カテゴリ:未分類( 75 )

Cicoute’Bakery

f0126896_2312019.jpg

私 行列に並んでパンを買ったことがなかったのですが
今日初めて 並んで 買いました

私の住んでいる地域には、あまり有名なお店って見当たりません
でも ちょっと探せばいくつかそんなお店も

八王子市にあるCicoute’Bakeryもその一つ
f0126896_2313698.jpg
f0126896_2315046.jpg


11時半にお店に着きましたが、もうすでに15人程度の人が並んでいました
奥さんと一緒に並びました はい!

自家製酵母に粉と水と塩でじっくり焼き上げたパンが評判のお店
それほど広くない店舗ですが、次から次へパンが焼き上がってきて
品切れで売るパンが無い なんてことにはなりません

店員のかたも親切丁寧に対応してくれて
なんだかんだで2500円も買ってしまった

f0126896_232382.jpg


家に帰ってLunchでいただきました
しっかりとしたバケット風のパン生地がカリッとして美味しい
中の生地は、もちっとした食感で小麦の味が生きています

リュスティックと呼ばれるフランスパンをいくつか買ったのですが
幾つか頬張ると、噛むのに顎が少し疲れる かなぁ
美味しいパンだけど、あんまり中高年向きとは言えないかも
そんな時には、少しレンジでチンすると柔らかくなって美味しくいただけます
[PR]
by hayatedani | 2017-05-29 20:51 | Trackback | Comments(0)

午前中はオートバイに乗って

f0126896_19582763.jpg


三連休の最後の日は やっとお天気も回復して
午前中はオートバイに乗って、少し走ってきました

八王子ICから中央高速に乗って 大月まで
大月ICで下道に降りて山道を走り、上野原に出て20号線で帰ってきました


f0126896_19584870.jpg

オートバイに乗っていると 体全体で自然を感じることが出来ます
私の場合は とりわけ匂いを敏感に感じます

f0126896_1959026.jpg


杉の森を走っているとスギの香りが
檜の林道を走っていると 檜の匂いが
川沿いの道を走っていると、川の匂いを感じます

夏草のムッとする匂いに、子供の頃、原っぱを駆け廻った時に感じた
あの匂いを感じることもあります

バイクに乗っていると 五感が研ぎ澄まされてくる
そんな空気感の中をバイクで駆け抜けることがとても楽しい
f0126896_19591177.jpg

見知らぬ村でバイクを停めて
付近を散策しました

f0126896_19592530.jpg


こんな立派な木造の建物が 突然現れたり
村の鎮守様の夏祭りの幟が立派だったり

里山の素敵な日常がそこにありました
f0126896_19593671.jpg
f0126896_19595062.jpg

手作りの燈明が小さな参道に置かれていました

f0126896_200021.jpg



20号線で帰ってくる途中、高尾駅を抜けて最初の交差点を左折すると
こんな古民家があります
f0126896_200469.jpg


高尾駒木野庭園です

f0126896_2005999.jpg


高尾駒木野庭園は住居兼医院として使われていた建物
大正年間に築造された平屋の母屋と、昭和初期に増築された二階屋で構成されている
本格的な日本建築とのこと

高尾の山が一望でき、枯山水の庭園などもあって
なかなか落ち着ける場所です
屋内ではお抹茶などもいただけます

f0126896_201996.jpg


人の多い高尾山も良いのですが
近くにこんな素敵な場所もあるんですね
癒されました
f0126896_2012077.jpg

[PR]
by hayatedani | 2016-07-18 21:11 | Trackback | Comments(4)

The Art Of Motorcycle

f0126896_14281668.jpg


 車は、いわば小さな密室であり いったん慣れ親しんでしまえば、自然の何たるかを知りえない。
窓の外を移りゆく景色は、テレビを見ているのと何ら変わりが無い。
私たちは ただ枠の中を流れてゆく景色を漫然と眺めている受け身の観察者に過ぎないのだ。

f0126896_1428283.jpg

f0126896_1428406.jpg


だが オートバイにはその枠が無い。
私達は完全に自然と一体になる。
もはや傍観者ではなく、私たちは自然という大きな舞台の真ん中にいて
溢れんばかりの臨場感に包まれる。

f0126896_14285642.jpg


足下を唸るように流れてゆくコンクリートは、現実のものであり
足を踏みしめる歩く道路そのものである。

f0126896_14291143.jpg


ぼんやりとして焦点を定めることは出来ないが
それは確かにそこにあり、その気になればいつでもこの足を降ろして触れることが出来る。

f0126896_14292677.jpg


すべてのもの、すべての経験、これらは決して直の意識から逸脱することはない。

   Zen And The Art of Motorcycle Maintenance (Robert M.Pirsig's)

f0126896_14294376.jpg
f0126896_14295650.jpg
f0126896_1430947.jpg


朝9時に家を出て 
中央高速に乗って都留ICまで出かけてきました

青い空と新緑に包まれる山並み
高速を降りて 秋山方面へバイクを走らせます
リニアモーターカーの実験場を抜けて、小さなコーナーをいくつもクリアーしていくと
バイクが体の一部のように反応しながら動いていることに気が付きます
こんな気持ちになれるのは オートバイしかありません

f0126896_14302214.jpg


オートバイ乗りには最良の日

f0126896_14304099.jpg

[PR]
by hayatedani | 2016-05-29 15:24 | Trackback | Comments(2)

遠征 自転車部ツーリング

f0126896_2239355.jpg


ゆるチャリ自転車部 初の遠征!
山中湖まで行ってきました

本格的な自転車好きは 当然自宅から自転車に乗って山中湖まで出かけるのでしょうが
我が ゆるチャリ自転車部はそんな無謀なことはいたしません
車に自転車を積んで 山中湖まで出向いて、そこで組み立て
ツーリングはそこから始まります
いわば美味しいところだけいただきました

f0126896_2239481.jpg



このショットだけ見れば どこかの本格的な自転車好きグループに見えなくもありません
f0126896_2240343.jpg


手際よく愛車の組み立てを行っているようですが
タイヤの取り付けに 少し四苦八苦している様子
まあ これも勉強の一つです

f0126896_22401874.jpg


山中湖畔に車を置いて まず向かったのは忍野八海です
最近、中国人観光客が観光バスで押し寄せているって聞いていましたが
本当に中国の観光客だらけ
お土産屋さんの店員も 中国語で客引きしている姿にちょっと唖然
昔はさみしい観光地だったのですが

f0126896_22402929.jpg

忍野八海から山中湖に出て、湖畔を1周しました
富士山の雄姿を見ながらのツーリングは、なかなか快適でした

そしてツーリングの終わりは温泉へ
山中湖からほど近い紅富士の湯へ
本格的な温浴施設で、割合空いていて湯船からフジヤマが一望できます
温泉も本格的な湯質で、肌がツルツル
まぁ オヤジ4人がつるつるになっても意味はないのでしょうが
f0126896_22405758.jpg


帰りに豆腐屋さんへ

f0126896_22411356.jpg

角屋豆富店はネットでも有名なお店
ゆず味や胡麻味、唐辛子やしそ味のとうふがそろっていて
味もなかなか
試食もできます

私は普通のざる豆腐と、ゆず味・ゴマ味の豆腐をお土産に買いました
f0126896_22412478.jpg


初めて車を使って遠征しましたが
これがなかなか快適
この安楽さに慣れ切ってしまいそうで ちょっと怖い
これからますます ゆるチャリ自転車部になりそう!

f0126896_22413869.jpg

[PR]
by hayatedani | 2016-05-21 23:14 | Trackback | Comments(6)

GIOSにサイコン

f0126896_20352750.jpg


社中展が終わって いつもの週末が戻ってきました
いつの間にか季節は春に向かってまっしぐら
花粉も飛び出して 私の周りの花粉症の人は戦々恐々のお面持です

花粉症とは無縁の私は、春が待ち遠しい
今日はGIOSにサイコンを付けました


f0126896_20354166.jpg

サイコンとはサイクルコンピューター
簡単に言えば速度や走行距離を表示するもの

そしてバックミラーも取り付けてみました

f0126896_2036385.jpg


まぁ トライアスロンに出るわけでもないので
おもちゃみたいなものですが
普通に走っているときでも、スピードが表示されると ちょっとやる気になりますね

サイコンは必要不可欠とは言えませんが
バックミラーはやはりあると便利です
バイクに乗っていると、バックミラーで後方確認することはアタリマエ
車と並走するバイクは、常に後方確認をしながら走っているようなもので
特に後ろに白バイが付いていないか、見張りは怠りません

バイクより路上では弱者である自転車にバックミラーが付いていないことが不思議
体も固くなっているので、首を後ろに回して後方確認するより、ずっと楽に見ることが出来ます

f0126896_20362364.jpg


午後から少し冷たい風が吹いてきましたが
お日様の下で自転車に乗るのは気持ちが良い
明日は温度もさらに上がるようなので、バイクにでも乗ろうかなぁ
やっとアウトドアの季節が巡ってきます
「嬉しいぃ!」

f0126896_20364711.jpg


ちょっとPCの調子が思わしくない
明日修理に出そうと思っています
BLOGも少しお休み かも
[PR]
by hayatedani | 2016-02-27 21:22 | Trackback | Comments(6)

冬でもバイク!

f0126896_19523241.jpg


週の半ばに休日があると楽ですね
こころに余裕が生まれます
なんて ちょっと大げさですが

今日は日中、風も穏やかで小春日和になりますとの天気予報
これはオートバイに乗れるかな・って
W650を引き出しました

f0126896_1952507.jpg


昔は真冬でも週末は必ずバイクに乗っていましたが
最近はモチベーションも落ちて来て
今年はもう1か月もバイクのエンジンに火を入れていません

f0126896_19531093.jpg


じっとしていると風もなく お日様が照っているので暖かいのですが
バイクで走り出すと やっぱり風が冷たい!
高速には乗りたくないなと 一般道でいつものツーリングルートに向かいました

f0126896_19532813.jpg


天気が良いので、バイクだけでなく自転車でツーリングの人達もかなりすれ違いました
自転車は自分の体を使うので、寒さを感じることは無いように思いますが
バイクはやっぱり「寒い」!

f0126896_19534584.jpg

それでも山道を往復60キロほど走って帰宅しました
寒かったけど 気持ちがすっきりしました

週末は春一番が吹くかもしれないとのこと
春がとっても待ち遠しいぃ

f0126896_1953572.jpg

[PR]
by hayatedani | 2016-02-11 20:19 | Trackback | Comments(0)

暖かいお正月

f0126896_21502627.jpg


随分暖かいお正月でした
家に居るのがもったいない ということで 
GIOSを乗り出してちょい乗りツーリングに出かけました

多摩川の支流の浅川沿いに 高尾を目指します
多摩川沿いのサイクリングロードと違って 
道がそれほど整備されていないからか、自転車の姿は多くありません
お天気も最高
走っていると 薄ら汗をかくような陽気です

途中のコンビニで少し休憩
f0126896_21504029.jpg



コンビニで珈琲を飲むと 火照った体に暖かいコーヒーが染みわたります
体を動かした後の心地い疲労感
この感覚はバイクとはまた違った心地よさがありますね
f0126896_21505751.jpg


f0126896_21511441.jpg


奥の山並みは高尾山です
実はここまで来るのに 無駄に遠回りして峠を一つ越えました
登り坂には少し疲れましたが 気持ちいぃ!


f0126896_21513135.jpg
f0126896_21514624.jpg


先日交換したブルホーンバーにも慣れました
ツーリングがぐっと楽になりました
早く替えときゃ良かった
f0126896_21515966.jpg


明日から仕事が始まります
今日は早寝して頑張らなければ!
f0126896_21521131.jpg

[PR]
by hayatedani | 2016-01-03 22:16 | Trackback | Comments(0)

BS CHEROのモディファイ-その3

f0126896_22455362.jpg

BS CHEROのモディファイ
今回のお題はバッグです

f0126896_2246992.jpg

BROOKSのチャレンジツールバッグ
本来の用途は自転車の工具等を入れるバッグで
サドルに付いている専用のループにベルトを通して固定します

f0126896_22462636.jpg

まずはBROOKS専用のレザーワックスを鞄全体に薄く塗り込み
磨きながらしっかり拭き取ります
これで準備完了

f0126896_22464190.jpg


装着後はこのような感じです
同じBROOKSのサドルとの相性もバッチリ

f0126896_22465843.jpg



f0126896_22471390.jpg


早速外に乗り出しました

f0126896_22472618.jpg

初冬の青空の下
空が高い!

f0126896_2247406.jpg
f0126896_22475964.jpg

ツールバッグにはロングツーリングの時用にチューブの控えや工具
携帯空気入れなど入れるようですが
BS CHEROでロングツーリングに出かけることはあまり無さそうなので
かっこだけのバッグになりそうです

でも、このビンテージ感あふれるスタイルがいいんです

f0126896_22481619.jpg

今度は何処か遠くへ出かけてみようかな

f0126896_22483386.jpg

[PR]
by hayatedani | 2015-12-27 23:34 | Trackback | Comments(2)

気持ちの良い朝

f0126896_2156810.jpg


昨日は大雨が降ったと思ったら あっという間にお日様が照り出して
暖かい南風が吹きまくって、なんだか春の嵐の様でした

今日も朝から良いお天気
パンを頬張りながらコーヒーをすすって
こりゃあ自転車に乗りたいなぁって

f0126896_21562613.jpg


今日はクエロで近所をお散歩です

f0126896_21563768.jpg
f0126896_21564833.jpg

近所の公園には かろうじて紅葉が残っていました
朝日に光る紅葉は それはそれは綺麗な景色


f0126896_21565965.jpg
f0126896_21571086.jpg


河原のサイクリングロード
クエロの先には富岳のお姿が

f0126896_21572114.jpg
f0126896_2157328.jpg


今日も気持ちの良い午前中を過ごしました
f0126896_21574072.jpg

[PR]
by hayatedani | 2015-12-12 22:20 | Trackback | Comments(2)

GIOS ブルホーンバーに換装

f0126896_2251738.jpg

何度かGIOSでツーリングに出かけましたが
どうも少し長い距離を走るのに GIOSのフラットバーハンドルがしっくりこない
本当はドロップハンドルがグリップするのに自由度が高くて良いのは解っているが
ドロップハンドルに換装するには ブレーキレバーやギアのシフトレバーから交換することになって
そんなにお金をかけるんなら 別の自転車を買った方が良いような気がします

そこで こんなハンドルの選択肢があることに気が付いた
それがブルホーンバーハンドル
牛の角のような形からブルホーン
これに換装しよう!

まず フラットバーに付いていたグリップを引き抜きます
f0126896_225324.jpg


そしてブレーキレバーとギアシフトレバーを緩めます
f0126896_2254441.jpg


ステムクランプのネジを緩めて
f0126896_2255554.jpg


フラットバーハンドルを外します
f0126896_226818.jpg


用意したブルホーンバーハンドルに シフトレバーとブレーキレバーを通します
ちなみに このブルホーンバー、ステムのクランプ径25.4mm、ハンドル外径22mm
のクロスバイク用ブルホーンバー
今まで付いていたギアレバーやブレーキレバーがそのまま使用できるのがミソなのです
GRK HS-RA-02 ブルホーンハンドル 
f0126896_2262566.jpg


左右のレバーが均等につくように メジャーで測って位置決めします
f0126896_2264436.jpg


こんな感じで取り付け完了です
f0126896_226568.jpg
f0126896_2271362.jpg


いよいよバーテープを巻きます
ハンドルバーの先端に 緩み止めの両面テープを張ります
f0126896_2272554.jpg


力を込めてバーテープを巻きました
こんな感じで出来上がり
素人仕事としては なかなかの出来と自画自賛
f0126896_2273861.jpg
f0126896_2274840.jpg


グリップの部分も微調整しながら位置決めしたので
違和感なく握れます
やはりクロスバイク用ブルホーンバー
スムーズに失敗無く取り付けることが出来ました
f0126896_228192.jpg


少し寒くなってきたので 試運転は次回までのお楽しみ
どんな乗り味になるか 今から楽しみです
f0126896_228128.jpg

[PR]
by hayatedani | 2015-12-05 22:56 | Trackback | Comments(2)