カテゴリ:時計( 25 )

Citizen Super Deluxe Parawater

f0126896_22103733.jpg

シチズン スーパーデラックス パラウォータ

f0126896_2251320.jpg

60年代 シチズンのビジネスウオッチの雄
シチズンデラックスの上位モデル
シチズンスーパーデラックス25石の5姿勢調整品です

f0126896_2253250.jpg

薄型として大評判をとったシチズンデラックスですが
この時計は迫力のある防水ケースのParaWater仕様です
ちなみに、非防水のオリジナルケースのスーパーデラックスはコチラ

reborn CITIZEN SUPER DELUXE

f0126896_2255138.jpg

Cal.9202 18,000振動のムーブメント
金メッキされたとても美しい機械ですね
ケースは少し汚れてますが(この写真はOH前の写真です)

f0126896_226794.jpg
f0126896_2262267.jpg

大型のバーインデックスと繊細な筆記体で植字されたCitizen Super Deluxe Parawater
50年以上前の日本製腕時計がこんなにも美しいデザインを設えているとは驚きです
まさに世界中を席捲したクォーツショック前の、機械式時計が一番輝いていた
そんな時代を代表する時計の一つと言えます

f0126896_2263595.jpg
f0126896_2264826.jpg

ビンテージ感も抜群
現代のビジネスシーンでも十分使える精度もあり、実用性も備えています
(もちろん今では防水性は期待できませんが)
仕事中でもスーツから除くこの時計を見ていると
少しにやけてしまう そんな素敵なアイテムです

f0126896_227549.jpg
f0126896_2271851.jpg

[PR]
by hayatedani | 2016-12-04 22:58 | 時計 | Trackback | Comments(0)

CYMA 17石 スモールセコンド

f0126896_2220241.jpg


錆びてますね
何処かの古い箪笥の引き出しに入れられて もう何十年も忘れられてしまった古時計
そんな風情を感じます

f0126896_22201357.jpg
f0126896_22202384.jpg

リューズもケースも もうずいぶん人の手に触れられていなかったのでしょう
古い真鍮のような色合い

f0126896_22203459.jpg


実はわたし
このような古い機械を再生して綺麗にするのが大好きで
ネットでこの時計を見たときのワクワク感はなかなかのもの
それに裏蓋に刻まれた18K GOLDの刻印
これって18金無垢のケースに間違いありません


さっそく磨きをかけました
くすんだ真鍮色の下から きらりと光る金色が現れてきました
f0126896_22204775.jpg

どうですか
綺麗になったでしょう
18金の輝きが戻ってきました

f0126896_2221248.jpg

CYMA 17jewels small second 1950S



f0126896_2221113.jpg

金時計には金メッキや金張りを施したケースのほかに
このような金無垢のケースを使ったものがありますが
流石に金無垢ケースは高級品に使われたものと思われます

f0126896_2221216.jpg

ダイヤルのビンテージ感も素敵です

f0126896_2221331.jpg

さっそくいつもの時計屋さんにオーバーホールをお願いします
50年以上前のスモールセコンドの腕時計
どんな人達の時間を刻んできたのでしょう
しっかりと引き継ぎたいと思います
f0126896_22214543.jpg

[PR]
by hayatedani | 2015-12-19 22:55 | 時計 | Trackback | Comments(3)

セイコー 新10B スモールセコンド

f0126896_2134959.jpg

Seiko small second cal.10B 15jewels 1950s

f0126896_2135572.jpg
f0126896_21361055.jpg

戦争が終わって 腕時計の生産を再開したセイコー社
1948年から生産された 新10Bといわれるムーブメントを搭載した腕時計です

1950年代後半にはセイコー社はスモールセコンド(文字盤に小さな窓の秒針を持つ)を止め
センターセコンド(一般的な長い秒針を持つ)仕様が主流になってきます
ということは、この新10Bは50年代中期のセイコー社最後のスモールセコンド仕様
の腕時計といえます

f0126896_21362213.jpg

ケースサイズは30mmほど
現代ではレディースサイズといえる大きさですが
60年間 時を刻み続けた荘厳さを感じます

f0126896_2136375.jpg

cal.10B 15jewels



セイコー社のステンレスケース
裏蓋はレストアされて綺麗に磨かれています

f0126896_21364993.jpg
f0126896_213707.jpg

アップライトのインデックスなど意匠を凝らした文字盤
文字盤は年相応のヤレは見られますが 決して見苦しくなく
良い雰囲気にエージングされています

SeikoのSマークも素敵です

f0126896_21371566.jpg

古時計 また買っちゃいました

f0126896_21372623.jpg

[PR]
by hayatedani | 2015-11-21 22:13 | 時計 | Trackback | Comments(2)

SEIKO ロードマーベル 36000

f0126896_18502864.jpg


SEIKO ロードマーベル 36000という時計です
製造は1973年製
今から40年ちょっと前に造られました

アンティークというほど古くはありませんが
ビンテージ感は最高です

f0126896_18503942.jpg


ムーブメントはCal.5740C
セイコー社初の10振動の高精度モデルです
10振動というのは1秒間あたりの振り子(テンプ)の振動数
1秒間に10振動するので 1時間辺り36000振動
なので36000というモデル名がついています

f0126896_1850502.jpg

絹目のシルバーのダイヤルにアラビア数字のインデックスが素敵です
今から40年前のデザインですが
決して古さを感じさせない 優れたデザインです

f0126896_1851178.jpg

ロードマーベル36000の発売期間は1967~1978年
裏蓋に彫り込まれたナンバーで製造年月がわかります
最初の数字が「3」なので1973年製造
二ケタ目の「0」は10月製造を表わしています

f0126896_1851103.jpg

f0126896_19582787.jpg


耳を澄ますと 10振動のムーブメントの鼓動が聞こえます
通常の時計の音は 「チッ チッ チッ」というふうに聞こえますが
10振動の音は「チチチチチ」と連続した音を刻みます
クオーツ時計の一秒間に一回動く あの無粋な動作音とはまさに別物
機械式の持つ 高級な機械の迫力と洗練さを感じます

f0126896_1851183.jpg



ドーム型のプラスティック製の風防も 良い雰囲気を醸し出しています
日本のデザインと技術力は40年前も素晴らしかったのです!

f0126896_18512617.jpg

[PR]
by hayatedani | 2015-05-02 19:43 | 時計 | Trackback | Comments(6)

古時計を受け取りに

f0126896_17381718.jpg

いつも古時計のオーバーホールをお願いしている時計屋さん
ご主人が一人でこつこつと作業をしている
小説に出てきそうな そんなお店

最近手に入れた50年代のセイコースーパー
以前の記事はコチラ 50年代のSEIKO SUPER

調子は良かったのですが 少々不具合も
リューズを引いて針合わせをしたあと
リューズを戻しても 時々、ネジが巻けずに針が動いてしまう

さっそく修理をお願いして
今日 出来上がりの連絡をもらった

f0126896_17383841.jpg

お店は道沿いに こんな塔が立っている町にある
f0126896_17385386.jpg

このドアを開けると
そこにはいつものように 作業台で古い腕時計を修理しているご主人の姿

短い挨拶を交わして 時計を受け取る
「古い時計ですけど 調子はなかなか良いですよ」
ご主人の言葉に思わず嬉しくなって にやけてしまいます

f0126896_1739631.jpg

陸橋から線路沿いを眺めると
黄色い菜の花が満開です
春の香りを風が運んできました

f0126896_17391739.jpg

実はこの町は 私が生れた町なんです
2歳ぐらいまでしか住んでいなかったので
思い出なんかありませんが
この町に降り立つと 何だか懐かしい気がするのは
少し じいしきかじょう なのかも
f0126896_17393779.jpg


オーバーホールがなったSEIKO SUPER
なかなか快調です
サイズはいまのレディースサイズの時計ですが
腕に付けていると その存在感に思わず目が行きます
f0126896_17394967.jpg


良いですね 素敵な風合い
大事に使います
f0126896_1740229.jpg

[PR]
by hayatedani | 2015-03-21 18:11 | 時計 | Trackback | Comments(2)

50年代のSEIKO SUPER

f0126896_1393331.jpg

風邪をひいてしまいました
微熱が取れなくて 少しお腹も痛い

インフルエンザの予防接種は受けているので
まさか罹患してはいないだろうと思ってはいても 少し不安

医者に行って検査をしてもらいました
はたして インフルエンザの兆候は出ていないとのこと
やっと一安心しました

f0126896_1395296.jpg

SEIKO SUPER
年代は1950年代中盤といったところでしょうか
50年代中盤といえば 私と同世代
ほぼ60年間頑張ってきました

f0126896_1310564.jpg

文字盤は傷だらけ
私のところに来るまでに 何人の人の歴史を刻み続けてきたのでしょう

サイズは竜頭を入れて ほぼ30mm
いまで言うレディースサイズですが もちろん当時のメンズウオッチです
着けていると その小ささに着けているのを忘れてしまうほど
でも 目を向けると、その存在感に惚れ惚れしてしまう

良い顔しています

f0126896_13525377.jpg


f0126896_13101964.jpg

セイコー社のSマークが誇らしげについています
赤い矢印のついた秒針も可愛らしい

興味のない人が見たら ただのくたびれた古時計
でも 同世代をともに生きてきた
この古時計のヤレ具合がとても愛おしい
いつもの時計屋さんに頼んで しっかり体調管理をしてもらいましょう
これからも頑張れるように
f0126896_1354218.jpg

f0126896_13103028.jpg

[PR]
by hayatedani | 2015-01-24 13:36 | 時計 | Trackback | Comments(6)

AnkerとMoeris

f0126896_1345493.jpg

Anker Civis 17Rubis

アンカーという時計はドイツのメーカーのようである
高級か?と言われれば それほどでもないらしい
それはケースのつくりなどをみても伺える
60年代のスタイルを持っているが
実際はそれよりもう少し若いかもしれない
f0126896_13455640.jpg

でも このダイヤルが可愛らしい
針は繊細で先端が太くなっていて夜光塗料が乗っている(もちろん今は光りませんが)

日付の窓は台形で 赤い数字が覗いている

f0126896_1346784.jpg

ムーブメントにAnkerの表示はない
この機械を作ったメーカーの情報はどこにも記されていないので
このムーブメントは汎用品で あまり高価な機械ではないことが解ります

f0126896_13461441.jpg

機械はOHしたので いまのところ精度に問題はありません
雰囲気はなかなか良いのですが インデックスが繊細でいかにも女性的な風情
これは私が着けるより奥様の方が似合うのではと考えた
ケースサイズは竜頭を入れて33mm
ボーイズサイズですので 女性が着けても似合います

f0126896_1347379.jpg

黒いベルトをブラウンの皮ベルトに替えて
奥様に差し上げることにいたします

はたして 喜んでくれるでしょうか
f0126896_13475531.jpg



そして Moerisの手巻き時計です
f0126896_13481789.jpg
f0126896_13482999.jpg


Moerisという時計メーカーはもうありません
今あるモーリス ラクロア MAURICE LACROIXというブランドとは別会社
セイコーが作ったクオーツ時計が世界中を席巻したため
あえなくMoerisのようなスイスの中堅メーカーは姿を消したようです

f0126896_13484225.jpg

これからの時代は電池で動く水晶発振のクオーツ時計が中心になると踏んだ世界のセイコー社は
機械式の時計の生産を止め クオーツ中心の商品構成に切り替えました
1969年にセイコーが開発したクオーツ時計「アストロン」は当時45万円もしたそうです

そして時代は流れ 40年経ったいまではクオーツ時計はコストダウンが進み
千円で買える安価な時計の代名詞になりました

クオーツを作ったセイコーは 売り上げを伸ばしましたがブランド力を失い
機械式を捨てなかったスイスの名門時計メーカーは
高付加価値の高級時計メーカーとして いまではわが世の春を満喫しています

高級時計の代名詞が また機械式時計になることを
はたしてどのくらいの人が予想していたことでしょう


このMoerisの時計
ケースは20㍈の金張りです
60年代当時は きっと高かったでしょうね
f0126896_13485324.jpg

作られてから50年という時代を潜り抜けてきた
その時間がこの時計の雰囲気を創り上げました
職人さんの息吹が聞こえてきそうです


f0126896_1551783.jpg

[PR]
by hayatedani | 2014-11-29 13:55 | 時計 | Trackback | Comments(2)

ENICAR ROTOR AUTOMATIC

f0126896_1965369.jpg


土星マークのエニカ
ENICAR ROTOR AUTOMATIC 25jewels

時計なんかに興味のない最近の子は
時計は電池で動くものっていうのが常識のよう

先日 親戚の集まりがあった時に
従妹がレディースのロレックスをしていて 最近調子が悪いと言って
しきりに腕を上下に振って 自動巻きのゼンマイを巻くしぐさをしていた時
30代の娘が言うには 「おかあさん それは電池が切れかかっているからよ」っていうのです
従妹が「この時計は自動巻きだから電池は入っていないの」というと
自動巻き? なにそれ?

f0126896_1971895.jpg

とんねるずに高級腕時計を買わされる心配のない我々庶民には
世界の高級ブランド時計が 皆機械式の自動巻き時計だといってもピンとこない
だって 時計は正確な時間が解ればよい道具
なんでわざわざ高いお金を払って 腕を振らなきゃ動かない時計を買わなければならないの?

f0126896_1981429.jpg


でも アナログの中年オヤジには 機械式の時計が持つ小宇宙のような世界観に魅せられる
安サラリーマンの私には 新品のパティックやロレックスを買うことはできないが
その何百分の1のコストで こんな雰囲気のある機械式の自動巻き時計を手に入れることが出来る

60年代のエニカは当時でも高級スイス製時計 というわけではなかったようだが
この こ熟れた三針時計の雰囲気はとっても素敵
リザードの時計ベルトにもマッチしていて 腕にしていても見とれてしまうほど


f0126896_1982534.jpg

エニカ ウルトラソニック 21jewels

f0126896_198395.jpg

こちらのエニカは手巻きのムーブメントです
毎日手で竜頭を回してゼンマイを巻かないと動きません
電池を入れれば動き出す時計ではありませんが これでも50年間生き残ってきました

今どきのクォーツ時計が50年後どれだけ残っているのでしょうか

f0126896_1984790.jpg

エニカの土星マーク
アポロ計画に沸いた60年代の匂いがするデザインですね


f0126896_1985775.jpg

[PR]
by hayatedani | 2014-11-09 20:40 | 時計 | Trackback | Comments(2)

古時計には良い季節

f0126896_22381193.jpg

久しぶりに秋晴れの週末
こんな日はイギリス製の古いオープンで流したら気持ちが良いだろうなって思います
オースチンヒーレーのスプライトやMGBあたりなら最高
あんまりスピードが出ない分 秋の気持ちよさを満喫できる

f0126896_2238267.jpg

若いころBMW2002という古い車に乗っていたことがあり
そのワンキャブのBMが結構天気で調子が変わる車だった(実際は他のトラブルがいろいろ重なっていたのですが)
バイクもそうだが インジェクションではなくてキャブレター式ののエンジンは
天気や気圧の影響を受けやすい

f0126896_22383556.jpg

でもって 古い機械式時計も天気によって調子が変わる?
なんてことはありませんが、暑い夏には皮のベルトの時計が着けられません
気温が高いとどうしたって革ベルトをつけると汗をかく
この汗の塩分が皮をダメにするのです

f0126896_22384540.jpg

夏の間は、金属製のブレスのベルトをつけるか
革製のベルトの時計は、通勤時にはつけないで、会社で装着するようにしていた

秋風が吹くようになって 皮ベルトの時計がやっと着けられるようになって
毎日 どの時計を着けようか選択肢が増えてちょっと嬉しい
古い時計には金属ブレスよりやっぱり革ベルトが似合います

f0126896_2239084.jpg

しかし 古時計 ちょっと増えすぎ
少し考えないと
[PR]
by hayatedani | 2014-10-25 23:09 | 時計 | Trackback | Comments(4)

The Ugly Duckling 

f0126896_171566.jpg

汚い時計です
使い倒された感は否めません
かろうじてLonginesのロゴが見えますが
部品取り用にネットオークションで買いました
こんな時計 たいした応札もなく
野口英世先生2枚で落札!

出品はオートマティックということでしたが
裏蓋を開けて 中を確認したところ手巻きでした
自動巻きのローターの部品が欲しかったのですが
ちょっとがっかり

でも 機械はなかなかしっかりしているようで
精度もそれほど悪くありません
さすがロンジン

でも汚い
f0126896_1711560.jpg

風防にはヒビが入っているし
GOLDのケースも ずいぶん黒ずんでいます
ついていたブレスは 70年代に流行っていた伸縮性のある金属ブレス
これは さすがに使いたいとは思いません

取ろうとしても ラグのバネ棒が錆ついていて
なかなか取れません
仕方ないので ペンチでブレスを壊して取りました

そして どうせこんなに汚い時計だし
大したお金も払っていないので
ステンレス用の研磨剤入りの布で 徹底的に磨いてみました
機械もいつもの時計屋さんでOHを行い
風防も新品に交換しました

そしたら この時計 こんなになったのです

f0126896_1713583.jpg

Longines Cal.6942 20ミクロンGP
1970年代 手動き 28,800振動(1秒/8振動) 17J

f0126896_1714717.jpg
f0126896_1715838.jpg
f0126896_172798.jpg

このCal.6942という機械
この時代にはめずらしく ハック機能が付いています
竜頭を一段引くと秒針が自動的に0秒位置にストップするというもの

f0126896_1721873.jpg

ラグ周辺に金張りの剥がれが見られますが、あまり目立ちません

f0126896_1722669.jpg

オメガのコンステレーションと同じ
Cラインと呼ばれるケースが美しい

f0126896_1723491.jpg


時計に耳を当てると 28,800振動のハイビートの鼓動が聞こえます
自前のムーブメントを使っていた ハイブランドだったころのLongines
40年経っても その輝きは失われていませんでしたね

f0126896_1724273.jpg

[PR]
by hayatedani | 2014-08-02 17:27 | 時計 | Trackback | Comments(0)