<< 柿右衛門 吉祥寺…篆刻教室   >>

art&touring

f0126896_23533292.jpg

tutti-さんから魯山人展の情報をいただきました
場所は平塚市美術館
展示内容は、世田谷美術館の「塩田コレクション」の巡回展示であり
過去に何度か見た内容なのですが…

f0126896_2354286.jpg

でも、ここしばらく魯山人の企画展もなく
魯山人先生の器を直に見る機会もなかったもので
話を聞いて もうすっかり出かける気満々なのでした

平塚市美術館も行ったこと無かったし
知らない所に出かけるのって、ちょっとワクワクしてしまう
f0126896_23542210.jpg

久しぶりのお天気で
バイクでツーリングがてらに、平塚まで
219号線を下り、大野の交差点を右折して
平塚市美術館は 思ったより立派な建物でちょっとびっくり

f0126896_23544253.jpg

魯山人先生の作品は やっぱりすばらしい
図録を100回見るより 実物を見なければ、この力強さは解らない
絵付けの見事さや 釉薬の巧妙さ
古陶磁の雅美を踏襲して、それを自分の個性に昇華させている
その、ほとんどが食器であるのがまた魯山人らしさなのでしょう

帰りは厚木から愛川方面に左折
山間部を通り抜け、帰ってきました
f0126896_23545589.jpg

心地よいエンジンの鼓動を感じながら、初夏の爽やかな風の中を走る

f0126896_23554066.jpg
f0126896_23555961.jpg

片道50キロほどの art&touring
本日も好日でした
[PR]
by hayatedani | 2011-06-05 00:36 | 美術館 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://hayatedani.exblog.jp/tb/16079426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by w- scarecrow at 2011-06-05 21:02 x
hayatedaniさん、一枚目の写真「疲れきっている青年」魯山人に打ちのめされた青年、どっちなんでしょう。
これからはほんとバイクの季節ですね。
hayatedaniさんの「海岸」や海の写真もみたいです。
サザンや南佳孝、片岡義男の世界も。ちょいと世界観が古いかもしれませんが・・・。
Commented by tutti- at 2011-06-05 22:00 x
私もバスにかなり揺られながら行ってきました。
感じのよい美術館でしたね。
抱いていた魯山人のイメージと少し違っていました。
やっぱり実物を見るのは違いますね!
Commented by hayatedani at 2011-06-05 22:51
w- scarecrow の写真のように、人がいる風景を切り取りたい
そう思っても、なかなか人にカメラを向けられません
せいぜい「疲れきっている人」をこっそり撮るくらいしか…
カラオケでは「C調言葉にご用心」がおはこです
Commented by hayatedani at 2011-06-05 22:54
tutti-さんが描いていた魯山人
どんなイメージだったのですか?
こんど聞かせてください
次は根津美術館の柿右衛門ですね
楽しみはこれからです
<< 柿右衛門 吉祥寺…篆刻教室   >>