<< 大急ぎ 百子堂の茶碗 >>

OMEGA CONSTELLATION Cal.564

f0126896_2315040.jpg


OMEGA CONSTELLATION Cal.564

古い機械式時計のお話も何話目でしょうか
相も変わらずシコシコと 時計を集めています

今回はこちら

f0126896_2322713.jpg


コンステCの愛称で親しまれた、オーバルケースのオメガ・コンステレーション
1960年代後半のモデルです

f0126896_2325775.jpg


ステンレスケースに細かな凹凸を持つホワイトゴールドのベゼルの組み合わせ
文字盤には細かなテクスチャー模様
黒いペンシル型の針に
そしてこちらもWGのバーインデックスが組み合わさった秀逸のデザイン

f0126896_233957.jpg


f0126896_2332013.jpg


オ-バルケースはコンステC(Cライン)と呼ばれるケースの意匠。
ラグがケースと一体になったデザインが特徴で、ジェラルド・ジェンダという時計デザイナー
がデザインしたそうです。

このデザインはオメガだけでなく、60年代を通じて数多くのメーカーに影響を与えたとのこと

f0126896_2318227.jpg


コンステレーションとは「星座」という意味です。
文字盤6時位置には「星」マークがあり、裏蓋には「天文台と星座」が刻印されています。

天文台で行われた数々の精度コンクールで記録を塗り替えてきた、そんなOMEGAの誇りが感じられますね

f0126896_233331.jpg

[PR]
by hayatedani | 2012-09-15 23:43 | 時計 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://hayatedani.exblog.jp/tb/17970933
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tutti- at 2012-09-16 11:50 x
コレクションがまた増えましたね!
このオメガの時計、上品で★がおしゃれです。今度実物見せてくださいね。
Commented by at 2012-09-16 20:41 x
あれ、皿さん腕時計いくつ持っていましったけ?この写真は毎回登場するものと同じですか(いつもセイコーだった気が)?
私のセイコー(自動巻き)は、しばらく使っていなかったら秒針の動きがおかしくなってしまい、あえなく修理となりました。オーバーホールもして若返りを図ります。秒針だけに病身(汗)
Commented by のり at 2012-09-16 22:35 x
一週間毎日違うアンティーク時計で過ごせそうですね。私も昔のロレックスを一つ持っています。
若かったあの頃の鑑賞(感傷)です(笑)
Commented by hayatedani at 2012-09-16 23:09
tutti-さん
収集癖は止まるところを知らずです
オメガの貴品溢れる佇まいが好きです
でも まぁ この辺にしとかなくては
きりがありません

Commented by hayatedani at 2012-09-16 23:11
※さん
前にアップしたのは 同じオメガでもシーマスターです
今回のはコンステレーション
中の機械は同じですが 外見は?
まぁ 同じようなモノですか
Commented by hayatedani at 2012-09-16 23:15
のりさん
会社にしていくのは いまはすべてアンティーク?
いや それほど古くはないのでビンテージと呼べるものです
でも 夏の暑さはベルトに良くないので
涼しくなるのを待っています
まだまだ暑いですね
<< 大急ぎ 百子堂の茶碗 >>