<   2008年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

秋ですねぇ

f0126896_203404.jpg

突然秋めいてきて
急な冷え込みで、風邪をひいてしまった方も多いみたいです。
皆さんは大丈夫ですか?

秋めいてきたといっても、今年の秋はいわゆる「秋晴れ」が少ないように思います。
雲が多い空模様に、これも地球温暖化の影響かと思ってしまいます。
でも考えてみればまだ9月
残暑らしい暑さも無く、気温が下がってきたから「秋」と考えるのも無理があるかも
10月になったら、もっとすっきり晴れてほしいですよね

それでも秋はバイクに乗って、とっても良い季節です。
出掛けに一枚ジャケットを着込むと、季節の移り気を感じますね

f0126896_20395763.jpg


f0126896_20405525.jpg

[PR]
by hayatedani | 2008-09-27 20:45 | 風景・建物 | Trackback | Comments(1)

陶芸つながりつーりんぐ

f0126896_2246526.jpg

陶芸教室の仲間にも バイク好きがいます
昨年、初めて奥多摩湖方面にツーリングに出かけたのですが
またぜひ行きましょう ということで
秋分の日の今日、第二回目ツーリングとなりました
行き先は富士五湖方面
先週からのぐずついた天気も、今日は朝から快晴
綺麗な富士山が見れそう!って 朝の9時、国立の教室を出発しました

国道20号線をひた走り
大月からは女性陣、初体験の高速道路を走りました
時間も早かったので、富士宮方面まで足を伸ばしましたが
生憎富士山の向こう側は、雲が厚く
富士山はまったく見えなくなりました

それでも昼過ぎ
帰りに立ち寄った山中湖では、すばらしい富士山のシルエットを拝むことができました

本日の走行距離は約240キロほど
下道が多かったので、けっこう走った気になりましたねぇ
とっても楽しい初秋のツーリングでした
また行きましょうね!

f0126896_231518.jpg



f0126896_231223.jpg

[PR]
by hayatedani | 2008-09-23 23:03 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(2)

雨香雲淡(陶印のその後)

f0126896_17512733.jpg

先々週、絵付けを施した陶印が出来上がりました
前回のbrogでもお話したように、今回の陶印は選文から絵付けまで
初めて自分で作成した陶印です
印字は「雨香雲淡」
あめかんばしく くもあわし
雨は良い香りを含んで降り
雲がうっすらとたなびく の意

実はこれ 早春の風景を詠んだ句なんですが
陶印の意匠は秋の紅葉の風景
ちょっと季節が合わないのですが、これも一興でしょう

f0126896_1759248.jpg

陶芸教室で受け取って、早速家で印泥をつけ押印しました
サイズが4センチ×4センチと少し大きめなので
新しい印泥を下ろして、たっぷりつけました
初めて自分で彫った陶印としては なかなか満足
なんか また創作意欲が湧き出てきました
陶芸だけでなくて、篆刻もがんばるぞっ!

f0126896_1893410.jpg


f0126896_1895022.jpg

[PR]
by hayatedani | 2008-09-21 18:11 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(0)

6客揃い?

f0126896_2243871.jpg

今日の陶芸教室
昨日に引き続き、10月の登り窯焼成に向けての作品創りに没頭しました。
織部向付け6客です
実は3客は前もって作っていたので、昨日は残り2客だけ挽ければと思っていました
轆轤を廻してみると、手が向付けの形を覚えているのか
けっこう調子よく挽けてしまうのです
調子にのって3客挽きました
どうせ出来の悪い1客は潰してしまおうと思っていたのですが
挽いたらひいたで もったいなくなって潰せません
そういうことで 半端な数字の6客揃えとなりました

今日は底を削って、足をつけました
これから素焼きにだします
それまでに、6客分の図柄を考えなくてはなりませんね
これはこれで 楽しみな時間
芸術の秋 たけなわですねぇ~ はい!

f0126896_22515730.jpg

[PR]
by hayatedani | 2008-09-14 22:54 | 陶芸 | Trackback | Comments(4)

紅葉模様の陶印です

f0126896_2128335.jpg

10月の登り窯焼成
いよいよ締め切りが迫ってきました うっ! まずい! まにあわないぞ!
てなわけで、きょうの午前中は臨時の陶芸教室
先週失敗した織部向付の残り2客を挽かなくては

そんな教室で 先月創った陶印が焼きあがっていました
今回は印稿つくりから印字まで自分で創りました
さっそく上絵で紅葉を描きましたが
あまりに細かく書いたので、右手がへなへなになってしまった
でもなんとか完成
教室で上絵焼成に出しました
どうでしょうか?二つあるひとつは篆刻教室のお仲間Yさんの印
いろいろ図柄を考えてみましたが、結局二つとも同じ図柄にしました
写真は上絵の具の状態ですので、焼きあがったらもっと綺麗に発色すると思います。
うまく出来ると良いのですが
失敗したら Yさん ゴメンナサイです
[PR]
by hayatedani | 2008-09-13 21:42 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(5)

秋の気配

f0126896_19191467.jpg

本日はお休みをいただきました(お仕事中のかた ゴメンナサイ)
特に予定も無かったので、朝からバイクでぶんぶん走るぞって 思ってたのですが
実は会社の検診で、要再検の箇所があり
午前中はお医者で検査の予約をしてきました
お医者が言うには
「特に心配ないと思いますが、がん年齢ですから内視鏡検査しましょう」って

休みの日に医者の検査の予約って、やっぱり年齢を感じさせる一瞬です
気持ちはまったく昔のまんま
でも体は着実に老化? 情けないがショウガナイ

f0126896_19283373.jpg

午後からは気を取り直して、スパーダを走らせました
先日いろいろ修理してからのSPADA、なかなか快調で
走っていてもとっても楽しい
スピードはたいしたことないにしても、セパハンのスパーダで田舎道のコーナーを
駆け抜けると、少し熱くなってしまうのですねぇ
f0126896_1934348.jpg

山の風はもう 少し冷たく感じられました
すこしづつ秋が忍び寄ってきます

これからバイクが楽しい季節がやってきますね
お楽しみは これからです

f0126896_19364877.jpg

[PR]
by hayatedani | 2008-09-08 19:41 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(3)

奥多摩周遊道路と檜の森

f0126896_082369.jpg

天候が安定しませんねぇ
あまりの暑さは困りものですが
いつ雨が降り出すか 解らないような天気は
バイク乗りにはストレスがたまります
それでもちょっと晴れ間が覘くと いそいそと出かけてしまいます

今日も午前中から雲が広がっていました
これは遠くにはいけないと、五日市から桧原村、上野原に抜ける道を目指しました
途中、上野原に抜ける道が長雨による土砂崩れで通行止め
やむなく奥多摩周遊道路に向かいます
この道、膝すりすりの走り屋ライダーのメッカなので
度胸なし ライテクなしの私としてはあまり走りたくない道なのです
後ろを気をつけて走らないと、あっという間に後続のレーサーレプリカが追い抜いて
行きます
これが結構びびります

f0126896_0223876.jpg

奥多摩周遊道路の頂上付近は靄が立ち込めていました
気温は22度!半そでちょい乗りの格好で出かけた私
寒かったぁ ほんとに
久しぶりに峠を走って しょうしょう疲れました

でも途中の森は綺麗でしたよ
間引きのために伐採された檜の森
ちょっと神々しい雰囲気に思わずバイクを止めて写真を撮りました
なんでもない森の写真を撮っていると
後ろの道を大きな音でバイクがカットンで行きます
うっるせぇなぁって
自分もそのひとりだったんですね
少し気が引けます 地元の人 ごめんなさいですね

f0126896_0325418.jpg

[PR]
by hayatedani | 2008-09-07 00:42 | 風景・建物 | Trackback | Comments(0)

益子参考館

先週は 毎日々雨ばっかり降りまして
まったくネタ切れで ブログ更新も滞っています

何か無いかと 写真のホルダーを探してみました
ありました ありました 未公開写真
ちょっと時間が過ぎてしまっていますが
お盆休みに いわきの両親の家へ出かけたときに
帰りに寄った 益子参考館
濱田庄司が生前使っていた 茅葺の住居や仕事場だった工房
登り窯などが展示されています
民藝運動が華やかだったころ
ここに集った面々の息吹が伝わってくるような空間でした

f0126896_23473140.jpg

上台と呼ばれる住居、1942年益子町七井 高野家から移築
f0126896_23574278.jpg

f0126896_23581085.jpg
f0126896_23582887.jpg
f0126896_23584065.jpg
f0126896_23585556.jpg

轆轤場 蹴轆轤が並んでいます
最盛期には職人さん達が器を次々に挽きあげていたのでしょうね
f0126896_2359647.jpg
f0126896_23592099.jpg
f0126896_23593243.jpg

ご存知 18世紀、英国のスリップウエアー
1920年 英国人バーナードリーチの誘いで渡英
セント・アイブスにて築窯作陶活動が始まりました
濱田の作陶もこのスリップウエアーとの出会いが、大いに影響しているようです
[PR]
by hayatedani | 2008-09-02 00:08 | 風景・建物 | Trackback | Comments(2)