ないが
それは確かにそこにあり、その気になればいつでもこの足を降ろして触れることが出来る。

f0126896_14292677.jpg


すべてのもの、すべての経験、これらは決して直の意識から逸脱することはない。

   Zen And The Art of Motorcycle Maintenance (Robert M.Pirsig's)

f0126896_14294376.jpg
f0126896_14295650.jpg
f0126896_1430947.jpg


朝9時に家を出て 
中央高速に乗って都留ICまで出かけてきました

青い空と新緑に包まれる山並み
高速を降りて 秋山方面へバイクを走らせます
リニアモーターカーの実験場を抜けて、小さなコーナーをいくつもクリアーしていくと
バイクが体の一部のように反応しながら動いていることに気が付きます
こんな気持ちになれるのは オートバイしかありません

f0126896_14302214.jpg


オートバイ乗りには最良の日

f0126896_14304099.jpg

[PR]
by hayatedani | 2016-05-29 15:24 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://hayatedani.exblog.jp/tb/25277467
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mother-of-pearl at 2016-06-01 22:41
>私達は完全に自然と一体になる。
その感覚は、バイクで風を切る醍醐味そのものですね!
カリフォルニアのフリーウェイで、後部席に乗せて貰って走っただけの私でしたが、大感激!
その後しばらくは車の窓全開で走っては『いや、これじゃない。』と思っていました。
全身が風の中を走る快感。一瞬の油断も許されない緊張感。

今も、そんな時間を持っていらっしゃる疾風谷さん、本当に素敵です!!
まさに、ARTですね。
Commented by hayatedani at 2016-06-02 00:06
mother-of-pearl さん こんばんは
「禅とオートバイメンテナンス」読ませていただいています
この作者は、本当にバイクのオーナーであり、ライディングを楽しんでいる方なんでしょうね
記述内容に、いちいち「そうそう」って納得してしまいます。
内容に少々難解なところもありますが、面白く読み進んでいます。
ありがとうございました。
<< 粉彩模様の伊万里焼 藤野ぐるっと陶器市 >>