人気ブログランキング |
<< 竹柏勁心 人間国宝の日常の器 >>

秋の登り窯の季節です

f0126896_2224795.jpg

暑い暑いといっても もう9月の第2週を迎えます
春と秋に行われる 陶芸教室の登り窯焼成
秋の焼成が10月下旬に予定されています

陶芸作品を完成させるには、週一回の陶芸教室では1か月ほどかかります
粘土をこねて 轆轤を回し 乾燥後に削りを行い整形します
素焼きをお願いして釉薬がけ
そして本焼き

10月下旬に間に合わせるには 少し遅いくらいです

f0126896_22242117.jpg

今回の登り窯焼成には 板皿を創ろうと思っていました
土は備前!
ここ2回ばかし 登り窯焼成では備前づいています

前は 焼き締めの器は 窯任せの焼き上がりで
あまり好きではなかったのですが
2回ほど使った備前の土が 気に入りました

言ってみれば 磁器土のようなしなやかさと
腰のある粘り
硬質で艶のある焼き上がりなどなど

こんな土を使わない手はありません
要するに 器の景色を窯任せにしなければ良い話
(ホントは備前はこの窯の炎色が魅力なんでしょうけど)

f0126896_22243590.jpg

ということで ただいま作為に満ちた備前板皿を作成中です
大きさは25cm×25cm
今日の予定は この皿を2枚創るつもりだったのですが
固めの備前土を菊練りしていて 腕が痛くなったので1枚で中止
来週 もう一枚創ろうと思います

さて どんな意匠になりますやら
by hayatedani | 2013-09-08 22:50 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://hayatedani.exblog.jp/tb/20355894
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by のり at 2013-09-09 11:39 x
大きな板皿ですね。板皿もあまり見なかった気がします。最近は制作対象に変化ですか??
我が家はお食い初めの器を持ち帰ってきました・・・登り窯はまた違う器を作るそうです。どこに収納するのか悩みの種です。(笑)
Commented by hayatedani at 2013-09-09 20:01
のりさん
お食い初めですか
良いですね 風情があります
きっと旦那さんは 一生その器を大事にするんでしょうね
板皿
もう一枚創ります
こちらも収納が悩みです
<< 竹柏勁心 人間国宝の日常の器 >>