<< リニューアルで登場…KING ... 少し季節外れですが >>

器の設え

f0126896_21135980.jpg

前回創った箸置きに 桐箱を設えました
字が下手なので、箱書きなど おこがましいのですが

f0126896_21141750.jpg

桐箱に箱書きするって、結構緊張します
何しろ一発勝負
下手でも書き損じは許されません

丁寧に書いた後は 自作の印を押して出来上がり
朱印が入ると 箱書きが締まりますね

f0126896_21143344.jpg


陶磁器の価値というのは 何で決まると思いますか?

同じ湯呑でも、有田の名門 柿右衛門の湯飲みは一客数万円
方や同じ湯呑でも100円ショップで売られているものもありますね

もちろん柿右衛門の湯飲みは プロの陶工が創った手書きの1級品
100均ショップの湯飲みは 鋳込みのプリントもの
自ずとかかっているコストが違うのですが
お茶を飲むという機能は同じです

f0126896_21145099.jpg

でも有田の柿右衛門の窯元で、庭にある柿の木を眺めながら
あれが柿右衛門が赤色を創ったもとになった柿木か?
などど蘊蓄を垂れながら、柿右衛門の湯飲みを見ると
その数万円が妥当な金額に思えてくるから面白い

要するに 陶磁器はそれを見る人に、いかに思い入れを持たせるか
それが大事なこと

それはブランド力であったり
売っているお店の雰囲気やsituation
店の展示方法や梱包の仕方等で
いかようにも違ってくる

よく町の陶器屋さんで売っているような、ワゴンに入れたり
100均ショップみたいに積み重ねて売るようでは
ありがたみも何も感じません

f0126896_2115769.jpg

どうですか 桐箱に入っているだけで高級品に見えるでしょう
大切な人への贈り物には、設えが大事なのです


そして 最近の篆刻作品をご紹介
f0126896_21152513.jpg

撰文は「無方」です
意味は「限りがない、尽きるところがない」
出典は「荘子・天運」

f0126896_21154029.jpg

左が刻った印材 右があらかじめ描いた印稿です
印稿の文字を逆字に印材に彫り込みます

そして印稿と実際の印影です
どうでしょう
なかなか上手くできません
f0126896_21155422.jpg

[PR]
by hayatedani | 2017-06-24 22:18 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hayatedani.exblog.jp/tb/27921445
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by のり at 2017-06-25 23:00 x
そういえば、親戚の婚礼の引き出物に、柿右衛門窯の器がありました。親が使わず、私の元にありますが、幼子と暮らす日々ではやはり出番待ちです(笑)
旦那の器は毎日使っています…中々割れません😥
Commented by hayatedani at 2017-06-25 23:57
のりさん こんばんは
何だかんだ言って のりさん宅では
旦那の作った器が定番になっているようですね
なかなか割れないのは、のりさんの扱いが上手いから
ちょっと気に入っているんでしょう
<< リニューアルで登場…KING ... 少し季節外れですが >>