<< Colors 秋の一日 >>

箱が大事

f0126896_16133782.jpg

創りためた陶印が5つ揃ったので
今日は箱を設えました

f0126896_1614243.jpg

ボックスフレームという木製のケースです
素の状態はこんな白木の枠の箱
これでは風情も何もないので、エージングを行って古色を演出

f0126896_16141327.jpg

最初に薄く解いた墨汁を擦りつけます
濃い墨液を塗ると取り返しのつかない状態になってしまうので
キッチンペーパーで少しづつ擦りこみます

f0126896_16142591.jpg

マホガニーのニスを同じくキッチンペーパーで擦りこみます
筆で塗り込むと艶が出すぎてしまうので
あくまでペーパーで擦りこんで色付けするのがコツ
半マットな状態がベストです

f0126896_16143525.jpg

次にマホガニー1色だけだと色に奥行きが出ないので
もう1色 ローズウッドのニスをさらに擦りこむと

f0126896_16144770.jpg

こんな感じ
どうですか?
新品には見えないでしょう

さっそく陶印を入れました
f0126896_16145896.jpg


1954年5月にフランスを訪れた北大路魯山人はピカソを訪問し
自分の作品を贈りました
りっぱな桐箱に入った陶芸作品を

f0126896_1615851.jpg

しかし贈られた作品ではなくて、その桐箱の木肌の滑らかさに魅了されたピカソは
桐箱を撫でまわしながら歓喜に上気したそうです

f0126896_16151758.jpg

それを見ていた魯山人は耐え難くなりピカソに怒鳴った
「箱じゃない、箱じゃない、この間抜け。私の作品は箱の中だ。」と

f0126896_16152691.jpg

陶印は4センチ角の小さな作品です
一つでは小さすぎて人に見てもらえる作品にはなりえません

でも、このようにいくつか揃えて、印影を飾って、刻った言葉を表記すると
こんなに素敵な作品になります

それには箱が大事

f0126896_16153570.jpg
f0126896_16154335.jpg
f0126896_16155133.jpg
f0126896_1616194.jpg

f0126896_16161957.jpg

f0126896_1616105.jpg


魯山人の桐箱は京都の指物師、前田友斎が手掛けたものだそうです
私のアマゾンで買った箱は、ピカソを上気させるほどの出来ではありませんが
自分では十分納得できる出来だと思っています

いつかまたどこかの展示会でお披露目出来ればと思っています。
f0126896_1616292.jpg

[PR]
by hayatedani | 2017-11-18 17:15 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hayatedani.exblog.jp/tb/28616915
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mother-of-pearl at 2017-11-20 13:22
正にタイムリーな『箱ものがたり』でした。
ただ今私も桐箱とウコン布を探しているところで、
疾風谷さんのお仕事を羨ましく拝見しました。

立派な箱に並んで、貴重な作品の一点一点が益々輝いていますね!!
Commented by hayatedani at 2017-11-20 22:00
mother-of-pearlさん こんばんは
桐箱とウコン布ならこんなサイトがあります。
1級品とは言えませんが、日常使いなら十分。
私も時々使っています。
http://www.tougeishop.com/products/list.php?category_id=230

http://www.kirihako.com/EcCube/
Commented by mother-of-pearl at 2017-11-21 08:30
追伸:詳しい情報を頂き、ありがとうございます。

今日の仕事は『ピカソのような人』達とご一緒ですから、しっかり箱にも気を配って出かけました。(^。^)
Commented by kindfish at 2017-12-09 10:16
好器形
<< Colors 秋の一日 >>