人気ブログランキング |
<< 薩埵峠と桜エビ Vintage Longines >>

三川内松下唐児遊楽茶碗

f0126896_14383711.jpg

日本最初の磁器を生産したのは 佐賀県の有田
そこで焼かれた伊万里焼は遠くヨーロッパにも輸出され
マイセンなどの欧州磁器創生に深く関わったのは有名な話です

江戸時代 その有田に隣接した三川内(現在の佐世保市東部)という場所で創られた三川内焼
一名 「平戸焼」といわれる焼き物です

江戸時代 隣接しているといっても三川内は平戸藩 有田は佐賀藩の領地であり
同じ磁器を焼成していたといっても、その作風は少し違います

当初は磁器創生地である有田の影響を強く受けていたことは間違いありません
しかし その影響も年とともに薄れ 三川内の独自性が発揮された作品が
創られるようになっていきました

f0126896_1438486.jpg


この松の下で遊ぶ唐子の意匠は 一見中国の意匠の様にも見えますが
今日では松下唐児遊楽文といえば「三川内」と分るほど 定着したものとなっています

f0126896_14385822.jpg

この唐子図の茶碗は 天保年間に作成された茶碗です
有田の泉山陶石ではなく 天草陶石を使った平戸焼きは
白磁に何の曇りもなく 真っ白な磁胎に染付で唐子が繊細に描かれています
まるで 今 窯から出てきたような美しい染付は
とても200年近く経っているとは思えません

f0126896_14395100.jpg

松の染付も綺麗です


そして こちらの唐子図
同じ平戸焼の図柄のようですが これは有田で作られた伊万里焼だと思います
f0126896_14391298.jpg

一枚目の写真で解るように 白磁の色味が違いますね
真っ白というより 伊万里焼特有の少し青みがかった磁胎
染付の青も くすんだ感じです
そして この茶碗には口縁に鉄で口紅が描かれています
平戸焼きには このような意匠はありません

有田の影響を強く受けていた三川内
それが定番の唐子の意匠を有田が真似をするという
三川内以外の焼き物に影響を与えるまでになっている
面白いですね

f0126896_1439214.jpg


こちらの茶碗も平戸焼です
染付の青も 白磁の色も三川内で作られたことを物語っていますが
この茶碗が作られたのは明治に入ってから
ひょっとしたら大正にかかっているかもしれません

f0126896_14393020.jpg


高台の中には 「平戸産三川内」の署名があります
絵付けの繊細さは損なわれていないようですが
天保期の絵柄と比べると 唐子の絵付けも 瓔珞文の描き方にも手抜きが見られます

f0126896_14394038.jpg



今から10年ほど前に 福岡に単身赴任していた時
三川内を何度か訪れました
f0126896_14395571.jpg


道路の案内プレートにも唐子の模様が
すっかり三川内のシンボルです

f0126896_1440493.jpg

今でもこの地では 細々と窯業が営まれていますが
江戸時代 あれだけの名品を創りだした三川内の面影はありません

操業を止めた陶器工場の廃屋
f0126896_1440135.jpg

建物はとっくの昔に解体されて 今では煙突だけが往時の雰囲気を残していました

f0126896_14402285.jpg

今の有田もそうですが もう少し何とか出来なかったんですかねぇ
伊万里焼に影響を受けたマイセンのブランド力は 今でも世界中で認知されています
それに引き換え…
技術だけは一流でも その売り方を知らなかった日本の窯業
今の日本ブランドにも共通する課題かもしれませんね



f0126896_14403157.jpg

by hayatedani | 2014-04-26 15:50 | 古伊万里 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://hayatedani.exblog.jp/tb/21896687
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2014-04-27 20:25 x
平戸焼なんて初めて知りました。有田焼とは微妙に違うのですね。
富岡製紙工場ではないですけど、何となく写真の感じが、世界遺産っぽい雰囲気です☆
Commented by hayatedani at 2014-04-27 23:32
※さん 平戸焼は知る人ぞ知るの焼き物です
少し前にNHKの鶴瓶の番組で 清水もこみちが三川内を訪れて
絵付けに挑戦していました
写真は紙写真をスキャナーで読み取っているので
少し絵画っぽくなっていますね
Commented by tutti- at 2014-04-27 23:51 x
200年も経っているなんて思えないです。
伝統・技術を守っていけない日本はもったいないですよね。
お金が文化の継続の目安になってしまうような気がします。。
Commented by のり at 2014-04-28 00:07 x
唐子の顔立ちがそれぞれ異なっていて、面白いです。道路プレートは新しい平戸焼の顔立ちでちょっと残念です。5月からいよいよ復職です。赤ちゃんと離れるのは淋しいですが、お金も必要です(笑)
Commented by hayatedani at 2014-04-28 21:36
tutti-さん
平戸焼は白磁が真っ白な分だけ 新しいモノに見えますね
唐子文だけではなくて 平戸は細工物と呼ばれる竜や獅子のつくりもの等にも優品が多いんです
その伝統から脱却できなかったことも 衰退の一因かもしれません
Commented by hayatedani at 2014-04-28 21:48
のりさん こんばんは
休み明けはOL復帰ですね
今風の可愛い唐子の絵柄
このような模様のお皿を作っていたら
マイセンの様にはなれませんね
旦那さんの陶芸家の夢 かなえてあげてください
<< 薩埵峠と桜エビ Vintage Longines >>