<< それで 登り窯で焼成した作品は... ハマミズナ科プレイオスピロス属... >>

早春の窯出しに出かけた

f0126896_22184428.jpg

GW初日から好天が続いています
陶芸教室の春の登り窯焼成
今日は窯出しに出かけてきました、

奥多摩は若草色に萌えあがったお山のパッチワーク模様が真っ盛り
安全運転で走っていても つい目が山の景色を追ってしまう
なんて綺麗な景色でしょうか

f0126896_22185239.jpg

奥多摩湖の色は深い藍色
さざ波が立って 湖面に模様を描いていく


f0126896_22191964.jpg

地上はとっくに桜の季節は終わっているのですが
山の上はまだまだ早春の季節
山桜の花もカラマツの若葉に映えて美しい

f0126896_2220426.jpg

地上に羽を休める翼竜のような登り窯
本当に火を吐きますよ

f0126896_22201655.jpg



さぁ 一の間が開きました
今回の焼成の上りはどうでしょう
f0126896_22202952.jpg


備前の焼き締めもトロトロの焼き上がり
こちらは二の間
f0126896_22204151.jpg



三の間は釉薬をかけた作品が詰められています
見事な壺が正面に
良い焼き上がりです
f0126896_22205258.jpg

f0126896_2221492.jpg

作品を広げて観賞会の始まりです
岸野先生の品評を聞かせていただきます

f0126896_22211656.jpg
f0126896_22213197.jpg

棚板はカーボンと松灰が自然釉となって発色して、藍色になっています
自然の力で発色した綺麗な模様
f0126896_22214273.jpg

こちらの棚板には器が置かれていた場所が丸文の模様になっていました


f0126896_22215523.jpg

登り窯の近くには小さな祠があります
もともと人里離れた山の上にある祠ですので
ひと気が感じられません
風の音だけが木立をざわつかせます

f0126896_2222651.jpg

自然の神様に守られたような空気感
まるであちらの世界の入り口のような雰囲気が感じられます


f0126896_22222322.jpg

天気が良くて 手つかずの自然に囲まれて
大好きな陶芸に夢中になって
こんなに幸せなことはありません

また秋に訪れましょう
それまで作陶に励みます
f0126896_22223571.jpg

by hayatedani | 2016-04-30 23:01 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://hayatedani.exblog.jp/tb/25172198
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2016-05-01 13:00 x
皿さんの作品はどれでしょう??今回は上手くできましたか?相変わらず私はGWがなくて、このうららかな天気が恨めしい毎日です(笑)
Commented by hayatedani at 2016-05-01 21:04
※さん 
私の作品は、今回もぐい飲みを5つ創りました
登り窯の神様は微笑んでくれたでしょうか
出来上がりはBlogで…
<< それで 登り窯で焼成した作品は... ハマミズナ科プレイオスピロス属... >>