<< 伊万里の残欠 片口の絵付け >>

SUBARU BOXER

f0126896_21574847.jpg
f0126896_2158306.jpg

昨年の10月に納車されたSUBARUクロスオーバー7
本日走行距離5000キロを越えました。

スバルお得意の水平対向エンジンもさらに滑らかに回転するようになり
燃費も少しではありますが、向上してきているような気がします。
f0126896_21584654.jpg


スバルに乗り換えてから、一時期興味が湧かなくなっていた車雑誌にも
少しづつ目が止まるようになってきた
でもこの車、車雑誌にあまり注目されていないんです

f0126896_2159575.jpg


愛車のクロスオーバー7という車
元はエクシーガというスバルのミニバンとしての出生
エクシーガのデビューは8年前ですので、新車で買ったといっても
決して最新型という訳ではないのです(ここが車雑誌に取り上げられない理由か)

そのエクシーガを今流行りのSUV(スポーツユーティリティービーグル)の出で立ちに
意匠直ししたのがクロスオーバー7
車高を少し上げ、フロントグリルを最新のスバルの造形に手直し
ホイールアーチや車体下部に黒の樹脂プロテクターを付けて
SUVらしさを出しています

f0126896_21592829.jpg


先代のエクシーガは私の目から見て、決してカッコ良い車とは思えなかったのですが
バイクに乗っていたときに、見慣れない白のスバル車を始めて目にして
このCROSSOVER7に一目ぼれしてしまいました

f0126896_21594879.jpg

車体の形はエクシーガのままなのですが、フロント周りの押し出しの強い造形
黒いホイールアーチと白い車体のコントラスト
車体後部のスポイラーの位置など、全体的なリデザインの見事な仕事に
別の車のような印象を持ちました

f0126896_2201437.jpg

お気に入りのポイントは、車体のエクステリア
国産車では唯一無比の2.5ℓ水平対向エンジンの存在感
(外車ではポルシェが水平対向エンジンを使っています)
AWDと言われるスバル得意の四輪駆動
インテリアのタン色のレザーシート
そして滑るような走る乗り心地などなど

特に四輪駆動と水平対向エンジンの組み合わせの走行感は
スバル車以外では味わうことは出来ません
(ポルシェは乗ったことが無いので解りませんが)

f0126896_2203082.jpg

やっと走行距離五千キロ、まだまだ新婚夫婦のような間柄
乗るたびにエクステリアの造形に惚れ直し、ボクサーエンジンの加速感に魅了されています

スバルに乗り換えて、また車雑誌に興味が湧くようになったということは
クロスオーバー7に乗ることが楽しいからに他なりません
車の楽しさを再発見させてくれたSUBARUというクルマ
北米等での高評価が解るような気がします

f0126896_2204244.jpg

[PR]
by hayatedani | 2017-08-27 23:23 | オートバイ・自転車・クルマ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hayatedani.exblog.jp/tb/28101538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sakura-kama at 2017-08-29 19:59
すっかりスバル党になられましたね。
車と気持ちを一つにして走るのは両者にとって最高ですね。
私の古強者ランカスター2500は高齢スバルに恒例のオイルのにじみが出てきました。車齢15歳というと、仕方ありません。
直せば治るんですけど、走るに支障が出るほどは漏れてませんと言われております。
山坂の土地柄、ガソリン食いが辛いところです。
5000km越えというと、美味しいところはこれからですね。
Commented by hayatedani at 2017-08-29 22:36
sakura-kama さん こんばんは
スバルのボクサーエンジン
加速時に直列エンジンとの「回り方」の感性の違いを感じますね
操縦性も良く曲がる操舵感で、コーナーなど老体の視覚神経が
ちょっと追いつかない時もあります
問題は燃費なのですが、2.5ℓではこんなものなのでしょう。とにかく運転が楽しい!良き車です。
<< 伊万里の残欠 片口の絵付け >>