2017年 05月 14日 ( 1 )

色絵菊蝶文蓋茶碗

f0126896_2172026.jpg

Imari ware /18th century hand-painted design of Santhemum & Butterfly

古伊万里の色絵蓋茶碗です
非常に丁寧な色絵で菊の文様や蝶の姿を描いています

菊の花弁は赤絵で塗りつぶすのではなく
細かい輪郭線の中に印影をつけて赤絵を乗せています
f0126896_2175946.jpg


摘みには欠けた部分を漆で丁寧に直された跡があります
器が大事にされてきた証拠

f0126896_218158.jpg


摘みと高台には極小の「〇×模様」
気が遠くなるような仕事ぶり
f0126896_2183535.jpg


上から見ると、模様が良く見える
驚くのは三つの菊模様の花弁の色絵が
三様とも違う表現で描かれていること
間に飛んでいる蝶の表現も異なっています
f0126896_218503.jpg


こちらの菊は開花する前の花弁を表現しています
赤で輪郭線を描き、金彩を塗り込んでいます

f0126896_21374443.jpg

蓋を開けてみると
赤の二重罫線を見込みに描き
口縁内側には色絵と金彩で宝物模様を散らしています
見事な絵付けです
どんな陶工が描いたのか
想像が膨らみますね

f0126896_2192369.jpg


時代は18世紀中盤
今から260年も前の夢の出来事
[PR]
by hayatedani | 2017-05-14 21:47 | 古伊万里 | Trackback | Comments(2)