<< 土星ブランド登場 ENICAR... 喧噪の20年代 >>

東京蚤の市

第3回 東京蚤の市 at 京王閣

f0126896_1740471.jpg

東京蚤の市というイベントがあることを知ったのは 昨年の秋
同じ陶芸教室のお仲間から聞いて
行きたい 行きたいと思っていました

今日やっと実現!

東京蚤の市


f0126896_17411761.jpg

開催場所は 京王線の京王多摩川駅
京王閣という競輪場です

11時開催で 着いたのは11時45分くらいだったのですが
もうすでに入口から200メートルくらいの行列ができていました

駐車場待ちのくるまの列もあり
車での来場はほぼ無理ですね

f0126896_17413897.jpg

ワーゲンバスもお出迎え

f0126896_1741567.jpg
f0126896_17425365.jpg
f0126896_17434830.jpg


どちらかというと 和ものより西洋骨董が中心の出店
いつも出かける「骨董市」とは出店している業者さんが違って
見て回るだけでも とっても面白い
f0126896_17435968.jpg


取っ手金具のお店
洋物中心 和物もちょっと
f0126896_1744125.jpg
f0126896_17442517.jpg
f0126896_17444235.jpg


Jacqueline Kennedy ?
f0126896_17445553.jpg


この手のカトラリーも使ってみたい気はするのですが
なかなか思い切れません
磨くと綺麗になるのかなぁ
f0126896_17451379.jpg
f0126896_1745274.jpg
f0126896_17455058.jpg


ここだけ見ると パリのクリニャンクールの蚤の市のようでしょう  行ったことないけど
f0126896_17461110.jpg
f0126896_17462725.jpg



2CVが似合いますねぇ
この車はランチを売っていました
f0126896_17463798.jpg

木工のお店
ここでレターラックを買いました
f0126896_17465525.jpg


ソ連時代のロシアの絵本を買いました
ちょっと難アリですが 中の絵が可愛いのでバラシテ額にいれても 面白い
1冊300円なり
f0126896_17471026.jpg
f0126896_1747339.jpg
f0126896_17475023.jpg


天気も まぁまぁ
会場全体がお祭り気分のようで 楽しかった
でも 少し人が多すぎるかな

案外3時ごろに入場するのも 人が少なくて良いかもしれない
商品は あらから無いんでしょうけど
f0126896_17481316.jpg

東京蚤の市は明日26日まで
興味のあるかたは ぜひ!
by hayatedani | 2013-05-25 18:31 | 古いもの | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://hayatedani.exblog.jp/tb/19576585
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by w- scarecrow at 2013-05-26 08:41 x
わっ、楽しそう!
写真で見ると陶器の出店は少なかったんですね。オールドノリタケはゼロだったんですか?
蚤の市(骨董市)では缶で出来たアンティークの箱(宝箱)や欧州の天秤の測りに目がいってしまいます。
ロシア版「ごんぎつね」ジャムの入った紅茶でも飲みながら眺めるのもいいですね。
Commented by at 2013-05-26 17:00 x
これまた和洋入り混じりですね。無国籍な感じがなかなかいいです。シトロエンもこうして見るといい車ですね、デザインは日本人にはない感覚で作られたのでしょうね。
Commented by hayatedani at 2013-05-26 21:22
w- scarecrow さん
陶器もold noritakeも目につきませんでした
それより いつもの骨董市と比べて美形女子の多さが目につきました
女子はやはり西洋アンティーク好みなんでしょうね
ロシア版ごんぎつね
なかなか味のある絵ですよ

Commented by hayatedani at 2013-05-26 21:32
※さん
最近 この手の古い車が気になります
会場にはミニ(旧タイプ)も展示されていましたが
古いアルファやイギリスのオープンカーなんか 良いですね
<< 土星ブランド登場 ENICAR... 喧噪の20年代 >>