<< 雪だらけの日曜日と流水紅葉散し... 春霞のなかを >>

雪が降らなきゃ

f0126896_166280.jpg

雪が降らなきゃ 今日の予定はこんな感じでした

今日は16時から吉祥寺で篆刻教室なので
まず 午前9時頃に家を出発
途中吉祥寺におりて コインロッカーに篆刻道具(これがまた大荷物)を入れ
再度電車に乗って新橋へ
会社の同僚にもらった美術館のチケットの企画展に汐留まで出向きます

メイド・イン・ジャパン南部鉄器 −伝統から現代まで、400年の歴史−

新橋でお昼を食べて 次は浜松町でモノレールに乗り換え 天王洲アイルへ
12時40分から 東テレの天王洲スタジオで「何でも鑑定団」の収録を見学
今田耕司 見たかったぁ ゲストは誰だったのでしょう

14時30分に終了予定なので
大急ぎで吉祥寺に舞い戻って 篆刻教室に参加 18時30分まで
そして 帰宅

それが この大雪ですべてキャンセル
自宅でBLOG を書いています

外はこの時間でも 少し吹雪いていて
庭に積もった積雪は ほぼ20センチくらい

まあぁ こんな日もありますね

せっかく?大雪降っているのだから
雪繋がりの話題をひとつ
f0126896_1661723.jpg

雪が描かれている古伊万里の蕎麦猪口です
時代は19世紀 江戸時代後期の作でしょう

f0126896_1663263.jpg

古伊万里染付雪景色文蕎麦猪口とでも言いましょうか
山と草木に雪が積もった景色が描かれています
半身は梅花が描かれた 初春の模様です
f0126896_166458.jpg

そして こちらは江戸時代の着物の模様や絵画によく登場する 雪輪文です
雪輪が二つに 松葉が添えられています
着物の模様はこんな感じ
f0126896_17322931.jpg

雪輪模様は 雪の結晶をイメージしているようですが
顕微鏡もない江戸時代に どのようにしてこの模様を考え付いたのでしょう

f0126896_1665910.jpg

半身も雪輪ですが こちらは梅花が添えられて
こちらも初春の模様
古伊万里染付雪輪文蕎麦猪口

f0126896_1671455.jpg

雪の日に江戸時代の陶工に思いを馳せて
一日が過ぎていきます

あぁ あ~ 
雪 止みそうもありません
こりゃ 20センチを超えています
夕飯の買い出しに行かなきゃ
by hayatedani | 2014-02-08 16:36 | 古伊万里 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://hayatedani.exblog.jp/tb/21394041
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by のり at 2014-02-08 16:52 x
今日の雪、どんどん積もっていますね。旦那は仕事に行きましたが、帰れないかもしれませんね(笑)
鑑定団残念でしたね・・・観覧は抽選ですか?
Commented by w-scarecrow at 2014-02-08 20:35 x
東京の雪情報をニュースで観ると、どの局も八王子でレポートしています。
「疾風谷さんちもこんな降り方なのかな~」と観てしまいます。
”なんでも鑑定団”、一瞬、疾風谷さんが依頼者で出演!と想ってしまいました。
ほっこりさせてくれる古伊万里の蕎麦猪口、こんな日は蕎麦をツルーとではなく甘酒でも入てて飲みたいですね。
Commented by hayatedani at 2014-02-08 21:19
のりさん
雪 まだ降っています
このままでは明日の陶芸教室も休みになってしまいますかね
鑑定団は会社の同僚が 登録しているので
時々 見学参加の依頼がくるので 時々代わってもらいます

Commented by hayatedani at 2014-02-08 21:38
かかしさん
こんな降り方です こちらは
なんでも鑑定団の観覧 実は2度目でした
前回のゲストは板尾創路
もっと有名な人が良かったのですが 若い子には結構板尾さん
うけが良いのです
雪見をしながら甘酒ですね
良いですねぇ 明日スーパーで買ってこようっと
Commented by mother-of-pearl at 2014-02-09 16:05
降りましたね~!!
汐留の南部鉄器のポスターを横目に見つつ、
仕事に向かいました。会期中に時間を調整して、
是非行ってみます!
(あの小さなミュージアムはなかなか良いですね。)

それにしても、東京を容易く横断なさる
フットワークの良さに感心してしまいます。
二輪無しでも“疾風さん”なのですね!!
Commented by hayatedani at 2014-02-09 19:23
mother-of-pearlさん こんばんは
感心していただいても 実際行ってませんので恐縮してしまいますが
休日でも いかに効率よく廻るかを考えてしまうって
サラリーマン30年もやっている私の職業病なんでしょうね
パナの美術館は 単体で出かけるには少し力不足で
いつも何かのついでになってしまいますが
会期中に出かけてみたいと思っています
<< 雪だらけの日曜日と流水紅葉散し... 春霞のなかを >>