<< 迷ったら唐津のその後 平戸焼き煎茶器一揃え >>

游心

f0126896_2353293.jpg

今日は月に一度の篆刻教室のために吉祥寺に出かけてきました
今回先生に提出した印文がこれ
「游心」(ゆうしん)
意味は、心を遊ばせること(そのまんま)
出典は荘子です

f0126896_23534597.jpg

創った印稿と比べると こんな感じです
もちろん印材に刻るときは印稿の逆字で刻りこみます
f0126896_23535695.jpg
f0126896_2354826.jpg

印泥をつけて 押印してみます
先生にかなり修正してもらいましたので
私としては割合うまく刻れた作品だと思います
サイズは6センチ×6センチ
少し大きめの印材です
f0126896_23541879.jpg

篆刻 なんとか続けています
少しは上手くなってるのかなぁ

f0126896_23542793.jpg

[PR]
by hayatedani | 2016-09-10 23:58 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hayatedani.exblog.jp/tb/25846759
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mother-of-pearl at 2016-09-11 22:59
素晴らしい作品に取り組んでいらしたのですね!

力強さを感じ、何故か、ピカソのゲルニカを思い浮かべてしまいました!
Commented by at 2016-09-12 00:57 x
皿さん、もはや達人というより仙人のような印象を持ちました。でも皿さんの顔を思い浮かべると、やっぱり達人であり仙人というイメージではありませんでした(笑)
心を遊ばせるというのは、いろいろと考えさせられますね、自分ももっと遊ばせないとです!
Commented by hayatedani at 2016-09-12 22:26
mother-of-pearlさん こんばんは
ピカソのゲルニカとはあまりにももったいないお言葉
でも秦の始皇帝が統一した言語がピカソに繋がるなど
mother-of-pearlらしい想像力に感動しました
篆刻 継続は力なり
最近実感しています
Commented by hayatedani at 2016-09-12 22:31
※さん こんばんは
※さんが想像する私は若いころの私で
すっかり頭も薄くなった今の姿を見れば
達人であり仙人のイメージが湧くと思いますよ
游心は※さんの場合、文面通りに受け取らないでください
<< 迷ったら唐津のその後 平戸焼き煎茶器一揃え >>