<   2017年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

若葉の頃に

f0126896_22133594.jpg


オートバイに乗って奥多摩を走ってきました
この時期 奥多摩は若葉の季節
爽やかな大気の中
太陽光とライトグリーンの若葉のコントラスト
オートバイを走らせる至福の時間

f0126896_221356100.jpg
f0126896_22141665.jpg


先日の登り窯の窯出しの時
陶芸教室のアメリカ人の生徒さん(多分60代後半)と単語を羅列した片言英語で話して
こんなに綺麗で素晴らしい季節はビージーズのFirst of mayのようですねって言ったら
何それ?歌ってみてって言われて
思わず I can'tって叫んでしまった
でも 良く考えたら邦題は「若葉の頃」というタイトルなんですが
歌詞は この季節とは関係ない内容だったので
歌わなくて(歌えなくて)よかった


f0126896_22144519.jpg
f0126896_2215281.jpg
f0126896_22151692.jpg


途中で山の中の神社にお参り
f0126896_22153052.jpg


階段を上がったところにあった手水の石桶
大きな自然石に瓢箪が彫り込まれています
遊び心が素晴らしい
f0126896_22154534.jpg


境内にあるご神木
何百年ここにいらっしゃるのか
思わずハグしてパワーをいただく
f0126896_2215557.jpg
f0126896_2216816.jpg


鳥居を吹き抜ける風
紙垂が下がる鳥居は、ここから神域だという証
別世界へ いざ
f0126896_2216233.jpg
f0126896_22163623.jpg

[PR]
by hayatedani | 2017-05-20 23:35 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(2)

色絵菊蝶文蓋茶碗

f0126896_2172026.jpg

Imari ware /18th century hand-painted design of Santhemum & Butterfly

古伊万里の色絵蓋茶碗です
非常に丁寧な色絵で菊の文様や蝶の姿を描いています

菊の花弁は赤絵で塗りつぶすのではなく
細かい輪郭線の中に印影をつけて赤絵を乗せています
f0126896_2175946.jpg


摘みには欠けた部分を漆で丁寧に直された跡があります
器が大事にされてきた証拠

f0126896_218158.jpg


摘みと高台には極小の「〇×模様」
気が遠くなるような仕事ぶり
f0126896_2183535.jpg


上から見ると、模様が良く見える
驚くのは三つの菊模様の花弁の色絵が
三様とも違う表現で描かれていること
間に飛んでいる蝶の表現も異なっています
f0126896_218503.jpg


こちらの菊は開花する前の花弁を表現しています
赤で輪郭線を描き、金彩を塗り込んでいます

f0126896_21374443.jpg

蓋を開けてみると
赤の二重罫線を見込みに描き
口縁内側には色絵と金彩で宝物模様を散らしています
見事な絵付けです
どんな陶工が描いたのか
想像が膨らみますね

f0126896_2192369.jpg


時代は18世紀中盤
今から260年も前の夢の出来事
[PR]
by hayatedani | 2017-05-14 21:47 | 古伊万里 | Trackback | Comments(2)

盆栽まつりに出かけてきました

f0126896_21305429.jpg


お出かけ日和が続いているGWも後半に
前から一度出かけてみたいと思っていた
大宮の盆栽村で開催されている、大盆栽祭り に出かけてきました


f0126896_21314979.jpg


大正時代に東京から移り住んだ盆栽園が集まった
日本でも稀有な場所
行政上の正式な地名も盆栽村と言うそうです

その盆栽村で行われる盆栽まつりでは、盆栽の名品を見られるほか
お手軽価格の小品盆栽が購入できる露店が出店されます

私も購入しました
電車で出かけたので、購入した盆栽を電車で持って帰るのに
けっこう気を使いましたが

こんなものを買いました
f0126896_21322699.jpg

水木賊に小さな花が咲いているイッピン
盆栽と言えば松や欅なんでしょうが
この水辺を表現している木賊の小品に、琴線が揺らいでしまいました

f0126896_744663.jpg




f0126896_21323527.jpg

こちらはサツキの小品
これから花が咲くそうです

水を切らして枯らさないように
また めんどくさいものを買ってしまった?
[PR]
by hayatedani | 2017-05-05 21:55 | Botanical | Trackback | Comments(6)

大切なものは…

f0126896_158111.jpg


GWのはじめ
5月1日と2日は会社の計画年休でお休みでした
ただでさえ混雑するGW期間中、貴重な平日の「休み」を有効活用しようと
奥様と温泉に出かけてきました

その途中に立ち寄ったのが「星の王子さまミュージアム」


作家 サンテグジュぺリの生涯と代表作「星の王子さま」をイメージした
世界で唯一のミュージアムとのこと
f0126896_1582956.jpg

彼は作家になる前は、郵便配送などのパイロットでした
このレプリカは彼が郵便飛行で実際に操縦した愛機だったようです

f0126896_1584464.jpg


頭のハゲ具合はサンテグジュペリ並みかも

f0126896_1585550.jpg

王子が世話をした「わがままな薔薇」

f0126896_159513.jpg
f0126896_1592024.jpg

お土産にマグカップを購入
どちらも星の王子様の場面が描かれています
楕円の口元も変わっていて面白い

f0126896_1592916.jpg


家に持ち帰って気が付きました
この蘭のマークは有田の「香蘭社」が作っているのですね
星の王子様と有田焼
伊万里好きの私としては、ちょっと誇らしげ
f0126896_1593959.jpg

[PR]
by hayatedani | 2017-05-04 15:32 | 美術館 | Trackback(1) | Comments(0)