カテゴリ:篆刻・陶印・書( 74 )

そだってる?

f0126896_20521634.jpg

陶器の器は育つものって よく言われます
使っているうちに染込んだお酒やお茶が
その器の景色になっていく
より自分の器になっていくということ

この陶印もそう
押しているうちに、朱が廻ってきて
なかなか良い雰囲気になってきました
ちょっと将来がたのしみです
f0126896_20593261.jpg

[PR]
by hayatedani | 2008-02-02 21:00 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(0)

7to8

今日の一日
午前中は病院に
経過良好で、完全復活もあと少し

家に帰ってお昼ごはんを食べ
あの台風でシートが飛ばされ
ぐっちょぐっちょになった我が愛車
W650を徹底的に綺麗に洗った
タンクや外装にワックスをかけ
錆が出ていたチェーンにはチェーンオイルを
シートにはアーマオールをシュウシュウ!
う~ん 綺麗 光ってる
帰ってきた真夏の太陽の下
汗が眼に入って イタ~イ

その後陶芸教室に、出来上がっている陶印の素焼き
を取りに行き(なんと20個)
せっせとプチプチの着いているビニールで包みました
f0126896_23525573.jpg

上の写真はまだ粘土の段階です

夕方からの篆刻教室で、陶印をつくってみたいという他の生徒さんのため
なんとか手渡すことが出来ました

4時には家を出て吉祥寺に向かいます
篆刻教室は5時から
あいもかわらず、吉祥寺って混んでます

今日は新入生が一人
見学の方が2名ほど参加
総勢7名と、ちょっといつもの教室風景とは違った雰囲気でした
f0126896_015513.jpg

今日の作品 「大吉」 金文
どうでしょう

そんなこんなで家には8時半ごろ帰宅
ちょっと疲れた
あしたは陶芸教室
午後には久しぶりにバイクに乗ろうって
今から決めてます







[PR]
by hayatedani | 2007-09-09 00:03 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(2)

陶印がぁ

f0126896_0115893.jpgf0126896_0121393.jpg

陶芸とならんで人に言える「趣味」となろうとしている(ほんとか?)篆刻!
月一回の教室通いではなかなか上手くならず
(家でやって来い っていう先生の言葉が聞こえそうですが)
かすむ目でごりごり やっております
その教室に産経新聞の取材がやってきました。
毎週さまざまな「趣味」を取り上げて、記事にしているそうです。
ちなみに前回は「お香」だったそうです

そんなこんなで私もいろいろと取材を受けまして
「何ではじめたの?」とか「作った印を何に利用しているの?」とか
そういえば、何で篆刻はじめたのかもはっきり解らない
そんな私がまともな返答が出来るはずもなく
篆書体の古代漢字がとっても新鮮で なぁんて そんな言葉で茶を濁しました

その取材のために吉永隆山先生が持ってこられた、前回つくった陶印が紹介されました。
あくまで篆刻の取材ということで、先生の彫られた印面がメインですが
何かとってもうれしい気持ち
これも吉永先生のおかげです 
感謝いたします 
陶印作成http://www.geocities.jp/hayatedani/touin.html
(掲載は4月21日(土)の産経新聞生活面です)

ただいま新しい陶印の作成中です
新しいデザインをいろいろ考え中です
せんせい あまり期待しないで下さい
期待とプレッシャーに弱いんです 私

新しい陶印のデザインをほんのちょっとお見せします
さて うまくつくれるかなぁ

f0126896_0193826.jpg


[PR]
by hayatedani | 2007-04-29 00:31 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(0)

おかきぞめ

良い元旦ですね。
朝からお天気も良く、お酒のいけない私ですので
いつもどおりの日常がすぎていきます。
少しはお正月らしいことと、考えまして
昨年より習っている篆刻で、篆書のお習字に挑戦!
美しい字とは無縁の○十年を過ごしてきましたので
ちょぉと教室に通ったぐらいで、うまい字が書けるわけでも
ありませんが 書いてみました
『日 月』 曜日ではありません
教室で造った白文印を横に押して こちらは『大吉』
どうでしょう すこしは字にみえますか?

f0126896_14182064.jpg
印泥を捏ねて印につけ、位置を決めます

















f0126896_14214348.jpg



出来上がりはこんな感じ















f0126896_14221927.jpg


どうでしょう
[PR]
by hayatedani | 2007-01-01 14:29 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(0)