<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

吉祥寺…篆刻教室  

f0126896_161972.jpg


ずいぶん時間がかかりましたが、「石為身」の篆刻作品がやっと出来上がりました
石を身と為す(心堅固で他の為に動かされぬ)

集中力が続かず、他のことの為に常に自分が動かされてしまう
そんな私が、よく篆刻を続けられていると 自分でも感心してしまう

私 途中で止めるのがいやなんですね 
だから いまでも続けていられる
そんな気がします

3月の篆刻教室
あの震災で休校となりました
その振替日が昨日でした

雨の吉祥寺へ
f0126896_16172652.jpg

吉祥寺で思い浮かべる情景は、いろいろあるのですが
たぶん 「これ」って思う人も多いかも

でも 私は篆刻教室です
f0126896_16174214.jpg

篆刻にはいろいろな言い回しがありますが
印稿をもとに、印面に字を書き入れる(もちろん印鑑ですので逆字で)ことを
「布字」と言います。
f0126896_16175789.jpg

鉄筆を運ぶことを「運刀」と言います
運刀法は、大別すると手前に引いて刻る「引き刀」と、向うに突いて刻る「突き刀」
があります。

簡単に言うと、篆刻は布字したとおりに印材を刻れば出来上がりなのですが…

これが簡単に刻れないから大変なのですね

f0126896_16192548.jpg

結局、先生から補刀をうけて やっと完成しました
先生に補刀して頂くと、ぐっと作品らしくなるから不思議です

はやく先生のような作品が作れるようになりたいのですが

もっと練習しろ~って
先生の声が聞こえてくるようでぇ
[PR]
by hayatedani | 2011-05-29 17:05 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(4)

選手交代

f0126896_22114754.jpg

2001年に陶芸を習い始めました
ちょうど福岡に単身赴任して、下戸の私は中州の夜の魅力にも魅かれることなく
東京から持って行ったチャリンコに乗って、初めて見る福岡の町をうろうろしていました
チャリンコがバイクに変わり、行動範囲がぐっと広がったころ
三瀬という福岡から佐賀に向う、山の麓の窯元で陶芸を始めました
このマグカップ
そのころ、手ろくろで作った器です

見た目は普通でも 薄く作ることができず
重さはかなりなもの
取っ手の作り方も自己流で、この細さでは持ちにくいったらありゃしない

それでも出来上がったこのマグを、会社で使い始めました

f0126896_22125733.jpg

福岡、三瀬の五斗米窯
自然に囲まれた窯元は、都会の陶芸教室では、とうてい経験出来ないような空気感
f0126896_22131150.jpg

工房に入った時の あの土の匂いが写真を見ただけで思いだされます

f0126896_22132841.jpg

会社が新オフィースにうつり、10年間使い続けたマグカップ
気分を変えて、新しいマグカップに交代させました
前のものより少し大きめで そして薄目に創ってあります
取っ手も大きく 持ちやすい
f0126896_22134115.jpg

でもねぇ
こうして新旧並べて見ても
10年陶芸を続けた結果が見えてこないのが悲しい
陶芸に向けた情熱は、10年前のマグカップの方が上かも
そんな気がするのです

新しいマグカップ 10年もてばよいのですが…



 
[PR]
by hayatedani | 2011-05-22 22:52 | 陶芸 | Trackback | Comments(6)

懐石の器

f0126896_18495642.jpg

「向付」とは、茶の湯の食事である「懐石(会席)」に使用するうつわ。
この陶磁製の器に刺身などを入れ、飯の入った飯椀と味噌汁の入った汁椀の
三つを膳にのせ、亭主から懐石の一番初めに客一人一人に手渡される。

f0126896_18502330.jpg

他の懐石道具のうち、膳、飯椀、汁椀、煮物椀などは漆器であり
陶磁器である「向付」は華やかな彩で客の目を楽しませる役割を果たすのです。

f0126896_18503810.jpg

春の登り窯焼成で作成した「絵唐津向付」5客
今日、陶芸教室から引取ってきました。

輪線模様を口縁に描き、見込みは秋草文
長石釉がすっきり溶けて、鉄絵具の模様もくっきり浮かびあがりました。
f0126896_18505787.jpg


こちらは向付とは別に創った片口
還元気味で鼠色に発色した胎土に、三本線の鉄絵秋草文
ぽってりした風情が、なかなか かわゆい
f0126896_18512029.jpg
f0126896_1851374.jpg

さっそく鮪を乗せてみる
ホントは白身の魚の方が「らしかった」様な気が
それでも これで向付として完結

f0126896_18515074.jpg

山椒の若葉を庭から摘んできて
これで決まり!
やっぱり魯山人先生がいうとおり、器は「料理の着物」なんですね

f0126896_1852432.jpg

登り窯焼成の度に、作品を創っていますが
やっぱり向付が多い
それも5客セットでなければ どうも気が済まない
その結果、我家は向付が山積み状態なのです

f0126896_18521668.jpg

様々な産地で創られ、デザインや形、意匠や陶土の違いなど
こんなに自由な器は、世界中みても日本にしかありません
茶の湯から生み出された文化の結晶です


次は何を創ろうか?
ちょっと紅志野の釉薬が気になっています
次もやはり向付の5客セット  なんでしょうね
f0126896_1852289.jpg

[PR]
by hayatedani | 2011-05-15 20:14 | 陶芸 | Trackback | Comments(6)

お天気でしたぁ~

登り窯の窯道具たち
炎に焼かれて、いろんな色に

f0126896_19245649.jpg
f0126896_1925422.jpg
f0126896_19251230.jpg

f0126896_2004847.jpg
f0126896_2005867.jpg
f0126896_201765.jpg
f0126896_2011692.jpg



5月8日は春の登り窯焼成の窯出し
連休中は、はっきりしない天気が続いていましたが
今日は久しぶりの晴れ間が広がりました
f0126896_2012524.jpg

さぁて 今回の出来は?どうでしょう
f0126896_2013318.jpg
f0126896_2014295.jpg

お山の登り窯周辺は まだまだ春が始まったばかり
風がピープーうなりをあげていました
f0126896_2015067.jpg

萌えあがる新緑が山全体を埋め尽くす

f0126896_202570.jpg
f0126896_2021539.jpg

美味しいお弁当をいただきました
山菜のてんぷらが美味しかった
春風に吹かれながらの昼食。とっても贅沢
f0126896_2022715.jpg



それで焼きあがりはどうなのよ
そんな声が聞こえてきそうなので
f0126896_2032425.jpg

うんうん なかなか良い出来です
茶系に発色しているのは酸化焼成なんでしょう
グレーに発色しているのは還元気味の焼きあがり
f0126896_203353.jpg
f0126896_2034723.jpg

天気が良かったので、塩山にある登り窯までバイクで出かけました
気持ち良かったぁ
天気良かったぁ
器の出来も良かったぁ

なんだかんだでGWを締めくくってしまった
そんな春のイベント
f0126896_2035994.jpg

明日からお仕事ですね
また頑張らねば
[PR]
by hayatedani | 2011-05-08 20:49 | 陶芸 | Trackback | Comments(6)

GWの過ごし方は?

f0126896_1334502.jpg

両親の引っ越しやら、会社の引っ越しやらで
気忙しい日が続いています
特に予定も無いGWが、もう少しで終わってしまう

いつもと変わらぬ休日の過ごし方となっていますが
それでも近場をうろうろしてきました

飯能にある白雲山・鳥居観音
いつも秩父に向う道すがらの山並みの中に、このお堂が見えます
春は山桜と萌えあがるような新緑が
秋は紅葉がとても綺麗

今まで通り過ぎるだけで、訪れたのは初めてです
道から見えることお堂、「玄奘三蔵塔」と言うそうで
なんでもあの三蔵法師の霊骨を分骨してお祀りしているそうです

「玄奘三蔵塔」の周辺の、秋の紅葉は素晴らしく
北野武監督のDollsの撮影にも使われたそうです
f0126896_1335261.jpg

割合新しい施設のようで、特定の宗教団体が建立したというよりも
個人の方が、この一帯の施設を築造したそうです

テーマパーク的雰囲気の建物もありますが、周辺の自然と相まって
軽いハイキングに良いかもしれません
私はバイクで上まで上がりましたけど…
f0126896_13351634.jpg

新緑も綺麗
空気も清々しくて、なかなかおもしろかった

そして鳥居観音を後にして、飯能から青梅に向います
東青梅駅近くのうどん屋さんで昼食
カレーうどんの大盛りをいただきました
f0126896_13353348.jpg

ふんわりしたやさしい味で、それでもカレーの風味と辛さが十分に味わえます
カレーうどん大盛りで750円
その他のうどんメニューも豊富で、大満足です
f0126896_13354890.jpg

いつも奥多摩に向う時に、時々利用している東青梅の根岸屋さん
またお伺いしますね
f0126896_13355792.jpg


最後は陶芸教室のHさんの釉掛けの模様
今回は複数の釉薬を重ねがけ
しっかり携帯でチェック
f0126896_1336843.jpg

Hさん、何をしているのかというと、高台にサインをしています
テーブルの上で器を逆さにすれば、もっと書きやすい?
いえ 失礼しました
Hさんには逆らえません
f0126896_13361843.jpg

人の作品ばかりで、自分の作品はどうした?とお思いの方
8日の日曜日には登り窯の窯出しです
私は成功の予感がするのですが、教室の皆さんは逆のことを期待しているようで

いまから楽しみ!
乞うご期待!
[PR]
by hayatedani | 2011-05-05 14:12 | 風景・建物 | Trackback | Comments(6)