<< さくらのきせつ 80年目の出会いは >>

ちはやふる

f0126896_135112.jpg


「ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは」…在原業平『古今和歌集』

正直 映画館で見るのはどうかなぁ って少し思っていました
奥さんと上映時間前に待っている人を見まわすと
どうも中高生が多い
これは中高年の夫婦が、どちらか50歳以上割引で見に行く映画なのか?
ちょっと不安になりました

この映画 上の句と下の句の二部作で
下の句は4月の終わりに上映されます
見る前から、面白くなかったら下の句は見ないよね! なぁんて話してましたが
それがなんと!

海街ダイアリーから広瀬すずの演技力とスクリーン映えする容姿、その可憐さにくぎ付けで
ちはやふるも前から注目していました

原作は末次由紀による少女漫画
百人一首の競技かるたの話で
漫画が原作故に内容はお決まりのスポコンもの
ポンコツ競技かるた部が、実力をつけて大会を勝ち上がっていく
その過程には友情あり、恋愛ありでテンポの良いストーリー展開に飽きさせない
競技かるたなどに何の興味もなかったのですが、スピーディーで迫力ある競技かるたの
場面でも、その緊張感と迫力にグッときてしまった

なにより広瀬すずが良い
彼女の愛くるしさと、ふっとしたときに見せる美しさは、今の同世代の女優さんのなかでも
抜きんでていると思います

「ちはやふる」見に行きましたと人に話すと
みなさん「お若いですねぇ」って言われます
見終わった後、いろんなことを考えさせられる映画ではないけれど
面白かったぁって素直に思える映画をお探しなら
ぜひ一度
まぁDVDが発売されてからでも良いのですけどね
でも私は下の句も見に行きますよ
by hayatedani | 2016-04-03 14:21 | その他 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://hayatedani.exblog.jp/tb/25102658
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by のり at 2016-04-03 17:22 x
ちはやふるの句は、恋うただったかな❓小学校の担任が意味を教えてくれたのに、すっかり忘れております^^;
広瀬すず…10代の輝きは今しか撮れませんよね。
Commented by at 2016-04-03 22:45 x
お若いですね~(笑)。おひとりで観に行ったのであれば、そう思いますが、奥様とご一緒であれば、まぁ健全(!)じゃないですか。映画って気乗りしないで観ても、たま~に掘り出し物ってありますね。岩波ホールで観る映画にはそういう系統が多いです。
Commented by hayatedani at 2016-04-03 23:42
のりさん こんばんは
ちはやふるの句を教えてくれる担任
ちょっと素敵ですね
私の国語の先生は、堀辰雄の風立ちぬが大好きで
何度も本を読んで泣きましたといっていました
Commented by hayatedani at 2016-04-03 23:47
※さん こんばんは
広瀬すずのファンだというと
ロリコンだと思われるといやですが
彼女のスクリーンで見せる美しさは
素晴らしい
おねえちゃん(アリス)も出ていますが
あまり印象に残らないのが少し刹那い
Commented by uduki-4 at 2016-04-10 21:04
広瀬すずにはまってますねー。
たまには自分が見に行かないジャンルの映画をみるのもいいですね。
奥様と映画を見に行くなんてほんと仲良しですね。
Commented by hayatedani at 2016-04-10 21:19
tutti-さん こんばんは
この映画 すずちゃん目当てもあるんですが
ストーリーがシンプルに面白い
きっとこうなるって解っていても面白い
水戸黄門的なテッパン映画です
DVDでみたビリギャルも面白かった





<< さくらのきせつ 80年目の出会いは >>