2010年 12月 29日 ( 1 )

古本屋でお宝さがし

f0126896_11392456.jpg

古本屋で雑誌を漁るのが好きで
出かけた折には、必ずと言って良いほど立ち寄ってしまう
家の近くの大型古書チェーン店など、何軒か梯子してしまうことも

それでも、そんなに頻繁に出かけても、興味のあるアイテムが何時もあるわけでもない
そんな時には、バイクや車でドライブがてらに、隣町まで越境探索である

そんな古書店の狙い目は 年末なのです
何故か?
どちらの家でも、年末の大掃除が行われ
お父さんが貯めこんでいた愛蔵書が、お母さんや子供たちに邪魔扱いされて
古本屋に流れてくる
それを目ざとく買い込んで、我家の愛蔵書として増殖していくのですねぇ
f0126896_11393259.jpg

今回買い込んだのはこれ
平凡社の「太陽」という雑誌
今では休刊となっている雑誌ですが、一時は平凡社の看板雑誌であり
嵐山光三郎らが編集長に名を連ねていた時期もあったとか

リアルタイムでは太陽という雑誌を知らなかったのですが
いま流行りの熟年向けの趣味の雑誌の走りのようなもの
内容はかなり突っ込んだ特集が組まれており
今出来の熟年むけ雑誌の特集の薄っぺらさはありません

作家の食卓という特集号(1994年10月発行 定価1,000円)
美食家、食通、食いしん坊と言われた作家たちの
その料理とレシピを当時の思い出とともに語っています

面白い!
当時の作家たちのモノクロの写真には
「不味いものを喰って 生きたくない」(色川武大)
という思い入れがあふれていました
f0126896_11394088.jpg

檀一雄の思い入れ料理「ドジョウの丸鍋」
ガマ口を持って肉屋で買い物をする作家の姿も
女優の檀ふみのお父さんですよね


f0126896_1139495.jpg

永井荷風先生のお気に入りは「五目炊き込みご飯」
一人暮らしを好み、自炊もお手の物だったとか


f0126896_11395859.jpg

作家 立原正秋の夜食「松茸のバター炒めと日本酒一合」
備前の酒器と5寸皿も素敵です

これで一冊300円
お宝探して今日も行く
[PR]
by hayatedani | 2010-12-29 12:33 | その他 | Trackback | Comments(4)