カテゴリ:Botanical( 14 )

盆栽まつりに出かけてきました

f0126896_21305429.jpg


お出かけ日和が続いているGWも後半に
前から一度出かけてみたいと思っていた
大宮の盆栽村で開催されている、大盆栽祭り に出かけてきました


f0126896_21314979.jpg


大正時代に東京から移り住んだ盆栽園が集まった
日本でも稀有な場所
行政上の正式な地名も盆栽村と言うそうです

その盆栽村で行われる盆栽まつりでは、盆栽の名品を見られるほか
お手軽価格の小品盆栽が購入できる露店が出店されます

私も購入しました
電車で出かけたので、購入した盆栽を電車で持って帰るのに
けっこう気を使いましたが

こんなものを買いました
f0126896_21322699.jpg

水木賊に小さな花が咲いているイッピン
盆栽と言えば松や欅なんでしょうが
この水辺を表現している木賊の小品に、琴線が揺らいでしまいました

f0126896_744663.jpg




f0126896_21323527.jpg

こちらはサツキの小品
これから花が咲くそうです

水を切らして枯らさないように
また めんどくさいものを買ってしまった?
[PR]
by hayatedani | 2017-05-05 21:55 | Botanical | Trackback | Comments(6)

オーレリアン(チョウを愛する人)の庭を目指して

NHK BSでこの間再放送してた番組
「オーレリアンの庭 今森光彦 四季を楽しむ里山暮らし」
にちょっと誘発されて

f0126896_21002367.jpg
写真家今森光彦さんが創りあげた庭はオーレリアン(チョウを愛する人)の庭
と名付けられ、たくさんのチョウや生きものが集まる草花で彩られている。

私の拙い庭も蝶が集まる庭にしたい
そう思って植えたのがこれ「山椒」の木

これでアゲハチョウを呼ぼうと思って
f0126896_21005070.jpg
我が家の庭には、昔 山椒の木があって
そこに卵を産もうと、アゲハチョウが集まってきました
ちなみにアゲハチョウの幼虫が食べる葉が山椒の葉
でも、そのあと近くに萩の木を植えたら浸食されて
いつの間にか山椒の木が枯れてしまった

リベンジです コレ


この三連休
すっかり春の季節となりました
我が家の庭にも様々な春の花が咲き始め
春の様相が整いはじめました

f0126896_21011976.jpg

[PR]
by hayatedani | 2017-03-19 22:13 | Botanical | Trackback | Comments(2)

多肉を枯らすオトコ

f0126896_2133251.jpg

リトープスを枯らしてしまいました
ショック!

けっこういい加減に育てていたのですが
それなりに開花したりして、調子に乗っていました

夏の間は休眠するというので断水していたのですが
8月から9月の2か月間 水を与えていませんでした
なんだか小さくなったなと思っていたら
みるみる枯れだした

こうなるといくら水を与えても後の祭り
こんな姿に

f0126896_2134763.jpg

前の写真を見比べると、こんなに大きかったのですね
だんだん小さくなっていて、気が付きませんでした
ごめんなさい

f0126896_2141765.jpg

枯らしてしまったリトープスの代わりに、今日新たに買ってきた個体
トップレッドの網目模様が綺麗です
「Lithos]とはギリシャ語で「石」という意味
リトープスとは「石」に似たという意味だそうです

f0126896_2143967.jpg

もう一つのトップレッドは模様が薄め
これも赤い窓が綺麗!

今度は大事に育てます
でも水のやりすぎでも枯れるんですよね これ
[PR]
by hayatedani | 2016-10-09 21:45 | Botanical | Trackback | Comments(4)

我が家の庭で

f0126896_2225817.jpg


梅雨が明けた週末は 思いっきり夏日がやってきました
我家のマンションの庭は 夏草が伸び放題で
朝から庭の草取りをして 熱中症一歩手前の状態です

でも どんよりした梅雨空より、こんな夏の青空が気持ち良い

昨年 鉢に植えた巨峰が今年も実を付けました
f0126896_2231456.jpg

こんな小さな実が 今こんなにも立派に大きく育ちました

f0126896_223272.jpg


巨峰の実といっても 最初からスーパーで売っているような濃色では無くて
最初はマスカットのような綺麗な緑色です
熟してくると いつもの巨峰色になるんですね

f0126896_2234332.jpg


庭に果実があるって良いですね
毎日実が大きくなるのが ちょっとした楽しみで
まぁ 収穫して食卓に出せるほどのものでもないのですが

この時期 植物に水を切らせないように管理しなくてはならないのは
ちょっと面倒なんですが
手がかかるほど可愛いくなってくるのはペットと同じ
そんなBotanical Lifeに小さな幸せを感じるんですね これが

明日も暑いぞぉ~
f0126896_224151.jpg

[PR]
by hayatedani | 2016-07-30 22:54 | Botanical | Trackback | Comments(2)

Botanical Life in Spring

f0126896_22122842.jpg

First Of May
若葉の季節は花の季節でもあります
自転車で近所の花屋に出かけたら 
まぁ たくさんの人が初夏の花を探しにきていました

我家の小さな庭にも花の季節がやってきました

f0126896_2213648.jpg

山紫陽花の花が咲き始めました
梅雨時に咲く大きな紫陽花の花も良いですが
この山紫陽花の清楚で可憐な華も素敵です

f0126896_22133077.jpg


我家の花は基本的には昨年花を咲かせて、プランターや鉢で越冬したもの
このミックスカラーの花も もう三年同じ鉢に植わっています
年ごとに花の数は少なくなっているのですが、水を与えるだけで
今年も咲き始めてくれました
少し液体肥料でもあげようか
名前は… 忘れました


f0126896_22134436.jpg

昨年の年末に買ったシクラメン
花が終わって、日光不足で葉が枯れ始めたので屋外に出していました
こちらも肥料なんてあげていませんが、この季節に満開となって、ちょっとびっくり
シクラメンの開花って冬じゃぁなかったの?

f0126896_22135820.jpg


この黄色い花(すいません 花の名前ってあまり覚えていないんです)も越冬組
冬の間は、ほとんど葉は枯れているような状態でしたが、春になって新しい青葉が出てきて
いま、まさに満開


f0126896_22141292.jpg

庭に植えているラベンダーも、冬の間は枯れているような状態でしたが
新しい葉がどんどん出てきて、今日あたりからブルーの綺麗な花が咲き始めました
顔を寄せると、ラベンダーの清々しい香りがします
でも ラベンダーの花に顔を寄せているオヤジの姿は、人には見せられません

ラベンダーの「ブルー」は優しい青色ですね
様々な青色が混在していて、天然呉須を使った染付の色合いにも似ています
こんな可憐な花も 梅雨が始まるまでのお楽しみ
それまで我が家の庭を彩ってくれます

f0126896_22142680.jpg

[PR]
by hayatedani | 2016-05-15 23:13 | Botanical | Trackback | Comments(2)

ハマミズナ科プレイオスピロス属 帝玉の開花

f0126896_20325355.jpg

Pleiospilos nelii

春ですね
我家の帝玉くんにも花芽が出てきました
何か亀の頭みたいにも見えますね

年末に一度脱皮をした帝玉 ひと回り大きくなりました
脱皮をした残りが少し残っています

f0126896_20331049.jpg

いよいよ開花の兆しが
花色はオレンジのようです

f0126896_20332282.jpg

オレンジ色の花が咲いてきました
花の両サイドには新たな花芽が出てきています

f0126896_2034690.jpg

あと少し 頑張れ がんばれ

f0126896_20344494.jpg

今日のお昼についに開花しました
線のような花弁が面白い
開花時間は日中だけ
夕方になると花が閉じてしまいます

f0126896_2035039.jpg

開花と閉花を1週間くらい繰り返すらしいです
その間に 両サイドの新しい花芽も開花するんでしょうか

他にも我が家の庭は春の息吹が満載です
f0126896_13185945.jpg

もみじの若葉
蝶々のような繊細な姿
透き通った若草色が清々しい

f0126896_131997.jpg

セダムのライトグリーンのお山が盛り上がってきました

f0126896_13191993.jpg



アネモネの白い華も勢いよく咲きはじめました
春は命の季節ですね
f0126896_20351362.jpg

[PR]
by hayatedani | 2016-04-23 20:55 | Botanical | Trackback | Comments(4)

Onc.Twinkle Fregrance Fantasy

f0126896_1952154.jpg

洋らんの仲間です
中南米原産のオンシジュームの原種(Onc. Ornitorhynchum)を片親に持つ
交配品種です

蘭というと 胡蝶蘭のようなお祝いごとに使う華美な花を想像しがちですが
このようなかわいらしい小さな花を持つ蘭もあるんですね
いつもの花屋で衝動買いです

f0126896_19521325.jpg


この蘭は花が咲き進むほど バニラのような甘い香りを放つのが特徴
開花時期は1月から3月とのことで
丁度咲き始めたところです
割合初心者にも育てやすい品種だそうです

f0126896_19522674.jpg


買ってきたときはこんな感じでバークに植えこまれ、プラスティックの鉢に入ってました
ネットで栽培方法を検索すると、蘭には水苔に植え付けるのがbestとのことで
早速 今日水苔と蘭用の鉢を買ってきました

f0126896_19523970.jpg

こんな感じで植え付けました

この鉢 変わってるでしょう
真ん中にスリットが入っています
これは、蘭は水のやりすぎで根腐れをおこしてしまいがち
通気を良くするためにこのようなスリットが入っているとのことです


f0126896_1953439.jpg


上手く育てると毎年株が大きく育って 
花がシャワー状に垂れ下がるように咲くそうです
はたして 上手く育てられるでしょうか

f0126896_19531859.jpg

[PR]
by hayatedani | 2016-01-16 20:17 | Botanical | Trackback | Comments(4)

Botanical Life in Winter

f0126896_143141100.jpg


年末ですね
今日はコンテナに冬用の花を植え替えました

冬の花といえば パンジーやビオラなどの寒さに強い花が中心なのですが
今日はこんな花をセレクト

f0126896_14315024.jpg


さっそくコンテナに仮植え
バランスを見てと

f0126896_14315853.jpg

とりあえずこんな感じで寄せ植えてみました
ちょっと雑多な感じですが 日が経てば落ち着くはず

f0126896_1432675.jpg


そしてプレイオスビロス帝玉のその後です
f0126896_14321372.jpg

メセン類の仲間は 脱皮して大きくなると聞いていましたが
脱皮する?ってどういうこと
今一つ実感出来なかったのですが
こういうことだったんですね

f0126896_14322235.jpg

卵形の真ん中から新しい新芽が出てきて 元からあった親芽を壊して成長してきます
今では小さかった新芽も こんなに大きくなりました
でも面白いですね なんでこんななの帝玉ちゃん


f0126896_14323043.jpg

アルビニカと呼ばれる美しい緑色をしたリトープスの仲間
頂部の模様には窓があって 光をここから吸収しています


f0126896_14323967.jpg

トップレッドと呼ばれる赤色模様を持ったリトーブス
頂部には咲き終わった花の痕跡が少し残っています

花はこんな感じで咲きました
白い美しい花
f0126896_14324683.jpg

f0126896_14325583.jpg


小さなリトープスの寄せ植えです
f0126896_1433248.jpg


こちらも少し成長しました
割れ目から新芽が顔をだしています

f0126896_14331027.jpg

新顔の帝玉
丸い頭が可愛い

家のマンションの些細な庭には大きな南天の木が植わっています
これは亡くなった義理の父親が鉢植えで贈ってくれたもの
庭に植え替えた南天は それはそれは大きく成長しました
ちょっと珍しいのは この木 紅白の実が実ることです
亡くなった親父さんが見守ってくれているような気がして
少し嬉しい
f0126896_14332088.jpg

[PR]
by hayatedani | 2015-12-30 15:15 | Botanical | Trackback | Comments(8)

アネモネが咲いた朝

f0126896_2132567.jpg


二日前には蕾の状態だったアネモネの花
秋晴れの朝 花びらがほころび始めました

気持ちの良い朝ですね
自転車ツーリングも良いのですが
こんな日はバイクに乗って秋を満喫したいと
朝の9時に高速に乗って 大月まで走りました

風が冷たくて
少し体が冷えてきたので 高速を降りてから途中のコンビニでコーヒーを買って
付近を少しブラブラしてきました
空気が澄んでいて 景色がくっきり
気持ちがいいなぁて独り言

心地良い時間が過ぎていく
f0126896_21252054.jpg

[PR]
by hayatedani | 2015-10-25 21:34 | Botanical | Trackback | Comments(0)

アネモネが咲いた

f0126896_15104538.jpg


もしもこの世界に終わりの日が来たとしても
僕らは涙なんか流さず小さな種をまく
君がいつか見たアネモネが鳴いた
気ずいたら宇宙の色も消えた

ありがとうさようなら今日という日を
すべてが愛おしくてたまらない
この花も風も木も水も
生きているから感じあえるのさ
通り過ぎる風がそう呟いた

f0126896_15105753.jpg


これが最後の詩静かに瞼を閉じるよ
どんなに立ち止まっても
時の流れは変わらない
空が空として優しくあるように
僕は僕らしくありたいだけさ
 
ありがとうさようなら今日という日を
僕は大地を握りしめる
約束しよう 君が生きている証は
僕の中に咲く花さ
つぼみが開く音 ほらきこえるかい

f0126896_1511817.jpg

今日はいつもと同じ朝
コーヒーいれたら何処へいこう
変わらない変われないよ
僕らは何処へ

ありがとうさようなら今日という日を
すべてが愛おしくてたまらない
二度とない今日という日は
何処かにずっと隠してあるから
戻らず風の中 宇宙見上げた

アネモネが鳴いた

歌 大橋トリオ
詩 micca
曲 yoshinori ohashi


f0126896_15111822.jpg

アネモネの花が咲きました
アネモネの語源はギリシア語で「風」を意味するΆνεμος (anemos)
みなさんには今日はどんな風が吹いたのかな





[PR]
by hayatedani | 2015-09-26 20:04 | Botanical | Trackback | Comments(4)