<< 北大路魯山人陶印 「陶」 陣馬山麓アトリエ展 >>

だから伊万里は面白い!(伊万里染付6寸)

f0126896_1442178.jpg

Imari ware /19-18th century hand-painted Cherry blossoms in running water design

古伊万里と呼ばれる江戸時代の染付磁器
有田や波佐見、塩田、三川内など 肥前の各地で作られ
伊万里の港から舟積みされたから「伊万里焼」

今から13年前 転勤先の福岡の職場の近くにあった骨董店で初めてimariを見た
濃淡の呉須で描かれた 染付という意匠の伊万里焼
けっこうなお値段で とても手が出なかったのですが
江戸時代の骨董品にしては とても洗練されている意匠だと思った

最初に手に入れた伊万里は 印版手と呼ばれる明治時代の版で絵付けをした
いわば当時のプリント物
それでも100年以上経った磁器の器は
現在のすっきりしすぎた「セトモノ」より存在感は上だった

佐賀県有田にある九州陶磁文化館で「柴田コレクション」という
古伊万里の一大コレクションを見てから 古伊万里の器が頭から離れなくなった
なにしろ江戸時代 伊万里焼を焼いた遺構が 住んでいた福岡の家から
ほんの1時間ちょっとでゴロゴロしている

古伊万里に完全に魅せられてしまった

f0126896_14421391.jpg

染付扇流水桜花文6寸皿
濃淡の呉須が綺麗です
扇の図柄を三方に配して、流水に桜花を散らしています
とてもメリハリの効いて それでいて情緒的な絵柄ですね
f0126896_14423081.jpg

高台内には「大明成化年製」の追銘が手慣れた筆記で描かれています
そして焼成で見込みが落ち込むのを防ぐために、道具土で針支えを行った跡が残っています
f0126896_14424138.jpg

皿の見込みの中央には「五弁花」と呼ばれる18世紀の伊万里特有の模様が描かれています

こちらの伊万里の図柄も面白い
一見洋風皿のような意匠
この模様をどう見るか
見る人の想像力を掻き立てますね

Imari ware /19-18th century hand-painted Peony blossoms in running water design
f0126896_14425198.jpg


私の見立ては
これも流水文に牡丹の花を散らした模様ではないかと思います
牡丹の花がリボンの様にも見えますね

200年前の江戸時代の陶工が考えたのか
はたまた 当時の商人が売れる意匠の絵見本を持ち込んだのか
想像は膨らみます
f0126896_1443538.jpg

だから 伊万里は面白い!

f0126896_14431336.jpg

by hayatedani | 2013-10-26 15:48 | 古伊万里 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://hayatedani.exblog.jp/tb/20689949
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2013-10-27 19:04 x
伊万里というのも、よ~く見ると一つ一つ違いますね(当たり前ですね!!)。白と青だけでここまで豊かな模様を見せてくれるという点に魅かれますね☆
Commented by hayatedani at 2013-10-27 21:00
※さん
伊万里の染付というのは、ある意味墨彩画のようなものだと思います。
墨彩は墨の濃淡で 様々な色彩を表現するものですが
染付は呉須の濃淡でそれをしているのだと思います。
昔の職人さん達はすごかった
本当にそう思います。
Commented by のり at 2013-10-28 23:51 x
呉須の濃淡・・・ちょうどテレ東の番組(再放送)で1000万の鍋島焼の皿が出ていました。吉宗の時代に色絵付けができず、絵付け職人が呉須で描き切った牡丹の絵皿でした。時代を超えて作品が残るなんてすごいですね。
Commented by hayatedani at 2013-10-29 22:31
のりさん
その番組 来月1000回記念だそうですが
実は先日 1001回の収録を天王洲アイルの東テレスタジオに見に行きました
今田さんや石坂さん、なかなか素敵でしたよ
呉須の濃淡
上手くなりたいのですが、江戸の職人さんたちの足元にも及ばないのが
伊万里に憧れる理由かもしれません
Commented by のり at 2013-10-30 00:28 x
ついに行かれたのですか・・・今田さんの司会好きです。放映されない部分も観れるのが面白そうですね。
皿山さんの作品も百年後には当時を振り返る貴重なお宝と思いますよ(^^)
先日、やっとお食い初めを家族3人で行いました。旦那が作った器に盛り付けました。献立は大したことないのですが、偶然スーパーに鯛が売っていたので、豪華になりました。
Commented by hayatedani at 2013-10-30 23:54
のりさん
ちなみにゲストは板尾創路だったんです
もっと有名な人がよかったのですが
ケンちゃん先生にはうらやましがられました。
<< 北大路魯山人陶印 「陶」 陣馬山麓アトリエ展 >>