<< 紅葉 間に合いました 輪花鉢と棚板作り >>

仲間たちが

今日は休日出勤で午前中会社にいました
せっかく休みの日に都心まで出ているので、こんな日は帰りに道草です

ネットで前もって美術館の企画展を検索
それも帰りに寄れる場所が良い

明大前で井の頭線に乗り換え、駒場東大前まで
出かけたのは 日本民芸館です

f0126896_20135548.jpg

河井寛次郎 生誕120年記念展
日本を代表する陶芸家の一人

河井寛次郎というと、どうも戦後のオブジェのような奇妙な?作品を思い出し
今一つ 心の琴線を動かすことができなかった自分がいる
そう 魯山人をして「河井寛次郎氏の製陶もとうとう世の末になってしまった。」
「残念ながら私は彼をここに見捨てなければならぬ」と戒めた作風の変化

そんな先入観で出かけた企画展は?

むむむ 感動してしまった
今回の展示品は いわゆる「用の美」を意識した器物が多く
あの思わず???と思ってしまう奇妙なオブジェは一点も展示されていなかった

純粋に器というカテゴリーで見た彼の器物は
さすがに釉薬をとことん研究した作家だけあって、とても素晴らしい
一つに色を表現するにも、いくつかの異なった色の釉薬が複合されて
器を発色させている
呉須の藍色だけでも、その下にいくつかの色が隠れているのである

f0126896_2014679.jpg

民芸運動の推進者でもあった、河井寛次郎
1925年 柳宗悦が日用品の美を称揚するために「民芸」という言葉を作った時の同人
今回の展示でも、その仲間たちの作品が併せて展示されていた
英人 バーナード・リーチ そして濱田庄司
棟方志功の板画も数多く展示されていた

そのどれもが互いに響き合い、共鳴している
民芸運動を推進していたそのころの人たちは、もうだれもこの世にはいないが
柳宗悦とその仲間たちが協力して作り上げた、この日本民芸館で
その仲間たちが創り上げた器物が、美しさを競い合っている

展示品を見ながら そんな雰囲気に圧倒され
いちいち感動しながら鳥肌たてて見入ってしまいました

11月23日まで開催
館内は大賑わいでした
出かけてよかった
[PR]
by hayatedani | 2010-11-20 21:38 | 美術館 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://hayatedani.exblog.jp/tb/15016537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by w-scarecrow at 2010-11-21 17:16 x
河井寛次郎、今見ても新しいですよね。
大胆さと繊細さの両面持ち合わせている作家さんで好きです。
hayatedaniさん、民芸館はうちから歩いて10分くらいのところにあります。
お茶でも飲みたかったですね。今度、来られるときは是非。
Commented by hayatedani at 2010-11-21 21:57
w-scarecrow さん
そうですか 民芸館のお近くだったのですね
それでは、次回はご連絡させていただきますね
美味しいお茶とケーキでも… お願いします
<< 紅葉 間に合いました 輪花鉢と棚板作り >>