<< 素焼きと絵付けとコリンスキー ガリガリ ガッツン >>

ふつうのいとなみ

あの震災からもう一週間
まるで夢を見ているかのように、次から次へと様々な災難が襲ってくる
ふつうの営みが わずか10数分で失われる現実
そして いまだに普通の営みが取り戻せないでいる沢山の人たち

両親の住むいわき市でも沢山の方が亡くなった
相馬だとか 四倉だとか
知った名前の町がニュースを賑わす

水道が出ない
スーパーには食料が無い
ガソリンが無い

歩いて買い物に行ける場所では無いところに住む老夫婦には、つらい1週間でした
親類の助けを借りて 今はなんとか落ち着いています
心配してくださった 多くの方たちに、お礼を申し上げます
ありがとうございました
そして 亡くなられた多くの方たちのご冥福を、心からお祈りいたします


さて 私たちもすこしづつ 普通の営みを取り戻せねばと
2週間ぶりに陶芸教室に出かけてきました
4月末の登り窯焼成にむけて、唐津の片口をこしらえております
f0126896_22182067.jpg

実は轆轤を引いたのは震災前の週
陶芸の様子をアップするどころの騒ぎではなかったので
今回まとめてお披露目
f0126896_22183821.jpg

今日は高台の削りからスタートしました
f0126896_2218582.jpg

高台を削ったら 片口の口を作ります
仮組した位置に穴を開けて
f0126896_22191499.jpg

こんな感じに口をつけてみました
付けたあとに ほんのちょっと口元を下に下げます
f0126896_2219269.jpg

どうでしょう なかなか、可愛い口元になりました

f0126896_22533358.jpg

絵付けと釉薬は来月のお楽しみにします
それまでに絵柄を考えなくては…
f0126896_22195090.jpg

[PR]
by hayatedani | 2011-03-20 23:01 | 陶芸 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://hayatedani.exblog.jp/tb/15688863
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by シゲ at 2011-03-21 11:26 x
ご両親ご無事でよかったですね。
こんなときは親戚や知人といった人とのつながりが
いつも以上にあたたかく、大切に感じますね。
本当に今回の地震では多くの方が亡くなられて心が痛みます。

少しずつ普通の生活に戻っていくのでしょうが
その普通の生活の大切さありがたみを忘れてはいけないですね。

そしてだからこそ陶芸などの趣味!
できるときに大いに楽しまないといけませんね!
登り窯の作品楽しみにしてます。
Commented by hayatedani at 2011-03-21 21:43
シゲさん ありがとうございます
本当に今回ほど親戚のありがたみを感じたことは
ありませんでした。
いわきは未だに断水が続いていると聞きます。
自宅退避は良いのですが、トイレにも困るような状況が
いつまで続くのか、とても心配です。
そして原発
子供達の将来を考えると、不便でも原発は止めるべきなのでしょうね
Commented by tutti- at 2011-03-28 12:13 x
ご両親がご無事で何よりです。
こらからが大変なんだと思いますが1日も早い復興を願うばかりです。
放射能も気になります。
体調が悪かったので総合病院に診察をしに行ったときにCTを勧められたのですが、恐くってレントゲンだけにしてきました。
いろいろ考えさせられた震災でした。
Commented by hayatedani at 2011-04-04 00:15
tutti-さん
早く放射能問題、終息してもらいたいですね
でも、あの後の福島はどうなるのでしょう
農業も畜産も水産も壊滅状態
やはり原子力は などというのは尚早なのでしょうけど
<< 素焼きと絵付けとコリンスキー ガリガリ ガッツン >>