国立HISTORICA G.P.

f0126896_21024245.jpg
毎週日曜日に東京国立市にある陶芸教室に通っています
教室が終わって車で帰る道すがら
道沿いの運動公園でなにやらイベントが

ちらっと大好物のヒストリックカーが見えたので、急遽ユーターンして見に出かけました
昔は神宮などで行われた、この手のイベントに随分出かけましたが
国立市のこんな運動場で、このようなイベントが行われているとは知りませんでした

国立HISTORICA G.P.というイベントだそうです
参加車両の一部を撮ってきましたので、少しご紹介します

f0126896_21274354.jpg


Austin Healey Sprite Mk1(UK)
愛嬌のあるフロントマスクでしょう
日本では「かに目」、外国ではフロッグアイと
呼ばれています

f0126896_21280796.jpg
アーモンドグリーンのボディーカラーも素敵です

f0126896_21282620.jpg
イタリアのランチア フルビア
バリバリのラリーカー仕様です

f0126896_21284929.jpg
こちらはべーシックなノーマル仕様のフルビアです
普段使いならこちらかな
f0126896_23402294.jpg
フルビアのインパネはイタリアン家具のような木製です
レーシーなハンドルとのコンビネーションも秀逸
f0126896_23403626.jpg


ロータス エラン(UK)
ユーノスロードスターが見本とした車です
ボディーはFRPで軽量化を図っています

f0126896_21290477.jpg
リトラクタブルライトもユーノスっぽい

f0126896_21291658.jpg

フェラーリの創業者 エンツォ・フェラーリの長男で1956年に夭折した
アルフレード・フェラーリ(愛称:ディーノ)の名を持つ名車
フェラーリ・ディーノ

f0126896_21294775.jpg
美しい造形美
イタリアの職人技

f0126896_21304058.jpg
f0126896_21311027.jpg
ロールスロイスですよね
クジラの様に大きな車体
自分で乗る車じゃないですね

f0126896_21312701.jpg
f0126896_21314686.jpg
ジャガーEタイプですね
世界一美しい車
ロングノーズの2シーター

f0126896_21320221.jpg
f0126896_21321779.jpg


f0126896_21323418.jpg
オースティンヒーレー3000(UK)
オースティン製直列6気筒2912ccを積む名車「3000」シリーズ

f0126896_21324604.jpg
MGです
車名は解りませんが

f0126896_21325852.jpg
BMW2002 Turbo
フロントスポイラーとオーバーフェンダーで武装したマルニのターボです
海外仕様はオーバーフェンダーがビス止めでしたが、国内では認められず
オーバーフェンダーをたたき出しで作成されました
この車は滑らかなフェンダーで、国内正規車だと思います

実は若かりし頃、ワンキャブのべーシックな2002を所有していました
6年程過ごしましたが、最後はエンジンがかからなくなって街の中古車屋に売却しましたが
2002は私にとって思い出の車なんです

久しぶりに間近で見るマルニは、やっぱり素敵です
昔の恋人に偶然街で出会ったような気持です

f0126896_21331232.jpg
偶然出くわしたイベントに、すっかり楽しませていただきました
いつかはこのようなイベントに参加できるように、お気に入りのヒストリックカーを持ちたいと思っています
何時かって言っても、それほど将来があるわけでもないのですが


f0126896_21333730.jpg
最後の写真はボルボです


[PR]
# by hayatedani | 2018-11-11 22:42 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(4)

心動かず

f0126896_21373463.jpg
午前中は休日出勤でした
久しぶりの晴れ間なのに、少々気が重い

午前中に終わるとはいえ、午後は篆刻教室の予定
一度帰って篆刻道具をもって、急いで出かけなければならない

今創っているのが「不動心」
印稿は出来上がっていて、先生の補筆もしっかり受けて
印面に写し描きました
これを「布字」といいます

f0126896_21374848.jpg
布字を行った印面
右が印稿なんですが、何か違うと思いませんか?
印面には印稿の文字を逆に描いています

何しろ篆刻と言っても「ハンコ」を作っているのですから、当然といえばとうぜん
逆字を印面に写すやり方はいろいろあるのですが、篆刻の達人は印稿を見ながら逆字で印面に描けるようです
私は達人ではないので、印稿をパソコンに取り込んで反転させて、逆字の印稿をつくります
印面と逆字印稿には罫線を引いて、おおよその位置を確認しながら布字を行っていきます

f0126896_21380572.jpg

2時間の篆刻教室で、ここまで刻りました
残りは家に帰ってから

f0126896_21382514.jpg
家に帰って、せっかく手が慣れているうちに刻ってしまおうと、残りを手がけました
ほんの1時間ほどで残り半分を刻り終えました
やっぱり手が覚えていた

f0126896_21384329.jpg
こんな感じです
来月の篆刻教室で先生の補刀をいただいて、完成させます


f0126896_21390061.jpg
f0126896_21391318.jpg
来年の2月ごろに、吉永隆山先生の社中展が予定されています
そのためには年内までに作品として完成させなければなりません
ここまで刻っていれば、なんとか完成まで持ち込めそうです

6センチ角の青田石で創っています
上手く出来ているのでしょうか


f0126896_21392804.jpg

[PR]
# by hayatedani | 2018-11-10 22:41 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(2)

鼠志野完成!~登り窯焼成

f0126896_19594372.jpg
秋の登り窯焼成のために創っていた器
今回は鼠志野の向付を5客創っていました
10月27日、窯出しがあったのですが、私、バイクのツーリングに出かけていて立ち会えず
今日陶芸教室で受け取りました
前回までの記事はコチラ 鼠志野準備完了
f0126896_20004338.jpg
完全な鼠色にはなりませんでしたが、酸化鉄の上にかかった志野釉が全体に良い塩梅に鼠色に窯変しています
白い部分は酸化鉄を塗り残して鉄絵を描いていますが、薄ら赤みを帯びているのが解りますか
これは志野釉の下に紅志野釉をかけているからで、色味の隠し味。狙い通りの焼き上がりです

f0126896_20010542.jpg
f0126896_20013960.jpg
薄のたなびく秋空に千鳥の群れが飛んでいく

f0126896_20015453.jpg
こちらは蓮の葉模様
花も小さく咲かせていますが、ちょっとはっきりしません

f0126896_20020790.jpg
こちらは草木図の意匠
酸化鉄を書き落とした白い草木と、鉄絵の茶色の草木のコントラスト

f0126896_20022455.jpg
鼠志野薄千鳥文向付
f0126896_20023744.jpg
鼠志野蓮文向付
f0126896_20025879.jpg
鼠志野草木文向付
f0126896_20031363.jpg
鼠志野梅花飛鳥文向付
f0126896_20032660.jpg
鼠志野柳文向付
ちょっと枝の部分が不鮮明になってしまいました
酸化鉄の削りが足らなかった
でも、4客の図柄を削って疲れ切って
最後の柳文、削る気力が足らなかった?
f0126896_20034029.jpg
私の窯印
柳の木を模った印です

f0126896_20035395.jpg
f0126896_20040824.jpg
お気に入りの図柄3客です
直径17センチ、高さ4.5㎝程
f0126896_20042187.jpg
今回の登り窯焼成
なかなか上手く焼き上がったのではないでしょうか
要所要所ごまかし誤魔化し創り上げましたが、やっとその苦労が実った?(大した苦労はしていませんが)

やっぱり薪の炎で焼かれた器は良いですね
カリッと焼き上がった器は、指ではじくと高い音がします
さて、次は何を創りましょうか

f0126896_20044533.jpg

[PR]
# by hayatedani | 2018-11-04 21:11 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)

始まりはいつも雨降り

f0126896_19195013.jpg
27日の土曜日から、会社のオートバイ仲間と1泊のツーリングに出かけてきました
おお方の予想通り、出発の土曜日午前中だけ雨模様
雨男の面目躍如といったところなんですが
なんでわざわざツーリングの出発時だけに雨が降るのか
このピンポイントの天気模様にがっかりと言うより、ちょっと笑ってしまいました

どうだ参ったか といったところですか


f0126896_19204596.jpg
東名高速足柄SAに10時集合
八王子から圏央道で東名高速に
時折晴れ間がでたり、雨が降ってきたりのはっきりしないお天気でしたが
無事10時に全員集合できました
沼津ICで降りたメンバーが最初にむかったのが沼津漁港

ここでお昼御飯を食べました
釣り好きのメンバーが沼津で上がる鯵が絶賛というので
アジフライ定食をいただきました
写真はありませんが、とっても美味しかった


f0126896_19211253.jpg
まずは油屋さんでガソリンを給油
このころにはすっかり晴れ渡って、日差しが熱いくらいです

f0126896_19213003.jpg
伊豆長岡を経由して、今日の宿泊先へ向かいます
宿泊先は禅寺「慈眼院」の隣に立つ、天城温泉「禅の湯」です


f0126896_19214719.jpg
禅の湯さんは名前の通り、オプションで禅も体験できるようですが
オジサン軍団はまったく興味なし
でも源泉かけ流しの温泉は素晴らしかった
それに、ここの温泉は飲めるんです



f0126896_19221301.jpg
慈眼院は江戸時代、下田に入港したハリス行使が大統領親書を陸路で江戸に運ぶ際に立ち寄った寺と伝えられています
屋根瓦には「慈眼院」の瓦文字が
その隣に温泉宿があるってちょっと不思議



f0126896_19222825.jpg
f0126896_19224676.jpg
会社のツーリングメンバーで1泊ツーリングに出かけるのも、もう7~8年ぶりでしょうか
みんな年を重ねてきましたけれど、またみんなでこうやって走れる幸せを感じます




f0126896_19230276.jpg
個人的に今回参加者のバイクで、一番目を惹いたのがコレ
バイク好きならお解りになると思いますが、外見は80年代のホンダCB-F
でも中身は最新式のCB1100なんです
いわゆる外装やハンドル周りを旧車の様に改造して売っているもの
その完成度たるや、素晴らしい出来です
所有者はカフェレーサー好きのNさん
モリワキの集合管から奏でられる排気音は感涙ものです

それにしても楽しかった
御年72歳のOBさんもBMWで参加してくれました
若いころからオートバイという共通の趣味で繋がった仲間たち
いつまでも無理しないように、オートバイを楽しみたいですね

日曜日はツーリングには最良の日でした
また出かけましょう


f0126896_19231964.jpg

[PR]
# by hayatedani | 2018-10-28 20:55 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(0)

秋風のなかで

f0126896_19213030.jpg
愛車のW650を車検に出しました。
オートバイでも250cc以上の排気量のバイクには車検があります
2年ごとの車検は結構煩わしいもので、車の車検と交互にやってくるので
毎年車検を受けているようなもの

車の車検費用は我が家の家計費から出るのですが
当然バイクの車検費用は私のお小遣いから出さなくてはなりません
2年に一度の車検費用を捻出するために、毎月こつこつ小遣いを溜めています

f0126896_19215583.jpg
私のW650は平成14年11月に買ったバイクで
我家に来てもう16年も経ちます

走行距離も6万キロを越えました
乗り続けていると、あまり気が付かないのですが
少しずつ色んなところにガタが来ているようで

f0126896_19221300.jpg
今回の車検ではリアのサスペンションを交換しました
リアサスは特に高性能なものでは無くて、
ヤフオクで買った純正品のデッドストックです

交換しても純正品なので乗り味に大きな変化は無いと思っていましたが
これが違うんです
乗り心地が随分良くなった
ダンパーがしっかり効いていることが実感できました
まぁ6万キロも乗っているので、リアサスも逝っちゃていたんだと思います

ちょっと気を良くして、そのまま少し走りに行きました

f0126896_19222907.jpg


f0126896_19224324.jpg
今日は久しぶりに晴れましたね
気が付いたらもうすっかり秋の気配が

あの暑かった夏は何だったのでしょう

f0126896_19225667.jpg

f0126896_14554076.jpg
f0126896_14574553.jpg

来週末は会社の同僚と久しぶりの一泊ツーリングです
バイクも快調
後はお天気だけですが
私 雨男なんですよねぇ これが
f0126896_19231452.jpg



[PR]
# by hayatedani | 2018-10-20 20:45 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(0)

鼠志野 準備完了!

f0126896_19433228.jpg
登り窯焼成用の鼠志野向付5客 意匠が完成しました

f0126896_19441788.jpg
秋風たなびく晴空に千鳥の群れが飛んでいきます


f0126896_19442839.jpg
こちらの意匠は蓮の華と葉模様でしょうか


f0126896_19443850.jpg

柳の意匠
岩場に立つ柳の木が象徴的ですね



f0126896_19444931.jpg
梅花と千鳥模様
賑やかな意匠です

f0126896_19450228.jpg
描きあがった素焼きの器に釉薬をかけました
今回は鼠志野の器を創ろうと思っていますが
酸化鉄を塗った素焼きの器に最初にかけたのは紅志野です

白い志野釉をかけて、鼠色に発色するだけだと
ちょっと面白くない
もう一色欲しいということで、紅志野釉を薄くかけました

f0126896_19451799.jpg
紅志野釉が乾いたところで、白い志野釉をかけて準備が整いました
この釉薬の組み合わせが登り窯の炎でいかに変化するか楽しみです。
窯出しは今月の27日
上手く焼き上がると良いのですが


[PR]
# by hayatedani | 2018-10-14 21:06 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

秋の登り窯焼成は鼠志野で

f0126896_11102458.jpg

早いもので、もう秋の登り窯焼成の時期になりました
焼成日は今月の20日から
それに向けて作陶に励んでいます

ここのところ、陶芸に対する意欲が始めた当初に比べて低下していて
前回の登り窯は「たたら作り」で板皿を拵えて、お茶を濁していました。
楽な作陶に流れてしまった

今回は気合いを入れて、向付を5客創っています
意匠は鼠志野
それぞれ絵替わりで創っています

鼠志野とは簡単にいえば「鼠色」の絵柄の志野焼です
この鼠色は、鬼板と呼ばれる酸化鉄を下絵に塗り込んで
絵模様を罫書きます
罫書いた模様は土の白い色に浮かび上がります
その上から白い志野釉をかけて焼き上げると、鉄の茶色の部分が鼠色に発色する
そのようなからくりですが…
あくまで予定で、本当に鼠色になるかは登り窯の神様しか解りません

f0126896_1110479.jpg


日曜日は朝の9時半から夕方の4時半まで、みっちり絵付けを行いました
素焼きの上から酸化鉄を塗り込んで、上から模様を卦書きます

f0126896_1111219.jpg

桃山時代の本歌は素焼きを行わず、粘土の状態で鬼板を塗って模様を削っていましたが
素焼きの上から模様を削り取るって、結構大変な作業でした

思ったように削り取れないで、茶色の鉄色が上手く剥がれない
それでもガリガリ行って、ようやく1枚完成

f0126896_11111935.jpg

残りは来週完成させます
朝から5時間、集中しっぱなしで少々疲れましたが
焼き上がりを想像しながらの作陶は、けっこう楽しいものです。
それでも窯出しの時に、上手く焼き上がらなくてがっかりしたことが幾度もありますが
桃山時代の陶工の息吹が少しでも経験できる、そんな陶芸から離れられません
[PR]
# by hayatedani | 2018-10-08 11:49 | 陶芸 | Trackback | Comments(8)

心地よい、朝のすごし方

f0126896_13262675.jpg

平日は通勤のため朝6時には家を出ているので
休みの日にも、なかなか朝寝が出来ない
悲しい中高年は7時には寝ていられなくて、のこのこと起き出してきてしまう

家人がまだ寝ている時間
今日はしとしと雨模様の土曜日です

まずコーヒーをいれて
Paul McCartneyのクラシックバラードを流して

今日みたいな雨模様の湿気のある空気のなか
Paulの歌声が心地良い
庭の南天の葉に落ちる「ぱらぱら」という雨粒の音
ひんやりしっとりしたそよ風が

こんな雨の休日も良いものです
地球のリズムには陰と陽があって
それが日々の生活の奥行きになる

雨の日があってこそ、晴天の日の健やかさが身に染みる
忙しい平日があってこそ、休日の開放感があるように

f0126896_13264230.jpg

マグカップはお手製の…と言いたいところですが
今から20年前くらいに、初めて唐津焼に出会った頃に唐津で購入したもの

今では貫入に珈琲の茶色が染みこんで、とっても良い味に育っています
高台も角が取れて丸みを帯びて
釉薬もとろっとした風情が手に良くなじみます

そろそろ家人が起きてくる時間
静寂の時間はこのへんで…
[PR]
# by hayatedani | 2018-09-29 14:05 | その他 | Trackback | Comments(0)

染付雲竜文蓋茶碗

f0126896_1514021.jpg

今回も古伊万里の蓋茶碗をご紹介
f0126896_15141676.jpg

染付雲竜文蓋茶碗
江戸時代後期に肥前有田で創られた器です

江戸時代後期に流行った広東椀形の蓋茶碗
直径13センチ
高さは9センチほどの少し大きな茶碗です

f0126896_15142758.jpg

雲の間を飛翔する「龍」を文様化したものです。
龍は、鳳凰とともに古代中国で作り出された想像上の動物で、
鳳凰、麟、亀とともに四霊の一つとして数えられ全ての生き物の祖とされているそうです。


f0126896_15143682.jpg

この意匠の面白いところは、雲の描き方にあります

古伊万里の器に描かれる雲竜の雲の描き方は、ふつうもっとグラデーションを意識した
ボカシをを入れた書き方がほとんどですが
この器の雲の意匠は、何か呉須をたたくように描かれていて
まるで現代のステンシル用の筆を使って荒い点描で描いているように見えます

ちょっと見、飛龍がどこにいるのか探してしまいますが

f0126896_15144624.jpg

椀の見込みにも、線描きした竜が描かれています
口縁の内側にも簡略化された雨竜の模様が

少し灰が降った跡が見えますね
登り窯で薪で焼成された証です

f0126896_15145410.jpg

雑然とした描き方ですが、器全体で見てみると荒ぶれた雲海の中を飛翔する龍の姿が
迫力ある構図として上手く表現されています

この小さな蓋茶碗の中に、嵐の一部分を切り取ってきたような意匠
一つの球体として器を鑑賞できる、蓋付きの茶碗だからこその表現だと思います

江戸時代の陶工さんはスゴイッ!
f0126896_15151218.jpg

[PR]
# by hayatedani | 2018-09-24 15:54 | 古伊万里 | Trackback | Comments(0)

朝のツーリング

f0126896_20194645.jpg

連休最終日は朝からバイクに乗ろうと決めていた
朝8時に起き出して奥多摩方面へ

木漏れ日の綺麗な場所を通り抜けて

f0126896_20203299.jpg
f0126896_20204739.jpg

奥多摩周遊道路に向かう多くのバイカ―達と途中まで一緒に走って
私は左に曲がって上野原方面に向かいました


f0126896_20212269.jpg

途中の神社で一休み
石楯尾神社(いわたてお)

日本武尊が東征の時に持ってきた天磐楯(あまのいわたて)を東国の安定のために
ここに鎮め、神武天皇を祀ったのが始まりだそうです

f0126896_20214659.jpg
f0126896_2022230.jpg

本殿は神奈川県の重要文化財です

f0126896_20222619.jpg

山門から見える苔むした鳥居の風情
f0126896_20224058.jpg

ここでは朝から良い風が吹いていました

早起きはするもんだ
f0126896_2023186.jpg

[PR]
# by hayatedani | 2018-09-17 21:18 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(0)