カテゴリ:古いもの( 13 )

鉄瓶とアラジンと寒い朝 そして魯山人の陶印

f0126896_1952634.jpg

f0126896_1953835.jpg

寒い日曜日の朝
今年初めて アラジンに火を入れました
ほんのりブルーフレームが安定した後で
鉄瓶に水を入れて天板に乗せます

う~ん 良い景色
冬の寒さも これで大丈夫です

f0126896_196510.jpg

しばらくすると シュンシュンという気持ちの良い音がして
白湯が湧いたことを知らせてくれます


午前中は陶芸教室
今日の作品は
f0126896_1962115.jpg

f0126896_1963496.jpg

陶印 北大路魯山人 摸刻「静観」

本歌の印影はこちら
右側の印影を参考にして左の印材を刻りました
これを見ると 字の周りを掘り下げて字を朱色で表現する「朱文」で創られています
f0126896_196466.jpg

私が創った陶印はこれを白文(字を彫り込んで白く表現する)で作成しました
印材は石なのか陶印なのか どんな形をしているのかも解りませんが
陶印で創るなら 魯山人らしさのある意匠にしたい
そう思いました
そして考えたデザインは
f0126896_1965797.jpg

糸巻き模様の陶印です
魯山人が向付によく使った意匠です
名づけるなら「白磁いとまき文陶印」とでも言いましょうか

少しは魯山人の陶印らしくなったでしょうか
褒めて?
いやいや魯山人のことですから 思いっきり酷評でしょうね きっと
f0126896_197717.jpg

[PR]
by hayatedani | 2014-12-14 21:52 | 古いもの | Trackback | Comments(6)

休日の朝のお楽しみ

f0126896_22381072.jpg

寒いこの時期だけのお楽しみがこれ
それも平日の朝は忙しいので
休日の朝だけのお楽しみ

ファンヒーターではなくてアラジン

f0126896_22381683.jpg

少し遅く起きた朝
アラジンの石油ストーブに火を入れる

f0126896_22382378.jpg


火がブルーに変わったら 
お気に入りの鉄瓶で白湯を沸かす


f0126896_22382914.jpg

今日はアンティークの南部鉄瓶
少し大きめで たっぷりお湯が使える

f0126896_22383657.jpg
f0126896_22384358.jpg

鉄瓶の側面には 富士のお山と松林の模様
東北のどこかの囲炉裏で 何十年も使われてきた風格を感じる
鉄瓶の内側には積年の使用によってできた 湯垢が綺麗についている
これが錆を抑え 湯を美味しくするのです
f0126896_22385127.jpg
f0126896_22385860.jpg

茶道の釜や鉄瓶の湯が沸くときの音を「松濤」というそうです
そのシュンシュンという音を 松の梢を渡る風の音や波の音にたとえた呼び方とか

さぁ お湯が沸きました
熱いお茶をいただく前に 白湯をコップに入れてゆっくり飲むと
体の中がほんのり温まって 体が目覚めてくるのが解ります

 今日も素敵な一日になりそうです

f0126896_223956.jpg

[PR]
by hayatedani | 2014-01-25 23:10 | 古いもの | Trackback | Comments(8)

東京蚤の市

第3回 東京蚤の市 at 京王閣

f0126896_1740471.jpg

東京蚤の市というイベントがあることを知ったのは 昨年の秋
同じ陶芸教室のお仲間から聞いて
行きたい 行きたいと思っていました

今日やっと実現!

東京蚤の市


f0126896_17411761.jpg

開催場所は 京王線の京王多摩川駅
京王閣という競輪場です

11時開催で 着いたのは11時45分くらいだったのですが
もうすでに入口から200メートルくらいの行列ができていました

駐車場待ちのくるまの列もあり
車での来場はほぼ無理ですね

f0126896_17413897.jpg

ワーゲンバスもお出迎え

f0126896_1741567.jpg
f0126896_17425365.jpg
f0126896_17434830.jpg


どちらかというと 和ものより西洋骨董が中心の出店
いつも出かける「骨董市」とは出店している業者さんが違って
見て回るだけでも とっても面白い
f0126896_17435968.jpg


取っ手金具のお店
洋物中心 和物もちょっと
f0126896_1744125.jpg
f0126896_17442517.jpg
f0126896_17444235.jpg


Jacqueline Kennedy ?
f0126896_17445553.jpg


この手のカトラリーも使ってみたい気はするのですが
なかなか思い切れません
磨くと綺麗になるのかなぁ
f0126896_17451379.jpg
f0126896_1745274.jpg
f0126896_17455058.jpg


ここだけ見ると パリのクリニャンクールの蚤の市のようでしょう  行ったことないけど
f0126896_17461110.jpg
f0126896_17462725.jpg



2CVが似合いますねぇ
この車はランチを売っていました
f0126896_17463798.jpg

木工のお店
ここでレターラックを買いました
f0126896_17465525.jpg


ソ連時代のロシアの絵本を買いました
ちょっと難アリですが 中の絵が可愛いのでバラシテ額にいれても 面白い
1冊300円なり
f0126896_17471026.jpg
f0126896_1747339.jpg
f0126896_17475023.jpg


天気も まぁまぁ
会場全体がお祭り気分のようで 楽しかった
でも 少し人が多すぎるかな

案外3時ごろに入場するのも 人が少なくて良いかもしれない
商品は あらから無いんでしょうけど
f0126896_17481316.jpg

東京蚤の市は明日26日まで
興味のあるかたは ぜひ!
[PR]
by hayatedani | 2013-05-25 18:31 | 古いもの | Trackback | Comments(4)

白鳥の湖で

f0126896_1718145.jpg


EDWARD MARSHALL BOEHM STUDIOS
- AMERICAN BALLET THEATER "SWAN LAKE" FIGURINE

f0126896_17182395.jpg

最近 Old Noritakeに興味が出てくると
海外のオークションが気になってきた

もとから米国に明治大正期に輸出されたOld Noritakeは
古伊万里と違って、地方のお蔵に収蔵され 日本国内に残っていたものではなく
彼の地にしかありません

ということは アメリカにはきっと日本国内では高くて手が出ないものが
ゴロゴロしていて とっても安価で手に入るはず
そんな助平心で海外のネットオークション E-Bayをウロウロしています

f0126896_17183077.jpg


そのE-Bayで見つけたのがこれ
エドワード・マーシャル・ビームスタジオというところで作られた
バレリーナのフィギュアです

あまりバレーに興味のあるほうでは無いのですが
白鳥の湖の一場面なのでしょう
繊細な指のつくりや、盛り上がった筋肉の隆起など
なかなかの出来に 思わず衝動買いしてしまいました

しかしまぁ 無駄使いのアイテムが一つ増えてしまったようで
家のリビングには あまり似つかわしくないフィギュア
伊万里の茶碗の隣に バレリーナのフィギュアもないでしょう
そんな感じです

f0126896_17183645.jpg


ところでE-BayでのOld Noritakeの出品状況ですが
そんなに思ったほど豊富にものがある ということでもなく
deco ladyのアイテムなどはやはり高額で出品数も限られています

また時差の関係で、落札時間が昼間なのでなかなかタイムリーに入札できないのが辛いところ
送料がそれなりにかかることもネックです

それでもシコシコ マウスを動かしながら
まだ見ぬお宝探しは続きます
[PR]
by hayatedani | 2013-02-16 18:03 | 古いもの | Trackback | Comments(4)

noritakeコーナーとステンドグラス

f0126896_22114219.png


日本の和陶磁器が一番と
そう思い続けて いままで来たのですが…

その結果
我家は古伊万里と唐津や志野など
純和風の陶磁器を部屋中に飾った 道具屋のようになっていたのです
しかし

昨年見た old noritakeのラスター彩が目に焼き付いてしまい
興味が変わった  というよりも興味の対象が一つ増えてしまった
別の言い方をすれば 無駄使いのアイテムが増えてしまったというべきか

そんなことで、最近我家にはold noritakeが増殖中
ついに専用のキャビネットまで買い揃えてしまう事態に

そのキャビネットを置く壁に、なにか飾ろうと思いたったのが
アンティークのステンドグラス

アンティークハウス ポートベロというお店から買ってしまいました

f0126896_2212524.jpg

送られてきた状態がこれ
ステンドグラスに新しい木枠がとりつけられています
このままの状態で飾ってみたのですが

やはり少し浮いてしまいますね
ということで 得意のエイジングで木枠に古色を付けてみました

f0126896_22122179.jpg


いつものように 薄い墨液で下色をつけ
今回は欅色のオイルステインをペーパータオルにつけ、磨りこみます
カッターナイフや彫刻刀で傷をつけて
さらにそこに墨液を磨りつけ、長い年月を経てきたような木の風情を出してみました
f0126896_22123489.jpg

どうでしょうか
素人仕事の割には 良い感じに出来上がったように思います

f0126896_22124830.jpg


この写真だけ見ると
けっこう良い雰囲気に見えますが
周りには古伊万里染付の茶碗や皿が わんさか飾られています

こういうのを 「節操が無い」 って言うんでしょうね きっと
f0126896_2213997.jpg

でも 好きなものに囲まれて
とても癒されます

奥様はどうか解りませんがねぇ

f0126896_15104867.jpg

[PR]
by hayatedani | 2013-01-12 22:45 | 古いもの | Trackback | Comments(4)

錆びる美

f0126896_22135642.jpg


鉄は呼吸している

呼吸しながら ながい時間とともに育っていく

鉄は錆びるもの

育ちながら錆び

錆ながら育つ

f0126896_22144382.jpg


南部鉄瓶は生活の道具

武骨で朴訥

東北人の顔をしている

囲炉裏の上の自在鉤でつるされている姿がよく似合う

囲炉裏にあたる お爺ちゃん お婆ちゃんの姿が目に浮かぶ

f0126896_22143735.jpg


富士山と松林の彫りが美しい

f0126896_22151665.jpg


南部の鉄瓶は 蓋も鉄

とことん生活の道具に徹している


それに比べて 京都 龍文堂の鉄瓶は銅蓋を設う

銅蓋の造形美も素晴らしい

雅な京の煎茶文化が 鉄瓶の形を創っているのです
f0126896_22151639.jpg
f0126896_2216175.jpg


鉄の魅力は 肌合いと鉄味の美しさにある

その潤い

深くて黒い鉄色の魅力
f0126896_22155571.jpg
f0126896_22164176.jpg

丸みを帯びた その造形も愛らしい

その瓶形を掌で包み

その形を直に感じる

f0126896_22163359.jpg

銅蓋も長い年月が 模様を描き出す

誰が創ったものでもない 自然が創った模様

f0126896_22171364.jpg


鉄は生きている

鉄は錆びるからこそ美しい
[PR]
by hayatedani | 2012-08-25 22:57 | 古いもの | Trackback | Comments(8)

今日のお目立て

f0126896_2210594.jpg


さて これは何でしょう?

ちょっと見は 絵画のようでもあり

良く見ると 切り抜きの部分が散見されますが…


いつもの骨董市で買いました

今回はあまりめぼしい物も無く

帰ろうかなぁ って思ったときに見つけました


f0126896_22102989.jpg


もうお解りでしょう

これは 着物を染める時に使う型紙ですね

幾度も染料を磨りこめられ ちょっと不思議な色合いになりました

このような色合いにするために、色を磨りこんだ訳ではなく

何度も色を磨りこんだら こんな色合いになった ということ

なんの作為も無く ただ着物を決められたように染め上げるために使われた型紙

作為の無さが創った色彩に すこし感動です

f0126896_22104632.jpg


切り抜かれた模様に 裏から千代紙を貼っても面白いかも

この型紙 

一枚百円でした

100円でこれだけ想像をかき立てられるモノ

なかなかありませんよ
[PR]
by hayatedani | 2012-06-17 22:28 | 古いもの | Trackback | Comments(2)

事始めは

f0126896_21101833.jpg


2012年の事始め 
またまた古い飾り棚が我家にやってきた

長男の独立で、空いた部屋が私のささやかな書斎になり
デスクを入れて、棚を設え
そして 今日古い木製の飾棚が福島県からやってきました
f0126896_21103574.jpg

長年人の手で使われ続けた天板の景色
この木がとろとろになった味が素晴らしい

f0126896_21104759.jpg

この飾り棚、思ったより程度は悪くなかったので
水拭きをおこなったあと、簡単な補修だけで済みました

私の古い木製家具の補修アイテム
色付ニスと百均で買った墨液  これだけ

下地が見えるような傷には、全体的に墨液を磨りこませて
全体の色調を整えます
そして乾燥後、色付ニスを布につけて
拭き漆の要領で塗っていく

f0126896_2111445.jpg

そして 出来上がり

照りをおさえた半艶消しの状態がベストです
f0126896_21112337.jpg


さっそく伊万里の茶碗を入れてみました
今までしまいこんでいた茶碗達をお披露目しました
f0126896_21113322.jpg


私の部屋は書斎でしたっけ?
これではコレクションルームですね

今年も変わらず、こんな毎日が続きそうです
でも こんな平凡な日常が理想です

今年も皆さん よろしくお願いしますね
[PR]
by hayatedani | 2012-01-07 22:23 | 古いもの | Trackback | Comments(8)

晦日には

f0126896_22103596.jpg


2011年も今日で終わり
みなさんそれぞれ 色々なことがあったのでしょうが

3.11から加速度的に今日まで来てしまった
そんな思いをもってこの大晦日を迎えている人も多いのではないでしょうか

我家もそう

いわき市に住んでいた両親が一時期インフラが止まり、震災後に親類宅を転々とし
様々な人達の善意でもって、今ここで落ち着いた生活を取り戻せた

今では息子たちの傍で、狭いながらも新しい所帯をもって生活している

長男も独立し
親の心配をよそに いきいき仕事に励んでいる
このお正月も仕事
来年もガンバレよ


義理のお母さんも亡くなった
なんの苦しみも無く逝ってしまったのがせめてもの幸いでした



良い意味でも 悪い意味でも
2011年は大きな変化の年であったような気がします

来年は良い年ですよ 絶対!
希望を持って 愛情をもって
素敵な年にしましょうね
[PR]
by hayatedani | 2011-12-31 22:42 | 古いもの | Trackback | Comments(8)

アラジンがやってきた

f0126896_22464046.jpg

電気を使わない石油ストーブが売れているらしい
そういえば 日頃使っているファンヒーター
停電になったらただの粗大ごみなんですね

あの震災時のように 計画停電にでもなったら
暗く寒い部屋で 途方に暮れてしまうかもしれない

そこで我家でもストーブを調達しようと考えました

f0126896_22465146.jpg

なぁ~んてA型人間は 行動を起こすのにすぐに理由付けをしたがる

まぁ子供の育ちあがった我家では 
いままで使いたくても我慢していたことがいくつかあって
ようするに前から欲しかったアラジンを使える環境になったということです

でも さすがに新品で4万円弱する価格に
我家の財務担当もなかなかOKがでません

そこでオークションで中古を手に入れることに
最近 こんなパターンが多い(自転車のときもそうだった)

f0126896_2247410.jpg


Aladdin Blue Flame Heater
日本では1957年にヤナセが輸入代理店として販売を開始
以来 基本構造は当時のままだそうです
真鍮製の内炎板もカッコーいい

手に入れてから解ったこと
アラジンストーブには約束事が多い
火のつけかたも こんな感じ

しんの出し加減は3ミリ程度
それ以上でも以下でも 綺麗なブルーフレームが出ない

火は1か所では無くて 3か所つける
f0126896_22471585.jpg
f0126896_22473956.jpg


点火したらすぐに蓋を締める
オレンジ色の火がブルーに変わる瞬間です

f0126896_22474895.jpg


この佇まいが素敵です
カッコばっかりではなく
アラジンは機能性も優れています
我家の狭いリビングなど、温まれば暑いくらいです
天板に鉄瓶も乗せられますよ
f0126896_22475625.jpg

このストーブ
細かな部品も安価で購入できるので
この先も永いこと我家のリビングで活躍してくれそうです

f0126896_2248442.jpg

静かで 穏やかで
アラジンの暖かさは春の日差しのようですね
[PR]
by hayatedani | 2011-12-23 23:31 | 古いもの | Trackback | Comments(4)