<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

浄土の春は

f0126896_2361910.jpg


浄土の春は 浮世の春より ゆっくり時間がながれているようで…

花見だなんだと浮かれていて あっという間に桜の季節を終えた俗世とは

少々時間の捉え方が複雑に出来ているのでしょう


f0126896_23152569.jpg

ずいぶんバイクに乗っていなかった気がします
展示会があったり
お天気が悪かったり

でも今日は朝から快晴!


f0126896_23105693.jpg

雲の彼方にあるものは


f0126896_23145184.jpg
f0126896_2315859.jpg

今も昔も 変わらぬ自然の営み



f0126896_23154056.jpg
f0126896_23155788.jpg

塩山 雲峰寺の桜
国の天然記念物
それでもひっそり 浄土の桜は咲いていた
 
f0126896_23161363.jpg
f0126896_23163142.jpg
f0126896_23165512.jpg
f0126896_23171090.jpg

雲峰寺のさくらは樹齢700年とか
武田勝頼が信長の軍勢に追われ
1582年4月3日天目山にて自刃した時 武田家再興を願って
家臣が尾根伝えに ここ雲峰寺に風林火山の旗を伝えた時も
この桜はここに立って見ていたのでしょう
f0126896_23173863.jpg

人間の営みなど 自然の中では なんと小さなことなのか
それでも人間は連綿と営みを続けている
この浄土の桜の木と同じように
f0126896_23175975.jpg


本日も好日
[PR]
by hayatedani | 2010-04-25 23:43 | 風景・建物 | Trackback | Comments(4)

器こそ、わが人生!

f0126896_2213517.jpg


仕事の帰りにコクーンタワーの地下にある本屋で立ち読みしていたら
このコピーにクラッっときてしまいました
陶芸や器の本は、図録など けっこう専門的な本を買うことが多く
この手の情報誌を買うことは少ないのですが…

器こそ わが人生!

う~ん 素晴らしい言葉です
魯山人が今生きていたら、きっと同じ言葉を吐くでしょう
間違いない!

思わず手にとって中を見ますと
けっこう興味深い記事が多々

その中でも目を惹いたのは、「使ってこそ器!」 名作に春を盛るのお題
世の中の器好き女子の羨望の的
Lucie Rieの器に料理を盛っているぅ~

Lucie Rieの器
嫌いではないけど、大好きでも無し
あの女子に媚をうったような色使いの、小さな高台の鉢
オブジェのようで
おおよそ使い勝手など考えて作ってはいないのでは と思っていました

それが どうよ
f0126896_22132566.jpg

ちょとちょっと
けっこういけちゃっているではないですか
ピンクの器も、黄色い器も
料理をしっかり引き立たせています
いや 引き立たせているというよりも、料理と一体になって
器が完成されているという感じです

これはちょっと驚きでした
魯山人の器に料理を盛った写真は多くありますが
こういう写真は新鮮ですね

f0126896_22134333.jpg

ルーシーリーの最初の先生である、あの巨匠 バーナードリーチ先生の
兎文の鉢
これはもう しっくり馴染みすぎて、かえって面白みが無いかもしれません
民芸を代表する作家ですから

といことで 衝動買いではなく、納得してお金を払いました

詳細はここCASA BRUTUS

ちなみに文中 蒼井優ちゃんが今欲しい器は?との問いに
「ルーシーリーの一点ものかなぁ(笑い)」

あ~ぁ あなたもですか
[PR]
by hayatedani | 2010-04-23 22:48 | | Trackback | Comments(2)

First Of May (若葉のころ)

f0126896_2265297.jpg

吉祥寺の米八本店さんで開催された吉祥篆刻展
最終日は一つ手前の駅 三鷹駅で降りて、吉祥寺の会場まで歩いてみた

多摩川上水沿いの路を井の頭公園に向かって歩いていく
この季節 新緑が目に眩しいぃ
f0126896_2272610.jpg

新緑のなかを歩いていると
なんだかいつもBee GeesのFirst Of May (若葉のころ) を口ずさんでしまう

When I was small
and Christmas trees were tall,
we used to love while others used to play.

Don't ask me why,
but time has passed us by,
someone else moved in from far away.…

歌詞もよくわかっていない いい加減な First Of Mayを口ずさむ
歌詞を正確にみると、若葉の季節にあまり関係のない詩なんですね
それでもこの季節にぴったりなメロディです
f0126896_2274531.jpg


思えば今回の展示会
とっても素晴らしい経験をたくさんさせてもらいました

いろんな人と出会って
いろんな話をして
BIGなサプライズも!

お出かけくださった 沢山の方たち
器を褒めていただいた方
とてもうれしかった
ありがとう
f0126896_2275951.jpg


そんな幸せな時間も 終わってしまいました
寂しい気持ちでいっぱいです
でもね 次の素晴らしい出合いを求めて
また明日から
f0126896_2282467.jpg
f0126896_2285063.jpgf0126896_2292077.jpg
f0126896_2210614.jpgf0126896_22111753.jpg
f0126896_22115639.jpg


But you and I,
our love will never die,
but guess we'll cry,
come first of May.
[PR]
by hayatedani | 2010-04-20 22:52 | 陶芸 | Trackback(1) | Comments(6)

winter's scarecrowさんに出会えましたぁ

f0126896_20364335.jpg

いよいよ始まりました
吉祥篆刻展の初日です
昨晩からの季節はずれの雪景色に、少しビビりましたが
お昼からは天気予報通りの晴天が開催を祝ってくれているようでした
f0126896_2037951.jpg

午前中は休日出勤で会社に出かけなければならなかったのですが
天候的にはそれが幸いしたようです
f0126896_2038384.jpg

展示も好評で、とても幸せな気持ちで一日過ごせたのですが
なんといっても 一番のサプライズは
BLOGのお仲間のwinter's scarecrowさんが会場に来ていただいたこと!
ぜひ来て お話ししたかったのですが
はたして本当にお出かけいただけるのか、正直 半信半疑だったのです
いろいろなところで、ずいぶんニアミスしていたようですが
やっと出会えました(やはり福山雅治似というのは本当でした)

いやぁ うれしかった
今年一番の幸せな出来事でした
ぜひ 今度またゆっくりお話ししたいですね
winter's scarecrowさ~ん
f0126896_20393694.jpg

私の未熟な陶芸作品も、たくさんの方にお褒めいただき
少々舞い上がっておりますが
私の展示会も最初で最後かもしれませんので、ご容赦ください ハイ
f0126896_20401281.jpg

この素晴らしい展示会を企画、運営していただいた吉永先生
また会場やパーティーなど素敵な場所と美味しいおこわを提供下さった「米八」さんには
感謝の言葉もありません
本当にありがとうございました
明日 日曜日も天候はまずまず
また 沢山の方とお会いできると思うと、今からわくわくしています
皆さま お待ちしていますね
f0126896_20404274.jpg

[PR]
by hayatedani | 2010-04-17 21:14 | 陶芸 | Trackback | Comments(4)

展示前…

f0126896_22441872.jpg

明日17日(土)から開催される
篆刻教室の展示会 「吉祥篆刻展」
その展示のお手伝いに出かけました

天気はあいにくの小雨模様
それでも吉永先生と総勢4名で篆刻作品の展示を行いました

展示台のセッティングや篆刻作品の展示やら
16時から19時まで3時間
吉永先生のご指示のもと、やっと明日の初日を迎えられそうです
f0126896_2245371.jpg

会場2階の私の展示ブースもセッティング完了
陶印といくつかの器をならべてみました
さて いよいよ初日です
皆さまのご来場をおまちしています
f0126896_22125871.jpg

[PR]
by hayatedani | 2010-04-16 22:45 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)

吉祥寺で篆刻展!

f0126896_1956184.jpg

来る4月17日(土)・18日(日)・19(月)
通っている篆刻教室の展示会が吉祥寺で開催されます

まだまだ先のはなしだと思っていましたが
もう来週の話となってしまいました

会場は おこわで有名な「米八」本店さんの蔵をお借りできることになり
篆刻教室の会員の習作と、吉永隆山先生のすばらしい篆刻作品が展示されます

私と言えば、篆刻の未熟な腕をさらけ出す勇気もなく
いくつか作成した陶印を展示させていただきます
先生のご好意で、若干の陶芸作品も展示させていただくことになりましたので
暇つぶしにでもとお思いの奇特な方がいらっしゃいましたら
お待ちしています

f0126896_20194112.jpg

おこわの米八さん本店
入った左の蔵が会場です
私の作品は2階にて展示予定です
f0126896_20195450.jpg

[PR]
by hayatedani | 2010-04-10 20:23 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(2)

谷中根津千駄木~谷津千さんぽ

今週の日曜日
気の合う仲間とのお散歩は、話題の谷中、根津、千駄木
谷根千をお散歩してきました。
晴天の天気予報だったのですが
あいにくの曇り空
それでも さすがに話題の谷根千です
たくさんの人で賑わっていました
f0126896_21111980.jpg

言問通りから谷中霊園、三崎坂へ入る道路の角にあります「カヤバ珈琲」
大正町屋の建物は、最近リニューアルしたお店
丁度もお店のセンスもgoodです
古民家カフェというジャンルに囚われない、素敵な雰囲気です
ちなみに 正面に写っているのは私ではありません
f0126896_21114487.jpg

昔からの小路も健在です
昔ながらの下町の風情なんですが
こういう景色、都心では少なくなりました

f0126896_2112426.jpg

「三浦坂」
この界隈 何しろお寺と墓苑と坂道がいっぱい
徳川様の菩提寺 寛永寺を中心にお寺だらけです
f0126896_21121932.jpg

寛永寺
江戸時代は現在の10倍ほどの敷地を誇っていたそうですが
幕末の上野戦争で、大半の建物を喪失してしまいました
あの篤姫のお墓もあるそうです
f0126896_21123975.jpg

ちょっと寒かったけれど
楽しい一日でした
またおでかけしたいですね
もうちょっと暖かい日に
[PR]
by hayatedani | 2010-04-08 21:34 | 風景・建物 | Trackback | Comments(2)

さくらさく

吉野山こずゑの花を見し日より 心は身にも添はずなりけり…西行

f0126896_0324063.jpg
f0126896_0325618.jpg
f0126896_0331525.jpg
f0126896_0333376.jpg
f0126896_0334874.jpg
f0126896_0341439.jpg
f0126896_0342965.jpg
f0126896_0344476.jpg

春風の花を散らすと見る夢の さめても胸のさわぐなりけり…西行



桜が咲くと みんな嬉しそうですね
そういう 私も大はしゃぎ
[PR]
by hayatedani | 2010-04-04 00:37 | 風景・建物 | Trackback | Comments(2)