<< 梅は咲いたか 今日の擂鉢とその後 >>

擂鉢施釉

f0126896_1405096.jpg

擂鉢もいよいよ最終工程にはいりました。
素焼きが出来上がり、釉薬を掛けます。
最初に見込みの擂鉢部分に鉄赤釉を筆塗り
さらにその部分を拭き取りました
これは前にマグカップを創るときに試した方法です
拭き取ることによって溝に鉄赤釉が入り込み、その部分だけが
赤黒く発色し模様を創る… だろうと思って
その後に黒化粧部分に飴釉を施釉しました
縁の部分は飴釉の筆塗りです
ちょっとムラ塗りになってしまいましたが まぁ いいかな
これで本焼きをお願いしました

どうでしょう うまくいくと良いのですが
乞うご期待!!

f0126896_1494445.jpg

f0126896_1410129.jpg


f0126896_14104073.jpg



[PR]
by hayatedani | 2007-03-10 14:23 | 陶芸 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://hayatedani.exblog.jp/tb/4807152
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 吉永隆山の篆刻(てん刻).. at 2007-03-17 11:49
タイトル : 陶印制作(続き)
 ←下記の陶印の全体像、画像はクリックすると拡大します ちょっと事情があり、デジカメ画像をPCに取り込めないので、疾風谷さんの画像を使わせていただいた。ありがとう。... more
Commented by at 2007-03-11 23:55 x
見るたびに違った顔が見えますね、鳥は皿さんのトレードマークですね。来週は久々に土いじりに行けそうです。行けたらいいなぁ…う~ん。今週も1週間大阪です。先々週は堺で陶芸教室を見つけました。外から見ただけですけど、ろくろは一緒でしたよ。
Commented by tutti- at 2007-03-12 12:47 x
いよいよですね。
出来上がりが楽しみです!
私の抹茶茶碗1がものすごいことになりました。
今週持って帰れるので来週お見せ出来ると思います。
吉となるか凶となるか、見る方のセンスでしょうけど、私としてはすごいものができちゃったーといったところです。
もちろん、予期していない色になりました。
<< 梅は咲いたか 今日の擂鉢とその後 >>