タグ:骨董 ( 65 ) タグの人気記事

色絵菊蝶文蓋茶碗

f0126896_2172026.jpg

Imari ware /18th century hand-painted design of Santhemum & Butterfly

古伊万里の色絵蓋茶碗です
非常に丁寧な色絵で菊の文様や蝶の姿を描いています

菊の花弁は赤絵で塗りつぶすのではなく
細かい輪郭線の中に印影をつけて赤絵を乗せています
f0126896_2175946.jpg


摘みには欠けた部分を漆で丁寧に直された跡があります
器が大事にされてきた証拠

f0126896_218158.jpg


摘みと高台には極小の「〇×模様」
気が遠くなるような仕事ぶり
f0126896_2183535.jpg


上から見ると、模様が良く見える
驚くのは三つの菊模様の花弁の色絵が
三様とも違う表現で描かれていること
間に飛んでいる蝶の表現も異なっています
f0126896_218503.jpg


こちらの菊は開花する前の花弁を表現しています
赤で輪郭線を描き、金彩を塗り込んでいます

f0126896_21374443.jpg

蓋を開けてみると
赤の二重罫線を見込みに描き
口縁内側には色絵と金彩で宝物模様を散らしています
見事な絵付けです
どんな陶工が描いたのか
想像が膨らみますね

f0126896_2192369.jpg


時代は18世紀中盤
今から260年も前の夢の出来事
[PR]
by hayatedani | 2017-05-14 21:47 | 古伊万里 | Trackback | Comments(2)

染付で扇に牡丹 色絵で福良雀の図 蓋茶碗

f0126896_12150916.jpg
Imari ware /19th century hand-painted design of Sparrow


f0126896_12155826.jpg

古伊万里の蓋付茶碗を集めているというと
それでは蓋付茶碗の魅力は何ですか?って聞かれることがあります

普通、観賞用には茶碗よりはお皿や蕎麦猪口などが人気ですが
蓋付茶碗に私が魅かれる訳とは?

f0126896_12160505.jpg
蓋付茶碗がお皿や蕎麦猪口と決定的に違うのは その造形です
蓋付茶碗は、言わば「球体」の形をしています
お皿は一方の表面でしか鑑賞出来ませんが
蓋付茶碗は360度だけでなく、上からも鑑賞できる
それに、蓋と茶碗が分かれているので
蓋と茶碗の位置をずらすことで
蓋と茶碗の模様の組み合わせは無限です

こんな器は蓋付茶碗以外には、なかなかありません



f0126896_12161478.jpg
江戸時代後期に創られた、蓋付の茶碗です

直径11.8cm 高さ8.5cm
f0126896_12162176.jpg
淡い染付で扇子と竹、梅と牡丹を描いています
焼成後、色絵と金彩で福良雀を描き、竹と牡丹の葉に緑を入れて
アクセントにしています
茶碗の口縁には金彩で縁取りし、器全体を引き締めています

f0126896_12163034.jpg





f0126896_12164052.jpg
蓋と茶碗の底には「渦福」と呼ばれる角福の窯印があります
渦福が描かれている器は、割合上手のものが多いようです
この器も、薄手で上品な染付と丁寧な上絵が素晴らしい

f0126896_12164961.jpg


f0126896_12170880.jpg
上絵で描かれている福良雀を見てください
丁寧に黒で輪郭線を描いた上から、上絵や金彩を乗せているのが解ります
雀のお腹の部分は繊細な中間色を使っています
丁寧な絵付けです

f0126896_12171694.jpg


f0126896_12172736.jpg
ところで古伊万里の蓋茶碗
いったい幾つくらい集めたのって聞かれますが
はっきりした数字は解りませんが、多分200個程にはなっていると思います
ブリキおもちゃのコレクター、北原さんがTVで言っていましたが
数が解るうちはコレクターとしてはまだまだとか
まだまだといわれても、狭い我が家では飾るスペースがもうありません
でも、まだ少しずつ増え続けています

将来は美術館?
制御の利かないコレクターの最後の逃げ言葉だけは使いたくありませんが
私がいなくなったら、間違いなく捨てられるでしょう
でもね
それでも好きなものは好き!


f0126896_12175128.jpg




[PR]
by hayatedani | 2017-02-18 20:07 | 古伊万里 | Trackback | Comments(2)

楽器模様の古伊万里

f0126896_1521869.jpg

古伊万里染付鼓文蓋茶碗(文化文政時代1820年~)
Imari ware /19th century hand-painted design of hand drum

f0126896_1524335.jpg

江戸時代に焼成された有田焼き(古伊万里)には
ありとあらゆる模様が描かれました
草木や動物
人物や山水
文字や雨などの気象模様

でも案外描かれていない模様があります
それが楽器

この蓋茶碗に描かれているのは「鼓」です
お正月のコマーシャルに良く出てくる「鼓」は
パッと形を想像できませんが
こんな形をしています
f0126896_1525694.jpg
f0126896_1531162.jpg

どうですか
つつみを正面から見た姿を模様にしていることが
良く解るでしょう

f0126896_1532421.jpg

縦線と「鼓」の部分を白抜きで模様にしていますが
墨はじきの手法で丁寧に白抜きしているのではなく
白い模様の部分のダミを塗り残して描いているようです
何か随分大変な作業をしているようですが
結果としてあまりくっきり模様が表現できているとは言いにくい焼き上がりです
ダミも少し滲んでいます

f0126896_1533796.jpg

高台内には「太明年製」の追銘が描かれています
「大」の字が「太」になっているのがご愛嬌

f0126896_1535053.jpg

江戸後期の古伊万里蓋茶碗
作りに繊細さは欠けますが、呉須染付の藍色主体で創られた蓋茶碗
蓋茶碗ファンにとっては、なかなか見事なデザインだと思います

直径は11.3cm 高さ8㎝ほどの器ですが
江戸の職人さんが手作業で創った茶碗
お正月にピッタリの器です

f0126896_154621.jpg



f0126896_1541783.jpg

[PR]
by hayatedani | 2017-01-08 15:39 | 古伊万里 | Trackback | Comments(2)

第10回 東京蚤の市へ

f0126896_20142454.jpg

京王線京王多摩川の京王閣という競輪場で
第10回東京蚤の市が開催されました

骨董市と言わずに、蚤の市と銘打っているのは
出店品が西洋骨董中心だからです
集まってくる人たちも、基本若い女の子中心
骨董市で見かけるお年寄りは見かけません

f0126896_20143944.jpg

何しろ出店数もすごければ、集まってくる人の数もすごい
ただし若い子中心なので、学園祭のような雰囲気がこのイベントの特色

f0126896_2014574.jpg

ミッドセンチュリーのガラス食器

f0126896_20152582.jpg

このプレートは何だかわかりますか?
これはベルギーの自転車登録票です
アルミ製でできているのですが、面白いのは年代別のプレートになっていること
古いものもあって、私の生まれた1957年のものもありました
ちょっと「買いたい病」で心が動きましたが
頭の中で唱えました
「買わない 見るだけ」って

f0126896_20154124.jpg


自転車のビンテージのサドル
Brooksのものもありますね
この手のビンテージものに目がないんです 私

f0126896_20155986.jpg


トト姉ちゃんで有名になった暮しの手帳
編集長 花森安治の手になる表紙絵もよい雰囲気ですね
f0126896_20161192.jpg
f0126896_20162358.jpg

お気に入りのお店
CO+FE


ここでまた小品を買ってしまった

f0126896_2016358.jpg

FIATのホイールカバー
何に付いていたのかなぁ


f0126896_20164877.jpg
f0126896_20165946.jpg



豆皿市も同時開催
f0126896_2017936.jpg
f0126896_20172398.jpg

こんな楽しい豆皿
女子に大人気でした
f0126896_20182115.jpg


そして私がCO+FEで購入したものがコチラ
f0126896_20183549.jpg

さて これは何か?
f0126896_20184638.jpg


こんな形をしています

f0126896_2019161.jpg


Woodにアルミのプレートをネジ打ちして
針金を通しています
長さ18cm 高さ10センチほどのお品
f0126896_20191084.jpg

基本 カードなどのケースのようですが
この造形にキュンとしてしまった
何も差さなくても これだけで存在感あるオブジェに見えるからすごい
f0126896_20192184.jpg


東京蚤の市
確か年に2回開催されてます
f0126896_20193190.jpg

[PR]
by hayatedani | 2016-11-20 21:24 | クラフト | Trackback | Comments(4)

色絵唐子金彩唐草文八角向付

f0126896_19225276.jpg

色絵の古伊万里八角向付です
器全体を赤絵で塗りつぶし、金彩の唐草模様を散らして
色違いの唐子図を四面に描いています

f0126896_1923155.jpg

時代は江戸時代後期の作ですが
細やかで手の込んだ絵付けがなされ、とても上手の作行きです
直径10cm 高さ7.5cm

f0126896_19232756.jpg
f0126896_19233863.jpg

色絵が施されている外側には、染付の絵付けは一切されていません
内側の口縁には染付で、桃と壽文が描かれ
口縁は金彩で縁取りされています
f0126896_19234947.jpg

見込みには染付で麒麟文が描かれています

f0126896_1924319.jpg

高台周りには赤絵で二重線とご覧のギザ模様
この絵付けがすべて手作業で行われていることが驚きです


f0126896_19241566.jpg
f0126896_19242732.jpg

舞い踊る唐子が生き生きと描かれています
江戸時代の陶工の技が冴えます
f0126896_19244272.jpg
f0126896_19245319.jpg

[PR]
by hayatedani | 2016-10-01 20:12 | 古伊万里 | Trackback | Comments(4)

土曜日は千住大橋へ

f0126896_21233064.jpg

篆刻教室の吉永先生に美術館のチケットをいただいた
企画展の出し物は「古染付」
さすがに私の嗜好をよ~く解ってくださっている
雨の土曜日
千住大橋の石洞美術館へ出かけてきました

ところで千住大橋ってどこ?初めて行くんだけれど
(日暮里から京成線に乗り換えて、3つ目の駅でした)

石洞美術館は千住金属工業という会社の本社ビルにあります
千住金属工業の元社長さんの佐藤千壽氏の収集したコレクションがもとになっているそうです
「古染付」の本格的な展示を見るのは初めてなので、とても楽しみです

「古染付」とは中国、明代末期に景徳鎮窯で焼かれた染め付け磁器
日本の茶人からの注文品も多く産出したそうです
景徳鎮窯といえば官窯で有名ですが、古染付は民窯で焼かれた磁器
作風は自由で、釉薬の乗りも口縁には虫食いと呼ばれる釉薬の抜けがあります
その自由度や不完全さが日本の茶人に好まれた所以
魯山人も古染付の写しを多く創っています

f0126896_21252066.jpg

古染付傘絵茶碗 中国明時代17世紀

f0126896_21254149.jpg

古染付蟹童子図袋形掛花入れ 中国明時代17世紀

f0126896_19492919.jpg

古染付三馬図手鉢 中国明時代17世紀
織部焼きの手鉢に似ていますね
日本の茶人が注文したことが良く解ります



千住大橋から日暮里に戻り、山手線で有楽町へ
出光美術館で開催中の「東洋・日本陶磁の至宝」展へ
f0126896_21264854.jpg


開館50周年記念ということで、中国、日本の一級品の陶磁器のオンパレード
景徳鎮で焼かれた(こちらは官窯)献上用の染付磁器から
京焼の乾山や野々村仁清、古九谷、鍋島や柿右衛門
茶陶の井戸茶碗から板谷波山まで

何しろいろいろな図録で見たことのある有名な器が、これでもかというくらいに登場します

実はこの企画展 明日25日までなのですが
昨日会社の同僚から「金券ショップで200円でチケット売ってますよ」って聞いて
会社の帰りにしっかり購入したものなのです

200円で東洋陶磁器の超1級品がこれだけ見られるって
ちょっとこちらが申し訳ない気持ちになってしまいました

でも、どちらが私の琴線に触れたかというと
見に来ていた人は少なかったのですが、やはり「古染付」だったのかなぁって思います
私が心酔する魯山人の染付や伊万里染付の、ある意味お手本となった染付磁器
日本からの注文品だけあって、中国で焼かれたのにとても日本的な焼き物です

石洞美術館の「古染付展」
第3期が来年の1月から始まりますが
なんだか年内にもう一回出かけそうな そんな気持ちです
[PR]
by hayatedani | 2016-09-24 22:36 | 美術館 | Trackback | Comments(4)

いつもの日曜日

f0126896_21134762.jpg


6月19日 日曜日
午前中は陶芸教室

素焼きの磁器土に呉須で木を描いた
シンプルに1本だけ
葉っぱはステンシル用の小筆でポンポン叩いて描きました
雰囲気出てるでしょう

f0126896_2114955.jpg


出来上がっていたのは…

余った備前の土をひねって創りました
見込みに鉄絵で秋草を描いて透明釉をかけて
口縁には白萩釉を巡らせた
良い具合に見込みに垂れ込んでくれました 

f0126896_21142474.jpg

大きく見えても直径9センチの小皿です
お酒が飲めたら平杯にも使えそうですが

f0126896_21143678.jpg

陶芸教室の帰りに高幡不動の骨董市に寄り道
ドクダミの八重の花が清楚に咲いていた

f0126896_21145977.jpg

境内には今が盛りの紫陽花が
6月の華ですね
f0126896_21153450.jpg
f0126896_21161053.jpg
f0126896_21163381.jpg

伊万里のお店には自然と目が行くもので
でも頭の中では「買わない買わない」って繰り返しながら見ていました

f0126896_2117438.jpg
f0126896_21172777.jpg


淡々と過ぎていく
日常のちょっとしたことに幸せを感じて
そんな風にくらしていきたいね

f0126896_21174669.jpg

[PR]
by hayatedani | 2016-06-19 22:07 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)

村上隆スーパーフラットコレクション

f0126896_22222353.jpg

収集癖があるのは女よりも男の方が圧倒的に多い これ絶対!
かく言う私もその一人
骨董からバイクから自転車から
家中に無くてもよい品物があふれている

アーティスト 村上隆もどうやらかなりの重篤患者のようである
雨の土曜日 横浜美術館で開催中の
村上隆スーパーフラットコレクション」展を見に行った

f0126896_2223235.jpg

どうやら村上さん 私と好みがかなり一致しているようなのですが
しかし 指をくわえて妄想しているだけのわたしと違って
財力にものを言わせて、本当に好きなものを現実に自分のものとしている姿に圧倒されました

入口に鎮座しているのは、北大路魯山人旧蔵の瀬戸焼の狛犬
とっかかりから好奇心をわし掴み

f0126896_22231430.jpg


左は魯山人旧蔵の呼継ぎの志野茶碗と白隠の書
魯山人先生をリスペクトする私にとって
この茶碗を見ていると、魯山人が茶を嗜んだ息吹が感じられる

f0126896_22232228.jpg


北大路魯山人作 銀彩四方皿と織部釉角皿
どちらも いかにも魯山人を代表するような味のある器です

f0126896_22233193.jpg


魯山人作の濡額「高遠」
惚れ惚れするような刻跡ですね

f0126896_22234025.jpg

絵瀬戸の花入れ
鉄絵で交差文を勢いよく描いています

f0126896_22235042.jpg

戦中に薪不足で窯が焚けない時の作品でしょうか
蒔絵の日月碗
これもまた魯山人の代表作ですね

f0126896_2224035.jpg

19世紀イギリスのスリップウエアのパイ皿
柳宗悦、浜田庄司ら民芸派の人たちに多大な影響を与えた陶器
素晴らしいコレクションです

f0126896_2224955.jpg



器がいっぱい
この辺の景色を見ると、我が家の一角に似ていなくもない
f0126896_22241778.jpg

世界的なポップアーティスト奈良美智の作品の部屋

f0126896_22242642.jpg
f0126896_22243486.jpg

この睨み付けるような眼をした女の子
見たことあるでしょう
写真ではありません
当然オリジナルの奈良美智の作品です

f0126896_22244329.jpg
f0126896_22245183.jpg


天才アラーキーの写真作品
亡くなられた奥さんとのショット
これも有名な写真です
f0126896_2225284.jpg
f0126896_22251468.jpg

何しろ膨大なコレクションですので
ここに紹介しきれなかった名品もかなりなもの
でも 財力にモノを言わせて有名どころを集めまくったという「いやらしさ」
がみじんも感じられなかったことが、このコレクターのすごいところです

和ものや西洋もの
骨董や現代アートなど、ジャンルは違っていても、好みに一貫性があります
いやいや 圧倒されました村上隆

あまりの展示品の多さからか、図録が出来上がっていなかったことが残念ですが
なんと定価3600円とのこと
当然 ……買いませんでした


f0126896_2225249.jpg

[PR]
by hayatedani | 2016-03-19 23:17 | 美術館 | Trackback | Comments(8)

古伊万里蕎麦猪口

f0126896_13573661.jpg

Imari ware / 19th century hand-painted design of a Willow


江戸時代に作られた有田焼を「古伊万里」と呼んでいます
福岡に単身赴任していた時に初めて出会った「古伊万里」
当初は青と白の染付ばかりが目について
色絵の「古伊万里」は無いのかと思って
会社の近くにあった骨董屋さんに聞いたことがあります

いまでこそ柿右衛門や鍋島など、江戸時代中期までの色絵優品の「古伊万里」の存在を知りましたが
街の骨董屋さんに並ぶような 江戸後期に作られた色絵の古伊万里は人気が無かった
だから人気のある染付ばかりが目についたのだと思います

f0126896_13574583.jpg

江戸時代後期の柳文蕎麦猪口です

自分の苗字に「やなぎ」の字が入っているので
柳模様にはちょっと愛着があります

この蕎麦猪口
柳文というより 雨の降る様子を写した模様のようにも見えます
それも 太い呉須模様で風雨の強さがうかがえます

f0126896_13575533.jpg


こちらの模様は いかにも柳の木という描き方
今にも幽霊でも出そうな そんな風情
繊細な柳葉がしなやかに表現されています

f0126896_1358594.jpg

江戸時代の蕎麦猪口は 高台の作り方で、ある程度の時代が解ります
江戸後期の高台はこのように 丸く釉薬をはがした跡があるのが特徴
釉薬が焼成の時にくっつかないように 丸く剥がして窯道具の上に乗せて焼成しました
これを「めがね高台」なんて言い方をしています


f0126896_13581411.jpg
f0126896_13582342.jpg

Imari ware / 19th century hand-painted design of a Iris


そしてこちらは菖蒲文の蕎麦猪口
同じ菖蒲模様でも 随分描き方が違います

f0126896_1358317.jpg

簡略された中にも 菖蒲模様の描き方に勢いがあります
一気呵成い描き切った陶工の姿がうかがえます

f0126896_13584089.jpg

こちらの高台はめがね高台とは違って 全面に釉薬が乗っています
この平高台は、上記のめがね高台の猪口より制作年代が古いものです

f0126896_135850100.jpg

こちらは江戸時代後期の菖蒲文蕎麦猪口
菖蒲の描き方も より写実的になっています

f0126896_13585821.jpg

古伊万里の器は、毎日使われた日常の器ではなかったようです
酷使されたような器は、あまり見かけません
婚礼の席など、おめでたい時にだけ使われ
それまでは木箱に納められて蔵などで保管されていたものと思われます

そんな器は今でも十分使用できます
貧乏性の私は、決して日常使いにしたいとは思いませんが
たまには江戸時代の日常に思いを馳せて この猪口でお蕎麦をいただく
それが私の古伊万里との付き合い方です 

f0126896_1359861.jpg

[PR]
by hayatedani | 2016-01-23 14:46 | 古伊万里 | Trackback | Comments(2)

必ずしも好みではないんですが

f0126896_192688.jpg

今年最後の高幡不動骨董市(通称ござれ市)に出かけてきました
お正月前の骨董市って 業者さんもかき入れ時なのか、けっこう面白い品も多くて楽しめます
でもお正月のお飾り用店舗が混在していて、骨董屋さんの数は少なめ
お客さんも少なめで その分ゆっくり見ることが出来ました

f0126896_19264431.jpg

私の場合 やっぱり器中心に目が行きます
ただし 古伊万里の器は、値段の相場が想像できちゃって
最近は購入意欲があまり湧きません
まぁ これだっていう品も出てこないんですが
f0126896_1927517.jpg

古伊万里を買おうかなって思える値段の上限が、最近下がってきていて
これって 古伊万里に対する興味や収集欲が段々下がってきている証拠かもしれません

f0126896_19271884.jpg

ぶらぶら歩いていて あまり見かけない骨董屋さんの店先で目が止まりました
その業者さんは 古伊万里専門の品ぞろえではなくて、リサイクル品を集めたようなお店

そこで、この箱に入っていた器を買いました
f0126896_19274017.jpg

常滑の茶碗という墨書き
その横に江戸時代という汚い字と下手な茶碗の絵
なんかめちゃくちゃな箱書きです
どう見たって違う器が入っていた箱を流用していることがミエミエ

中に入っていたのは
f0126896_19281731.jpg

色絵古伊万里唐草文蓋茶碗です
時代ははたして江戸後期
あまりごちゃごちゃしている模様の色絵古伊万里は好みではないのですが
この値札が付いているとなると、話は別
なんせ200年前の器がこの値段ですよ

通常の骨董品相場では、値段が一桁違います
f0126896_19283229.jpg

染付で窓をつくり、中に牡丹の花を金彩で描き、緑と赤の色絵を施しています。
唐草模様は枠を赤絵で描き、中を金彩埋めています。
傷があるんじゃないかと 目を凝らして確認しても どうやら完品
しっかり器を抱えて素早くお金を払いました
f0126896_1929017.jpg

染付も綺麗
赤と金彩を使った唐草文も丁寧に描いていて、上手の作行
作製時期は江戸後期というより中期の終わりごろか
家に持ち帰り、綺麗に洗って見てみると
なかなかどうして、たっぷりとした椀形に見事な絵付けが気に入りました

これだから骨董市歩きは止められません
でも こんなところでちょっと運を使ってしまった気が

もう年末ですね
f0126896_19292143.jpg

[PR]
by hayatedani | 2014-12-21 20:21 | 古伊万里 | Trackback | Comments(2)