<< 鎬(しのぎ)を削る Onc.Twinkle Fre... >>

古伊万里蕎麦猪口

f0126896_13573661.jpg

Imari ware / 19th century hand-painted design of a Willow


江戸時代に作られた有田焼を「古伊万里」と呼んでいます
福岡に単身赴任していた時に初めて出会った「古伊万里」
当初は青と白の染付ばかりが目について
色絵の「古伊万里」は無いのかと思って
会社の近くにあった骨董屋さんに聞いたことがあります

いまでこそ柿右衛門や鍋島など、江戸時代中期までの色絵優品の「古伊万里」の存在を知りましたが
街の骨董屋さんに並ぶような 江戸後期に作られた色絵の古伊万里は人気が無かった
だから人気のある染付ばかりが目についたのだと思います

f0126896_13574583.jpg

江戸時代後期の柳文蕎麦猪口です

自分の苗字に「やなぎ」の字が入っているので
柳模様にはちょっと愛着があります

この蕎麦猪口
柳文というより 雨の降る様子を写した模様のようにも見えます
それも 太い呉須模様で風雨の強さがうかがえます

f0126896_13575533.jpg


こちらの模様は いかにも柳の木という描き方
今にも幽霊でも出そうな そんな風情
繊細な柳葉がしなやかに表現されています

f0126896_1358594.jpg

江戸時代の蕎麦猪口は 高台の作り方で、ある程度の時代が解ります
江戸後期の高台はこのように 丸く釉薬をはがした跡があるのが特徴
釉薬が焼成の時にくっつかないように 丸く剥がして窯道具の上に乗せて焼成しました
これを「めがね高台」なんて言い方をしています


f0126896_13581411.jpg
f0126896_13582342.jpg

Imari ware / 19th century hand-painted design of a Iris


そしてこちらは菖蒲文の蕎麦猪口
同じ菖蒲模様でも 随分描き方が違います

f0126896_1358317.jpg

簡略された中にも 菖蒲模様の描き方に勢いがあります
一気呵成い描き切った陶工の姿がうかがえます

f0126896_13584089.jpg

こちらの高台はめがね高台とは違って 全面に釉薬が乗っています
この平高台は、上記のめがね高台の猪口より制作年代が古いものです

f0126896_135850100.jpg

こちらは江戸時代後期の菖蒲文蕎麦猪口
菖蒲の描き方も より写実的になっています

f0126896_13585821.jpg

古伊万里の器は、毎日使われた日常の器ではなかったようです
酷使されたような器は、あまり見かけません
婚礼の席など、おめでたい時にだけ使われ
それまでは木箱に納められて蔵などで保管されていたものと思われます

そんな器は今でも十分使用できます
貧乏性の私は、決して日常使いにしたいとは思いませんが
たまには江戸時代の日常に思いを馳せて この猪口でお蕎麦をいただく
それが私の古伊万里との付き合い方です 

f0126896_1359861.jpg

[PR]
by hayatedani | 2016-01-23 14:46 | 古伊万里 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hayatedani.exblog.jp/tb/24890717
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by のり at 2016-01-23 18:05 x
皿山さんの食器棚を見ると江戸の粋な時代にタイムスリップした気分になりそうですね(笑)
うちの旦那は教室を育休中です(笑)
いつから復帰して良いと言うべきか、まだ決まっておりません^^;
Commented by hayatedani at 2016-01-23 18:42
のりさん こんばんは
そうですか 旦那さん、陶芸教室育休中ですか
生きがい無くしそうで ちょっと心配
子守しながら 頭の中は陶芸のことでいっぱいなのでは?
爆発しないうちにぜひ開放を
<< 鎬(しのぎ)を削る Onc.Twinkle Fre... >>