<< あぁ あれは春だったんだね 素焼きと絵付けとコリンスキー >>

おふ ほわいと

f0126896_21284289.jpg

釉薬の白い結晶が素焼きの器を覆います
綺麗なoff white

f0126896_21285572.jpg

先週絵付けを終えた素焼きの器に
今日は釉掛けを行った

釉薬は透明釉
赤い鉄分を含んだ土と 登り窯の炎が窯変して
素敵な模様を映し出す はず!
f0126896_2129716.jpg

高台を持って 釉薬のバケツにズボツ!
器全体に釉薬を掛けないのは 唐津焼のお約束
この土見せの部分が大事 
f0126896_21292043.jpg
f0126896_21293369.jpg
f0126896_21294762.jpg

片口もこんな感じです
上手く焼きあがると良いのですが
f0126896_21295758.jpg


おまけは教室の民芸派 Hさんの茶碗です
口縁の切り方が潔い
なかなか使い勝手のよさそうな器です

陶芸は性格がでますねぇ
これからもお互い がんばりましょうね

ねぇ~ Hさん
f0126896_21301035.jpg

[PR]
by hayatedani | 2011-04-10 22:09 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://hayatedani.exblog.jp/tb/15793062
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tutti- at 2011-04-11 12:10 x
陶芸って、本当に性格がでますよね。
前に教室で3人で同じ型、土、釉薬で作品を作ったことがあるのですが、やっぱり雰囲気が違ってくるんですよね。
登り窯、楽しみです!
Commented by hayatedani at 2011-04-11 23:24
モノを創るって そういうことなんでしょうね
個性や人格や考え方
いろんなものがゴッチャになって
新しいものが生まれる

登り窯 成功です! ハイ
<< あぁ あれは春だったんだね 素焼きと絵付けとコリンスキー >>