タグ:景色・旅行 ( 147 ) タグの人気記事

沖縄Traveling~読谷

f0126896_1084341.jpg

Okinawa Yatimun Villege

先週の8月3日から5日まで、沖縄に出かけてきました。
台風5号が接近中で、一時はどうなることかと思いましたが。
幸い奄美の方に上がってくれて、思ったほど雨も降らないで
3日間沖縄を堪能しました。

f0126896_1085578.jpg

定番の首里城や美ら海水族館などを廻りましたが
お目当てはやっぱり読谷村の壺屋焼きの里 やちむんの里です

大きな登り窯の共同窯がお出迎えです

f0126896_109527.jpg
f0126896_1091781.jpg

有田や鍋島など九州の伝統的な焼き物の里は皆山の麓にあり、秘境という感じが少しするのですが、読谷の窯元は思っていたより広々としていて開放的です。

f0126896_1093059.jpg
f0126896_1093998.jpg

やちむんの里の象徴的なもう一つの登り窯「北窯」です
こちらもかなり大きな登り窯ですね

f0126896_1095083.jpg
f0126896_1010023.jpg


工房も大きな建物
沖縄特有の赤瓦の屋根が特徴的です

f0126896_10101122.jpg
f0126896_10102376.jpg
f0126896_10103281.jpg


もともと那覇の壺屋にあった人間国宝、金城次郎窯が1972年に読谷村に移転し
このやちむんの里が形成されました。
今では壺屋焼というより読谷焼と言うようです

f0126896_10104135.jpg
f0126896_10105122.jpg

益子焼などは様々な作家さんが様々な作風で作陶していますが
読谷は新しい造形は取り入れていますが、伝統的な作風がしっかり守られている
そんな感じがしました


コチラは国際通りの公設市場の中のお店
日本と言うより東南アジア系の雰囲気です
f0126896_1011058.jpg
f0126896_10111164.jpg

快晴の3日間とはいきませんでしたが、雨はレンタカーで移動中に降っただけで
それほど悪いお天気ではありませんでした
沖縄は2度目ですが、車であちこち回ったのは初めて
嘉手納周辺など返還前のアメリカンなドライブインなどが少なからず残っており
案外、こういうコアなところを巡るのも楽しそうです
旅はしないと解りませんね



f0126896_10112194.jpg

[PR]
by hayatedani | 2017-08-12 10:57 | 風景・建物 | Trackback | Comments(4)

若葉の頃に

f0126896_22133594.jpg


オートバイに乗って奥多摩を走ってきました
この時期 奥多摩は若葉の季節
爽やかな大気の中
太陽光とライトグリーンの若葉のコントラスト
オートバイを走らせる至福の時間

f0126896_221356100.jpg
f0126896_22141665.jpg


先日の登り窯の窯出しの時
陶芸教室のアメリカ人の生徒さん(多分60代後半)と単語を羅列した片言英語で話して
こんなに綺麗で素晴らしい季節はビージーズのFirst of mayのようですねって言ったら
何それ?歌ってみてって言われて
思わず I can'tって叫んでしまった
でも 良く考えたら邦題は「若葉の頃」というタイトルなんですが
歌詞は この季節とは関係ない内容だったので
歌わなくて(歌えなくて)よかった


f0126896_22144519.jpg
f0126896_2215281.jpg
f0126896_22151692.jpg


途中で山の中の神社にお参り
f0126896_22153052.jpg


階段を上がったところにあった手水の石桶
大きな自然石に瓢箪が彫り込まれています
遊び心が素晴らしい
f0126896_22154534.jpg


境内にあるご神木
何百年ここにいらっしゃるのか
思わずハグしてパワーをいただく
f0126896_2215557.jpg
f0126896_2216816.jpg


鳥居を吹き抜ける風
紙垂が下がる鳥居は、ここから神域だという証
別世界へ いざ
f0126896_2216233.jpg
f0126896_22163623.jpg

[PR]
by hayatedani | 2017-05-20 23:35 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(2)

もうすっかり春ですね

先週は新しいロードバイクの話だったので
今週はきっと自転車で走りに行った記事だと思ったでしょうが
違います
今日はオートバイです
f0126896_2316898.jpg

最初、週末は雨模様の天気予報でしたが
週末には晴れ模様に変わりました
もうしばらくオートバイに乗っていないので
今日はバイクで春の景色を堪能してきました

朝から気温が上がり、レザージャケットの下にトレーナーを着こんで出発したことを
走りながら少し悔やんだのですが
奥多摩を目指して走っていると、少し冷えたお山の外気温にちょうどいい気分になりました

少し路肩に雪の残った柳沢峠を越えて、いつもの雲峰寺へ
ここに来るのも久しぶりです

杉の古木に囲まれた参道を上がると
空気が違って感じられる
f0126896_23162420.jpg


迎えてくれたのは、いつもの石仏たち
一体一体違う姿の石仏たちに、いつも癒されます
f0126896_23163984.jpg
f0126896_23165459.jpg
f0126896_2317669.jpg
f0126896_23171766.jpg
f0126896_23173332.jpg
f0126896_23175619.jpg
f0126896_23181072.jpg


石仏に見守られながら参道を上がると、雲峰寺のお社が
f0126896_23182342.jpg
f0126896_23183724.jpg
f0126896_23184863.jpg


下界に降りてくると、勝沼の桃畑の華がが見事に咲き乱れていました
ピンクの桃の花
まさに桃源郷のような景色です
f0126896_2319645.jpg
f0126896_2319225.jpg

暖かくなると、いよいよアウトドアの季節です
来週はロードバイクでお出かけの予定
老体に鞭打って走ってきますが
ちょっと体力的に不安が…
f0126896_23194251.jpg

[PR]
by hayatedani | 2017-04-15 23:41 | 風景・建物 | Trackback | Comments(0)

春の予感~そんな気分


f0126896_21253024.jpg
そういえば、しばらくオートバイに乗ってないなって 気がついた
クロスオーバー7に車が代わって、新しい車を運転することが楽しくて
そして、当然冬だから寒かったこともあって
休日にはバイクよりも車で走りに行くことが多かったかも

でも、もうすぐ3月
日差しも春の陽光に変わりつつあります

 
f0126896_21250252.jpg
今日はバイクに乗ろうと決めていた
10時に八王子ICから中央高速に乗り
大月ICでおりて、都留方面へ
山に入ってW650で走りまくった

梅の花が春を感じさせます


f0126896_21254682.jpg
いつも思うのだけど
バイクに乗って風の中を加速すると
ストレスでわだかまった気持ちが、体から抜けていく
バイクを操る緊張感と高揚感が、気持ちを運転だけに集中させる
それはそう
運転をしくじると、バイクは即アウトですから

f0126896_21263855.jpg
バイクの良いところは、気になった景色や場所があったら
すぐ止められるところ
今日も走っていると、こんな大きなツインの銀杏の木が気になった

f0126896_21270858.jpg

名前も知らない神社で少しお参り
今年は還暦で本厄
それでも今年はいろいろなことが少しでも良い方向に向かいますように
そんなことをお願いしました

もうすぐ春ですね
f0126896_21272533.jpg



[PR]
by hayatedani | 2017-02-26 22:16 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(2)

春のうららの千住界隈

f0126896_23415721.jpg

風は少々冷たかったのですが
日射しの温もりが感じられた土曜日
美術館を巡ってきました

まずは千住大橋の石洞美術館
古染付展の第三期です
f0126896_23421643.jpg

篆刻教室の吉永先生にいただいたチケットで
古染付を堪能してきました

古染付というのは、中国の景徳鎮でおおよそ17世紀前半(明末清初)に焼かれた磁器
面白いことに中国では全く知られていないで、そのほとんどが日本にあります
景徳鎮ではその破片すらも出土しないということで、その多くが日本の茶人の
注文品だと言われています

今回は第三期の展示ということで
染付だけでなく、天啓赤絵と言われる色絵磁器の優品も展示されており
伊万里のお手本と言われる「古染付」を存分に堪能しました


せっかく千住に来たので
少し千住大橋界隈をぶらつきました

f0126896_20294808.jpg

美術館の裏手にあった橋戸稲荷神社
f0126896_20303186.jpg


このあたりは江戸時代
上流の飯能や秩父、川越などからの物資の継場として大いに栄えたそうです
f0126896_20321281.jpg

この千住大橋で有名な話をひとつ
桜の花咲くころの元禄2年3月27日(新暦1689年5月16日)
松尾芭蕉が江戸深川にあった草庵である採荼庵を出発し隅田川を船で登り、
この千住大橋あたりで下船して矢立の一句(行く春や鳥啼魚の目は泪)を初句とし、
ここから日光街道で草加、日光へ道を取り「おくのほそみち」の紀行が始まった
そんな所縁の場所だそうです
f0126896_20322085.jpg


千住大橋の袂に石碑が立っていました



f0126896_20323668.jpg
千住大橋は江戸時代は木造の橋だったのですが
今はこのような巨大な橋梁となっています
f0126896_20324278.jpg


でも、この橋の川底には、いまでも江戸時代の木造の橋杭が残っているそうです
f0126896_20322580.jpg


千住大橋から南千住まで歩き、JRに乗って北千住へ
そこから千代田線で向かった先は

f0126896_20324765.jpg
根津美術館で開催中の古伊万里染付展
「染付誕生400年」展です
f0126896_20325720.jpg
本展は17世紀にはじまった、いわゆる初期伊万里から
19世紀までの優品伊万里や鍋島などが展示されていました

f0126896_20325060.jpg
石洞美術館で伊万里焼の先生ともいえる「古染付」と言われる中国磁器を
見てきたので、根津美術館の伊万里を見ていると
絵付けなど随分古染付の影響を受けているなと感じられました

石洞美術館のコレクションも決して根津美術館に負けているとは思わないのですが
(個人的には伊万里の見本市のような根津美術館の展示より優れていると思いましたが)
場所柄でしょうか、ガラガラだった石洞美術館にくらべて、外人さんも多く
けっこうな観覧者数にビックリしました
f0126896_20330030.jpg

お天気も良く
好きな磁器をたっぷり堪能出来て、良い休日でした
f0126896_20330384.jpg


[PR]
by hayatedani | 2017-01-21 23:53 | 美術館 | Trackback | Comments(4)

初冬の紅葉

f0126896_2231926.jpg

寒い一日でした
なんでも11月では最大級の寒波が来ているそうで
明日は朝から初雪が降るかもしれないと

f0126896_2233297.jpg

こんな日はあまり外に出たくはないのですが
10月に車検を更新して、フロントのタイヤを新品に替えてから
ほとんどタイヤの慣らしをしていなかったので、少しバイクに乗ってきました
ちなみに、新品のタイヤは表面が荒れていなので
本来のグリップ性能を出すためには、走行100キロ程度は
慎重な運転を心がけなくてなりません

f0126896_2234260.jpg

出かけたのは、いつもの紅葉スポット
上野原から山に入った峠道沿いにあります

今年の紅葉は少し遅れていたようですが
ここの紅葉はご覧のように見事に色づいていました

f0126896_2235341.jpg

でも、今日は本当に寒かった
走っていると、皮のグローブを付けていても
指が悴んでしまいます

スピードを出すと寒いので、あえて高めのギアを選んでフライホイールのトルクで
余裕をもって走っていく感じ
675ccのツインエンジンの鼓動を体で感じながら
晩秋の山間部を走ってきました

f0126896_224575.jpg

信号で止まった時に
グローブ越しに悴んだ手を、エンジンのべべルギアカバーに押し付け
エンジンの熱で暖を取るのも、冬のツーリングのお決まりの行事
でも11月のツーリングでは異例です

明日は降雪の予報
はたして、このまま冬になってしまうのでしょうか
f0126896_2241691.jpg

[PR]
by hayatedani | 2016-11-23 22:29 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(0)

Here comes the sun

f0126896_19232060.jpg

久しぶりの秋晴れです
明日も晴れれば、天気の良い週末は2か月ぶりだそうです
太陽の光が眩しい
こんな日は 朝から寝てなんていられない

f0126896_19233688.jpg

コントラストのはっきりした太陽の光のなか
お山の鎮守さんには爽やかな風が吹き抜けます

f0126896_19235131.jpg

バイクに乗っていると 季節の移ろいを肌で感じられます
いつの間にか秋の空気感
山間部は少し寒いくらい

f0126896_192458.jpg

奥多摩湖をひと回り
小さなコーナーを右に左にヒラヒラと
気が付くと薄ら汗をかいていました

f0126896_19241813.jpg

こんな素敵な休日の過ごし方
オートバイとの素敵な生活

f0126896_19243173.jpg

[PR]
by hayatedani | 2016-10-15 19:59 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(4)

奥様と鎌倉さんぽ

f0126896_1951181.jpg

GWのなかびの5月2日にお休みをいただいて
奥様と鎌倉に出かけてきました

連休中の鎌倉の混雑を考えると、腰が引けてしまいますが
平日だったら大丈夫!
空いてはいないだろうが、なんとかなりそうと車で出かけました
なんせ平日なら駐車場料金が上限1500円で止められる
せこいようだが、これってけっこう大事なこと

江ノ電に乗って長谷へ
まずはこれを食べないと…

f0126896_1952868.jpg


江ノ電の路線に沿って極楽寺方面へ向かって歩くと 有名な力餅屋が見えてきます
さらに先に進むと、切通しの手前の路地を左に入ります

f0126896_1954050.jpg

こんな日本家屋のある路地を進むと
海が見えてきます
目指すお店はもうすぐ


f0126896_19556100.jpg



f0126896_1961078.jpg

CAFE坂の下でパンケーキをいただきます
注文したのはバニラアイス付のプレーンパンケーキ
ホイップクリームとメープルシロップをかけていただきました
美味しいぃ~って 奥様も大満足


f0126896_1962680.jpg

こぉ~んなソファでいただきました
おうち感覚

f0126896_1964057.jpg

お昼前に すっかりお腹いっぱいになってしまった
少し歩かねばと切通しを上がって極楽寺に向かいました

f0126896_1965011.jpg


f0126896_19464280.jpg

海街ダイアリーですずちゃんが雨宿りした祠を抜けて
極楽寺から江ノ電に乗って長谷に戻りました

長谷から由比ガ浜通りをブラブラしながら
途中で「鎌倉文学館」へ

ここは以前、加賀百万石の系譜にあたる前田侯爵家の別荘でした
いまは鎌倉ゆかりの文学者の直筆原稿や手紙などが展示されています。
f0126896_197011.jpg

由比ガ浜通りにあった老舗のわらび餅屋さん
途中で江ノ電に乗ろうと歩いていたのですが
お店を冷やかしながら歩いていると
知らない間に鎌倉駅まで歩いてしまった

f0126896_1971020.jpg


鎌倉駅からJRで北鎌倉へ
向かったのは明月院
f0126896_1972063.jpg


紫陽花寺で有名なところですが
当然 まだ紫陽花は咲いていません

ということで、お決まりの撮影ポイントで1枚

f0126896_1972967.jpg


やっとお腹もすいてきたので
お目当てのお店に
なんとオーダーストップが14時
10分前になんとか入店できました
f0126896_1974213.jpg


北鎌倉にある去来庵は古民家を改装したビーフシチューのお店
北鎌倉では定番のお店です
f0126896_1975320.jpg

ビーフシチューセットは飲み物付きで2980円
お値段はなかなかですが、お肉がしっかり煮込まれていて柔らかく
とっても美味しかった
鎌倉あたりでは、稚拙なランチでも1500円以上が当たり前なので
満足度からいっても、この値段も納得です

f0126896_19844.jpg


またもや満腹状態
北鎌倉駅に戻る途中で、円覚寺に立ち寄りました
迫力ある山門と新緑に萌える境内
北鎌倉の円覚寺や浄智寺などは観光客も割合少ないので、鎌倉の静寂さを味わえますね
f0126896_1981843.jpg
f0126896_1982980.jpg


お天気も良く、初夏の清々しさ満喫の休日でした
本日も好日!
f0126896_1984263.jpg

[PR]
by hayatedani | 2016-05-04 20:30 | 風景・建物 | Trackback | Comments(2)

さくらのきせつ

f0126896_21224727.jpg

天候不順な1週間でした
雨は降るは 風は吹くわで
花の季節も一気に終わってしまう雰囲気

やっと今日 バイクに乗って桜を探しに出かけた

f0126896_2123488.jpg
f0126896_21231989.jpg

飯能付近の川沿いに咲き誇るさくら並木
人もあまり出ていない時間で
素晴らしい景色を独り占めです

f0126896_21232951.jpg
f0126896_21234175.jpg

飯能の里山にバイクを置いて

f0126896_21235272.jpg
f0126896_2124571.jpg

風の音しかしない里山の景色の中で
観光地でも何でもない場所に咲く桜が こんなにも美しいって

f0126896_21241889.jpg


お地蔵さんも何度目のお花見ですか?
f0126896_21242968.jpg


西遊記にでも出てきそうでしょう
孫悟空が新緑の山を飛び回ります
f0126896_21244015.jpg

白雲山 鳥居観音

f0126896_21245352.jpg

また1年後
この季節を楽しみに
[PR]
by hayatedani | 2016-04-10 22:01 | 風景・建物 | Trackback | Comments(6)

鎌倉散歩はwith奥様

f0126896_22471474.jpg


どちらさんですか?

これはこれは高徳院さんですか

後ろから大変失礼いたしました

f0126896_2247293.jpg


表のお顔はいつもの凛々しい大仏さん

f0126896_22474094.jpg

長谷寺や大仏さんのある長谷界隈は外人さんの観光客で大賑わい
最後に大仏さんとお会いしたのは結婚前のデートのときだから
今からウン十年前になりますが
当時とちがって外人さんの多さに びっくりしてしまいます

今日は奥様と鎌倉散歩
今年見た「海街ダイアリー」という映画を見て
久しぶりに鎌倉に出かけてみたくなりました

まずは江ノ電に乗って
f0126896_22475333.jpg


映画の舞台になった極楽寺へ
f0126896_2248331.jpg

この駅は海街ダイアリーの映画だけでなく
小泉今日子と中井貴一の最後から2番目の恋というTVドラマの舞台にもなった場所です

f0126896_22481358.jpg


桜橋のすぐそばにある赤いお屋根の建物は 広瀬すずが雨宿りのシーンで登場した
導地蔵堂です
f0126896_22482496.jpg


そして極楽寺から続く極楽寺坂切通し
綾瀬はるかが演じる長女「幸」が買い物袋を提げて この坂を上がっていきました
今日は奥様が代わりに登場です
f0126896_22483584.jpg



f0126896_23212989.jpg



f0126896_22485956.jpg

坂を下ると見えてくる
最後から2番目の恋でキョンキョンが立ち寄った力餅家

御霊神社境内から見える江ノ電
有名な景色らしく カメラを持った観光客がいっぱい
f0126896_22491068.jpg



最後から2番目の恋の劇中で 長倉家の自宅兼カフェのモデルとなったお店に入りました
CAFE 坂の下です
f0126896_22492149.jpg

f0126896_22493239.jpg
f0126896_22494124.jpg

路地を入った所にある古民家を改築した落ち着く雰囲気のカフェ
おすすめのパンケーキをいただきました
これが最高に美味しかった
奥様も絶賛
f0126896_22495161.jpg
f0126896_2250244.jpg


カフェを出て 長谷から江ノ電に乗って向かったのは「鎌倉高校前駅」
f0126896_22502069.jpg


この踏切は様々なメディアに登場する 海の見える踏切
最近は漫画スラムダンクに登場するスポットとして
台湾の人たちに人気の観光地となっているようです
f0126896_22503557.jpg

鎌倉界隈は何処へ行っても 観光客の多さにびっくり
でも 久しぶりの奥様とのデート
ちょっと楽しかった かな
f0126896_22504719.jpg

[PR]
by hayatedani | 2015-11-07 23:39 | 風景・建物 | Trackback | Comments(8)