<< おふ ほわいと ふつうのいとなみ >>

素焼きと絵付けとコリンスキー

f0126896_23501134.jpg

陶芸教室の春の登り窯焼成
今回も?またまた唐津の向付け5客セット
そして片口を一つ
f0126896_23502492.jpg

素焼きが出来上がっていました
さぁ~ 今日は気合いを入れて、すべての器に絵付けをします
f0126896_23504091.jpg

まずは見込みの絵付けから
いろいろ古唐津の銘品を眺めながら
秋草文と萩の(たぶん)葉模様を考えました

f0126896_23505047.jpg

少し唐津の素朴さからは異なる絵付けのようですが
どちらかというと 伊万里の絵付けに通じる雰囲気です
f0126896_2351534.jpg

片口はぐっとシンプルに 草模様を三本
Q太郎のあたまのように

f0126896_23511512.jpg

そして、口縁には輪線模様を放射状に

この時活躍したのが、先生からお借りしたコリンスキーの面相筆
コリンスキーとはロシア人の陶芸家!  ではなくて
動物のテンの一種、その毛を使っているそうです

この筆
細いのに、鉄絵具の乗りが抜群に良いのです
普通の面相筆で細い線を描くと、途中でかすれがちになるのですが
それが無い!

そして筆運びの伸びも素晴らしい
あまり腕の立たない私などは
このような道具にすぐ頼ってしまいます
家に帰って すぐAmazonで注文してしまいました

f0126896_23512869.jpg

登り窯焼成は今月の末
なにやら成功の予感が
してくるでしょう?
[PR]
by hayatedani | 2011-04-04 00:12 | 陶芸 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://hayatedani.exblog.jp/tb/15757865
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tutii- at 2011-04-04 12:12 x
絵付け、上手だなーと思って見ていました。秘密は筆だったんですね。
コリンスキー、インターネットで見てみます!
登り窯成功しますよ。
Commented by hayatedani at 2011-04-04 23:37
筆 大事です
良い筆を使うと、自分の絵付けの腕が上がったように感じます
特に細い線を描くときには、その違いは明確です
でも やはり腕が無くては  ですよねぇ
お互い精進しましょうね

Commented by at 2011-04-05 00:22 x
今日はいつも以上に気合いが感じられますね。素焼きの段階はいつもきれいですね(いえ、焼きあがった後でも美しいんですよ(汗))。
Commented by hayatedani at 2011-04-06 22:53
※さん 最近は向う付けを作るのも、少し手慣れたようで、
轆轤も絵付けも割とスムーズに創ることが出来るようになりました。
後は焼成ですが、行いが良いので 何か成功の予感がします
5月をお楽しみに!
<< おふ ほわいと ふつうのいとなみ >>