2017年 10月 08日 ( 1 )

早くこいこい登り窯

f0126896_19502462.jpg

半年経つのは早いもので
今月20日から秋の登り窯焼成が行われます

毎回小品を出していますが
今回も向付を3客作成しています
以前は5客セットを創らないと、気が済まなかったのですが
もう15年も(毎週1回ですが)作陶していると
さすがに陶芸の情熱も冷めてきたのでしょうか

土は唐津の赤土
今回は絵唐津では無くて、化粧土をかけたうえから
絵付けを行いました

f0126896_19504327.jpg

f0126896_19505624.jpg


基本は秋草文に千鳥文
三つの向付に、それぞれ絵付けを考えました

f0126896_1951873.jpg

f0126896_19512126.jpg


秋草文の丸い葉模様は、鉄絵だけでなく呉須の藍色で描きました
丸い葉を描くのに使ったのは筆ではなくて綿棒です

綿棒の先に酸化鉄と呉須をつけて、ポンポンと押しただけ
鉄絵の茶色と呉須の藍色を交互にならべて
メリハリがつきました

f0126896_19513226.jpg
f0126896_19514447.jpg

化粧土は単純に白色ではなくて
御本手化粧土と言われるものをかけています
御本手とは陶土の質によって生じる赤みのある斑紋が出るのが特徴
登り窯の炎でどのように窯変するかが楽しみです

f0126896_19515392.jpg
f0126896_1952489.jpg

唐津焼のお約束で、底は一応土見せをつくりました
実は唐津の土に化粧土をかけると、土の乾燥が足りないと崩れてしまいます
最初に全面に化粧土をかけて、失敗してしまい
底の部分は土の部分を残しました

なんとか形にできましたが、登り窯でどのように焼き上がりますか
窯出しは10月28日
楽しみ楽しみ!
f0126896_19521589.jpg

[PR]
by hayatedani | 2017-10-08 20:36 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)