<< GWの過ごし方は? イチバ~ン >>

久しぶりに伊万里を買った

f0126896_2081621.jpg

今年に入って あまり良いことが無いなぁ
地震があって 沢山の方が亡くなったと思ったら
昨日はスーちゃんまで亡くなってしまった

同じ時代を生きた同世代が、志半ばで逝ってしまう
そんな現実に 少々疲れてしまいますね
YouTubeで「微笑みがえし」を見ていたら
目がウルウルしてしまいました

平常心に戻るのに 少し時間が必要です



f0126896_2083254.jpg

久しぶりに伊万里を買った

大根模様の蓋茶碗
白餅のような もっちりとした磁体にユーモラスな大根を染付で描いています

江戸時代の伊万里は、この精製されていない青みのかかった磁器色が魅力
今の目で見ると、陶器と磁器の両方の良いところを持っている

f0126896_2084390.jpg

高台には「太明年製」の銘が手慣れた筆記で書いてあります
この元々の起源は 中国 明時代に作られた中国磁器
その高台に描かれた「大明成化年製」に肖りたいとの思いで
伊万里にも描かれるようになった

でも、この時期、伊万里の陶工さんには、意味はあまり関係なく
ただの模様の一部くらいにしか、思っていなかったのでしょう
太の字もいい加減 太→大

f0126896_2085228.jpg

根菜を模様にするのは、伊万里焼ではわりと一般的なこと
大根や人参 蕪や茄子など様々な野菜が描かれています

大根や人参を描くときには、必ず先端が二つや三つに分かれている
子持ちの根菜がお約束
これは子孫繁栄、子宝に恵まれるなどの吉祥文なのです
きっと、このお茶碗も おめでたい晴れの席で使われたのでしょう

f0126896_209494.jpg

寛政・文化年間に創られた古伊万里蓋茶碗
200年前の有田の陶工と語り合える
そんな至極のひととき
[PR]
by hayatedani | 2011-04-23 21:21 | 古伊万里 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://hayatedani.exblog.jp/tb/15860265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tutti- at 2011-04-24 16:01 x
またコレクションが5つ増えましたね。
白といってもいろんな白がありますよね。写真でみるこの白は暖かい白に見えます。お餅って表現がぴったりかもしれないですね。
Commented by hayatedani at 2011-04-24 21:01
tutti-さん
また増えてしまいました。それも5客です
もう置き場が無いのですが、今回の茶碗
なかなか良いですよ。
和食器は5客がワンセットとはいえ、増え方が半端ではありません。
嬉しい半面 困った半面です ハイ
<< GWの過ごし方は? イチバ~ン >>